バイトしながら転職する時に知っておきたいことやおすすめのバイトを紹介

会社を退職した後に次の転職先を見つけるまでのつなぎとしてアルバイトをする方もいると思います。

そんな時は「どんなバイト先を選んだらいいのか?」や「バイトを見つけるときに気をつけたいこと」や「転職までの順序」などを紹介していきます。

バイトをしながら正社員の仕事を探す際の参考にしてください。

 

バイト先を選ぶときに気をつけたいこと

転職活動中にバイト先を見つける時に気をつける点はひとつだけあります。

それは「すぐにバイトを辞めることができるかどうか?」という点です。

これは大事なことなのでよく確認しておきましょう。

バイトによっては契約期間中にバイト先を辞めることができない場合があります。

転職先が見つかっても契約期間中でバイトを辞める事ができなかったり、バイト先を退職する際に責任者ともめることがあったら困りますよね。

バイトを見つける時は、バイト先の責任者に退職を申し出てから2週間後か1か月後ぐらいに辞めることができるバイト先を探しましょう。

バイトの面接の時や採用の返事をもらってからでもいいので「退職を申し出てからどのくらいの期間で退職できるか?」を聞いておきましょう。

それでバイト先を決めてみてください。

 

転職活動中におすすめのバイト

転職活動中におすすめのバイトは1日OKなどの日雇いのバイトです。

こうした単発や短期のバイトは自分の都合のいい時にバイトを入れることができるのでおすすめです。

しかもすぐに辞めることができるので急募の正社員の求人にも応募しやすくなります。

単価の高い仕事としてはウーバーイーツとかコールセンターなどがあります。

ただこうしたバイトは仕事内容がきつかったり体力的に無理な場合もありますので、あまり無理をしないでくださいね。

興味があるときには下の本を読んでみてください。

 

その他ではコンビニやファミレスなど働ける時間が選べるバイトです。

面接の予定が入る日中の時間は空けておいて、それ以外の時間でバイトをすることもできます。

例えば夕方や夜間や早朝に働くとか、面接のない土日にたくさん働くなど時間を選んでみてもいいですね。

バイトによっては9時~17時勤務など働く時間が決まっている仕事もあります。

長い時間働くことができればお金の面で楽になりますが、面接の予定が入った時に時間を確保するのが難しくなります。

その場合は時間に融通が利くバイトを探してみましょう。

 

バイト先に転職活動していることを伝えた方がいい?

バイトの面接の時に転職活動していることを伝えた方がいいか?悩みますよね。

例えば、転職活動していることを伝えると、

応募者
応募者

私は今、転職活動をしていますのでつなぎでバイトしたいです。

お客さん
バイト店長

この人は転職先が見つかれば、すぐにバイトを辞めてしまいそう。

と思われてしまい不採用になってしまうこともあります。

こんな時はどうしたらいいか?

基本的にはバイト先に転職活動していることを伝えなくても問題ありません。

転職活動は本人がプライベートでやっていることですのでバイト先とは関係ありません。

ですので無理に伝える必要はないのですね。

バイトに採用されたい時には転職活動のことを黙っておくのもひとつの方法です。

ただ転職活動中ということを伝えて採用されれば、面接の時に休みをもらえるなど協力してもらえることもあります。

この辺はご自身の判断で決めてください。

 

バイトをしながら転職するまでの流れ

バイト中の転職活動の流れを説明していきます。

バイトをしながら空き時間に転職活動をして転職先から内定をもらいます。

その際に転職先の採用担当者から「いつ頃入社できそうですか?」と聞かれます。

それに対しては「バイト先の責任者に退職を申し出てから1か月後に退職できますので〇月〇日頃に入社が可能です」と伝えましょう。

例えば、

応募者
応募者

明日の12月17日にアルバイトの責任者に退職を申し出ます。バイト先の退職までに1ヶ月ほどかかりますので、2月1日頃に入社が可能です。

と伝えましょう。

その後、バイト先の責任者に退職したいことを伝えます。

有給休暇があればそれを消化する日数分も含めてバイト先の退職日を責任者と話し合って決めます。

例えば、

応募者
応募者

突然ですみませんが、1月31日をもって退職したいです。それまでに有給休暇も消化したいですがよろしいでしょうか?

とバイト先の責任者に伝えてみましょう。

12月の中旬頃に退職を伝えます。

そして1月中に有給休暇を消化して31日にバイト先を退職して、2月1日に転職先の企業へ入社となります。

退職を伝えてから転職先に入社するまでの日数は少し余裕を持たせてもいいですね。

 

バイトしていることを履歴書に記載する

転職活動中にバイトをしている時は履歴書や職務経歴書の職歴欄に書いておきましょう。

面接の時には必ず、

面接官
面接官

今は何をしているのですか?

と聞かれると思います。

ですので、現在はバイトしていることを履歴書や職務経歴書に書いておきましょう。

バイトしていることを記載しても選考で不利になることはありません。

志望する企業と関連のないバイトの仕事だとしても、「今は何をしているのか?」は面接の時に説明できるようにしておきましょう。

以上になりますが、転職活動の際の参考にしてください。

「転職経験者のブログ」を書いている人

(やまよし おさむ)
↑更新中のTwitterはこちらから。

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。
応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。
応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職活動
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました