面接で「自己紹介をしてください」と言われたときの答え方や回答例

面接

就職・転職活動の面接の始めに「まずは自己紹介をお願いします」と面接官からいわれることがあります。

「えっ!最初に自己紹介するの?」と、何も考えていなければあせりますよね。

 

いきなりいわれても準備していなかったら、最初からペースを乱されてしまいますが…

面接で「自己紹介してください」と、かならず聞かれるわけではないのですが、困らないように事前に答えを考えておいた方がいいですね。

ここでは就職・転職活動での自己紹介の仕方を紹介していきます。

 

面接で自己紹介をしてもらう意味は?

面接の始めに「自己紹介してください」といわれると、ちょっと緊張してしまいますが…

自己紹介は、むずかしいことを要求しているわけではありません。

 

自己紹介は文字通り「自分のことを相手に紹介(説明)をすること」です。

その意味でいえば、幅広く自由に答えることができる質問です。

ただ自己紹介をしたことがないときは、何を答えていいのか見当がつかなくて、困ってしまいますよね。

 

面接官がこの質問をする意図は、自己紹介の内容や説明の仕方などを見て「どんな人なのか?」を知ろうとする質問なのですね。

しかし、面接での自己紹介のやり方というのは、ある程度決まっています。

 

新卒採用と中途採用の自己紹介の例文

自己紹介のポイントとしては、自分のプロフィールを簡潔にまとめて紹介することです。

どんなプロフィールを紹介したらいいのか?

ここでは新卒採用と中途採用の自己紹介の例を説明します。

 

新卒採用の場合

新卒の就職活動の面接のときの一番簡単な自己紹介の例は、

 

「○○大学○○学部の△△(名前)と申します。よろしくお願い致します。」

です。

 

学生の方は在籍している学校名と自分の氏名をフルネームで答えるようにしましょう。

面接によっては、この簡単なあいさつだけでOKの場合もあります。

ただ、自己紹介が短いと思ったら、ほかの情報を付け足していきましょう。

 

例えば、

○○大学○○学部○○学科の○○と申します。大学では□□のサークルに在籍していました。
サークル活動を通して~~という力を身に付けましたので、御社(おんしゃ)でもその経験をいかしていけるのではと思っております。
よろしくお願いいたします。

 

ほかには、

「部活やサークルやゼミの簡単な活動内容や実績」「簡単な自己PRや志望動機」「自分の出身地」「趣味・特技」「自分の性格」

などを付け足して自己紹介してもいいですね。

 

中途採用の場合

転職活動など中途採用の面接のときの一番簡単な自己紹介の例は、

 

「○○(名前)と申します。年齢は○○歳です。現在は○○社に勤めており、○○の業務に従事しております。よろしくお願い致します。」

 

という言い方が一般的です。

社会人になったら氏名の前に学校名は名乗りません。

そして中途採用の時に自己紹介は主に、現職や前職の仕事内容や実績などを簡単に説明する方が多いです。

 

例えば、

○○(名前)と申します。年齢は○○歳です。現在は○○社に勤めており、○○の業務に従事しております。
~~の業務の経験がございますので、それを御社(おんしゃ)でも活かしていけると思い、応募いたしました。
よろしくお願いいたします。

 

ほかにも「簡単な自己PRや志望動機」「自分の出身地」「趣味・特技」「自分の性格」などをつけ足してもいいですね。

 

また職歴は面接中に詳細を説明しますので、自己紹介のときは簡潔に答えるだけにしておきましょう。

職歴のない既卒やフリーターの場合は、卒業した学校やアルバイト経験などを伝えてみましょう。

 

相手の印象に残る自己紹介の仕方を考えてみる

よく聞く自己紹介としては、

「○○大学○○学部の△△と申します。出身は□□です。趣味は読書です。よろしくお願い致します。」

という無難な自己紹介でもいいのですが、それだと面接官の印象には残りませんよね。

 

また長々と自己紹介をしても、ただ長くしゃべっただけで相手の印象に残らないことが多いです。

ですので自己紹介には「他の応募者にはない独自の説明」を入れてもいいですね。

 

例えば、

「○○大学○○学部の△△と申します。出身は□□です。趣味は筋トレで毎日1時間ぐらいトレーニングしています。よろしくお願い致します」

面接官「筋トレやっているんだ。確かに体が引き締まっているよね」とちょっと興味を持ってくれます。

 

このようにめずらしい趣味などを加えると、ほかの応募者とも差別化ができます。

ほかの人とは違う点や変わったところをアピールすることで、「あの筋トレの人ね」というように、面接官が自分のことを覚えてくれる可能性も高くなります。

 

ほかには、

「私は〇〇の出身で実家は有名な観光地の近くです。昔からよく知っている場所なので観光案内ができます」

「私は友達からタレントの〇〇さんによく似ているといわれています」

と言って場を和ませてくれた方もいました。

 

また「座右の銘」「自分の長所や性格」「打ち込んでいること」「尊敬している人物」「趣味・特技」を言う方もいます。

自己紹介の仕方が自由であれば、自分なりのユーモアのあるやり方を考えてみましょう。

でもウソをつくのはいけませんし、あまりに奇をてらった自己紹介はハズすこともありますので気をつけましょう。

 

企業の面接の雰囲気によっては、ちょっとユニークな自己紹介ができそうにないときもあります。

そんな時は無理をしないで、無難な自己紹介にとどめておくほうがいいですね。

 

自己紹介の回答時間はどのくらいの長さが最適なのか?

面接官から「自己紹介は30秒ほどでお願いします」とか、「学校名と名前だけ言ってください」など伝えてくれればと、そんなにむずかしくはないのですが…

 

ただ「自己紹介してください」と言われただけだと、

「自分の持ち時間は30秒なのか1分なのか?」

「自己PRまでしゃべっていいのか?」

など、やり方もわからず戸惑ってしまいます。

 

そんなときは簡単に自己紹介をした後に「ここで自己PRをしてもよろしいでしょうか?」と聞いてみてもいいですね。

面接では相手の面接官と会話をすることも大切です。

用意してきた自己紹介をただ話すのではなく、面接官と会話をしながらその場で臨機応変に対応することも大事です。

 

そして自己紹介の時は面接官に聞こえる声の大きさでハキハキと答えるようにしましょう。

 

「自己紹介」と「自己PR」は何が違う?

自己紹介のときに自己PRまですべて言ってしまう方もいます。

それも間違いではないのですが、面接官は自己紹介とは別に「自己PRはあとで質問しよう」と考えているときもあります。

「自己紹介」と「自己PR」を分けて考えている場合もあるのですね。

 

この2つの違いを簡単に言うと、

「自己紹介」は、自分がどんな人間なのかを伝える(氏名、年齢、出生地、所属している学校や企業名、趣味・特技など)。

「自己PR」は、企業向けに自分の長所や強みやできること、やりたいことを伝える。

となります。

 

両方とも意味が重なり合う部分があって、言い分けるのがむずかしいかもしれません。

自己紹介はあくまで自分のプロフィールの紹介にとどめて、自己PRは別に答えを用意しておいてもいいですね。

 

また面接では「面接官の質問に答える」のが基本的なルールです。

「自己紹介してください」と言われたら、言葉通りに自己紹介をするだけにとどめておいた方がいいかもしれません。

もしくは自己PRを全部言うのではなく、簡潔に短くまとめてさわりだけ伝えてもいいと思います。

特に決まりはないので正解も不正解もありませんが、面接官にわかりやすく伝えることを心掛けてみましょう。

 

以上になりますが、面接で自己紹介をするときに参考にしてください。

面接
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました