Word(ワード)で職務経歴書を作成してみた

「パソコンで職務経歴書を作成したいけど、作り方がわからない」という方もいると思います。

パソコンで職務経歴書をつくるのはむずかしそうに感じますが、文章作成ソフト「Word(ワード)」を使えば簡単にできますよ。

 

ここでは「パソコンのWordを使って職務経歴書をつくる方法」を紹介していきます。

Wordで文字入力ができれば、職務経歴書の作成もむずかしくはありません。

転職活動など中途採用では、履歴書と一緒に職務経歴書が必要になります。

職務経歴書を作成するときの参考にしてください。

 

パソコンで職務経歴書を作成する理由

職務経歴書は便せんなどの用紙を用意して、黒のボールペンで手書きで書いてもかまいません。

ただ、その際に記入ミスがあったり、記入ミスを修正した跡が残っているのは好ましくありません。

職務経歴書は重要な書類ですので、文章を修正した部分はない方がいいのですね。

 

また、履歴書よりも文字数が多くなりますので、記入ミスがないように手書きで書くのはかなり大変です。

ですので、職務経歴書を作成するときにはWordなどの文章作成ソフトを使ってパソコンで作成するのがおすすめです。

パソコンで作成すれば、文字の修正も簡単にできますし、きれいに仕上がります。

ただ文字入力の間違えなどないように気をつけたいですね。

 

職務経歴書は白紙の状態から作る必要はない

「職務経歴書を書くのが初めて」という方や、「書き方もよくわかっていない」という方がほとんどだと思います。

職務経歴書は転職活動の時にしか書く機会がないので、上手に書ける人なんてほとんどいません。

 

それでも「とりあえずパソコンでWordを開いて…」と、白紙の状態から職務経歴書を書き始める方も多いと思いますが…

職務経歴書を作成するときは、そんなことはしなくていいのです。

 

職務経歴書の見本を見ながら最初から最後まで書いていたら、作成に時間がかかるだけです。

さらに素人が書いたものは、内容が整理されておらず読みにくかったり、要点がわかりづらい文章になってしまうことも多いです。

職務経歴書は自己流で作る必要はないのです。

 

転職サイトのテンプレートを使って作成する

職務経歴書は転職サイトが無料で提供しているテンプレートを使って作成しましょう。

そのほうが簡単にできますし、レイアウトも整っていて、要点をおさえた見やすい職務経歴書が作成できます。

 

Google(グーグル)で「職務経歴書 書き方」で検索してみてください。

そうすると、それぞれの転職サイトが職務経歴書の書き方をくわしく説明しています。

さらに転職サイトでは職務経歴書を作成するためのテンプレートも用意しています。

 

転職サイトは、自社のサイトを転職希望者に利用してもらうために、職務経歴書のテンプレートに力を入れています。

これを上手に利用しない手はありません。

 

グーグルで検索すると「リクルートエージェント」「マイナビ転職」「doda(デューダ)」「エン転職」などのいろんな転職サイトが出てきますが…

ここでは「doda(デューダ)」のサイトを例にして、職務経歴書の作成方法を説明していきます。

 

「doda(デューダ)」の職務経歴書の書き方

まずはdoda(デューダ)の「職務経歴書の書き方 完全ガイド」のサイトを開きます。

ここには「職務経歴書の書き方」がくわしく書いてあります。

ただこのページを全部読まなくても職務経歴書は作れますので、後で必要なところだけ見直してください。

 

このページの下の方に行くと「レジュメビルダー」というのがあります。

ここで職務経歴書を作成できますが、会員登録が必要になります。

 

会員登録するのはめんどうなので、さらに下にある「サンプルテンプレートを活用して『評価される』職務経歴書を作る」の「サンプルテンプレートのダウンロードページへ」をクリックしてください。

こちらは会員登録なしで職務経歴書が作成できます。

 

職務経歴書のサンプル(見本)を選ぶ

サンプルテンプレートのダウンロードページをクリックすると、

「職務経歴書テンプレート・フォーマットの選び方とダウンロード」のページへ行きます。

 

ここには133種の職務経歴書のサンプル(見本)があります。

これを使って職務経歴書を作成しましょう。

+の部分をクリックすると、それぞれの職種・業種のサンプルが選べます。

自分に合った職務経歴書のサンプルを選んでみましょう。

ここでは例として、「営業(24職種)」の「IT営業法人」を選んでみました。

 

「IT法人営業」を選ぶと、その職種・業種の職務経歴書 書き方のポイントなどが記載されています。

まずはそれを読んでみましょう。

さらに下の方に行くと「Word形式のサンプルをダウンロードする」がありますので、これをクリックします。

 

Word形式のサンプルをダウンロードする

「Word形式のサンプルファイルをダウンロードする」をクリックして、ファイル名を「職務経歴書」と書いてデスクトップなどに保存します。

そして、ダウンロードしたファイルをマウスでダブルクリックして開きます。

Wordの上のツールバーに「編集を有効にする」と表示された場合は、これをクリックして文章を編集できるようにしましょう。

 

また、ファイルが「読み取り専用」のときは、左上の「表示」から「文章の編集」を選んでください。

これでサンプルファイルの文章を編集することができます。

 

職務経歴書の編集の仕方

下のように文章の編集が可能な職務経歴書が開きます(クリックすると拡大します)。

ここからは、職務経歴書の作成のしかたと、それぞれの項目の書き方をくわしく説明していきます。

 

基本的な作成のしかた

職務経歴書は白無地のA4サイズの用紙を使います。

用紙を縦長に置いて、横書きで書いていきます。

用紙は1~2枚程度、多くても3枚以内におさめましょう。

 

また、職務経歴書の記載項目は自由です。

ただし冒頭の「『職務経歴書』の標題」「日付」「氏名」「職務経歴」は必須です。

そのほかに「取得資格」「PCスキル」「活かせる能力」「自己PR」「志望動機」などを自分で選んで追加して記載することが一般的です。

 

「本文の文字が小さい」と思ったときは、文字サイズを大きくするなどの調整をしてください。

特に年配の採用担当者は「小さい文字が見づらい」と感じる方もいますので、標題や見出しをのぞく本文は10.5~12程度の大きさがおすすめです。

 

標題と日付と氏名の書き方

ここからは、項目の書き方を説明していきます。

まずは冒頭の「(IT法人営業のサンプル)」の文字は削除しましょう。

そして標題の「職務経歴書」の文字の左側にカーソルを置いて「BackSpace」キーを押して、「職務経歴書」の文字をひとつ上の段にあげます。

 

また日付と氏名の〇×を消して、職務経歴書を作成した日付と氏名を入力しましょう。

下の日付は西暦(20××)ですが、履歴書を和暦(令和〇年)で記入した方は、職務経歴書の日付や職歴も和暦で統一してください。

 

職務要約の書き方

ここは自分自身の職務経歴の“まとめ”を書きます。

下の職務経歴を見る前に“まとめ”があると、読む側は理解しやすくなります。

サンプルの〇×の部分を編集するだけでなく、ここはサンプルの文章を全部消去して、自分自身の職務要約を書いてください。

職歴が少ないなど「職務要約は必要ない」と思ったときは、この項目は削除してもかまいません。

 

職務経歴の書き方

職務経歴は、今までにどんな仕事をしてきたか、どんなキャリアを積んできたのかをくわしく記載します。

職務経歴書の中で最も重要な部分です。

ただ、ここで紹介しているdodaの職務経歴書のサンプルを見ると、「現職」の職歴しか書いてありません。

実際の職務経歴書は、最終学歴の学校を卒業してから現在までの職歴をすべて書きましょう。

転職した経験があれば、それだけ職務経歴も多く書くことになりますが、できるだけ詳しく書いてください。

 

職務経歴の枠内には「会社名」と「入社した年月~退職した年月」を記載します。

「事業内容」「資本金」「売上高」「従業員数」「上場」などは、グーグルで会社名を検索して調べてみましょう。

「正社員」などの雇用形態も記載します。

その下の枠内には在籍期間と部署名を記載します。

 

そしてIT法人営業の場合は、【業務内容】【取扱商品】【取引顧客】【営業スタイル】【主な実績】【主なプロジェクト】を書いていきます。

ここは職種・業種・ステージ別によって記載する内容も変わってきます。

 

また、この辺は人によって、記載できる項目や記載できない項目もあると思います。

基本的には【業務内容】や【主な実績】などが書ければいいと思いますが、書けない項目は削除して、書ける項目を具体的にくわしく書いていきましょう。

転職して複数の会社で働いた経験がある方は、その分だけ職務経歴の枠を増やしてください。

職務経歴の枠全体をマウスで選択してコピーして、職務経歴の枠の下にコピーした枠を貼りつけます。

そして枠内の文章を編集して別の会社の職歴を書いてください。

 

PCスキル・資格の書き方

サンプルではPCスキルや資格は枠の中に書くようになっています。

枠の中にPCスキルや資格を書いてもいいのですが、枠がジャマなら枠を削除してしまい、枠なしでPCスキルや資格を記載してもいいですね。

資格や免許は実務経験と関連があると評価につながりますので、業務に関連したものを優先して書きましょう。

 

自己PRの書き方

応募先企業に自分の強みを伝えて、「入社後に活躍してくれそうな人だ」と思ってもらえるような文章を書きましょう。

例えば、これまでの仕事の際の自分の行動や考え方を振り返って、積極性や粘り強さや協調性や責任感という点をエピソードもまじえて説明してもいいですし、

応募先企業にどのように貢献したいかとか、将来の目標を記載するのもOKです。

 

また職務経歴書に志望動機を書くこともできます。

履歴書にも志望動機欄がありますが、書ききれないときには、職務経歴書に記載しても問題ありません。

退職理由や転職理由は、職務経歴書に書く必要はありません。

ただこの2つの理由はしっかり考えておいて、面接の時に口頭で説明できるように準備しておきましょう。

 

A4用紙への印刷の仕方

Wordで職務経歴書の内容をすべて書いたら、最後は文字の間違えがないようによく見直しましょう。

問題がなければ、プレビュー画面を見ます。

左上の「ファイル」をクリックして「印刷」を選択すると、下のプレビュー画面が出てきます。

職務経歴書は2ページありますので、左の設定では赤枠の「すべてのページを印刷」を選択します。

そして赤枠の「A4」を確認したら、上の赤枠の「印刷」をクリックします。

 

これで下のように職務経歴書の印刷ができます(クリックすると拡大します)。

上の職務経歴書は、日付と氏名しか編集していませんが、A4の用紙2枚に印刷できます。

これで完成です。

会社に提出する用紙だけでなく、面接の前に職務経歴書を見直せるように控えの用紙を印刷しておいてもいいですね。

 

コンビニでの印刷の仕方

自宅にプリンターがないときは、コンビニのマルチコピー機を使って用紙に印刷しましょう。

ファミリーマートやローソンでも印刷はできますが、ここでは「セブンイレブンのネットプリント」の印刷の仕方を紹介します。

 

まずは職務経歴書ファイルをPDF形式に変換します。

左上の「ファイル」をクリックして「エクスポート」から「PDF/XPSの作成」ボタンを押すとPDFファイルに変換できます。

ファイル名「職務経歴書」にしてデスクトップなどに保存しましょう。

 

セブンイレブンのネットプリントの使い方

ネットプリントのサイトに行きます。

「個人のお客様」をクリックして、「ユーザー登録なしでプリントする」をクリックします。

次のページで「今すぐファイル登録」をクリックします。

次のページで「利用規約および個人情報の取扱いに同意する」にチェックを入れて「利用を開始する」をクリックします。

 

下の「ファイルの新規登録」の画面が出てきます。

1)プリント用紙は「普通紙にプリント」を選択します

2)青の「参照」をクリックして、PDF形式の職務経歴書ファイルを選択します

選択すると、赤枠の「職務経歴書.pdf」が表示されます

3)プリントの設定は、用紙サイズ「A4」を選択、カラーモードは「白黒」を選択します。

そして「登録する」をクリックします。

その後、8ケタのプリント予約番号が出てきます。

プリント予約番号をスマホのカメラで撮影するか、スマホやメモ帳にメモをしておきます。

「メール通知」でメールアドレスにプリント予約番号を送信することもできますよ。

そして近所にあるセブンイレブンに行きます。

 

セブンイレブンのマルチコピー機のメニューで「プリント」を押します。

そのあとに「ネットプリント」を選択します。

あとは8ケタの予約番号を打ち込んで「確認」を押します。

A4サイズの白黒の用紙は1枚20円です。

支払いは現金かnanacoで支払いも可能です。

そして印刷します。

 

印刷後はマルチコピー機の画面を、最初のメニュー画面に戻しておきましょう。

印刷した職務経歴書の内容はよく確認してください。

以上になりますが、Wordで職務経歴書を作成するときの参考にしてください。

履歴書
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました