面接の逆質問は何を聞くのがいいのか?【質問の例文あり】

面接

就職・転職活動の面接の終わりに、面接官が「最後に何か質問はありますか?」と聞いてくることがあります。

その時にどんな質問をしたらいいか、迷うこともありますよね。

 

応募者の中には面接官への逆質問を事前に考えておく方もいらっしゃいますが、実際にはどう対応したらいいのか?

ここでは面接での逆質問の説明していきます。

 

面接官が「最後に何か質問はありますか?」と聞く理由

面接官が「これで面接は終わりますが、その前に何か質問はありますか?」と聞いてくることがあります。

この質問をする理由は、面接が主に、面接官から質問して応募者が答えるというかたちのため、最後に応募者からの質問を受け付けているのですね。

 

面接官からすると、

「面接中に説明不足のところはないか?」

「応募者から何か質問はないか?」

を確認するために聞いているのです。

 

面接の最後に逆質問を受け付けずに終了する面接官もいますが、多くの企業では質問する時間をつくってくれると思います。

 

面接官への逆質問は評価の対象となるのか?

「最後に何か質問はありますか?」に対して、質問をしたほうが評価が上がるのかというと…

 

この質問は、そのときの面接官によって、とらえ方は分かれます。

 

「最後に何か質問してくれたほうが熱意や意欲を感じる」という面接官はいますし、反対に、

「最後に質問ありますか?」は面接終了の決まり文句みたいなもので、質問してもしなくても関係ないという面接官もいます。

このように面接官にもいろんな方がいますので、応募者から見たら判断のむずかしい質問ですよね。

 

明るく気さくに話をしてくる面接官だったら、質問内容にもそれほど難しく考えずに、ありきたりな質問でも気軽にできると思いますが…

逆に緊張感が「ピーン」と張り詰めるような面接の雰囲気だと、質問内容にも気を使いますよね。

 

逆質問で聞いてはいけないこと

「最後に何か質問はありますか?」に対して、何でも質問していいかというと、そうでもありません。

 

例えば「給与」「福利厚生」「休日数」「残業時間」「配属先」などは応募者からすれば聞いておきたいことではあります。

面接中にこれらのことに関して面接官から説明があれば、そのことに関して逆質問できると思いますし、それにこころよく答えてくれる面接官もいます。

 

しかし企業によっては面接の時に入社後の条件等の説明がなく、いきなりこれらのことを逆質問しても不快がられることもあります。

この質問は面接の時ではなく、内定が決まった時の話し合いでこまかく聞くこともできますので、そちらで聞いた方がいい場合もあります。

面接の時に無理そうだったら、この質問はしないほうがいいでしょう。

 

ほかにも面接官に、

・夢や目標は何ですか?

・貴方にとって仕事とは何ですか?

・面接官の方から見た御社の魅力はどこですか?

・この仕事をしていてうれしかったこと、やりがいは何ですか?

と質問する方もいます。

 

企業で働いている人の仕事の感想を聞きたいのでしょうが、これらの質問がアピールになるかどうかは、面接官次第です。

この質問に対して真剣に考えて答えてくれる方もいます。

 

「いい質問ですね」と前向きにとらえてくれる方もいると思いますが、反対に、

答えづらい質問だと内心では「面接終了まぎわに面倒な質問をしてくるなあ…」と嫌がっている方もいるかもしれません。

 

これはその時の面接官次第です。

質問内容にもよりますが、相手から質問されて自分で「イヤだな」と感じる質問はしない方がいいですね。

 

また「今日の面接での私の印象はいかがでしたか?」

という質問も、どう答えていいか返答に困りますね。

 

この場合は「話の内容わかりやすくて良かったです」ぐらいの当たりさわりのない答えを返すと思いますが…

模擬面接のような練習の場所として使われている感じがして、個人的には遠慮してもらいたい質問です。

 

応募者からの質問に対して「あなたがその質問をする意図は何ですか?」と面接官は聞いてこないと思いますが…

「そんなこと聞いてどうするの?」と思ってしまう意図や必要性がわからない質問はプラスの印象にはなりにくいです。

 

質問をすればなんでも評価が上がるわけではなく、逆に評価を下げてしまうこともあります。

その時の面接官の人柄や質問の内容や仕方にもよりますが、事前に考えてきた質問はその場に合わないときもあります。

その場合は無理に質問をする必要はないです。

 

面接官に「一緒にはたらきたい」と思ってもらえることも大事ですからね。

 

「質問はありません」で終了する場合

「最後に質問はありますか?」は面接終了のきっかけとして形式的に質問している面接官もいます。

そのため質問することがなければ「質問は特にありません」と答えて面接が終わっても問題はないのです。

 

それに面接の合否は、面接の始めから終わりまでの全体を見て決まります。

 

逆質問が評価されるとしても、面接の中のひとつの質問で巻き返すのはむずかしいです。

この質問をする前に面接官の中で合否が決定している場合もありますし、質問したけど内容が的はずれで、逆に評価を下げてしまう可能性もあるのですね。

 

質問がなければ「特になし」がベストのときもあるのです。

面接中に気になったことがなければ、無理に聞く必要はありません。

面接の最初から最後まで気を抜かずに受け答えができていれば、最後で無理に「一押し」しなくても、良い結果はついてくるはずです。

 

面接の最後はどんな質問をしたらいいのか?

面接官への質問を考えるのはむずかしいですよね。

 

むずかしさを感じる理由としては、

・質問は話の流れの中で思いつくもの

・どの企業にも通用する質問はない

・どの応募者も同じような質問をしている

という点があげられます。

 

面接官への質問は事前に考えて用意しておいてもいいのですが、面接中の話の中でつくる方が自然です。

面接官の話を聞いて疑問に思ったことや、分からなかった事や、掘り下げて聞きたかったことを質問したほうがいいでしょう。

 

質問したいことがあったら面接の途中で聞いてもいいですし、最後の質問の時に聞いてみてもいいですね。

そのほうが話のつながりができますし、面接官も答えやすいです。

 

しかし面接では応募者に質問をするぐらいで、話をあまりしない面接官もいます。

そのために事前に質問内容は考えておく必要も出てきます。

 

事前に考えておきたい質問内容とは?

事前に質問内容を考えておくときには「入社後のこと」を質問するのが自然です。

まだ選考中で入社が決まったわけではないですが、入社する前提の質問をしたほうが「入社したい」という意欲を感じてもらえます。

そのためには企業研究をして相手の企業のことをよく知っておきましょう。

 

面接官に対してのよくある質問としては、

「入社までに準備しておくことや勉強しておくことがあったら教えていただけないでしょうか?」

という質問があります。

 

この質問はどこの企業でも使えそうな便利な質問ですが、これはほかの応募者も同じ質問をしている可能性が高いです。

質問のオリジナリティを出すためには、企業のことをよく調べて一歩踏み込んだ質問にしてみましょう。

 

例えば

「御社(おんしゃ)では〇〇の業務をおこなっていると聞きましたが、入社前に〇〇に関連する本を読んで勉強しておいたほうがよろしいでしょうか?」

と聞いてみましょう。

 

面接官に「入社前に何を勉強したらいいか?」と漠然と質問するよりも、「企業の業務内容を調べて、それに関連することを勉強しておいた方がいいか?」という質問の方がおすすめです。

その方が相手企業に興味を持っていることが伝わりますし、質問内容がちょっと的外れだったとしても意欲は買ってくれます。

 

または企業研究をしている時に疑問に思ったことやわからなかったことがあったら、面接の最後に質問してみてもいいですね。

例えば、

「御社のホームページを拝見していましたら、〇〇のことが書かれていましたが、あれはどういう意味なのでしょうか?」

などを聞くのもおすすめです。

 

このように、どの企業でも使えそうな質問よりは、その企業だけに使える質問を考えてみましょう。

 

ただ大手企業になると部署ごとに業務内容も違いますので、面接官が答えられないことも出てきます。

その時はあまり深く聞かない方がいいですね。

 

新卒採用の学生が使える質問は?

ほかにも新卒採用の学生や未経験で中途採用の求人に応募するときには、

「入社してからどのくらいで仕事に慣れてくるのでしょうか?」

という質問でもいいと思います。

 

入社したときに「仕事はやっていけるのか?」「職場になじめるのか?」という不安は誰でも持ちます。

特に新人で入った時には、その不安も大きいですよね。

 

その不安な気持ちを少しでもなくすために、この質問をしてみてもOKです。

あとは「職場の雰囲気」などを聞いてみるのもありです。

 

または、

「一日の業務の流れがどのようなものか教えて頂けないでしょうか? 」

でもいいですね。

 

入社後に辞めてしまう新入社員を何とか減らすために、今は企業も努力をしています。

面接官もいろいろと説明をしてくれると思います。

このように事前に質問する内容を1つか2つぐらい用意しておくことをおすすめします。

 

ただ、どの企業の面接でも使える万能な質問はないです。

面接の雰囲気によっては、考えてきた質問を言いづらいときもありますので、その時には別の質問を考えてみましょう。

 

最終面接で使える質問は?

面接官の「最後に質問はありますか?」に対して「特にありません」でもいいのですが…

 

最終面接の社長や役員が出てくる面接になると、何も言わない人よりも元気にアピールする人の方が好まれる傾向にあります。

特に年配の方は元気でやる気のある人に良い印象を持ちます。

そういう人の方が印象に残りやすいのですね。

 

最終面接で特に質問が思いつかないときには、

「質問はございませんが、御社から内定を頂きましたら、入社後は一生懸命がんばっていきます。どうぞよろしくお願いいたします」

といって深く一礼するなど、もはや質問ではないですが、簡単な「意気込み」を語ってもいいと思います。

 

社長や役員になると、社員の業務内容にそれほどくわしくない場合もあるため、そうした質問をするよりは効果があるかもしれません。

 

質問に答えてもらった後はお礼を言いましょう

面接の最後に「何か質問はありますか?」と面接官から聞かれたため、応募者から質問をします。

面接官がその質問に答え終わったときに、何も言わない方がけっこういます。

ただうなずくだけとか「わかりました」というぐらいの人もいますが…

 

逆質問をして面接官に答えてもらったあとは、ひと言お礼の言葉をいったほうが、印象もよくなります。

 

面接官が答え終わったら「わかりました。ありがとうございました」と、最後はひと言お礼の言葉を伝えて軽く会釈をしておきましょう。

相手がただうなずくだけの反応だと「私の回答がどこかおかしかったかな…」と不安になってしまうこともありますので。

 

面接のときだけでなく会社説明会やその他の場面でも、会社の方に何かものをたずねて答えてもらったら、最後は「ありがとうございました」とお礼を言いましょう。

 

ちょっとしたことですが、お礼の言葉をひと言そえることで良い印象を持ってもらえます。

最後のお礼は忘れずにしておきたいですね。

以上になりますが、面接の逆質問をする際の参考にしてください。

面接
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました