MOS試験に合格したときの履歴書の資格欄への書き方

  • 2019年8月26日
  • 2019年8月26日
  • 履歴書

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の試験を受けて合格することができたけど…

「履歴書の資格欄にどうやって記入したらいいか?」で悩む方もいると思います。

 

試験の名称を「カタカナと英語のどちらで書くのか?」「MOSと短縮表記で書いていいのか?」などいろいろ書き方がありますよね。

ここではMOSの履歴書での表記の仕方を紹介していきます。

就活や転職活動の時の参考にしてください。

 

「MOSはどんな試験なのか?」簡単に説明

MOSは簡単に言うと「ワード(Word)やエクセル(Excel)やパワーポイント(PowerPoint)などのマイクロソフトオフィス製品を利用するスキルを証明する資格」です。

会社でワードやエクセルやパワーポイントなどのマイクロソフトオフィス製品を使う機会多いと思います。

そのため「MOSの資格を持っている」ということはパソコンスキルを持っている証明にもなりますので、就職・転職活動の時に履歴書やESに書いてアピールすることができます。

 

MOSには3つのバージョンがある

現在(2019年8月)に試験を受けることができるMOSのバージョンは3つあります。

・MOS2016

・MOS2013

・MOS2010

です。

 

MOSの最新のバージョンは「MOS2016」です。

基本的には最新バージョンのMOSを取った方がいいのですが、職場や自宅でOfficeを使っているときには、そのOfficeバージョンに合わせて試験を受けることをおすすめします。

 

例えば職場で「Office2016」を使っていたら「MOS2016」の資格を取得する。

また「Office2013」を使っていたら「MOS2013」の資格を取得してみましょう。

使用しているOfficeのバージョンを確認する方法はこちらをご覧ください。

 

最新の「MOS2016」は7つの試験があります。

・Word 2016 スペシャリスト

・Word 2016 エキスパート

・Excel 2016 スペシャリスト

・Excel 2016 エキスパート

・PowerPoint 2016

・Access 2016

・Outlook 2016

この中から自分が受けたい試験を1科目ずつ選んで受けるようになります。

 

WordとExcelは「スペシャリスト(一般)」と「エキスパート(上級)」の2種類があります。

また「スペシャリスト(一般)」と「エキスパート(上級)」は難易度の差ではなく試験範囲が違うだけですので、最初から「エキスパート(上級)」を受験することもできます。

仕事で利用するのであれば「スペシャリスト(一般)」を取得することをおすすめします。

 

そして最新の「Office2019」が2019年1月22日に発売されました。

それに合わせて試験も「MOS2019」が新たに追加されると思いますが、まだいつになるか発表はありません。

 

そして「Office365」を使っている方もいると思いますが、「Office365」は「MOS2019」の試験に組み込まれるというニュースもあります。

これもどうなるのかわかりませんが発表まで待ちましょう。

 

就活・転職の時の履歴書への書き方

履歴書の資格欄への記載方法は、MOSの公式ホームページに掲載されています。

 

ホームページの例から履歴書の資格欄への書き方としては、

例えば「MOS 2016のExcel スペシャリストレベル」に合格したときは、

 

⇒ 「Microsoft Office Specialist Excel 2016 合格」

⇒ 「マイクロソフト オフィス スペシャリスト Excel 2016 取得」

⇒ 「MOS(エクセル 2016) 合格」

と上に3つの例のように、どれで書いてもOKです。

 

また「MOS 2016のExcel エキスパートレベル」に合格したときは、

 

⇒ 「Microsoft Office Specialist Excel 2016 Expert 合格」

⇒ 「マイクロソフト オフィス スペシャリスト Excel 2016 Expert 取得」

⇒ 「MOS(エクセル 2016 エキスパート レベル)合格」

上の3つの例のように書くことができます。

 

資格名の「Microsoft Office Specialist」は、「英語」や「カタカナ」や「MOS」の短縮表記のどれで表記してもOKです。

履歴書を手書きで書く場合は「英語」や「カタカナ」で長い資格名を書くのは大変なので、短縮表記の「MOS」で書いてもいいですね。

 

「Specialist」のレベル表記はしない

またホームページには「スペシャリストレベルは、科目名のあとにレベル表記を記載する必要はありません」と注意書きがあります。

これは「Word」と「Excel」にはそれぞれ『Specialist(スペシャリスト)』と『Expert(エキスパート)』の2つの科目があります。

 

『Expert』を取得したら『Expert』と記載する必要はありますが、『Specialist』は記載する必要はないという意味です。

 

例えばWord 2016 スペシャリストに合格した時に英語でレベル表記すると、

⇒ 「Microsoft Office Specialist Word 2016 Specialist 合格」

となります。

 

これだと「Specialist」の文字が2つになり、まぎらわしくなってしまいます。

ですので「Specialist」のレベル表記は省略して、

 

⇒ 「Microsoft Office Specialist Word 2016 合格」

という書き方でOKということです。

 

また「合格」と「取得」があります。

これは試験に受かったときは「合格」で正しいですし、MOSは合格認定証も発行してくれますので「取得」も間違いではありません。

どちらもスキルレベルを証明できますので「合格」と「取得」は好きな方を選んで書きましょう。

 

MOSの資格を複数取得した場合の書き方

MOSの資格を複数取得した場合は、履歴書の資格欄に一行ずつ書いていきましょう。

例えば「Word 2016 スペシャリスト」と「Excel 2016 スペシャリスト」と「Excel 2016 エキスパート」の3つを取得した場合は、

 

英語で名称を書くなら、

免許・資格
2017 10 Microsoft Office Specialist Word 2016 合格
2018 4 Microsoft Office Specialist Excel 2016 合格
2018 9 Microsoft Office Specialist Excel 2016 Expert 合格

となります。

 

カタカナで名称を書くなら、

免許・資格
2017 10 マイクロソフト オフィス スペシャリスト Word 2016 合格
2018 4 マイクロソフト オフィス スペシャリスト Excel 2016 合格
2018 9 マイクロソフト オフィス スペシャリスト Excel 2016 Expert 合格

となります。

 

MOSの短縮表記で名称を書くなら、

免許・資格
2017 10 MOS(ワード 2016) 合格
2018 4 MOS(エクセル 2016) 合格
2018 9 MOS(エクセル 2016 エキスパート レベル) 合格

となります。

複数のMOSの資格を取った時は書き方をそろえておいた方がいいですね。

 

旧バージョンのMOSは履歴書に書くことはできる?

現在のMOSの最新の試験は「MOS 2016」です。

そして旧バージョンは「MOS 2013」「MOS 2010」までが取得可能です。

 

以前は「MOS 2007」「MOS 2003」「MOS 2002「MOS 2000」などがありましたが、これらは現在は試験をおこなっていません。

「MOS 2007」以前の旧バージョンでも資格の失効にはなりませんので、資格取得者は履歴書に記載することができます。

 

ただ資格の失効はないといっても、昔のMOSは就活や転職で有利になるのどうかわかりません。

バージョンが古いため、もしかしたら企業の採用担当者からあやしまれてしまうこともあります。

 

そんな時はMOSの最新版の試験を受けなおすか、または職場で新しいバージョンの「Word」や「Excel」が使えることを説明できるようにしておきたいですね。

 

また「Office 2010」は2020年10月13日 ですべてのサポートが終了します。

それ以降はセキュリティの更新プログラムの提供が停止するため、セキュリティ上、非常に危険な状態になります。

家庭や職場で「Office 2010」を使っている場合は、最新バージョンへ移行することをおすすめします。

 

それにあわせて「MOS2010」の試験は2020年3月末に終了することが決定しています。

「MOS2010」を受験される方は早めにテストを受けておきましょう。

 

以上になりますが、MOSの試験を受ける際の参考にしてください。