転職活動用のスーツはどこで買う?購入する際に知っておきたいこと

転職活動

転職活動の会社説明会や面接には、基本的にはスーツを着ていくことになります。

一部の企業では「面接は私服でもOKです」とか、夏の暑い時期なら「面接はクールビズでお越しください」などの服装の指定がある場合もありますが…

企業から特に指定がなければ、新卒の就職活動と同じく転職活動も基本はスーツを着ていきましょう。

 

また「これから転職活動をする予定だけど、まだスーツを持ってない」とか「スーツを新しく購入する予定」という方もいますよね。

ここでは「転職活動用のスーツが売っている店舗」や「スーツを購入するときに知っておきたいこと」などを紹介していきます。

 

転職用のスーツとしてふさわしいのは?

普段からスーツを着て会社で仕事をしている方は、

「毎日スーツを着ているし、転職活動の服装に関しては特に気をつけるところはないかな」と思うかもしれません。

 

「いつも仕事で着ているスーツで面接に行っても大丈夫だろう」と考えている方もいるでしょう。

しかし面接のときのスーツの身だしなみには十分に気を配るようにしましょう。

 

スーツのジャケットやパンツやスカートなどは消耗品です。

毎日仕事で着ていると、徐々ですが古くなっていきます。

 

買ったばかりの時はきれいな新品のスーツですが、何年も着ているうちに食べ物や飲み物のシミ汚れがついたり、色落ちした部分が出てきたり、破れたり穴が開いたりすることも当然あります。

またスーツの手入れをあまりしていなかったり、何度もクリーニングに出すことがあれば生地の光沢もなくなってきて、古くなってきた感じも出てきます。

 

安い値段のスーツはそれ相応のつくりですので長くは持ちませんが、高級ブランドのスーツやオーダーメイドのスーツでも当然、経年劣化はおこります。

また一人暮らしの方に多いのですが、普段の身だしなみを指摘してくれる人がいないために、スーツがくたびれた感じになってきているのに、それに気づかない方もいます。

 

そのような年季の入ったスーツを面接に着ていくと、面接官に「身なりがあまりよくないな」と思われてしまうこともあります。

第一印象というのはけっこう大事で、見た目で損している方もいます。

 

「面接では清潔感が大事」と言われますが、古くなったスーツを着ていると「清潔感がある」という印象を持ってもらえないこともあるのです。

また面接官もスーツを着ているので、スーツなどの身だしなみにも気をつかっています。

そのため初対面の相手の悪いところに目が行くこともあります。

 

「スーツに汚れやほころびがあるのを気づいていないのかな?」と思われたら印象も悪くなってしまいますよね。

自分のスーツをよく見て「ちょっと古いかな?」と思ったときは、安くてもいいので新しいスーツを購入して面接に行くことをおすすめします。

 

リクルートスーツしか持ってないときはどうする?

「仕事では私服や制服や作業着を着ることが多くて、スーツを着ることはほとんどない」という方もいますよね。

 

仕事でスーツを着る必要がないために「新卒の就職活動で使ったリクルートスーツしか持っていない」という方もいるでしょう。

「転職活動でリクルートスーツを着てもいいのかな?」と疑問に思ってしまいますが…

 

実際には転職活動でリクルートスーツを着て面接に来る方もけっこういます。

特に20代の方は多いですね。

 

リクルートスーツというのは、スーツの販売店が就職活動をする学生向けに「リクルートスーツ」と名付けて販売しているだけです。

一般的なビジネススーツとの明確な違いはありません。

リクルートスーツは「無地で色は黒、濃紺、グレーのスーツ」というのが一般的な特徴です。

 

そうした特徴もあるためリクルートスーツを着ていると「就活している学生」に間違われることもあるかもしれません。

でも転職活動で着ていけないわけではないのです。

リクルートスーツを着て仕事をしている方もいますし、リクルートスーツを着て転職活動をして内定をもらっている方もたくさんいます。

 

よほど見た目を気にする企業でなければ、リクルートスーツでも一般の会社員用のビジネススーツでも、どちらでも問題ありません。

清潔感のあるスーツを着ていれば、スーツの種類自体は問われないです。

 

むしろ年齢が若い方であればストライプ入りのカジュアルな感じのスーツよりは、リクルートスーツに近い無難なスーツの方が好感を持たれることが多いです。

面接官が応募者に無難な格好を求めるのは、新卒の就職活動でも転職活動でもそれほど変わりはないのです。

 

またタンスやクローゼットにスーツを置きっぱなしの場合は臭いがついてしまったり、自分の体型に合わなくなっていることもあります。

スーツの臭いは外の日陰や室内に干しておいたり、クリーニングに出せば取れますが、体型に合わなくなったり古くなっていたらスーツを新調した方がいいでしょう。

 

転職用のスーツを買うならどこで購入したらいいか?

スーツを買うときには男性や女性でも「洋服の青山」とか「AOKI」などに行く方も多いと思います。

新卒の就職活動でお世話になった方もいますよね。

 

スーツを販売している紳士服業界には有名な大手企業が4社あります。

「青山商事」「AOKIホールディングス」「コナカ」「はるやまホールディングス」の4社です。

 

街中や郊外にデカい看板で大きな店舗をかまえていたり、テレビのCMなどで名前を聞いたことがあると思います。

大手4社のそれぞれの紳士服店を紹介していきます。

 

「青山商事」

47都道府県すべてに出店している紳士服業界最大手の「洋服の青山」の店舗を運営

20~30代のビジネスマン向けの店舗「THE SUIT COMPANY(ザ・スーツカンパニー)」の店舗を運営

 

「AOKIホールディングス」

紳士服業界第2位の「AOKI」の店舗を運営

おしゃれなスーツ量販店「ORIHIKA(オリヒカ)」の店舗を運営

 

「コナカ」

関東や東北など東日本を中心に展開している「紳士服のコナカ」の店舗を運営

関連会社には「紳士服フタタ」や「SUIT SELECT(スーツセレクト)」があります。

 

「はるやまホールディングス」

西日本を中心に全国展開している「はるやま」の店舗を運営

20~30代前半のビジネスマン向けの店舗「P.S.FA(パーフェクトスーツファクトリー)」の店舗を運営

 

 おすすめは「洋服の青山」「AOKI」「コナカ」「はるやま」です。

転職活動用のスーツはメンズやレディースともに若い人から年配の人まで、こうした紳士服量販店で買っておけば間違いはありません。

 

紳士服量販店には2~8万円ぐらいまでのスーツがそろっており、どのお店で買っても品質やデザインや色などはそれほど変わりありません。

一般の会社員もこうした大手の紳士服店でスーツを購入していますので、特にこだわりがなければここで購入しておきましょう。

 

ちょっとおしゃれにこだわるのなら「ザ・スーツカンパニー」「オリヒカ」「スーツセレクト」「P.S.FA」などで購入してもいいですね。

上の公式サイトから自宅近くの店舗を見つけて足を運んでみてください。

 

メンズ・レディース向けの高級ブランドスーツ

「紳士服の量販店でなく高級ブランドのスーツが欲しい」という方はこちら。

男性向けのブランドスーツで有名なのは、

 

ブルックスブラザーズ

アメリカの紳士服ブランド。野球日本代表のオフィシャルスーツとしても有名。価格は10万円~

 

D’URBAN(ダーバン)

個人的におすすめの日本の紳士服ブランドです。価格は10万円~

 

dunhill(ダンヒル)

正統派ブリティッシュスタイルのスーツ。サッカー日本代表のオフィシャルスーツとしても有名。価格は30万円以上。

 

Brioni(ブリオーニ)

イタリアの高級紳士服ブランド。映画「007」でジェームス・ボンドが着用していた事で有名。価格は50万円~

 

女性向けのブランドスーツで有名なのは、

23区

日本のオンワード樫山のレディースブランドです。価格は5万円~

 

アンタイトル

20~30代の女性に人気のブランドです。価格は5万円~

 

セオリー

アメリカのファッションブランド。価格は8万円~

 

マックスマーラ

イタリアのファッションブランド。価格は20万円~

 

「高級ブランドのスーツを着ていけば企業から内定をもらえる」というわけではないのですが、自身の収入に合わせて高級ブランドのスーツで転職活動をおこなっている方もいます。

 

オーダースーツ専門店

ほかには自分の体型や好みに合わせてオーダースーツをつくってくれる「オーダースーツ専門店」があります。

 

オーダースーツSADA

全国に53店舗を展開。2万円からオーダースーツがつくれます。

 

DANKAN(ダンカン)」

価格は17,000円と手ごろな値段からオーダースーツを作成できます。

 

麻布テーラー

価格は4万円から。3000種類以上の生地からオーダースーツがつくれます。

 

オーダースーツ店のスーツは出来上がるまでに1カ月ぐらいかかることもあります。

購入する前にスーツの完成はいつになるのか確認しておきましょう。

オーダーメイドのお店はほかにもたくさんありますので興味があったら調べてみてください。

 

格安のスーツショップ

ユニクロ

ユニクロでも転職活動用のスーツのジャケット・パンツ・スカート・シャツが購入ができます。

スーツのジャケットとパンツを両方購入すると、

 

男性の場合、ジャケット(18590円)+パンツ(7590円)=26,180円

女性の場合、ジャケット(10890円)+パンツ(4389円)=15,279円

(値段は税込み)

 

上下のスーツでこの値段は安いですね。

オンラインから商品の注文はできますが、試着用サンプル取扱店に行って採寸してもらった方が間違いはありません。

注文の仕方はサイトの下の方にある「サービスご利用ガイド」をご覧ください。

 

イオン

イオンでも転職活動用のスーツが購入できます。

男性の場合、ジャケットとパンツを合わせて14,080円

女性の場合、ジャケットとパンツを合わせて9,680円

(値段は税込み)

オンラインショップの値段ですが、最安でこの値段になります。

 

西友

西友の転職活動用のスーツの値段は、

男性の場合、ジャケットとパンツ合わせて7,480円

女性の場合、ジャケットとパンツを合わせて6,270円

(値段は税込み)

西友では最安でこの値段です。かなり安いですね。

 

ちなみに大手紳士服店を代表して「洋服の青山」の最安スーツをあげてみると、

男性の場合、ジャケットとパンツ合わせて20,900円

女性の場合、ジャケットとパンツを合わせて18,700円

(値段は税込み)

 

洋服の青山とくらべると、イオンや西友のスーツは安く購入できます。

高級ブランドのスーツと比べると生地や耐久性の違いなどがありますが、安いスーツでも新品は見栄えがいいですし、安いスーツでも十分転職活動で使えます。

 

男性のスーツの選び方や身だしなみ

男性の転職活動用のスーツの色は黒や濃紺やダークグレーなどの落ち着いた色が一般的です。

スーツの柄は無地か目立たないストライプが入ったものを選びましょう。

 

スーツの中に着るワイシャツは基本は無地の白がおすすめです。

ワイシャツの首周りの大きさはお店ではかってもらって、体に合うサイズのシャツを購入しましょう。

 

またスーツ店ではスーツの色に合わせてネクタイ、ワイシャツ、ベルト、靴、靴下、バッグ、冬用コートを購入できます。

ただこれらはほかのお店やネットでも購入できますので、スーツ店で無理に買わなくても大丈夫です。

 

男性用のネクタイやバッグはこちらの記事を参考にしてください。

【就活・転職用】ネクタイはどんな色や柄がおすすめ?

【就活・転職用】リクルートバッグの特徴(メンズ・レディース用)

 

その他に必要なのは腕時計やハンカチです。

【就活・転職】腕時計が必要な理由とおすすめの腕時計を紹介

 

面接の時はピアスやネックレスなどのアクセサリーははずしておきましょう。

 

女性のスーツの選び方や身だしなみ

女性の転職活動用のスーツの色は黒や濃紺やダークグレーなどの落ち着いた色が一般的です。

スーツの柄は無地か目立たないストライプが入ったものを選びましょう。

スーツのインナーは白か淡い色のシャツやブラウスやカットソーにしましょう。

 

スーツはパンツかスカートになりますが、どちらを選んでもOKです。

どちらを選ぶか悩むときには両方とも購入して、職種によってパンツかスカートを選ぶようにしてもいいですね。

 

またスーツ店ではシャツ、靴、バッグ、冬用コートを購入できます。

【就活・転職用】リクルートバッグの特徴(メンズ・レディース用)

 

その他に必要なのは腕時計やハンカチです。

【就活・転職】腕時計が必要な理由とおすすめの腕時計を紹介

面接の際はピアスやネックレスなどのアクセサリーははずしておくか、目立たないものにしておくのが無難です。

 

スーツを購入するときの4つのポイント

スーツを購入するときは、こうした点もみておきましょう。

・スーツを購入するお店のサイトを調べておく

・スーツの購入予算を決めておいて店員に伝える

・スーツは試着してから購入する

・できればスーツ店を2~3店舗はまわってみてみる

という4つのポイントです。

 

スーツを購入するお店のサイトを調べておく

最初はスーツの購入を考えているお店のサイトを事前に見ておきましょう。

自宅近くにある「洋服の青山へ行こう」と思っていたら、まずは「洋服の青山」のサイトを調べてみてください。

 

サイトを見ればメンズ・レディースのどんなスーツが売っているのかネットで確認できますし、販売しているスーツの値段や色やデザイン等もある程度わかります。

また店舗によってスーツの値引きをしていたり品ぞろえも変わりますのでよく見ておきましょう。

 

スーツの購入予算を決めておいて店員に伝える

あとは「いくらのスーツを購入するのか」をあらかじめ決めておきましょう。

「スーツの値段はいくらになってもいい」というのなら決めなくてもいいのですが…

予算に限りがあるときには、例えば「上下スーツで5万円以内」とか目安となる金額を決めておきます。

 

そして目的のスーツ店に行って店内に入ると店員が接客に来ます。

そのときに「どんなスーツをお探しですか?」と声をかけてくると思います。

そのときに「転職活動用の上下のスーツを5万円以内で探しています」というように、「スーツを購入する目的」と「手持ちの予算」を先に伝えてしまいましょう。

 

手持ちの予算を最初に言ってしまえば、店員もそれ以上の値段がするスーツをすすめてはきません。

特に何も言わないと店員から値段の高いスーツをすすめられて、ことわり切れなくなってイヤイヤ購入することもあるかもしれないので気をつけましょう。

 

スーツに関しては紳士服店の店員に聞いた方がいろいろとアドバイスをもらえます。

転職活動にふさわしいスーツをいくつか紹介してもらえますし、応募先の業界や業種の名前を言えばそれに合ったスーツを紹介してくれます。

スーツの色やデザインにもはやりがありますので、そうしたことも参考にしながらスーツを見てみましょう。

 

また自分がどんなスーツが欲しいのかも伝えましょう。

「スーツの色は紺やグレーがいい」というときには、店員にそのことを伝えてみてください。

スーツのほかに「シャツ」「ネクタイ」「ベルト」「バッグ」「靴」「コート」などもそろっていますので、必要なものがあったら購入してみましょう。

 

スーツは試着してから購入する

スーツを購入するときはかならず試着して着心地を確かめてから買うようにしましょう。

実際に着てみると自分の体のサイズに合わなかったり、「スーツの生地が好きでない」とか、試着して鏡を見たときに「色やデザインが好きではない」と思うときもあります。

 

試着しないで購入すると、スーツに対して不満な点があとから出てきて、そのままガマンしてそのスーツを着続けるかまた買いなおす羽目になります。

何着か試着してみて気に入ったものを購入するようにしましょう。

お店で選べばパンツのウエストのサイズや丈の長さなども簡単に調整できます。

 

紳士服のオンラインショップやネットでもスーツの試着や購入はできますが、店舗に出向いてスーツを見たほうが気軽に試着することもできるのでおすすめです。

 

スーツ購入には2~3店舗ぐらいまわってみる

最初に入った1店舗目で、値段も手ごろで自分の気に入ったスーツを見つける時もあります。

そういうときもありますが、できればもう1~2店舗ぐらい違うお店をまわってほかのスーツを見てみましょう。

 

スーツ店の店員からいろいろ説明してもらって親切にされると「ここでスーツを買わないといけないのかな?」という雰囲気にもなりますが、別に無理して買わなくてもいいのです。

店員から「こちらのスーツがおすすめです。いかがですか?」と聞かれたときは、「家に帰って検討してみます」とことわって店を出ればいいのです。

ちょっと冷たい言い方ですが店員も断られることは慣れていますので、それで違うお店へ行きましょう。

 

近くのスーツショップや百貨店にあるスーツ店なども見てまわると、より気に入るスーツを見つけることもあります。

時間があるときにはほかのスーツ店も見てみてみましょう。

以上になりますが、転職活動をするときの参考にしてください。

転職活動
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました