履歴書を持参する方法と面接官への渡し方の説明

転職活動の時は、履歴書や職務経歴書の応募書類を郵送することが多いです。

しかし中には「面接のときに応募書類を持ってきてください」という企業があります。

封筒に入れて郵送するのではなく、カバンに応募書類を入れて持って行き、面接官へ手渡しするようになるのですね。

このとき「応募書類を持参する方法や手渡しするやり方がわからない」という方もいると思います。

ここでは応募書類を持参するときの方法や、面接官への渡し方について説明していきます。

 

応募書類を入れる封筒を用意する

応募書類を持参するときには、封筒を用意しておきましょう。

封筒は100円ショップやコンビニ、書店、文房具店などで購入できます。

おすすめは100円ショップです。

コンビニや書店だとちょっと値段が高いですが、どこで購入しても封筒の質は変わりありません。

封筒は「税込み110円」の安い100円ショップで買いましょう。

 

封筒の色は「白」

封筒の色は「白」を選びましょう。

今は薄いピンクやブルー、グレーなどの色の入った封筒もありますし、茶色の封筒も100円ショップなどに売っています。

色の入った封筒でも問題はありませんが、一般的には白い封筒を使う方が多いです。

100円ショップで白封筒を購入しましょう。

 

封筒のサイズ

応募書類を持参するとき封筒は、

A4サイズの応募書類…角形2号
B5サイズの応募書類…角形3号

です。

用紙のサイズに合わせて封筒を購入しましょう。

 

上の封筒を選ぶと、応募書類を折らずに封筒に入れることができます。

履歴書や職務経歴書はA4サイズが一般的ですので、その場合は角形2号の封筒を選びましょう。

 

また応募書類は三つ折りにたたんで、長形3号などの小さな封筒に入れても問題ありません。

ただ今は折らずに持参する方も多いので、折らずに持参できる封筒を使用することをおすすめします。

 

また応募書類をクリアファイルにはさんで、それを封筒に入れて持って行く人もいます。

クリアファイルは必須ではありませんが、「クリアファイルも使いたい」という方は100円ショップで購入してください。

 

封筒の書き方

ここからは持参する際の、封筒の表側と裏側の書き方の説明をします。

 

封筒の表側

持参するときの封筒の表側は、

上の図のように、封筒の表の左下に「履歴書在中」もしくは「応募書類在中」を書いておきましょう。

封筒に履歴書のみを入れる時には「履歴書在中」と書きます。

履歴書のほかに職務経歴書なども一緒に入れる時には「応募書類在中」と書きます。

 

上の文字は赤いペンで書くのがおすすめですが、赤いペンがないときは黒のボールペンやサインペンで書いてもOKです。

また「履歴書在中」のまわりを定規を使ってていねいに四角でかこむ方もいますが、そこまでする必要はありません。

「封筒に何が入っているのか?」中身がわかるように文字だけ書いておけば、それでOKです。

ちなみにこれは決まり事ではないので、封筒に「履歴書在中」などを書き忘れたとしても問題ありません。

 

郵送する場合は、封筒の表に宛先の「郵便番号」「住所」「会社名」「部署名」「担当者名」を書きます。

しかし履歴書を持参して手渡しする場合は、すでに宛先に持ってきていますので、「郵便番号」「住所」「会社名」「部署名」「担当者名」の情報は書く必要ありません。

 

封筒の裏側の書き方

持参するときの封筒の裏側は、

上の図のように、自分の「氏名」を書いておきます。

誰の封筒なのかわかるようにしておきましょう。

郵送する場合は、封筒の裏に自分の「郵便番号」「住所」「氏名」を書きます。

持参するときは自分の「郵便番号」「住所」も書いてもいいですが、書かなくても問題ありません。

 

封筒入れる中身

転職活動で必要になる応募書類は「履歴書」と「職務経歴書」です。

これらを封筒の中に入れてください。

 

また履歴書や職務経歴書は持参する前にコピーを取っておきましょう。

自分で書いた書類の内容を忘れてしまうこともありますし、応募企業ごとに書いた内容が違えば面接のときに混乱してしまいます。

コピーした用紙は保管しておいて、面接の前に見なおせるようにしておきたいですね。

応募書類のコピーはコンビニのマルチコピー機でできます。

 

応募書類を手渡しするときの注意点

応募書類を持参するときのその他の注意点としては、

・応募書類を入れた封筒は封をしない
・封筒に送付状は入れない

という点です。

 

履歴書を入れた封筒は封をしない

郵送するときには封筒の中身が外へ出ないように封筒の封をしますが、持参するときには封筒の封をのりづけする必要はありません。

カバンの中で封筒の中身が外へ飛び出ることはないですし、封をしない方が履歴書を取り出しやすいですよね。

でも「面接官以外の人に履歴書を見られたくない」という方は、中身が確認できないようにのりづけをしておきましょう。

 

封筒に送付状は入れない

また封筒に送付状(もしくは添え状)を同封するのは郵送するときのマナーです。

封筒を持参して手渡しするときは、封筒に送付状を入れる必要はありません。

 

応募書類を持参したときには企業によって対応も異なります。

面接官に直接手渡す企業もありますし、企業の受付の人が封筒を受け取って面接官に渡す場合もあります。

面接官に封筒を手渡しするときには、両手で持って「応募書類です。よろしくお願いいたします」と言って相手に手渡ししましょう。

 

必要なのは応募書類のみ

また企業によっては「応募書類だけ提出して、封筒やクリアファイルは持ち帰ってください」という場合もあります。

企業側としては、応募書類だけあれば良いんです。

封筒やクリアファイルは必要ないので受け取らない企業もあると思います。

その時の企業の担当者の指示に従いましょう。

 

持ち帰りになった封筒やクリアファイルは、またほかの企業に応募するときに利用するようにしましょう。

以上になりますが、履歴書を持参するときの参考にしてください。

「転職経験者のブログ」を書いている人

(やまよし おさむ)
↑更新中のTwitterはこちらから。

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。
応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。
応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
履歴書
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました