面接で転職理由や退職理由を聞かれたときの答え方や回答例

転職活動の面接では、転職理由や退職理由を聞かれることがあります。

在職中であれば「転職したい理由」を聞かれますし、退職後の転職活動の時は「前職をやめた理由」を聞かれます。

 

しかし、答えづらい理由の時は、どう回答したらいいか悩む方も多いですよね。

ここでは面接の時の転職・退職理由を質問されたときの答え方を説明します。

転職活動の際の参考にしてください。

 

面接官が転職・退職理由を質問する意味

面接官が「転職したい理由」や「前職をやめた理由」を聞くのは、採用後に同じ理由で退職してしまうのを防ぐためです。

採用後に同じ理由で短期間で辞められてしまったら、また新しい採用者を探さないといけません。

 

採用試験にはお金や時間もかかりますので、企業も採用者には長く働いてもらいたいと思っています。

そのため現職をやめたいと思っている理由や、前職をやめた理由を知っておきたいのですね。

 

また転職・退職理由は面接の時に、面接官が応募者の履歴書や職務経歴書を見ながら質問をしてきます。

今回が初めての転職の時は、この質問は1回しか聞かれませんが、転職回数が複数あるときは、その分だけ転職・退職理由を聞かれます。

ですので転職回数が多い方は、その答えも用意しておきましょう。

 

転職・退職理由の答え方は2通りある

転職・退職理由の答え方は2つのやり方があります。

それは、

・本当の理由を説明する
・建前として前向きな理由を説明する

の2つです。

それぞれに良い点や悪い点がありますので、それを説明していきます。

 

本当の理由を説明する

転職・退職の本当の理由を、そのまま面接官に伝えるという方法があります。

その理由が、

「キャリアアップしたい」

「自分の能力を試したい」

「やってみたい仕事がある」

など前向きな理由は、面接官に受け入れられやすいです。

 

しかし転職活動は、現職や前職に何か不満があって行動に移す方が多いです。

ネガティブだったり、消極的な理由だと、そのまま本音を伝えていいかどうか迷いますよね。

 

例えば、

・職場の人間関係が悪い
・年収が低い
・残業時間や休日出勤が多い
・企業の考え方と合わない
・体調不良や病気で退職した

などです。

こうした理由を面接官にそのまま伝えたら、どうなるのか?

例文もまじえて説明していきます。

 

本当のことを伝えた方がいい場合もある

転職・退職理由は、本音を隠して取りつくろうよりも「本当の理由」を伝えてしまった方がいい場合もあります。

その理由としては、

・本当の理由の方が矛盾なく説明できる
・本当の理由の方が面接官も納得する

という点です。

 

まず建前として作った理由よりも、本当の理由の方が説明がしやすいです。

面接官から質問されたときも、本当の理由なら話に矛盾がなく答えることができますし、説得力があります。

 

また面接官は、これまで多くの応募者の転職・退職理由を聞いてきています。

「ウソをついてもバレなければいい」という面もありますが、応募者と面接官の双方が真剣な以上は、ここは下手に理由をつくらず、本音を話した方が相手から信頼されることもあります。

本音を隠すよりも、本音をさらしてしまったほうが好感を持たれることもあるのですね。

 

本音も伝え方次第では、面接官に納得してもらえることもあります。

そうした答え方を考えてみてもいいですね。

 

「職場の人間関係が悪い」という理由

ただ「職場の人間関係が悪い」という理由は、相手に伝わらないことが多いです。

例えば、

面接官
面接官

転職活動をおこなっている理由は何ですか?

応募者
応募者

現職の上司と折り合いが悪くなったので転職を希望しております。

と言えば、

面接官
面接官

 

(この人はウチの会社に来ても、同じような状況になりそうだな。)

という感想を持たれることが多いです。

 

結局、人間関係の良し悪しというのは、どの企業にもあるものです。

人間関係が悪い」ことが理由で企業を辞めてしまう方も多いですが、そうした状況を説明されても外部の人にはわからないことが多いです。

実際にその現場を見ていたわけではないですし、話だけでは伝わらないところもあります。

 

もしかしたら人間関係が悪い原因は、上司ではなく応募者本人にあるのかもしれません。

応募者は上司のいうことをあまり聞かない人で、まわりの同僚に対しても協力的ではない可能性もあります。

 

ベテランの面接官になると、その辺の詳細も聞き出します。

面接官
面接官

それはイヤな上司ですね。

など、応募者の側に立って本音を聞き出そうとします。

 

そして調子に乗ってしまい、

応募者
応募者

ウチの上司がどうしようもない役立たずで、部下に威張り散らしてばかりで本当に嫌になりました。

などベラベラとよけいな悪口までしゃべるとアウトです。

 

応募者の言うことは本当かもしれませんが、面接官からすれば、

面接官
面接官

上司や他人の悪口を言う人はあまり採用したくない。

と思いますよね。

 

「パワハラが原因で辞めた」という理由

また上司のパワハラが原因で辞めたという方もいると思います。

面接官
面接官

前職をやめた理由は何ですか?

応募者
応募者

上司のパワハラがひどかったので辞めました。

面接官
面接官

それは大変でしたね。

これには同情しますが、実際はどの程度のパワハラなのか面接官にはわかりません。

「本当にパワハラがひどい」のか、それとも「仕事ができないために上司に注意された」のか、応募者からの答えだけでは、第三者には判断がつきません。

 

もちろん詳細を説明して「これはひどいパワハラだ!」と面接官が納得すれば問題はありません。

しかし、どの企業でも仕事をする上で、多少の厳しさはあります。

中には、上司が気をつかって部下に仕事を教えたり注意をしたとしても、多少の厳しい言葉や態度でそれをパワハラととらえる人もいます。

 

どの程度で「パワハラ」と言われてしまうのか、面接官にはその線引きがよくわかりません。

面接官
面接官

ウチでも厳しく注意したら、すぐに辞めてしまうのでは?

と面接官に思われてしまい、こうした人材は避けたいと思う方もいるでしょう。

 

職場の人間関係は説明してもわかってもらえないこともあります。

また説明のときは、その状況を思い出して感情的になってしまい、企業や上司や先輩や同僚の悪口だけで終わってしまうこともあります。

 

応募者
応募者

悪いのは上司や企業のほうで、自分は悪くない!

という言い方は、仕事の失敗やミスもまわりのせいにして、反省や改善をしない人と思われがちです。

「自分自身を客観的に見ることができない人」だと思われてしまい、評価も低くなります。

そうなると印象もよくないですよね。

 

さらに人によって耐えられるラインが違います。

応募者にとっては「耐えられない」と思うことでも、面接官からすれば「そのぐらいは耐えられそう」と思うこともあります。

両者にこの認識の違いがあると、いくら説明しても面接官には理解してもらえません。

そのため人間関係は説明がむずかしいのです。

 

上司との折り合いがうまくいかなくなったときの言い方としては、

応募者
応募者

上司と話し合いの場を持つなど努力をしてきたのですが、お互いに理解しあうまでには至りませんでした。その後は仕事にも影響が出てきましたので、ここは新しく環境を変えてみようと思いまして、転職を決意しました。

というように「パワハラ」というワードを出さずに、言い方を考えてみてもいいですね。

 

または、人間関係が悪くてやめたときには、その詳細を伝えて、

応募者
応募者

そうした職場環境では今後、長期間勤め続けることはできないと判断したため転職を決意しました。

でいいと思います。

それぞれの状況に合わせて説明の仕方を考えてみてください。

 

「給与が低いからやめた」という理由

転職・退職理由をわかりやすく伝えたいのなら、数字を用いて説明した方が相手にも伝わりやすくなります。

例えば「現職は給与が低いため給与アップを目的に転職活動をしております」などは、数字として表現できますので、説明を受ける面接官もわかりやすいです。

 

例文で書きますと、

応募者
応募者

将来のことを考えてもう少し年収を増やしたいと思い、転職活動をしております。御社の求人を拝見したところ、現職よりも年収が上がると思いまして応募しました。

これは志望動機とも重なりますが、転職先の年収額も提示して伝えてみましょう。

 

年収アップを希望する理由としては、

「緊急事態宣言の影響で給与が下がってしまい、生活のためにもう少し欲しい」

「結婚や出産や育児や親の介護でお金が必要になった」

「残業代が出ないことに耐えられなくなった」

などでもいいですね。

年収アップは自分のためというよりは、上のような理由の方が納得してもらえます。

 

実は私も転職活動の面接で転職理由を聞かれたときは、「年収アップが目的です」と答えていました。

もちろん不採用になることもありましたが(理由はわかりません)、今のところそれで転職は成功して年収もアップしています。

 

こうした転職理由を明確に伝えることによって、

応募者
応募者

その条件がかなえられないのなら、不採用にしてください

というメッセージを伝えることにもなります。

しっかりした企業なら明確な年収額は提示してくれると思いますので、それを参考にして入社するかどうかを決めてもいいですね。

 

不採用の返事をもらうのは辛いですが、自分が希望する条件でない企業から採用をもらっても、あとで辞退することになるだけです。

最初にハッキリと、自分が望むことを伝えたほうが話がはやいですよね。

 

「拘束時間が長いから」という理由

また残業や休日出勤などで「拘束時間が長い」という理由も、数字で伝えることができます。

例えば、

応募者
応募者

残業が毎日4時間以上ありまして、しかも休日も月2日ほどサービス出勤する時もありました。このままでは体をこわしてしまうと判断して転職することを決意しました。

でもいいですね。

 

「業務の効率化や無駄な残業を減らすように上司に提案しましたが受け入れてもらえず、毎日の負担が大きかったのも原因のひとつです」

ということを加えてもいいと思います。

 

こう説明すると、

面接官
面接官

(うちの会社もそのぐらいの残業があるんだよな…。この人は採用してもうちでやっていけそうにないから不採用でいいか。)

と考えて不採用とする企業もあるでしょう。

でも、それでいいのです。

 

転職・退職理由を「残業時間が多いから」で説明することで、残業時間が多い企業から採用されなくなります。

残業が多い企業を避けたいときには、転職・退職理由で「残業が多い企業はイヤです!」と正直に話してクギを刺しておきましょう。

 

そうでないと、また長時間労働の企業に転職してしまい、同じつらさを味わうことになります。

転職希望先が自分に向いていなかったら不採用の方がいいですよね。

 

また「結婚を考えてる」や「小さい子供がいる」や「親の介護がある」など、遅くまで残業はできないときにはそのことを伝えましょう。

そのほかも「サービス残業が多い」とか「有給休暇が取れない」などの理由でも問題ありません。

こうした理由もグチにならない程度なら転職・退職理由になります。

 

「会社の考え方と合わない」という理由

また企業側との意見が合わなくなったため、転職・退職することを決めたのなら、それを話してもOKです。

 

例えば、

応募者
応募者

現在の会社は「転勤がない」という条件で入社したのですが、先日、急にほかの地域への転勤を言い渡されました。今後、会社の期待に応えるのがむずかしいと感じたため、転職を希望しました。

「企業側が約束を守らなかったため、不信感がつのって転職を決意した」という理由はOKです。

そして「家族と一緒にいる時間をつくりたい」など、転勤ができない理由も考えておきましょう。

ただ、この理由は転勤がある企業には向いていませんね。

 

または、

応募者
応募者

現在の会社で〇〇の業務を続けていきたいという意欲があったのですが、今回、会社からほかの部署の移動を言い渡されました。悩んだ結果、これまでの経験が生かせる職場への転職を決意しまして、御社に応募しました。

という部署の移動などの理由もあります。

ただ企業によっては部署の移動が普通にあったり、中小企業ではいろんな業務を兼任することもあります。

志望する企業がそうしたところなら、この理由は言わない方がよさそうです。

 

そのほかには、

応募者
応募者

現職の悪口はあまり言いたくはないのですが、女性があまり活躍できない職場だと感じることが多々ありました。そのため、より活躍できる会社へ転職したいと思っておりました。

などがあります。

女性が活躍できない具体的な理由としては、「男性社員との業務内容に違いがある」などがあげられます。

 

企業の悪口になりそうな説明の時は、「現職の悪口はあまり言いたくないのですが…」というような「悪口だと認識しています」という言葉を入れて説明してみましょう。

「社風が合わない」という理由をあげる方も多いですが、社風が合わないと思う具体的な内容をあげたほうがわかりやすいですね。

 

「会社の将来に不安を感じている」という理由

企業の将来性に不安を感じて、転職を考えることもありますよね。

例えば、

「給料がほとんど変わらない、昇給がない」

「離職率が高い、優秀な人がやめていく」

「リストラの実施や希望退職者の募集をしている」

「環境の変化に対応できない」

などの理由があります。

 

または「自分が成長できない企業で働きたくない」という理由もありますよね。

そんなときの伝え方としては、

応募者
応募者

現職で〇年ほど勤めておりますが、〇〇の理由で会社の業績があまりよくないと感じております。人員削減などはありませんが、業績の悪化で賃金カットもありました。私は今後、結婚も考えているため、収入面のことも考えて転職したいと思っております。

「給料が安く、将来に不安を感じた」などの理由もOKです。

具体的な例を出して説明してみましょう。

 

「体調不良で退職した」という理由

病気やストレスなどの影響で退職してしまったときは、そのことを正直に伝えましょう。

 

例えば、

応募者
応募者

前職をやめた理由は、〇〇の業務が自分に合わないと思ったからです。入社してから仕事を覚えるために必死で頑張ったのですが、ストレスのためか胃が痛くなり体調を崩してしまい、業務に支障が出てきてしまいました。今後どうするか悩みましたが、自分の体を気づかい一度退職することにしました。現在は体調は回復してよくなっています。

体調不良で退職した後は、もう体調もよくなって、業務に支障がなければそのことも伝えておきたいですね。

もし体調がまだ万全でなかったり、持病を持っている方は、そのことは正直に面接官に伝えておきましょう。

 

この理由のときは「休職扱いにしなかったの?」や「体調がよくなったら、前の職場にもどる選択肢はなかったの?」といったことも聞かれると思います。

そんなときは「また同じ体調不良を繰り返す可能性もありましたので、復職することは考えませんでした」など、回答できるようにしておきたいですね。

 

事実を客観的な視点で伝えること

企業の面接官は、これまでに数多くの面接をおこなってきた経験があります。

そのため素人の応募者が考えた話や隠し事を見抜く力を持っていたり、話の内容の矛盾点をつくことにも長けています。

 

面接という重要な場では、むしろウソや隠し事などはしないほうがいいのです。

本当の理由を説明した方が一番説得力がありますし、他人が一番納得するのも本当の理由です。

少しでもあやしいと思われたら、採用の可能性も低くなります。

面接では基本は、すべて本音で話した方がいいのです。

 

説明のときには、上司や会社の不満やグチを言ったり、抽象的であいまいな回答はやめておきましょう。

ただ、事実のみを具体的に客観的に伝えることです。

そうした説明の仕方を考えてみましょう。

 

建前として前向きな理由を説明する

転職・退職理由は「本音を話しても採用されそうにない」、または「うまく説明できる自信がない」ときもあります。

そんなときは、建前としての前向きな理由を考えて伝えてみましょう。

 

ウソをつくのはよくないですが、転職・退職理由もひとつではなく、いろんな理由が重なり合って転職・退職を決めることもあります。

その複数の理由の中で最もリスクの低い理由を選んで、そのことを説明してもいいですね。

 

転職・退職理由が「人間関係が悪いから辞めた」や「仕事がイヤになったから辞めた」などの後ろ向きな本当の理由を隠して、前向きでポジティブな理由をつくって、それを伝えてもOKです。

志望先の企業の面接官は、応募者の転職・退職理由を調べることはできませんので、話の筋が通っていれば、この質問はクリアできます。

 

ただ、前向きな理由でもあまりにウソっぽい内容には、面接官もあれこれと質問をしてきます。

それで話の矛盾点が出てしまいボロが出てしまうと、怪しまれて採用されなくなります。

転職・退職理由は事前に内容をよく考えておきましょう。

 

「キャリアアップがしたい」という理由

転職・退職理由として「キャリアアップ(またはスキルアップ)がしたい」という方もいます。

おそらくこの理由は、面接官も応募者からよく聞いているので、その答えに対する質問のしかたも用意していると思います。

 

例えば、

面接官
面接官

転職理由を教えてください。

応募者
応募者

御社でキャリアップしたい(できる)と思いまして応募しました。

面接官
面接官

なぜうちの会社があなたをキャリアップをさせないといけないのですか?

という返事がくるかもしれません。

 

一見、前向きな理由のようにも聞こえますが、

「キャリアアップがしたい」

「自分自身を成長させたい」

「専門性を身につけたい」

なども転職理由となりますが、これは応募者の自分本位の理由です。

応募者にとって企業は「自分がキャリアアップができる場」と、とらえることもあるでしょう。

 

しかし、企業が望んでいる人材は、そういう人ではありません。

「企業の売上に貢献してくれる人」なのです。

企業は、自分たちの利益を上げることが一番の目的であって、そのために社員のキャリアアップをうながしています。

社員のキャリアアップが一番の目的ではないのです。

 

ほかには、

応募者
応募者

御社でキャリアップしたい(できる)と思いまして応募しました。

面接官
面接官

あなたが現在いる会社ではキャリアアップはできないのですか?

という質問が返ってくることもあります。

こうなると、現職でキャリアアップがのぞめない理由を伝える必要も出てきます。

 

その理由として、「現職では活躍する場がない」とか「活躍しているけど正当に評価されていない」などもありますが、それを言うと企業の悪口やぐちになってしまいます。

そして、ただ単純に「応募者に能力がなくて活躍できていない」という場合もあります。

こうした話の流れになってくると、「人間関係が悪い」という理由と同じで、説明してもわかってもらえないことも多いです。

 

この場合は「キャリアアップをしてどうなりたいのか?」とか「この企業で何をしたいのか?」を伝えたほうが具体的でわかりやすいです。

 

「キャリアアップがしたい」という理由よりは、

応募者
応募者

御社の求人を拝見したところ、〇〇について興味を持ちまして、新たなチャレンジをしたいと思い、応募しました。現職では〇〇の業務に従事してきましたが、その経験も御社で活かせると思っております。

志望する企業の興味があるところや貢献できるところをあげたり、自分の経験やスキルで役立つ点をアピールしてみましょう。

 

企業の面接官から

面接官
面接官

(この人は、ウチの会社に役に立ちそう。)

と思ってもらう方が採用される確率も高くなります。

 

退職後に「キャリアアップがしたい」はNG

また前職を退職した理由として「キャリアアップがしたいから」という方がいます。

こうした前向きな理由を持っている方も多いですが、基本的にこの理由は、在職中に転職活動をおこなっている人向けの理由です。

 

自分のキャリアを大事にしている人は、自分の職歴に空白期間をつくらないように心がけていると思います。

そのため在職中に転職先を決めています。

前職をやめた理由として「キャリアアップがしたい」はちょっと話が通りません。

 

面接官
面接官

前職をやめた理由を教えてください。

応募者
応募者

キャリアアップしたいと思いまして、一度退職してから転職活動をおこなっております。

面接官
面接官

(退職してから転職活動って、この人は計画性がないのかな。)

と思う面接官もいます。

 

もちろん中には、

応募者
応募者

在職中は忙しくて転職活動ができなかったので、退職してから転職活動をしています。

という理由もあるでしょう。

本当はキャリアップが目的ではなく、退職理由はほかにあると思われてしまいます。

さらに職歴に長い空白期間があると、よけいに怪しまれますので、理由はよく考えておきたいですね。

 

「仕事がイヤになった」という理由

転職・退職理由に「今の仕事がイヤになった」という理由もあると思います。

 

応募者
応募者

やりたい仕事は特にないけど、今の仕事にやりがいや達成感を感じなくなりました。

と正直に言ってもわかってもらえないときもあります。

そんなときは、もう少し具体的に述べてみましょう。

 

例えば、

応募者
応募者

現在の私の業務はすべてマニュアル化されており、それを毎日続けるだけの業務になっております。それを〇年も続けておりまして達成感があまり感じなくなりました。最近は「今の仕事をこのまま続けていいのか?」とか「新しい仕事ができるのか?」など、自分の将来のことが不安になってきていました。上司に伝えても対処してもらえないため、自分の興味のある仕事へ挑戦したいと思いまして応募しました。

このように将来に不安を感じて、新しいことの挑戦したいという理由でもいいですね。

 

または「仕事のノルマがきつい」とか「仕事量が多くて続けていけない」などもあります。

そのまま伝えてもわかってもらえそうにないときは、前向きな理由を考えてみましょう。

 

例えば、

応募者
応募者

現職の経験から、〇〇の業務について興味が出てきましたが、現職ではそれに深くかかわることができませんでした。御社では〇〇の業務にかかわることができると思い、応募しました。

などです。

前向きな理由は、志望動機と内容がかぶるときがあります。

そのときのポイントは、「現職(前職)にはないもので、志望先企業にはあるもの」を伝えるようにするといいですね。

 

ただ新卒で入社して、まだ月日がそれほどたっておらず経験が浅いときは、重要な仕事を任せられないときもあります。

そんなときは面接官から突っ込まれることもありますので、その回答も考えておきたいですね。

 

そのためには志望先の企業研究はかならずやっておきましょう。

企業研究をやった上で志望動機を考えて、志望動機の一部を転職・退職理由にしてもいいですね。

 

「短期間で会社を退職した」ときの理由

志望する企業に入社したけど、短期間で退職してしまうこともあると思います。

「短期間の職歴は転職で不利になる」とも言われていますが、ここは応募者の説明のしかたや面接官の受け取り方次第です。

短い職歴を隠すよりも、しっかりと説明しておきましょう。

 

例えば、

応募者
応募者

前職をやめた理由は、会社の業務内容が自分が考えていたものと違っていたために退職をしました。入社前に業務内容をよく確認しなかったことが原因です。就職(転職)活動の際に自分に落ち度があったと深く反省しております。今後は業務内容などをしっかりと確認することを心がけております。

などです。

このように答えたときは「どういう仕事がしたかったのか?」などの質問があると思いますので、その答えも用意しておきましょう。

 

仕事でもそうですが、転職活動でもミスをすることは誰にでもあります。

大事なのはミスしたことに対して自分でどう考えて、どんな対策をしたのかということです。

これは仕事をする上でも重要な考え方ですので、それを理由として考えてみてもいいですね。

 

転職・退職理由を重ね合わせて説明する

転職・退職理由はひとつである必要はありません。

ひとつよりも複数の理由を伝えた方が説得力も増しますので、そうした答え方を考えてみてもいいですね。

特に前向きな理由だけだと「それが本当の理由なの?」と怪しまれることもあります。

ここでは転職理由と退職理由の例をそれぞれ紹介します。

 

転職理由の例

在職中に転職する理由としての例は、

例えば、

応募者
応募者

現職はサービス残業が多く、家事や育児をすべて妻に任せきりで家族と過ごす時間が少なくなってしまいました。今後は自分の体調を考えたり、家族と過ごす時間を増やし、仕事と生活のバランスをとれるような転職先を探していました。御社の求人を拝見したところ、自分のこれまでの経験やスキルが活かせると思い、さらに御社の〇〇にも興味があり、新しく挑戦してみたいと思いまして応募しました。

このように「残業がきつい」と「家族との時間を増やしたい」という理由に加えて、「自分の経験をアピール」「新しいことをしてみたい」など複数の理由を伝える方法もあります。

 

一昔前は、「仕事を一番に考える」という価値観の企業も多かったですが、近年は仕事だけでなく「自分の生活を大事にする」や「家族と過ごす時間を大切にしたい」などのワークライフバランスを理解してくれる企業も多くなりました。

そのため「仕事ができる」というアピール以外にも、「自分の生活を大事にしたい」という理由も加えてもいいですね。

 

または、

応募者
応募者

今の職場の悪い点は言いたくないのですが、緊急事態宣言後に会社の業績が悪くなってきていたのがわかりまして、将来に不安を感じるようになりました。また緊急事態宣言後の対応も遅く、以前とほとんど変わらない業務のあり方にも不安を感じるようになったのも転職活動を始めた主な動機です。御社の求人を拝見したところ、自分のこれまでの経験やスキルが活かせると思いまして応募しました。

などです。

 

これには、

面接官
面接官

どのような点で会社の業績が悪いと感じたのですか?

などの質問があるかもしれません。

この場合は「仕事の量が減っている」「年収が減った」などの理由をあげてもいいですね。

また職場の内部情報をあまり言わないことや、現職の評判を落とすような言い方はなるべくひかえましょう。

 

退職理由の例

退職後の転職理由の例としては、

応募者
応募者

前職をやめた理由は残業時間や休日出勤が多く、ストレスや疲労で体調が悪くなってしまったため退職を決意しました。また在職中はいそがしくて転職活動ができないと判断しまして、一度退職してから転職活動をおこなうことにしました。

などです。

 

在職中の転職活動の時は、前向きな理由(志望動機)をそのまま転職理由として使えます。

しかし「退職理由」は、前向きというより後ろ向き(ネガティブ)な理由が多いと思います。

 

自分自身の体調不良や親の介護などの家庭の理由や企業の業績不振など、止むを得ない理由で辞める事になるのなら素直にその理由を伝えましょう。

人間関係が悪くて辞めたなど、正直に話しても相手に伝わりづらいと思うときには、ほかの理由にした方がいいですね。

 

まとめ

転職・退職理由は重要な質問ですので、面接官も必ずと言っていいほど聞いてきます。

またこの質問は、どこでも通用する模範回答というものはありません。

 

例として挙げた回答も、企業の面接官によっても受け取り方や反応はさまざまです。

正直に「職場の人間関係が耐えられなかった」と伝えて採用されることもありますし、前向きな理由を伝えても見透かされて不採用になることもあります。

 

基本的には、正直に伝えることをおすすめします。

面接は、始めから終わりまでの全体を見た上で合否が決まりますので、1つ2つの質問で合否が決まるわけではありません。

そして、現職(前職)の悪口やグチはなるべくやめた方がいいですが、本当の理由を受け入れてくれる自分と相性のいい企業の方が長続きすると思います。

 

結婚でもお互いに自分の良い部分だけを相手に見せて、悪い部分を隠して結婚すると、その後、お互いの悪い部分がわかったときに、それが原因で仲が悪くなって離婚してしまうこともあります。

最初から良い部分だけ見せて格好をつけても、あとで辛くなってくることはありますよね。

 

しかし何が何でも志望企業に入社したいのであれば、前向きな理由を創作して、それを面接で伝えてもいいと思います。

それを見抜けるかどうかは面接官の力量次第ですし、前向きな理由を伝えて入社して、数年後にそれが良い判断だったと思うことももちろんあります。

それにこの質問は面接官も鋭く突っ込んでくることも多いので、ここで無理にポイントを稼ぐよりは、よくある回答で着実に答えたほうがいい場合もあるでしょう。

 

ただ、転職活動は「採用されること」が目的ではありません。

応募者と企業がお互いのことを知って、お互いの条件をすり合わせて、合うのなら入社する。

合わないのなら、またそれぞれが別の応募者や企業を探すという場です。

テストのように合格することが目的の場ではありません。

 

その辺もよく考えて回答をつくってみてください。

以上になりますが、転職・退職理由をつくる際の参考にしてください。

面接
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました