転職活動でリクルートスーツしか持っていないときはどうする?

転職活動の面接では、企業から服装に関して指示がなければスーツを着ていくことになります。

Web面接の時もスーツが必要になります。

しかし仕事でスーツを着る必要がないために「新卒採用の時に使っていたリクルートスーツしか持っていない」という方もいますよね。

「新卒用のリクルートスーツは転職活動で使えるのか?」を説明していきます。

 

転職でリクルートスーツしかない場合

「転職活動の面接でリクルートスーツを着てもいいのかな?」と疑問に思ってしまいますが…

実際には転職活動でリクルートスーツを着て面接に来る方もけっこういらっしゃいます。

特に20代の方は多いですね。

 

リクルートスーツというのは、スーツの販売店が就職活動をする学生向けに「リクルートスーツ」と名前をつけて販売しているのですが…

一般的なビジネススーツとの明確な違いはありません。

リクルートスーツは「無地か薄くストライプが入った柄で、色は黒や濃紺やグレーのスーツ」というのが一般的な特徴です。

 

そのため、リクルートスーツを着ていると「就活している学生」に間違われることもあるかもしれません。

でも転職活動で着ていけないわけではないのです。

 

結論としては、よほど見た目を気にする企業でなければ、リクルートスーツで問題ありません。

清潔感のあるスーツを着ていれば、スーツの種類自体は問われないです。

 

むしろ20代の若い方であれば、ストライプ入りのカジュアルな感じのスーツよりは、リクルートスーツに近い無難なスーツの方が好感を持たれることが多いです。

面接官が応募者に無難な格好を求めるのは、新卒の就職活動でも転職活動でもそれほど変わりはありません。

面接官見ているのはスーツではなく、全体の身だしなみや清潔感です。

実際にリクルートスーツを着用して仕事をしている方もいますし、リクルートスーツで転職活動をして内定をもらう方もいます。

 

またタンスやクローゼットにスーツを置きっぱなしの場合は臭いがついてしまったり、何年も前に購入したスーツなら、自分の体型に合わなくなっていることもあります。

スーツの臭いは外の日陰や室内に干しておいたり、クリーニングに出せば取れます。

ただ体型に合わなくなったり、古くなっていたらスーツを新調した方がいいでしょう。

 

面接で大切なのは身だしなみ

普段からスーツを着て会社で仕事をしている方は、

応募者
会社員

毎日会社でスーツを着ているし、転職活動の服装に関しては特に気をつけるところはないかな。

と思うかもしれません。

 

しかし面接の前には、スーツや身だしなみをよく確認しておきましょう。

スーツのジャケットやパンツやスカートなどは「消耗品」です。

毎日仕事で着ていると、徐々ですがスーツも古くなってきます。

 

買ったばかりの時はきれいな新品のスーツです。

しかし何年も着ているうちに食べ物や飲み物のシミ汚れがついたり、色落ちした部分が出てきたり、破れたり穴が開いたりすることもあります。

またスーツの手入れをあまりしていなかったり、何度もクリーニングに出すことがあれば生地の光沢もなくなってきます。

 

安い値段のスーツはそれ相応のつくりですので長くは持ちませんが、高級ブランドのスーツやオーダーメイドのスーツでも当然、古くなってきます。

また一人暮らしの方に多いのですが、普段の身だしなみを指摘してくれる人がいないために、スーツがくたびれた感じになってきているのに、それに気づかない方もいます。

そのような年季の入ったスーツを面接に着ていくと、

面接官
面接官

応募者の身なりがあまりよくないな。

と思われてしまうこともあります。

第一印象というのはけっこう大事で、見た目で損している方もいます。

 

「面接では清潔感が大事」と言われますが、古くなったスーツを着ていると「清潔感がない」と思われてしまうこともあるのです。

面接官もスーツを着ているので、スーツなどの身だしなみにも気をつかっています。

そのため初対面の相手の悪いところに目が行くこともあります。

 

面接官
面接官

スーツに汚れやほころびがあるのを気づいていないのかな?

と思われたら印象も悪くなってしまいますよね。

自分のスーツをよく見て「ちょっと古いかな?」と思ったときは、安くてもいいので新しいスーツを購入して面接に行くことをおすすめします。

新しくスーツを購入するときは、下の記事をごらんください。

転職活動用のスーツはどこで買う?販売店のスーツの値段を比較してみた

以上になりますが、転職活動の際の参考にしてください。

「転職経験者のブログ」を書いている人

(やまよし おさむ)
↑更新中のTwitterはこちらから。

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。
応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。
応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職活動
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました