面接で腕時計は必要ない理由と腕時計がスマホよりもすぐれている点を紹介

就職・転職活動の説明会や面接の時には「腕時計」を身につけていくのがビジネスマナーでした。

でも「今はスマホで時刻を確認できるから、腕時計は必要ないのでは?」という方もいると思います。

確かにスマホでも時刻の確認はできるので、腕時計は必要ないように思えますよね。

ここでは面接で腕時計が必要かどうかという点と、腕時計が便利な点を紹介していきます。

 

面接で腕時計がいらない理由

結論から言うと、面接で腕時計は必要ありません。

基本的に面接官は応募者の腕時計など見ていませんし、腕時計を身につけているかどうかなどの確認もしません。

長袖のYシャツを着ている場合は、腕時計はシャツの下にかくれてしまいますので、腕時計を身につけているかどうかなどわかりませんよね。

ですので腕時計を持っていない方は、面接のために腕時計を用意する必要はないです。

これは対面の面接やWeb面接でも同じです。

 

以前は時刻を確認するために、仕事用のアイテムとして腕時計は必須でした。

今でも年配の人の中には「腕時計は身だしなみのひとつ」という人もいるでしょう。

しかし今は、年配の人でもスマホで時刻を確認する人が多くなりました。

そのために面接で腕時計を身につけていない人がいても理解を示してくれる人もいるでしょう。

 

ただ夏のクールビズなど半袖シャツで面接を受ける際は、応募者の腕が見えますので、腕時計をしているかどうかがわかります。

そんなとき気になる場合は、値段の安いシンプルな腕時計を身につけていくといいですね。

 

腕時計がスマホより優れている点

私が個人的に腕時計がスマホより便利だと思うところをあげてみます。

それは、

・時刻をすばやく確認できる
・床に落として壊すことがない

という点です。

 

時刻をすばやく確認できる

社会人になって働くようになると、時刻の確認は1日に何度もするようになります。

出勤時や退社するとき、電車やバスの時刻の確認、仕事中もスケジュールに沿って仕事が進むので、

応募者
ビジネスマン

今は何時かな?

と何度も時計を見ます。

 

このときに「すばやく現在の時刻を確認できる」ことが重要になってきます。

スマホをバッグに入れていると「バッグの中からスマホを取り出して画面を見る」という動作をしないといけません。

これだと現在の時刻がわかるまでに数秒の時間がかかります。

スーツのポケットにスマホを入れていても同じです。

 

腕時計は手首に巻き付いていますので、サッとすばやく時刻を確認できます。

1日に何度も時刻を確認する場合は、身につけておいた方が便利なのですね。

特に急いでいる時は、すばやく時刻を確認できることが重要です。

 

床に落として壊すことがない

またスマホを取り出して時刻を確認するときに、手をすべらせてスマホを床に落として壊してしまうこともあります。

何度もスマホを取り出して時刻を確認していると、手をすべらせて床に落とす可能性も出てきます。

それでスマホが壊れてしまったら、かなりショックですよね。

 

その点、腕時計は手首に巻いているために床に落とすことはありません。

「ちょっと時刻を確認しよう」と思ってスマホをバッグから取り出した時に、床に落としてキズがついたらイヤですよね。

それにどこかに落としてなくすこともありません。

「時刻を確認する」という1日に何度もおこなう動作には、それ専用のものを用意しておいた方がいいのです。

「時刻を確認する」ことに関して言えば、腕時計は便利なアイテムなのです。

 

スマホは「多機能」という点

スマホでも時刻を確認することができます。

しかしスマホは、いろんなことができる「多機能」のために、ほかの人から誤解されることもあります。

 

本人は時刻を確認するためにスマホを見ていても、ほかの人からは「何を見ているのかわからない」のです。

会社説明会で人事担当者が説明している時にスマホを見ていると「説明を聞いていない」と思われてしまったり…

ほかにも面接のときなど、他人の前でスマホを取り出して見ていると、「失礼だ」と思われてしまうこともあります。

 

特に試験のときは時刻を確認するつもりでスマホを見ていると、まわりからは「答えを調べようとしている!」と、誤解されてしまうときもありますので気をつけましょう。

また試験会場にスマホなど携帯電話の持ち込みが禁止だったり、説明会や面接の時は音が鳴らないようにスマホの電源を切る場合もあります。

 

そして、試験や面接の会場に時計が設置されてない場合もあります。

こんなときに時刻が確認できないと困ってしまいますよね。

このような理由がありますので、そんなときは腕時計を用意しておきましょう。

 

面接用の腕時計の選び方

ここからは腕時計が必要になった時の腕時計の選び方を紹介していきます。

面接向けの腕時計としては、

・デザインがシンプルで落ち着いたもの
・アナログな腕時計
・値段が高い安いは関係ない

という点です。

 

腕時計はデザインがシンプルでアナログな腕時計を選びましょう。

腕時計で必要な機能は、針が3本「短針・長針・秒針」にカレンダー機能があれば十分です。

 

ベルトはステンレスや革のどちらでもかまいません。

ベルトの色は革は黒や茶色、ステンレスはシルバー系が多いです。

 

文字盤の色は白や銀や黒が多いですが、色の濃い青や赤でも大丈夫です。

腕時計全体の色は、スーツに合うようにしましょう。

 

ちょっとデカくてキラキラ光っているなど、派手な色やかたちをした腕時計がチラチラ見えたら目がいくことも当然あります。

腕時計が「大きい」「見た目がゴツい」「色がゴールドなどカラフル」という目立つものは、面接の場では賛否がわかれるところです。

腕時計など特に気にしない面接官もいますが、

面接官
面接官

応募者の方はハデな腕時計をしているなあ…

というあまりよくない感想を持つ方もいるでしょう。

ハデな時計をはめていっても決して印象が良くなるわけではありません。

 

自分のお気に入りの腕時計はプライベートのときに使えばいいのです。

面接の時には、それにふさわしい腕時計があります。

面接用として、値段の安いシンプルなデザインの腕時計を用意しておくことをおすすめします。

今は値段の安い腕時計でも十分性能はいいですし、シンプルなデザインの腕時計もたくさんあります。

 

値段の安い腕時計をおすすめする理由は、腕時計自体は目立つものではないからです。

そして腕時計がブランド物や高価なものだからといって応募者の評価が上がるわけでもありません。

「腕時計を身につけている」という身だしなみをしっかり整えておけばいいのです。

 

腕時計が購入できるお店

腕時計はホームセンターやヨドバシカメラなどの家電量販店やドンキホーテなどで売っています。

値段の安い時計は、だいたい2000円ぐらいから売っています。

メーカーは男性・女性ともに「セイコー」「シチズン」「カシオ」あたりがおすすめです。

 

ネットで腕時計を購入することもできます。

でも腕時計は自分の腕にはめて感触を確かめてから買ったほうが間違いはありません。

ネットでおすすめの腕時計でも「バンドがステンレスだと冷たいから苦手」とか「腕時計がちょっと重い」などの感想も出てきます。

 

それでもネットで購入したい方はおすすめの腕時計を紹介します。

ちなみに腕時計は利き腕とは反対の手首につけることが一般的です。

 

男性(メンズ)用のおすすめの腕時計

アマゾンで人気の高い男性向けの腕時計はこちらです。

 

男性用はシンプルなデザインがおすすめです。

 

女性(レディース)用のおすすめの腕時計

アマゾンで人気の高い女性向けの腕時計はこちらです。

 

女性用も上のような、シンプルなデザインがおすすめです。

 

企業に内定が決まった後は?

内定先の企業が決まって転職活動が終わったときに腕時計はどうするか?

そのまま腕時計を継続して使ってもかまいません。

しかし仕事をしてお金が入ってくれば、自分の好きなブランドやデザインの腕時計が欲しくなりますよね。

 

「面接用の腕時計はそのあとどうするか?」というと、

・その後も仕事の時に使う
・ほしい人にあげる
・ハードオフなどのリサイクルショップに売る
・メルカリやヤフオクなどで売る
・今後の転職活動用として保管しておく

などがあります。

 

「もう腕時計は必要ない」というときに手っ取り早いのは、ハードオフなどのリサイクルショップに持っていって売ってしまうことです。

2000円ぐらいの腕時計なら、売っても100円程度にしかならないかもしれませんが、引き取ってはもらえます。

 

または値段の安い腕時計でも性能はいいので予備の時計として保管しておいてもいいですね。

その後の転職活動や法事の時などにシンプルなデザインの時計があると便利です。

以上になりますが、腕時計を選ぶ際の参考にしてください。

「転職経験者のブログ」を書いている人

(やまよし おさむ)
↑更新中のTwitterはこちらから。

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。
応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。
応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
面接
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました