転職目的でIT資格を取りまくることはおすすめしない理由

IT業界への就職や転職をめざすために「IT関連の資格を取りたい!」と思っている方も多いと思います。

資格があれば履歴書に資格名を書いてアピールすることもできますが、実際のところは資格があってもそれほど有利にはならないのです。

ITに関しては、資格を取って就職・転職を有利に進めようとする方法はおすすめしません。

その理由を説明していきます。

 

IT資格を取りまくるのは時間の浪費につながる

よく知られている有名なIT資格としては、

「ITパスポート」

「基本情報技術者」

「シスコ技術者認定プログラム」

「マイクロソフト認定資格プログラム」

など、国家資格からベンダー資格までたくさんあります。

IT資格は非常に数が多く、さらにそれぞれの領域に特化しています。

ですのでIT資格の中で、違う領域の資格を取っても役に立たないこともありますし、初心者向けの一般的な資格も実務では役に立たないことが多いのですね。

さらにやみくもに多くの資格を取ろうとしても時間やお金がかかるだけで、就職や転職に全く活かせないこともけっこうあります。

 

特に資格の取得までに時間がかかります。

勉強して試験に合格するレベルになるまでに時間を多く使いますし、試験で不合格になったら再度試験を受けないといけません。

半年や1年やまたそれ以上の時間をかけて本当にIT資格を取得する価値があるのかどうか?

勉強を始める前によく考えてみた方がいいのです。

 

一度、転職サイトで取得しようとしている資格名で検索してみてください。

シスコやマイクロソフトなどのベンダー資格を持っている人を募集している求人を見かけますが、それほど多くの求人があるわけでもありません。

特に人気のある「ITパスポート」や「基本情報技術者」の資格を持っていても、この資格自体が実務で生かせるわけではないのです。

ほとんど「おまけ」みたいにしか見てもらえないこともあります。

困った顔
会社員

ITの知識をつけるために勉強してみたけど、実際は時間の浪費でしかなかった。

ということはよくあります。

今後の自分のキャリアは資格頼みにせずに、どうやってつくっていくかをよく考えてみることも大事です。

 

未経験者がIT業界へ入るためには

資格というのは、その分野の知識があるかどうかを証明するためのものです。

しかしその資格や知識が企業の業務で活かせるかどうかはわかりません。

現実には資格やその知識が企業の現場でまったく活かせないこともめずらしくないのです。

資格取得のためにせっかく学んだことがほとんど役に立たないのですね。

それならどうしたらいいのか?

 

IT業界は実務経験を重視する企業は多いですが、中には未経験者を募集している企業もあります。

初心者の場合は、まずはそうした企業に入ってみて「どんな企業なのか?」「どんな資格や知識が必要なのか?」を自分で調べてみることをおすすめします。

ITに限りませんが、まずは現場ではたらいてみないとわからないことって多いのですね。

資格の取得で時間やお金を浪費するよりも、自分が興味があるIT関連の未経験者OKの求人にどんどん応募してやる気をアピールしてみましょう。

実務経験や資格もないため不採用になることもあると思いますが、それでも採用してくれるところはあります。

そこで仕事をしながら経験をつんだり、職場の人たちと情報交換をして今後の自分のキャリアプランを考えた方がいいですね。

その際に必要な資格があったら勉強するようにしましょう。

 

実務経験をつけることが大事

現場によってはまったくスキルが身につかない企業もありますので、入社する前に採用担当者に業務内容やスキルが身につくのかしっかり聞いて確認しておきましょう。

スキルが身につかない企業に入社した時には、その企業で働きながら転職活動をおこなってほかの企業へ移ってもいいですね。

IT業界は業務経験やスキルが重視されますので、短期間で辞めた職歴があってもそれほど不利になるわけではありません。

また未経験者を採用してくれる企業は年収もそれほど高くありません。

そんな中でもスキルが身につくのなら年収が低くてもがんばって、数年でより年収や待遇の良い企業に転職するのがベストです。

 

資格を取ってから就職するのではなく、就職して仕事をしてから取りたい資格を見つけるの方が無駄がないです。

IT業界は実務経験を重視しますので、まずは企業に入って実務経験を積むことです。

入社した企業があまり気に入らない企業なら、転職すればいいのです。

そうやって自分のキャリアをつくっていきましょう。

 

プログラミングスクールに通ってみる

IT業界への就職・転職にふみ切れないときや、自分の適性を知りたいときにはプログラミングスクールに通ってみましょう。

私の知り合いにもプログラミングスクールで学んでエンジニアになった人がいますが、ここで学ぶことで、自分がこの分野に向いているかどうかの適性がよくわかると思います。

スクールに入ってみて「自分が思っていたのと違った」と気づくこともありますが、別にそれでもいいのです。

だれもがみんな「意味がなかった」という経験をして学んでいくわけですし、それも貴重な体験です。

やったこともない分野では最短距離で走れないですから、まずは手探りでもやってみるって大事なことです。

興味がある方は、まずはプログラミングスクールに通ってみましょう。

おすすめのプログラミングスクールは下の2つです。

 

「tech boost」では体系的にプログラミングの基礎を身に付けることができます。

未経験からエンジニアとして就職・転職したい方におすすめのスクールです。

興味のある方は下の公式サイトから詳細をごらんください。

【Tech Boost】

プログラマカレッジは受講料が無料のプログラミングスクールです。

受講期間は2〜3ヵ月ほどのプログラミング研修期間を経て、就職活動までサポートしてくれます。

こちらはITエンジニアの就職一筋で、1人ひとりの受講生にアドバイザーが専任でつき、 マンツーマンで就活をサポートします。

20代限定のサービスとなりますが、大卒に限らず、高卒、専門学校卒の方も入校が可能です。学歴は問いません。

プログラマカレッジに興味のある方は下の公式サイトから詳細をごらんください。

【完全無料プログラミング研修&就活塾】

どちらのプログラミングスクールも無料のカウンセリングや説明会がありますので、まずはそちらから参加してみてください。

そこから実際に講習を受けるかどうかを判断してみましょう。

プログラミングスクールからエンジニアとしてIT関連の企業へ就職することができます。

今は働き方改革でIT企業の職場環境もかなり改善されて良くなってきましたし、将来に向けてスキルを身につけるにはプログラミングは最適です。

まずは足がかりとしてプログラミングスクールに通って勉強してみてはいかがでしょうか。

「転職経験者のブログ」を書いている人

(やまよし おさむ)
↑更新中のTwitterはこちらから。

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。
応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。
応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職活動
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました