【スーツに合う】冬に使えるコート以外の防寒アイテム

面接

みなさんは冬の就活・転職活動の寒さ対策はどのようにしていますか?

面接や説明会の時の服装は基本はスーツですので「寒かったらスーツの上にコートを着るだけ」という方も多いと思います。

でも雪が降ってくるような本格的な寒さになると「スーツの上にコートを着ても寒い!」というときもありますよね。

 

または比較的暖かいと「コートは必要ないけど、スーツだけだと寒い」というときもあります。

寒い中でガマンして薄着でいると風邪をひいたり体調を崩すこともありますので寒さ対策はしっかりとやっておきたいですね。

ここでは「コート以外の寒さ対策」としてスーツスタイルでも使える便利な防寒アイテムを紹介していきますので参考にしてください。

 

「就活・転職用のコートの選び方やマナー」に関しては下の記事をごらんください。

 

寒い時期におすすめのコート以外の防寒アイテム

面接や説明会に行くときに使えるおすすめの防寒アイテムは「マフラー」と「手袋」です。

もうこの2つは男性女性ともに冬の必需品と言えます。

 

真冬の時期でもマフラーや手袋をしないで外を歩いている方もいますが、持っていない方は、まずはこの2つを用意しましょう。

マフラーや手袋していれば体が格段にあたたかくなりますし、面接や説明会の会場内に入ったら、すぐに脱いでカバンにしまうことができますので非常に便利です。

 

マフラーや手袋はコートと同じように会場内に入る前に外すようにしてください。

雪が降っていたり風が冷たい中でこごえながら歩いていたり、寒い中で電車やバスを待っている方もいますが、そんなときはおすすめなのでぜひ用意してください。

 

からだの熱を外へ逃がさない「マフラー」

寒い時期でもマフラーをしていない方を見かけますが、マフラーは防寒アイテムとしてはとてもすぐれています。

コートを着用している時にマフラーを首元に巻いてもいいですが、スーツを着ている時にもマフラーを首に巻いていても全く問題ありません。

 

特にスーツを着ていると下の赤い三角の部分から冷たい風がジャケットに中に入り込み、体の熱が外に出ていってしまうのですね。

「ネクタイをしていても胸元が寒い!」と思ったこともあると思います。

 

そんな時はスーツを着ている時も首にマフラーを巻いておきましょう。

マフラー半分に折りたたんで短くしたら首に回し、折り返しの穴の部分に片方の端を入れます。

胸元に垂れ下がったマフラーはスーツの内側に入れて、風が入るすきまをなるべくなくしましょう。

 

出典:http://blog.uktsc.com/fukuyama/178209

 

そうすることで首や胸元から外へ体の熱が逃げることがなくなりますので、体がポカポカとあたたかくなります。

マフラーをしているときとしていないときでは体感温度はまるで違いますよ。

 

マフラーはカバンの中に入れることができない大きいサイズものもあります。

そういう時は黒やグレーやベージュなど派手な色や柄でないマフラーを面接にしていきましょう。

 

就職・転職活動では上のような、なるべくシンプルなマフラーがおすすめです。

マフラーはほかにもスーツ販売店やユニクロや無印良品などにも売っていますので、自分の好きなマフラーを探してみてください。

 

両手をあたためてくれる「手袋」と「カイロ」

冬の寒い時期は手袋も必需品です。

手袋なしだと手が冷たくなって手がかじかんできますよね。

その上に素手でカバンを持っていると、よけいに手が冷えてきます。

 

手袋をしていると手があたたまって寒い中でもリラックスできますし、手があたたかいだけで全身の血流もよくなって体全体も体温も上昇します。

特に冷たくなっているカバンの持ち手などは、寒いときに持ちたくないですよね。

風邪が冷たいときやカバンを持つときも手袋はとても重宝します。

 

あまり寒くない時は薄手のニットの手袋でもいいのですが、本格的に寒くなってきたら「レザー手袋」がおすすめです。

革の手袋は防寒性にもすぐれていますし、見た目がおしゃれなものもそろっています。

今はスマホ操作ができる手袋もあります。

 

手袋はほかにも男性用や女性用、薄手や厚手やほかの素材のものもありますので検索して探してみてください。

手袋は着脱も簡単ですし、カバンにしまうこともできる便利な防寒アイテムですので冬には本当に役立ちます。

 

あと手をあたためてくれるのは「USB充電式カイロ」です。

スマホと同じぐらいの大きさで片手で持てるUSB充電式の電気カイロです。

使い捨てカイロとは違い充電すれば何度も使うことができますし、電源を入れればすぐにあたたかくなります。

 

私も朝の寒いときには充電式カイロをコートのポケットに入れておいて、時々取り出して両手をあたためています。

充電式カイロは本当におすすめですよ。

 

耳や顔があたたかくなる「イヤーマフ」「フェイスマスク」

また、冬に冷たさを感じるのは「耳」です。

寒いときに耳をさわると冷たいですし、風が強いときには耳がちぎれるほど痛くなって耐えられなかったり、しもやけになることもありますよね。

 

耳の冷たさをふせぐためには「イヤーマフ」がおすすめです。

イヤーマフをしていると風が耳に当たらずあたたかくなりますし、寒い外にいても体感温度が格段に違います。

イヤーマフは簡単に着脱できますし、折りたたんでカバンにしまうこともできますので便利ですよ。

 

こちらは顔をガードする「フェイスマスク」です。

普通のマスクタイプもありますし、耳から鼻や口元をおおう防寒マスクもあります。

フェイスマスクは徒歩の通勤時にも使えますが、自転車やバイクに乗るときにも効果を発揮しそうな防寒アイテムですね。

 

おなかが冷える時は「カーディガン」「ベスト」を着用

寒いときに「おなかが冷える」とか「背中が寒い」という方はカーディガンやベストがおすすめです。

スーツのジャケットとシャツの間に着ていけばおなかが冷えませんし、面接の選考会場に入る前に脱ぐこともできます。

 

ただスーツの胸元や両腕の袖口からカーディガンやベストが見えてしまうと、見た目も変わってきてしまいます。

スーツのジャケットにかくれて見えなければいいのですが、カーディガンやベストが面接官から見えてしまうときは、なるべくなら着ないほうがいいかもしれません。

面接官がどういう感想を持つかわかりませんので。

そういう時は面接会場についたときにカーディガンやベストを脱いでカバンにしまっておくか、近くのコインロッカーなどに置いてきた方がいいですね。

 

おすすめのベストは男性用ですがニットベストやVネックのカーディガンです。

私もニットベストを使っていますがスーツのジャケットの下に着ると保温性もあって非常にあたたかいので、冬は毎日通勤時に着ています。

 

本当に寒いときには「電熱ベスト」もおすすめです。

USBで充電できて発熱するベストで、着用すると首や腰をあたためてくれます。

私はまだ使ったことがないですが、マイナスの氷点下になるような寒さがきびしいときには体を温めてくれるベストがほしくなります。

寒い外に長時間いるようなときには1着ほしいベストですね。

 

そのほかの寒さ対策としてはシャツの下にインナーを着ていくという方法もあります。

ただ面接会場は暖房が効いていて暑いぐらいの時もありますので、インナーを何枚も着込んでしまうと暑くて面接に集中できなくなってしまうときもあります。

すぐに着脱ができて体温調節がしやすい服装がおすすめですよ。

 

以上になりますが、寒い時期に面接や説明会へ行くときの参考にしてください。

面接
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました