就活・転職の面接にコートは着ていかなくても問題ない

面接

冬の寒い時期になるとスーツだけでは寒いため、その上にコートを着る方も多くなります。

会社説明会や面接に行くときの寒さ対策としてコートを着ていく方が多いですが、あまり寒くないときは、コートを着ていこうか迷うときもありますよね。

ここでは新卒の就職活動や転職活動でコートを着ない場合と、コートの選び方や扱い方などを説明していきます。

 

真冬の寒い時期はコートが必要なのか?

冬でも日中に日が差していれば、けっこう暖かいときもありますよね。

東京だと晴れていれば気温も上がって冬でもコートは必要なく、むしろコートが邪魔になってくる時もあります。

また多少は寒くてもコートなしで我慢できるときもあります。

 

しかし「ほかの人は面接へ行くときにコートを着ているし、必要ないけど一応コートは持って行った方がいいかな?」と考えてしまうこともあるでしょう。

どうするか迷うこともあると思いますが…

 

就職・転職活動の説明会や面接の時は基本的にスーツは必要ですが、コートは必要ありません。

本人がスーツのままで寒いと思わなければコートは必要ないのですね。

冬の防寒対策としてコートを着ているだけであって「就活アイテム」として必要というわけでありません。

冬に応募者がコートなしで面接に来たとしても面接官は「それほど寒くないのかな」ぐらいに思うだけです。

特に印象が良くなるとか悪くなるということはありません。

 

「寒いときにはスーツの上にコートを着る」というスタイルが定着しているために、みんなスーツの上にコートを着ているわけですが、本人が「寒い」と思わなければ冬でもスーツのままで面接に行っても問題ありません。

冬の時期は朝や夕方以降は寒くなりますが、電車やバスに乗れば暖房がついていますし、面接をおこなう建物内に入れば暖かいのでコートは着たくないという方もいますよね。

 

自分で必要ないと思えば面接にコートを着ていく必要はありません。

でも寒さをガマンして風邪をひかないように気をつけましょう。

外に出てみて、ちょっと寒いと思うときはコートを腕にかけて持って行った方がいいですね。

途中でコートが必要ないと思ったときは、駅前にあるコインロッカーにコートを入れて面接に行ってもいいと思います。

 

コートを着ない時の防寒対策

コートを着る以外の寒さ対策としては、スーツの内やワイシャツ・ブラウスの内に薄手のものを着こんでいくという方法があります。

スーツの内側に目立たないベストやカーディガンを着たり、シャツの内側にヒートテックなどのインナーを着てもいいですね。

 

説明会や面接中にスーツのジャケットは脱ぐことはありませんので、その内側に着こんでいっても問題ありませんが、説明会や面接の会場内は暖房が効いていてかなり暖かいです。

スーツ内にインナーを着こんでいくと外を移動するときの寒さは防げますが、建物に入ってからの暑さには対処しきれなくなります。

コートならすぐに着たり脱いだりができますが、説明会や面接の最中にインナーを脱ぐことができないので中に着るものにも気を付けたいですね。

 

またコートなしのときは「マフラー」と「手袋」をするだけでも体が温かくなります。

スーツを着ている時には首元から体温が逃げてしまっているのです。

寒いときは厚手のマフラーを首に巻いて胸元のスーツに入れておくと体温が逃げませんし、厚手の手袋をすることで手が温まって血流がよくなり体全体の体温も上がります。

 

寒いときに手袋とマフラーは本当におすすめです。

マフラーや手袋を使わないときはカバンに入れておくこともできますので、寒いときに持っていくと便利ですよ。

コートを着用する以外の冬の防寒対策は下の記事をごらんください。

【スーツに合う】冬に使えるコート以外の防寒アイテム
みなさんは冬の就活・転職活動の寒さ対策はどのようにしていますか? 面接や説明会の時の服装は基本はスーツですので「寒かったらスーツの上にコートを着るだけ」という方も多いと思います。 でも雪が降ってくるような本格的な寒さになると「ス...

それでも寒い時期はコートを1着ぐらいは持っていた方が便利です。

ここからは冬のコートの選び方や面接の時の扱い方を説明していきます。

 

就活・転職用のおすすめのコートは?

就活・転職用のコートを購入する際に見ておきたい点は、

・コートは無地で色は黒、ブラウン、グレー、カーキー、ネイビー、ベージュにする

・スーツのジャケットが隠れる着丈の長さにする

・コートの種類はスタンダードなものにする

という点です。

 

ビジネス用のコートは「洋服の青山」「AOKI」「コナカ」「スーツカンパニー」などのスーツ量販店などに売っています。

例としてスーツ量販店の「洋服の青山」のサイトを見てください。

メンズコート

レディースコート

 

コートの表側は無地で落ち着いた色のものを選びましょう。

男性の場合は「黒」もしくは「グレー」のコートが多く、値段は14,000~40,000円ぐらいのコートがそろっています。

女性の場合は「ベージュ」「黒」「グレー」などのコートが多く、値段は14,000~30,000円ぐらいのコートがそろっています。

面接に着ていくときは、こうしたコートを選ぶようにしましょう。

 

赤やピンクなどの派手な色のコートや、ストライプやチェックやヒョウ柄などの柄が入っているコートは、どちらかというとカジュアルな感じでビジネス向きのコートではありません。

 

コートの表の色はダーク系で無地のコートがおすすめです。

裏地の色や柄はそれほど派手でなければOKです。

コートの種類は「ステンカラーコート」「スタンドカラーコート」「トレンチコート」などです。

ボタンはシングルでもダブルでもどちらでもいいですし、素材はウールでもカシミアでも、これも好きなものを選びましょう。

 

それぞれのサイトを検索してみて気にいるコートを探してみてください。

コートはアマゾンなどネットでも購入できますが、できれば店舗に出向いてコートを試着して着心地を確かめたり、スーツの上に着てみて色合いが合うかどうか確かめてから購入することをおすすめします。

 

面接会場でコートを脱ぐタイミングと置く場所

基本的に面接はスーツ姿でおこないますので、コートは脱ぐ必要があります。

コートは面接会場の建物の外で脱ぐようにしましょう。

外でコートを脱ぐのは寒いですが、建物の外でコートを脱いでコートについた雪や雨粒やほこりなどをはらいます。

 

そしてコートの両肩を合わせて縦に二つ折りにして片方の腕にコートをかけてもっていきます。

コートの裏地を表にして二つ折りにするというマナーもあるようですが、そこまでしなくてもいいと思います。

 

社会人の方でもコートを着たまま面接会場に入ってくる方もいますが、コートなど上着の扱い方は知っておきたいですね。

スーツ姿で受付に声をかけるようにしましょう。

 

面接会場内に入ると面接官から「コートやカバンはこちらの机の上に置いておいてください」とか「ハンガーにかけておいてください」などの指示があると思います。

そうした指示がないときは、自分が座るイスの横の床にカバンを立てておいて、そのカバンの上にコートをたたんでおくようになります。

しかしこの方法はけっこうむずかしいですよね。

 

カバンの上にコートを置いてもバランスが悪くて床に落ちてしまうこともありますし、床に落ちてコートに汚れがついてしまいます。

それがイヤなときはイスの背もたれのところにコートをかけておきましょう。

面接官には「イスの背もたれにコートをかけておいてもよろしいでしょうか?」と一言ことわっておいてもいいですね。

面接が終了した後はコートは腕にかけて持って行き、建物の外に出たときにコートを着るようにしましょう。

 

面接官は応募者が着ているコートを見ている?

基本的に面接官は応募者が着てきたコートなどは見ていません。

建物内に入るときにコートは脱いで手に持っている状態なので、その時点で派手な色だったり柄やデザインが奇抜でなければ特に問題はありません。

着ているコートの種類に関してあまり神経質にならなくていいと思います。

 

それよりもコートは防寒着なので寒さを防げるものを選びましょう。

東京の冬なら薄手のコートでも寒くないと思いますが、北海道や東北など寒さが厳しいところでは防寒着も厚手のものがいいと思います。

寒がりな方も本格的に寒いときはスーツの上にダウンコートなどの厚手のものを着ていったほうがいいでしょう。

寒いときに無理に薄手のコートを着ていって風邪でも引いたらイヤですよね。

 

説明会や面接の会場に入る前にコートを脱ぐのがマナーですから、厚手のコートを着ていっても大丈夫です。

厚手の防寒着はかさばるのが難点ですが、なによりも体調管理に気をつけることが一番です。

冬の寒いときには温かい格好で面接に行くようにしましょう。

面接
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました