ハローワークが空いている時間帯や曜日はいつ?

転職活動

求人検索や求人応募のために、自宅近くにあるハローワークへ行ってみると…

「スゴい混んでる!」とびっくりすることがあると思います。

ハローワークの館内は利用者でいっぱいだし、駐車場には車の列ができていたりなんてこともありますよね。

 

そのためハローワークで用事をすますにも、かなり時間がかかってしまうことがあります。

30分や1時間ぐらいの長い間、順番待ちしているのもイヤですよね。

 

混雑する状況を避けるためにはどうするか?

ここではハローワークがすいている時間やおすすめの曜日を紹介していきます。

 

ハローワークが混雑する時間帯や曜日は?

ハローワークが混んでいる日は、

・月曜日
・失業保険の認定日

と言われています。

ハローワークが土曜日や日曜日が休みの場合は、次の月曜日に利用者が多くなる場合もあります。

また、失業保険の認定日があるときは利用者も増えます。

 

逆にハローワークがすいている日は、

・朝の開庁時間後
・雨や雪が降っている日

このときは比較的すいているのかもしれません。

 

ただハローワークによって混み合う時間帯や曜日は違いが出てきます。

混雑状況を知らせてくれるハローワークもありますが、そこまでしてくれるのもごく一部だけです。

比較的すいている時間を見つけるにはどうしたらいいか?

 

空いている時間帯や曜日を知るためには?

ハローワークの空いている曜日や時間を知るにはどうしたらいいか?

それはハローワークの混雑状況をよく知っている人に聞けばいいのです。

「そんな人がいるの?」と思うかもしれませんが、います。

 

それはハローワークの総合案内の職員です。

 

ハローワークの入り口には総合案内の受付があり、そこに受付担当の職員が常駐しています。

この方がハローワークの混雑具合をよく知っています。

 

今度ハローワークへ行ったときに受付の職員に聞いてみましょう。

「すみませんが、ハローワークがすいている曜日や時間帯っていつですか?」

と聞けば、比較的すいている曜日や時間帯を教えてくれるはずです。

 

入り口で常に人の流れを見ているのですから、

「月曜日は混んでいるけど、金曜日は比較的すいている」

「平日は朝か夕方がおすすめ」

といったことを教えてくれると思います。

 

ハローワーク利用者でも、そういうことをたずねる人はあまりいないと思います。

今度は教えてもらった曜日や時間に行ってみましょう。

 

求人検索におすすめの時間帯や曜日

ここでは、ハローワークがすいている時間帯や曜日を説明していきます。

 

お昼休みの時間

また平日のすいている時間は、「お昼休み」の時間です。

昼の12~13時の間、もしくはその1時間前後は、みんな昼食をとります。

そのため館内の利用者も減って比較的すいていると思います。

求人検索などの一人でできることは、お昼時の12~13時がねらい目です。

 

土曜日に利用する

そして、おすすめの曜日は「土曜日」です。

「土曜日はハローワークが閉まっている」と思っている人も多いですが、土曜日に開いているハローワークはあります。

ただ土曜日は求人検索と職業紹介(求人の応募)のみで、職業相談や雇用保険の受付などはおこなっていないところもあります。

事前に調べてみてください。

土曜日に利用できるハローワークの所在地と営業時間
ハローワークは基本的に平日は利用できますが、土曜日・日曜日・祝日・年末年始は休みになります。しかし利用者が多い都市部では土曜日に開庁しているハローワークもあります。ここでは土曜日に利用できるハローワークの所在地と開庁時間をまとめてみました。

 

平日19時まで利用できるところもある

平日の利用時間は8:30~17:15ですが、夜19時まで利用できるハローワークもあります。

平日の夜間に利用できるハローワークは下から調べてください。

全国ハローワークの所在案内

 

また職業紹介については応募先の会社と連絡がつかない時間帯もあります。

平日の早朝(8:30~9:00)、昼休みの時間帯(12:00~13:00)、夕方 17:00 過ぎや土曜日などは連絡がつかない場合もあります。

職業紹介のときは、それ以外の時間帯や曜日に利用することをおすすめします。

 

公共交通機関を利用する

ハローワークに駐車場があるときは、車に乗っていく方もいます。

しかしハローワークが混んでいるときは駐車場も満車になっていて、駐車場が空くのを待つだけでも時間がかかります。

 

車の中で待たされて、さらにハローワークの中で順番待ちとなると、かなり時間を使ってしまいます。

ハローワークが混んでいると予想できるときは電車やバスなどの公共交通機関を使って行きましょう。

そのほうが駐車場で待たされることもないですよね。

 

また東京のような人口の多い地域は、ハローワークの施設も数多くあります。

自宅近くのハローワークにこだわらずに、ほかのところもまわってみて使いやすい場所を見つけてみてもいいですね。

 

そのほかのハローワークを利用してみる

また一般のハローワーク以外にも、ある特定の求職者向けのハローワークもあります。

例えば、

・マザーズハローワーク、マザーズコーナー
・新卒応援ハローワーク
・わかものハローワーク
・外国人雇用サービスセンター
・ふるさとハローワーク
・農林漁業就職支援コーナー

などがあります。

 

これらのハローワークの場所はハローワーク等所在地情報で調べてください。

一般のハローワークは誰でも利用できるため、曜日や時間帯によって館内が混雑することもあります。

上のハローワークが利用できる方はそちらに行った方が比較的すいていることもありますよ。

 

またそれぞれの事情に合わせて職員が相談に乗ってくれます。

職業相談を受けたいときは専門のハローワークに申し出てもいいですね。

 

特に大学生など学生の方は、一般のハローワークよりも「新卒応援ハローワーク」の利用をおすすめします。

新卒応援ハローワークの利用の仕方は、下記の記事にまとめてありますので参考にしてください。

新卒応援ハローワークの使い方と新卒採用の求人を検索する方法を紹介
新卒の就職活動をしている学生の方は、求人を探すときは就活サイトやアプリなどを利用していると思います。知らない方もいると思いますが、ハローワークにも新卒採用の求人があります。ここでは新卒応援ハローワークの利用の仕方や、新卒求人の探し方を説明していきます。

 

一般のハローワークはだれでも利用できるために大勢の人が集まって混雑します。

空いているハローワークを探して、そこで求人検索をしたり職業紹介や相談などをしてみましょう。

以上になりますが、ハローワークを利用するときの参考にしてください。

 

20代におすすめの転職支援サービス

転職活動の時は、

「1人で転職活動をおこなうのは心細い」

「自分に合った転職先を見つけられるか不安になる」

という方も多いですよね。

 

そんなときは転職支援サービスの「第二新卒エージェントneo」をご利用ください。

こちらに登録すると、さまざまな転職活動の支援が受けられます。

例えば、

スタッフが実際に訪問してチェックした優良企業の求人を紹介してもらえます。

実際に企業に訪問していますので、職場の環境や雰囲気などもくわしくお伝えできます。

 

また、面接でかならず質問される

「職歴の説明」

「志望動機や自己PR」

の重要な項目は、専門のキャリアアドバイザーと相談して回答を作成することをおすすめします。

専門のスタッフに応募書類を添削してもらったり、面接対策をしてもらった方が結果は大きく変わってきます。

志望する企業への内定が決まる可能性も確実に上がりますよ。

 

第二新卒エージェントneoを利用できるのは、正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々となります。

社会人経験や学歴は問いません。

興味のある方は、下記の公式サイトをごらんください。

 

⇒ 20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

 

上の転職サイトは、無料で利用できます。

初回の面談は最大2時間ほどのお時間をいただきますが、手厚いサポートで転職活動をお手伝いいたします。

気軽に利用できるサイトですので、スタッフと一緒に今後のキャリアプランを立てていき、自分に合う転職先を見つけてください。

転職活動
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました