転職しなければよかったと思ったときの気持ちの切り替え方

転職活動をして転職先に入社してみたら「自分の思っていた場所ではなかった」と感じる方もいると思います。

そして「こんな職場なら転職しなければよかった」と思うこともありますよね。

私も転職した時はそう感じたことがありました。

そんな時はどうしたらいいのか?

ここでは私の経験も踏まえて説明していきます。

 

「転職しなければよかった」と後悔したときは?

私が「転職で失敗した」と思った時に考えたことは、

・転職に失敗することはある
・最後に成功すればいいだけ

ということです。

それぞれ説明していきましょう。

 

転職に失敗することはある

転職で失敗することは誰にでもあります。

もちろん私も「ヤバイ、この会社は間違えたかも!」と絶望したことがあります。

結局、入社前にどれだけ企業のことを調べてみても、わからない事ってたくさんあります。

入社してはじめてわかることのほうが多いのですね。

「これなら前職のほうがよかった」と思っても、もう戻ることもできません。

 

私も昔、入社してみたらちょっとブラックな企業で戸惑ったことがありました。

まわりの人とも話が合わないし、職場には溶け込めないしで「ここで、この先やっていけるんだろうか?」と不安に思ったことがあります。

入社してからの業務量も多く、まわりも忙しくて助けてくれる人はいないし、相談もろくにできないし、自分で抱え込んで悩んでしまって。

特に職場で気軽に相談できる人がいないって、スゴいストレスになるんですよね。

そんな感じで限界を感じて半年もたたないうちに、その企業をやめてしまったことがありました。

 

今思えば、無理をして体を壊さずに辞めることができたのがよかった点です。

体を壊してしまったら今後の仕事のパフォーマンスも下がりますし、治療費もかかります。

将来のことを考えたらいいことなどありません。

そして入社する前の企業の情報収集はできる限りやることも大事だとわかりました。

情報を集めて整理することで、その企業のことが見えてくることもありますからね。

そうした点が入社前の自分には足りなかったと思っています。

 

最後に成功すればいいだけ

転職活動で失敗することは誰にでもあります。

けれども1回の失敗だけで「人生終わった」「絶望しかない」と悲観していてはいけません。

転職で何度か失敗しても最後に成功すればいいのです。

最後に自分がのぞむ企業に行くことができれば、途中の失敗はなかったことになります。

キャリアを築く途中に失敗した経験は「人と話をする際のネタができた」ぐらいに考えておけばいいのです。

 

これは転職活動だけではないですが、自分が選んだ選択肢は自分で「正解」に変えていくしかないんです。

どの企業を選んだとしても、入ってしまったら後戻りはできないのですから。

だから「失敗した」と思っても、そこから自分で何かを学び取ることです。

学んだことや苦しさやくやしさを糧にして、行動していくしかないのです。

 

そのために大切なことは転職の際には自分の市場価値を上げることです。

給料や待遇などが前職よりも上がる企業を目指した方がキャリアアップになります。

業務内容だけでなく、給料や待遇や労働条件などを事前によく確認はしておきましょう。

それで失敗したとしても、またほかの企業を探せばいいだけです。

あまり落ち込まずに気持ちを切り替えて前向きにいきましょう。

 

転職の失敗とは?

転職における失敗とは「転職が難しい年齢になってから現在の企業での待遇を後悔すること」だと私は思います。

今は40代や50代でも転職することは可能です。

しかしピークを迎える年齢というのは人それぞれ違います。

例えば40代半ばまでにある程度の生涯年収を稼いで、その後は家族との時間を大切にしてのんびり仕事したいという方もいるでしょう。

そういう方は問題ないと思います。

 

しかし仕事がバリバリできる年齢のときに低賃金の企業で働き続けて、転職する意欲があまりない方もいるでしょう。

気がついたら40代半ばになっていて、あわてて転職して給料上げようと思っても条件のいい転職先が見つからないことはよくあります。

そういう方もけっこういるのですね。

転職して給料を上げることはできますが、それはいつまでも可能なわけではありません。

年齢やキャリア次第では、それができなくなってしまう時もいつかは来るのですね。

そうなると現在の勤めている企業にしがみつく選択肢しか残っていません。

そうならないためには「自分のキャリアをどうやって作っていくか?」はそれが可能な時によく考えておく必要があるのです。

 

転職に失敗したと思ったときは?

入社してすぐにこの企業の「仕事が嫌い」とか「職場の雰囲気合わない」と不満を持つ方もいると思います。

でも入社した時は最初から深刻に悩まなくてもいいと思います。

そんなときは「クビになるわけじゃないし、とりあえず給料は出るのだから問題ない」とか、

「今の職場がちょっと自分に合っていないだけだし、このままこの会社に居るつもりもないから」

ぐらいに思っていてもいいですね。

その方が気が楽になります。

 

「転職しなければよかった」と後悔することもあります。

しかし入社して間もないときは、まだその企業のすべてがわかったわけではありません。

それほどキツイ職場でなければ、しばらくは様子を見てそこで働いてみましょう。

できれば半年ぐらいは様子を見て、今後どうするのか考えてみましょう。

それからでも遅くはないと思います。

 

転職で失敗することもありますが、なげいても仕方がありません。

それよりも「あのとき転職しておけばよかった」と後悔しないようにしましょう。

転職をためらってしまいチャンスを逃すと、同じ機会はもうやってきません。

転職するときには失敗することも想定して、腹をくくって行動していきましょう。

以上になりますが、転職活動の際の参考にしてください。

「転職経験者のブログ」を書いている人

(やまよし おさむ)

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。
応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで4度の転職経験があります。
応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。
更新中のⅹ(旧Twitter)は下からごらんください。

山吉 治をフォローする
転職活動
転職経験者のブログ

コメント