履歴書の「免許・資格」の書き方(記入例とアピールの仕方)

履歴書

履歴書には「免許・資格」を書く欄があります。

市販の履歴書の種類によって記入の仕方の違いがあると思いますが、ここでは「免許・資格」の書き方を説明していきます。

 

ここで紹介した「免許・資格」の書き方は、ハローワークインターネットサービスの「履歴書・職務経歴書の書き方」を参考にしながら、自分自身の転職時の経験も踏まえて作成しました。

 

「免許」と「資格」の違いは?

履歴書によっては「免許・資格」を書く場合もありますし「資格」だけを書く場合もあります。

「免許と資格って何が違うの?」と思う方もいると思いますが…

 

この「免許」と「資格」の意味の違いは、

「免許」→自動車やバイクなどの運転免許、教員免許、医師免許など

「資格」→国家資格、民間資格(検定)、TOEICのスコアなど

になります。

 

免許や資格や検定などは多少意味は違うのですが、同じ欄で書かせることが多いです。

「検定」も資格と同じものとして資格の欄に記入しておきましょう。

 

「免許・資格がひとつもない」ときは?

「免許や資格などは何も持っていない」という方も多いと思います。

履歴書をみると免許・資格を書く欄があって、そのスペースも大きく取っているのを見ると、「ここには何か書かないといけない!」という気持ちになってしまいますよね。

 

しかし免許・資格を何も持っていない時は、正直に「特になし」と書いておきましょう。

 

そういう方も多いですし、免許・資格が「特になし」でも企業から内定をもらう人はたくさんいます。

求人の募集要項に「要運転免許」とか「〇〇の資格が必須・優遇」とか書いてあるのなら別ですが、免許・資格に関する記載がなければ特に不利になることはありません。

 

免許や資格などが何もない時は、他のことでアピールするようにしましょう。

空欄にしておくと「書き忘れたのかな?」と思われてしまいますので、一つもないときは「特になし」と記入しましょう。

 

「免許・資格が書ききれないほど多い」ときは?

逆に免許・資格をたくさん取得していて、履歴書の資格欄では足りないという方もいます。

 

そういう場合の対処法としては、

・応募する企業の業務に関連のある免許・資格を選んで記入する

・同じ種類の資格なら難易度の高いものだけを記入する

このようにしてみましょう。

 

自分が保有している免許・資格をすべて履歴書に書く必要はありません。

数が多い時は、その中から選考で有利になりそうなものだけを選んで記入するようにしましょう。

たくさんあると書き込むだけでも大変ですよね。

 

応募先の業務とあまり関連のない免許・資格を書いても、選考では有利にはならないと思います。

あまりアピールにならないものは書かなくてもいいでしょう。

 

また「漢字検定」「英語検定」「日商簿記」などは級によって難易度のレベルが違います。

例えば「日商簿記2級」と「日商簿記3級」に合格しているのなら、難易度の高い「日商簿記2級」だけ書いて「日商簿記3級」は書かなくてもいいでしょう。

これまで合格してきた級をすべて書くのではなく、合格した中で一番難易度の高い級だけ書けば、その人の実力はわかります。

 

TOEICに関しても、これまで受けたテストの中で最も高いスコアのみを書けばいいのです。

そのようにして免許・資格を記入してみましょう。

 

免許・資格の正式名称とその書き方

履歴書の免許・資格の欄に名称を書くときは、基本は正式名称で書きましょう。

ただし正式名称は長くてわかりにくい場合もありますので、その場合はわかりやすく短めに書いたほうがいいですね。

 

書き方は「○○免許 取得」「○○検定 合格」のように記載することが基本です。

就活や転職で人気の免許・資格の略称と正式名称の例は、

免許・資格の略称 免許・資格の正式名称
運転免許 「普通自動車免許取得」または「普通自動車第一種免許取得」
日商簿記2級 日商簿記検定試験2級合格
漢検2級 日本漢字能力検定2級合格
英検2級 実用英語技能検定2級合格
TOEIC700点取得 TOEIC公開テスト スコア700点取得
MOS マイクロソフト オフィス スペシャリスト Word 2013 Expert 取得

上の例のように免許・資格は正式名称で記載します。

MOSの資格のくわしい書き方はMOS公式サイトに掲載されています。

運転免許もAT限定免許であることを記載する場合は、「普通自動車第一種運転免許(AT限定)」、または「普通自動車運転免許(AT限定)」と書きます。

 

普通自動車免許を取得した年月を知るには?

ちなみに普通自動車免許のみ取得している方の普通自動車免許を取得した年月は、免許証の表側の左下に「他」と書いてあります。

そこの年月日が運転免許の取得日となります。

 

また履歴書やESによっては「運転免許 有・無」でどちらかに〇をさせる場合や、TOEICのスコアを書く欄を別につくっているものもあります。

そういうときは、免許・資格の欄に普通自動車免許やTOEICのスコアを書く必要はないですね。

 

免許・資格を書く順番は?

免許・資格を書く順番は

・上から取得した順に書く

・上からアピールしたい順に書く

という2通りがあります。

 

記載する免許・資格が多いときは、学歴・職歴と同じように取得した古い順に上から書いてもいいですが…

一番アピールしたい免許・資格を一番上に書いても問題ありません。

 

免許・資格をたくさん取得したときは、アピールしたい免許・資格を一番上に持ってくることで目立たせることができます。

真ん中や下の方に書くと目立たなくて採用担当者も見逃してしまう場合もありますので、応募先の職務と関連のある免許・資格を一番上に書いてもいいですね。

 

今後、取得予定の資格の書き方

今は専門学校やスクールに通って勉強していて、今後免許や資格を取る見込みがあるものに関しては、履歴書に記入したいときは、「取得予定」として書いてもOKです。

 

例えばまだ運転免許は持っていないけど、今は自動車教習所に通っていて今後免許が取れそうなときは、「普通自動車免許取得予定」または「普通自動車第一種免許取得予定」と書いておきましょう。

日付に関してはだいたい免許が取れそうな年月を書けばいいと思います。

 

ほかにもハローワークの職業訓練やパソコンや英会話などの各種スクールに通っていたり、通信教育を受けていたり、自己啓発セミナーへ自主的に参加して能力開発に努めた経歴があれば記載しましょう。

また既に有効期限が失効した免許・資格や勉強中のもの、「1次試験のみ合格、2次試験待機中」などでも、意欲や能力のアピールになりますので、その旨を明示の上で記載することもできます。

 

そして免許・資格はないものの、応募先企業で活用できる「技能・技術」を持っている場合は、例えばパソコンスキルなどは、

「パソコン(Word、Excel)を実務で操作可能」

「会計ソフト「○○○」を操作可能(経験○年)」

のように付記する方法もあります。

 

マイナーな検定は書かないほうがいい?

また「TOEICのテストを受けたけど、200点ぐらいの低いスコアのため、あまり記入したくない」という場合もあります。

スコアが低すぎて書きたくない時は、資格の欄にTOEICのスコアを書かないことも一つの手です。

 

「テストを受けたら履歴書に必ず書かないといけない」というわけではないですから。

しかし企業側からTOEICのスコアを書くように言われている場合は、書きたくなくても書くようにしましょう。

 

また「バーベキュー検定」とか「世界遺産検定」などマニアックすぎて認知度がほとんどない検定を履歴書に書くか迷うときもあります。

そうした認知度のないめずらしい検定は採用担当者もよく知らないために評価の対象にはならないですが、「これってどういう検定なの?」と質問されたりなど面接のときの話のネタにはなります。

履歴書に記載するかどうかは本人の判断次第でしょうか。

 

免許・資格の記入例

これまでのまとめとして「免許・資格」欄の記入例としては、

免許・資格
平成〇年 TOEIC公開テスト スコア750点取得
平成〇年 3 普通自動車免許(AT限定)取得
パソコン(Word、Excel)を実務で操作可能(経験2年)
現在、日商簿記検定試験2級合格を勉強中です。

履歴書の年号は西暦(2019)と和暦(平成31)のどちらでも構いませんが、年号はどちらかに統一して書くようにしましょう。

そしてアピールしたい免許・資格は一番上に持ってきます。

取得した免許・資格以外にも、勉強中や取得予定のものも書いておきましょう。

 

また履歴書の書き方は下の記事をごらんください。

以上になりますが、履歴書「免許・資格」欄に記入するときの参考にしてください。

履歴書
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました