仕事が暇すぎて毎日地獄のような苦痛を味わっているときはどうしたらいい?

転職活動

「就職・転職活動をして会社に入ってみたら、ほとんど仕事らしい仕事がなく、毎日ヒマで困っている」という状況になったら…

あなたならどうしますか?

 

一般的に「会社に行けばみんな仕事が山ほどあって忙しい」「社内はガヤガヤと騒々しい」というイメージもありますし、実際にそういう会社が多いと思います。

しかしそれとは反対に「何もやることがなくて社員がみんなヒマそう」「社内は人はいるのにシーンと静まり返っている」という会社もあるのです。

2016年の時点で日本には約385万社もの企業数があるそうです。

それだけの数があれば、みんな同じではなく、中には変わった会社もみつかります。

ここではそんな会社の一例と暇な会社にいる時の対処法を紹介します。

 

「出社しても仕事がない」という会社もある

朝、会社に出社したけど仕事らしい仕事がほとんどありません。

そのため自分の席に座った時に「今日の勤務時間中の暇な時間をどうやってつぶそうか?」ということで悩んでいる人もいます。

 

「仕事の量が多くてノルマがきつく、その上サービス残業も終電近くまであり、休日出勤も多くて有給休暇も取らせてもらえないため、ろくに休むこともできない」

などのブラック企業が世間では有名ですが、その反対の「ヒマすぎる問題」もあるのですね。

こちらもある意味ブラックかもしれません。

 

仕事がほとんどない理由は、

・会社の経営が悪くなってきて仕事量が減っている

・時期によって仕事の量に違いがある

・自分や自分の部署に仕事が回ってこない

などがあります。

ほかにも新入社員として入社したけど周りは忙しく、業務内容を教えてくれる人がいないために「資料を読んでいて」といわれたまま、ほったらかしのままという方もいるでしょう。

理由はいろいろありますが、でも日本にもいろんな会社があるものです。

正社員や派遣社員などの雇用形態にかかわらず、そうした“会社に出勤してもヒマすぎる問題”があるようです。

 

ヒマな職場の一日のスケジュールと時間のつぶし方

私の知り合いにも、そうした「ヒマな会社」に就職した人がいました。

正社員で会社に就職して主に事務系のデスクワークの仕事をしていたようですが、ざっくりとその人の一日のスケジュールを書いてみますと、

8:30 出社
8:30~10:00 簡単な業務(1時間ぐらいで終わる)
10:00~12:00 何もやることがない
12:00~13:00 お昼休み
13:00~16:00 何もやることない上に眠い
16:00~16:30 簡単な事務の仕事(10分ぐらいで終わる)
16:30~17:00 帰宅の準備
17:00 退社

というのが一般的なスケジュールだそうです。

この一日のスケジュールを聞いて「ちょっとうらやましいかも…」と感想をいったら、「じゃあオマエやってみろよ!」と軽くキレられました。

仕事がなくて暇な方が楽なイメージがありますが、本人は「気が狂いそう」とかなり悩んでいたようです。

 

社内での一日をくわしく聞いたところ、

主にデスクワークの仕事で机の上に自分専用のノートパソコンがあってネットにつながっていますが、ネットで堂々と暇つぶしすることができません。

ネットの履歴などを上司に見られてあとで文句を言われる可能性もあるので、うかつに変なサイトやSNSなどは見ることができないのです。

だいたいヤフーニュースや天気予報を見るぐらい。

そのためヤフーで興味のあるニュースを見つけると異様に食いついてしまう。

パソコンでワードやエクセルを開くことはできるので、仕事のマニュアルを作ってみたり操作の仕方を勉強してみたが、それもすぐに飽きてしまう。

人が後ろを通るときは、とりあえずエクセルを開いておく(作業はしない)。

または会社の資料を見ている(実際は見ていない)。

あとはパソコンに付属のゲームを音を消してやるぐらい(相当腕が上がったもよう)。

昼休みはかならず外へ出て食事をしてコンビニで時間ギリギリまでうろうろする。

自分のスマホでSNSや動画を見たりゲームができれば時間もつぶすことはできますが、それもできず、本を読んだり資格の勉強をすることも雰囲気的にできなかったようです。

そのために廊下やトイレにいる時間もムダに長く、「やることのない時間」の過ごし方が、本当に辛いといっていました。

自宅にいるような感じでくつろいで過ごすわけにもいきませんし、職場で何もすることがないのは想像以上にしんどいのでしょう。

 

ほかの社員は何をしているのかというと

朝の出勤時はゆううつな感じで会社に向かいます。

出勤時にすれ違う人たちは急いでいる感じで歩いていますが、自分の足取りは重い。

会社に到着して同僚たちとあいさつをしますが、その後雑談などおしゃべりすることはほとんどなく社内にも活気はない。

そのあと仕事をはじめたとしても、だいたい1時間ぐらいでやることが終わってしまう。

その仕事も誰にでもできるような仕事で「この会社にいる意味があるのかな?」とか真剣に考えてしまう。

 

上司に「ほかに何か仕事はありませんか?」と聞いても、「今は特に何もないなぁ…何かあったらお願いするから」と言われてほとんど相手にされない。

その上司もほぼ一日机に座ってパソコンに向かっていたり席を立ってどこかへ行ってしまうが、何をしているのかよくわからない。

机のまわりの整理整頓や室内の掃除やパソコンでの資料作成や紙の書類のファイル整理などをしても、すぐにやることがなくなってしまう。

それでもほかに仕事を探して何かしないといけない気がするので落ち着かない。

 

ほかの同僚たちも何か仕事(キーボードをカタカタ打っている)をしているようだが、何をしているのかわからない。

「仕事手伝おうか」と聞いても強めに拒否される。

お昼ごはんを食べた後の午後は睡魔との戦いもあり、非常に苦痛。

机の上でうっかりウトウト居眠りしてしまうと、ツンツンと突かれて起こされる。

そのため眠気覚ましにコーヒーをけっこう飲むようになった。

 

ネットでの暇つぶしはほとんどできないので1日中ほとんどやる事がなく、パソコンの前でぼーっと過ごすしかない。

そのためなのか同僚の喫煙率がけっこう高い(仕事中の喫煙タイムはOKらしい)。

することと言えば「今度の土日の休みは何をしようか?」とか「今日の夕飯は何を食べるか?」といった仕事が終わってからのことを考えるぐらい。

1日に時計を何度も見るけど時間がたつのが遅くてイライラする。

 

この会社の良いところは残業がなく、毎日定時になれば必ず帰ることができること。

帰宅後は疲れていないはずなのに、家に帰ったら何もやる気が出なくてぐったりしてしまう。

スマホやテレビを見ながら寝てしまったりというような生活していたそうです。

休日も気分爽快という感じではなかったそうで、やはり精神的につらいのでしょうね。

完全週休2日制で祝日や夏季・冬季の休暇がありということで年間休日も多く休日出勤などは一切なし。

年収は400万円近くあったそうです。

 

仕事がないと逆にストレスがたまる

本人が言うには職場の人間関係も悪くないし、給料もそこそこいいし定時で帰れるのでやめる決心がつかなかったそうです。

それでもこの会社にいても仕事はほとんどないので、業務のスキルなどは身につかず成長できません。

入社して身についたのは「仕事をしている振りがうまくなった」ということです。

それでは自慢にもなりませんよね。

 

仕事量が多くて忙しすぎる会社も大変ですが、逆に暇すぎる会社というのも、それはそれで辛いし大変そうです。

仕事がないときは何をしたらいいかわからないですし、退社するときの「今日の仕事が終わった!」という充実感もないですし、人生を無駄にしているような感じもあると思います。

毎日やる事がほとんどないにもかかわらず、それで給料を貰ってることに後ろめたさを感じてしまうこともあるでしょう。

会社に出勤していてもちょっと異質な空間という感じで、社会から取り残されていく感じがして、このまま無駄に歳をとっていくことに恐怖を感じていたそうです。

 

「出社して職場にいること自体が仕事」とか「こんなに給料がもらえてついてる!」と開きなおることができればいいのですが…

会社に行ってる以上はそれなりに仕事がしたいですし、はたらく以上はやりがいを持たないと気持ちが腐ってきます。

ボーッとしたまま1日過ごして終わるより、しっかり働いて1日が終わったほうが精神的に楽でしょうね。

 

それに仕事がほとんどない状態の企業はいつまで持つかわかりません。

社員が会社の経営状況を調べるのはむずかしい面もありますが、できるだけ調べて、何か怪しいところが見えてきたら、どうするか考えたほうがいいでしょう。

ろくに仕事がない状態で、この先5年や10年先もいられるのかどうか。

将来を考えたとき不安になるようなら、これからのことをしっかり考えてみたほうがいいですね。

 

「仕事がなくてヒマすぎる」方へのアドバイス

「仕事はヒマだけど時間がある」ときにできることはあります。

それは、

・資格の勉強をする

・転職活動をする

という方法です。

 

資格の勉強も悪くはないが…

勤務時間中に何もすることがないときは、参考書を開いて勉強をできる職場もあると思います。

勤務時間中に勉強などは基本はできないと思いますが、そういうことができる環境なら短時間でも勉強してみてはどうでしょうか。

 

「こんなヒマな会社に5年も10年もいたくない」とか「何かあった時に転職しやすいように今のうちに資格を取っておきたい」などの理由が勉強のモチベーションになると思います。

ただ今は、資格を取得しても転職先が見つかるわけではありません。

みんな同じことを考えているので転職活動で利用できる人気の資格は多くの人が持っています。

たとえ資格を取得できたとしても大勢の人が持っているので資格の価値自体が低く、採用される可能性もなくなります。

 

人気のあるTOEICや簿記やMOSの資格を取得できても、そう簡単に転職先は見つからないと思います。

転職で利用価値があるのは看護師などの医療系の資格や介護の資格、またプログラミングの知識があればIT系への転職も可能です。

そのような人手不足な分野の資格や今後伸びそうな分野の知識があれば転職も比較的簡単にできます。

 

資格取得は悪くはないのですが、勉強しているうちに数か月や数年の月日が過ぎてしまって無駄に歳を取ってしまいます。

せっかくとった資格も転職活動で有効利用できるかどうかわかりません。

志望先の企業が資格を求めていなかったら無駄になってしまいます。

 

在職中の転職活動を始めてみる

転職活動をするために資格などを取る必要はありません。

転職活動をしようと思ったら求人サイトを見て興味のある仕事を探して応募してみましょう。

日本の転職活動は特に役に立つスキルや職歴がなければ、年齢が若い方が有利です。

 

「転職しよう!」と決意した時にすぐに取りかかったほうがいいのです。

それにヒマを持てあましている職場では、書類選考や面接でアピールできるほどの経歴にはなりません。

経歴も資格もないのなら資格取得などのまわりくどいことはしないで転職活動を始めてみましょう。

 

世の中には残業や休日出勤が多くて、在職中に転職活動をしたくてもできない方がけっこういます。

その点、平日も定時で帰宅できたり土曜日に休める場合は、働きながらの転職活動もかなり楽にできます。

これは大きなメリットですので、うまく利用しましょう。

 

じっくりと転職先を探すことができる

家に帰ってからスマホやパソコンで転職サイトを見て、いい求人を見つけたらためしに応募してみるのです。

在職中の転職活動は誰でもやっていますし在籍している会社に「転職活動をしています」など伝える必要もありません。

みんな黙ってやっていますし求人を出している会社側もそれをわかってくれています。

在職中であることを伝えれば、企業の採用担当者は平日の退社後や土曜日などに面接する時間をつくってくれるところもあります。

 

また会社で働いていれば収入の心配はないのですから、あわてず余裕を持って転職活動をすることができます。

転職活動をして企業から内定をもらえたときも、「給与など条件が合わない」とか「スキルアップができそうにない」など不満がある企業なら内定を辞退してもいいのです。

内定を辞退することは普通にできますし、辞退しても仕事はしているので、毎月の給料があり生活も困らないし焦る必要はないですよね。

転職先がすぐに見つかった時はそのまま転職してもいいのですが、半年や1年ぐらい求人をよく見続けて転職先をじっくりと探してみてもいいですね。

そして「これだ!」と思う転職先を見つけてみてください。

仕事がなくてヒマな職場はラクな面もありますが、将来のことを考えたら仕事の経験が積める会社にうつった方が得です。

会社の雰囲気に流されて無気力状態になり、ある時突然会社から放り出されるよりは、その前に自分で転職先を見つけた方がいいですよね。

実際にヒマな会社にいる方は参考にしてください。

転職活動
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました