履歴書の写真はスマホのアプリよりもスピード写真でつくった方がいい理由

転職活動で履歴書に貼る証明写真をスマホの写真アプリで作成する方もいると思います。

写真アプリを使い慣れている人なら問題ないですが、初めて使う初心者なら写真アプリなど使わずスピード写真を使うことをおすすめします。

ここではその理由を説明をしていきます。

 

写真アプリを使ってみた感想

私も写真アプリを使ってみたのですが、その感想としては「めんどくさい」です。

まずスマホに写真アプリ(使ったのは「履歴書カメラ」)をダウンロードして写真を撮影するのですが、アプリの使い方を覚えないといけません。

そしてアプリも操作が簡単というけれど、写真を撮るのが初心者にはむずかしい。

室内だと光量が足りずに写真が暗い感じになったり顔に影ができたり、しかも一人で撮影するとなると、スマホや片手や両手で持つためかうまくとれない。

せめて撮影者にとってもらったほうがいいですね。

そのあとコンビニで写真を作成することができますが…それもいちいちめんどくさい。

私が不器用なだけかもしれないけど、作り方を覚えても素人が思っているほど上手には作れないのです。

写真のつくり方を覚えたりする時間があったら、スピード写真や写真館で撮った方がはやいです。

しかもアプリの写真の出来を見て「これで大丈夫かな?」と不安になるのなら、なおさらです。

 

自分の将来のために写真代はケチるな

「写真アプリを使えば写真代は安くなるから」とはいわれますが、自分の将来がかかっているのなら、そこに投資は惜しまないようにしましょう。

証明写真を用意する必要があるのなら、やはりできの良い写真をつくることをおすすめします。

「写真ぐらいでそんなに合否には影響しないだろう」と思うかもしれませんが、やはり証明写真は履歴書の中で目立ちます。

ほかの応募者は写真館できれいに写真を撮っているのに、自分の写真はどこか素人感があってきれいでなかったら「スマホで撮ったんだな」ってバレますよね。

スマホで撮ってもいいのだけれど、どこか写真が見劣りするのだったら、採用担当者どう思われるのかわかりません。

ほかの応募者と比較される以上は下手に手を抜かない方がいいのです。

スマホで写真を作成するのなら、実際にスピード写真も撮影してみて、両方の写真を見くらべてみるぐらいやった方がいいでしょう。

それで同じぐらいの出来なら、スマホで撮影でもいいと思います。

 

スピード写真は1枚100円

スピード写真の証明写真機Ki-Re-iは、証明写真(サイズ4×3cmが8枚)が800円です。1枚あたり100円です。

富士フイルムの証明写真ボックスは、証明写真(サイズ4×3cmが4枚と3×2.5cmが2枚)が800円です。

だいたい1枚当たり100円~200円ですが、そんなに値段が高いわけでもありません。

スマホで撮影する手間や時間を短縮できて、しかもできの良い写真を撮れるのなら、お金を払ってでもスピード写真で写真を作成しましょう。

スピード写真よりもできの良い写真を撮りたいのなら、写真館に行って写真を撮ってもらった方がいいですね。

写真アプリは値段の安さに注目してしまうけど、それで写真の質を落とさないようにしましょう。

「転職経験者のブログ」を書いている人

(やまよし おさむ)
↑更新中のTwitterはこちらから。

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。
応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。
応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
履歴書
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました