未経験の業界や職種へ転職するときに年収交渉をしても問題ない?

転職活動で志望する企業に対して年収交渉をする応募者の方もいます。

年収とは会社員の場合、1月1日~12月31日の1年間に企業から支払われる毎月の給与+ボーナスの額です。

年収交渉とは自分が欲しいと思う年収額を企業側に伝えたり、企業側から提示された年収額を少しでも上げてほしいと交渉することです。

しかし自分の経験やスキルを評価してくれる企業なら年収交渉もできると思いますが、

未経験の業界や職種に転職するときには年収交渉をしていいのかどうか迷いますよね。

ここでは未経験者が年収交渉をしても問題ないのか説明していきます。

 

未経験者は年収交渉してもいいの?

未経験者でも年収交渉はできます。

面接の時や内定が決まった後のオファー面談の時に採用担当者に年収交渉ができます。

オファー面談とは、内定が出た後に企業の採用担当者と話し合いをする面談のことです。

ここで年収やその他の労働条件などを採用担当者に説明してもらい、年収や条件などに問題がなければ内定承諾のサインをします。

年収交渉するのなら内定承諾のサインをする前に自分の希望額を採用担当者に伝えてみましょう。

年収交渉のしかたとしては、

応募者
応募者

御社(おんしゃ)の年収の提示額は450万円ですが、私も生活が苦しいのでもう少し金額を上乗せしてはいただけないでしょうか?

と聞いてみます。

その後に希望する金額を伝えてみてもいいですね。

応募者が年収交渉をしたときの企業の採用担当者の反応はさまざまです。

それに応じてくれる企業もありますし、難色を示す企業などいろいろです。

その時に採用担当者があきらかに難色を示しているようなら、それ以上の交渉はやめておきましょう。

企業側も無い袖は振れませんので、しつこく年収交渉をしても金額が上がることはありません。

採用担当者の機嫌の悪くなるだけです。

特に面接の時の年収交渉は印象を悪くしてしまい不採用になる可能性もありますので気をつけましょう。

 

未経験者でも年収交渉は成功するのか?

結論から申し上げますと、未経験の業界や職種に転職するときに年収交渉をしてもかなり厳しいと思います。

未経験者が企業に年収交渉をしても、それがかなえられることはないと思った方がいいでしょう。

その理由は年収アップにつながる応募者の武器がないからです。

経験やスキルや実績や資格などのアピールになる武器がなければ年収アップは難しいのですね。

ただこれまでの業務経験が転職先でも活かせる部分があるのならそれをアピールしてみましょう。

それによっては未経験の業界や職種でも年収交渉が成功する場合もあります。

これまでの自分の経験やスキルでアピールできる部分がないかよく確認してみましょう。

年収交渉をして無理だった時には、企業側が提示した年収額を受け入れて入社するか、もしくは内定辞退するかのどちらかになります。

 

未経験者が転職する時に重要なこと

未経験の業界や職種へ転職する場合には、自分の希望する年収額は決めておきましょう。

例えば「最低でも450万円の年収があれば生活していける」という額をあらかじめ自分で設定しておきます。

それを基準に転職先を見つけてみてもいいですね。

基準になる額は現職もしくは前職の年収額でもいいですし、そこから少し金額を上げたり下げたりして希望の年収額を決めてもいいと思います。

希望する年収額を上回っていたら志望企業として選考を受ける。

希望する年収額を下回っていたら応募はしない。もしくは選考を辞退する。

などの取り決めをしてみた方がいいですね。

転職サイトなどで応募する企業を探すときは年収額をかならずチェックする。

転職エージェントを利用する時も「年収は450万円以上の企業のみ応募します」と条件をつけてみるのもいいですね。

未経験の業界や職種へ転職する時の年収交渉は難しいです。

年収アップを希望する時は自分であらかじめ年収額を設定して、それに合う候補先を選んだ方がいいと思います。

 

年収以外の金額も確認する

求人には年収もしくは給与の額が記載されていることが多いです。

ただ求人に記載されている年収また給与の額は、手取りではなく額面の金額となります。

額面の金額はすべてもらえるわけではなく、そこから税金や保険料を差し引かれて、実際にもらえるのが手取りとなります。

ですので年収を確認する時には手取りの額も確認しておきましょう。

さらに毎月の基本給や残業手当や通勤手当などの各種手当や賞与(ボーナス)なども確認しておきましょう。

その時は額面だけでなく手取りもしっかり聞いておきたいですね。

親切な企業ならこうした年収や給与に関することを書面でくわしく説明してくれるはずです。

面接やオファー面談の時に採用担当者から年収に関する説明がない時には納得いくまで質問してみましょう。

内定承諾する条件として年収は重要です。

内定承諾のサインをする前に金額はよく確認して、年収交渉ができるのならやってみましょう。

また内定承諾のサインをしたということは、企業側が提示した年収で入社するということになります。

内定承諾後に希望年収を吊り上げる交渉してくる方もいますが、そうした行為は不信感を持たれるのでやめておきたいですね。

以上になりますが、転職活動の際の参考にしてください。

「転職経験者のブログ」を書いている人

(やまよし おさむ)
↑更新中のTwitterはこちらから。

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。
応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。
応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職活動
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました