面接の時は何分前に会場に到着したらいいのか?

面接

「新卒や転職活動の面接の時は何分前に会場入りしたらいいのか?」と考えることもありますよね。

面接の開始時刻の30分前ぐらいに行くと、早く到着しすぎる感じもありますし、

面接の開始時刻ちょうどに会場入りすると、もう面接官がイスに座って待っている場合もあります。

 

いったい何分前がいいのか?

 

面接の時は何分前に到着するのがいい?

結論から言うと、面接のときは開始時間の5~10分前に会場入りするのがベストです。

「面接開始13:00」とあったら、12:50~12:55ぐらいに面接会場に入って受付に声をかけましょう。

これは正社員や派遣・契約社員採用だけでなく、パート・アルバイトでも同じです。

 

開始時刻ちょうどに面接会場に到着するよりは、ちょっと早めに到着するようにしましょう。

開始時刻には面接官もイスに座って始める準備をしていますので遅れないようにしたいですね。

 

会社には待合室があるので、多少早めに到着して待っていればいいのですが…

面接の20分前や30分前に到着しても、面接官もまだ準備をしていなかったりほかの仕事をしている場合もあります。

 

また待合室で面接時間が来るのを待つのも緊張すると思います。

それならまだ外で時間をつぶした方がいいかもしれませんね。

 

面接の時は早めに家を出る

今はスマホで面接会場までのルートを調べることができます。

それを見ていけば、道に迷うことはそれほどないと思いますが…

 

ただ時間ギリギリになるとあせってきてしまい、スマホの地図を見ていてもどこだかわからなくなる時もあります。

「あれ?面接会場はどこだろう?」と道に迷ってしまったときには、会社に連絡をして面接場所を教えてもらいましょう。

 

でもそんなことがないように、時間に余裕をもって家を出るようにしたいですね。

早めに家を出て面接場所を確認してから、近くの喫茶店やファストフード店でコーヒーを飲んだり、コンビニで時間をつぶせばいいのです。

または天気がいいときは公園やまわりを散歩しながら、身だしなみのチェックなどをして、気分を落ち着かせてもいいですね。

 

そして時計を見て面接時間の5~10分前ぐらいになったら、会社の受付の人に声をかけるようにしましょう。

 

面接当日に天候が悪くなったり事故の影響で、電車やバスなどの交通機関が動かなくなって、面接の時間に間に合わなくなることもあります。

そんなこともありますので、時間に余裕を持って到着場所に行くようにしましょう。

 

電車やバスの遅延があっても、30分ぐらい早く家を出ればそれらを回避できることもあります。

電車やバスの遅延で面接の時間に間に合いそうにないときは、会社に電話をして遅れることを伝えましょう。

 

何も連絡がなくて遅れてくると「約束の時間を守れない人」と思われて印象を悪くしてしまいます。

また会社に遅れて着いたときは、面接官の方に遅れたことをお詫びすることも忘れないようにしましょう。

大事な面接のときは、時間に余裕を持って遅刻しないようにしたいですね。

 

ビルの中で迷ってしまうこともある

東京などの都市圏ではビルの中に多くの会社が入っています。

ビルの中に入ってみると中が広いですし、エレベーターがいくつもあると「どれに乗ればいいんだろう?」と戸惑うことがあります。

 

エレベーターがいくつもあって、それぞれ止まる階が決まっている場合もあります。

高層ビルの場合は、例えばエレベーターが「2階~10階の間しか止まらない」ように設定されていて、適当にエレベーターに乗ったら「止まってほしい階で止まってくれない!」なんてこともあります。

それでまた1階まで降りてきて、ほかに乗り換えることもあったり(私はこれで遅刻したことがあります)。

 

そんなこともありますので、ビルの中も事前に調べておきたいですね。

 

ちなみにエレベーターの階数のボタンを押し間違えたときに、それをキャンセルする方法があります。

大体は間違えて押したボタンを「ダブルクリック」するか、「ボタンを押し続ける」ことで解除されます。

ボタンを押し間違えたときは、ためしてみてください。

 

面接前のタバコ

最近は会社内でタバコを吸える場所も少なくなってきました。

そのため面接前に駅前やコンビニなどでタバコを吸ってくる喫煙者の方もいると思います。

 

今は面接で「タバコは吸いますか?」と聞いてくる企業もありますし、会社内での喫煙を禁止している企業もあります。

社員に禁煙を奨励している企業もありますので、その面接でタバコのにおいをさせていると、印象もあまりよくないでしょう。

面接前はタバコのにおいがしないように気をつけたいですね。

 

面接前にトイレを使うと…

また面接会場のトイレを借りることもあります。

面接開始まで時間があるのでトイレの鏡の前で髪型をととのえたり、化粧直しをしたり、ネクタイを締めなおしたり、何か一生懸命(?)やっているところへ…

 

突然、トイレに人が入ってきて、お互いに顔を合わせて、そのあと面接室に入ってみると、トイレで居合わせた人が面接官だったり。

気まずく感じるときは、会社のトイレを借りるよりは、会社の近くのコンビニとか、公共施設のトイレを借りて身だしなみを整えたほうが、ゆっくりできると思います。

 

車で面接に行くときの注意点

電車やバスなどを使う以外に、自分の車を運転して面接に行く方もいます。

その時に気をつけたい点は、

 

・会社に駐車場がない場合もある

・事故や交通渋滞に巻き込まれることもある

という点です。

 

公共交通機関がある場所では基本的に電車やバスに乗って面接会場に向かいます。

でも中には「車で面接に来てもOK」という会社もあります。

その場合はどこに車を停めるのかも確認しておきたいですね。

 

また「車で会社に行くことは許可されていないけど、車に乗って面接に行きたい」という方もいます。

この場合は、無断で会社内の駐車場を使って車を停めておくとトラブルの原因になってしまいます。

 

そんな時は近くのコインパーキングを借りることになりますが、

駐車場を見つけても満杯で車が停められなかったり、ほかの駐車場が見つからなくて焦るときもあります。

それで面接に遅刻してしまうことがないように気をつけましょう。

 

あとは道路が渋滞して遅れてしまうこともありますので、車に乗るときも時間に余裕をもって家を出るようにしたいですね。

 

受付でのあいさつの仕方

面接会場に入れば受付があり、受付担当の方がいます。

また会社によっては入口に内線の電話だけ置いてあって「御用の方は電話をお取りください」という場合もあります。

 

受付であいさつするときは「自分の名前」と「用件」を伝えましょう。

「○時から面接予定の○○(自分の名前)と申します」

「○時から面接をお願いしております○○(自分の名前)と申します」

と言いましょう。

 

2通りの言い方を挙げましたが、どれでも好きな言い方を使ってみてください。

受付の方は面接会場や待合室の場所を教えてくれたり案内をしてくれます。

 

また面接で会社に訪問したときは、ほかの社員の方と廊下ですれ違う時もあります。

その時は丁寧にあいさつをする必要はなく、すれ違う時に歩きながら軽く会釈する程度でいいです。

突然知らない人に丁寧にあいさつをされても、面接官ではない社員さんはびっくりすると思いますので…

 

そして面接が終わって受付を通るときは、来館者カード(名札など)をもらっていたら返却して「ありがとうございました」とあいさつをして帰りましょう。

以上になりますが、面接へ行くときの参考にしてください。

面接
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました