退職後の転職活動の賢いやり方と始める前に知っておきたい重要なこと

転職活動

転職活動は「会社で働きながら、帰宅後や休日に時間を見つけてやる」という方が多いと思います。

実際に在職中の転職活動の方が毎月の給料も入ってくるため、生活が苦しくなるなどのリスクもなくおすすめです。

 

しかし中には「在職中の転職活動ができない」という方もいます。

毎日毎日、夜遅くまで仕事をしているために転職活動をする時間がなかったり、休日もやる気が出なかったり。

仕事のいそがしさだけでなく職場の人間関係で疲れてしまって、在職中に転職活動をするよりも「できるだけはやく会社を辞めたい」という方もいるでしょう。

 

在職中の転職活動ができないときには、会社を退職してからおこなうのもひとつの方法です。

ここでは退職してからの転職活動のメリットやデメリットと、退職後の転職活動のやり方を紹介していきます。

 

退職後の転職活動のメリット

会社を退職した後の転職活動には長所(メリット)があります。

それをいくつか挙げてみましょう。

メリット

・時間ができるため複数の求人に応募が可能になる
・雇用保険(失業保険)や再就職手当などの支援金がもらえる
・退職した後は心機一転で転職活動に集中できる

 

時間に余裕ができて転職活動に集中できる

会社を退職してしまえば、もう出社する必要はありません。

1日の時間を転職活動に使うことができます。

そのため面接や説明会などの予定を自分がこなせる限り入れることができます。

 

在職中の転職活動と違い、複数の求人に同時に応募する時間の余裕ができます。

これではやく転職先を見つけてしまうこともできるのですね。

そして在職中とは違い、気持ちを切り替えて転職活動に集中することができます。

 

また在職中に雇用保険を支払っていれば、退職した後は雇用保険を受け取ることもできます。

退職後の雇用保険の手続きの仕方はハローワークインターネットサービスをごらんください。

 

ただ自分から退職を申し出て会社を辞めた場合は自己都合退職になります。

そのときの雇用保険の最初の給付は約4か月後になってしまいます。

それでも早期に転職先を見つけることができれば「再就職手当」なども期待できます。

こうした点が退職後の転職活動のメリットになります。

 

退職後の転職活動のデメリット

会社を退職した後の転職活動には短所(デメリット)があります。

退職後の転職活動は、どちらかといえばデメリットの方に気をつけた方がいいでしょう。

いくつかありますので紹介していきます。

 

デメリット

・仕事をやめた解放感でやる気がなくなる
・収入がなくなるため生活が苦しくなる
・不採用の通知をもらうとショックが大きい
・志望度の低い企業で妥協してしまうこともある

という点が挙げられます。

これらの点をそれぞれ説明していきます。

 

仕事をやめた解放感でやる気がなくなる

会社を退職すると、これまでの仕事をする生活から解放されて1日の時間を自由に使うことができるようになります。

もう朝はやく起きて会社に出勤する必要はないので、好きなだけ寝ることができます。

そのほかにも友達と遊びに行ったり、自分の好きなことをして夜遅くまで起きていることができます。

 

一人暮らしをしていればそんな生活に文句を言ってくる人もいないので、毎日好きなように過ごして、不規則でだらしない生活におちいってしまう人もいるでしょう。

そのうち自由になんでもできる生活がやめられなくなってきます。

 

仕事をやめた後の解放感で気が抜けてしまい、就職活動に身が入らなくなる方もいます。

仕事をしていたときは規則正しく生活していましたが、仕事をやめてしまうと環境がガラリとかわってしまいます。

その変化に気持ちがついていけなくなります。

 

そうなると転職活動をやる気がなくなってしまい「やらないといけないと思っているけどやる気が全然出ない」という状態におちいってしまいます。

そして「生活費がなくなってくるけど、いざという時は親に頼ればいいか…」とか、「雇用保険があるからまだ生活に余裕がある」など、

最初から逃げ道を考えて自分を甘やかすようになってくると危ないです。

そういう状態続いて何もやらなくなってしまう方もいますので、ある程度自由な時間を楽しんだら早く転職活動を始めるようにしましょう。

 

どこかで自分の気を引き締めることをお忘れなく。

退職してから1週間以内には転職活動を始めましょう。

すぐに始めたほうが気持ちもついてきますし、転職活動も短い期間で終わる可能性も出てきます。

 

収入がなくなるため生活が苦しくなる

会社を辞めてしまうと、当然ですが毎月の給料やボーナスも入ってこなくなります。

そうなると生活費は、これまでにためていたお金を切り崩して使うことになります。

ためていたお金は今後、増えることはなく減っていくだけになりますので、節約することも考えないといけません。

 

また転職活動をするときには交通費などのお金もかかります。

さらに何カ月たっても転職先が決まらなければ、ためていたお金はどんどん減っていき生活は苦しくなります。

ためていたお金もどこかでなくなり、借金生活に突入することもあるでしょう。

クレジットカードからお金を借りたり、親や知人から借金をしたり、アルバイトをしないと生活が維持できなくなる可能性もあります。

退職後の転職活動は、そうしたお金の面のリスクがあるのですね。

 

不採用の通知をもらうとショックが大きい

応募した企業から不採用の通知をもらうと、「ダメだったか…」と気持ちは落ち込みます。

在職中の転職活動でも不採用になれば気持ちは落ち込みますが、それでもまだチャンスはあります。

仕事をしていて収入があり、生活に困ることはないのですから、気持ちを落ち着かせてからまた始めればいいのです。

 

しかし退職後の転職活動はそうはいきません。

ためていたお金が尽きる前に何とか転職先を決めないと生活が維持できなくなります。

そんな危機感もあるため、退職後の転職活動の不採用の通知は、心にズシリと重くのしかかることもあるでしょう。

「もしかしたらこのまま転職先が決まらないのでは?」と悩むこともあると思います。

退職後の転職活動は、このように心理的に余裕が持てなくなる可能性もあるのです。

 

志望度の低い企業で妥協してしまうこともある

退職後はためておいたお金を使って減っていくだけなので、転職活動を続けられる期間もかぎられてきます。

そのために何でもいいから「結果」を求める気持ちも出てきます。

 

あまり条件の良くない企業でも、「ウチに来ませんか?」と内定の返事をもらえたら、うれしくなって気持ちもゆらいでしまいます。

そして「この先、条件の良い企業から内定をもらえる保証はないし、金銭面でも余裕がなくなってきたので、内定をもらえたこの企業に入社しようか…」

と気持ちがぐらついてしまうのも仕方がないことです。

 

しかしよく考えてみたら、その内定をもらえた企業は、年収やその他の条件などは前の職場とあまり変わらないか、それよりも悪いのです。

でも「収入なしで転職活動している」という不安定な状態から逃れたいために就職先を決めてしまうことも多いのです。

 

そして、その企業に入社してみたら職場環境もあまりよくありません。

待遇や条件も良くないために入社後から不満な点もいくつか目について嫌気がさしてきます。

結局、短期間でその企業を退職してしまい、また転職活動を始めることもあるかもしれません。

そうなるとまた収入のない生活に逆戻りしてしまいます。

 

転職先の不満な点も我慢して仕事を続けられればいいのですが、それができなくて何度も転職を繰り返す方も多いです。

転職回数が多くなると、仕事の経験や実績もなかなか積めません。

その後、転職活動をしても給料やその他の条件が良くない企業にしか採用されないような悪循環におちいってしまいます。

入社前に内定先の企業の実情をすべて知ることはできませんが、それでも時間や気持ちに余裕をもってよく調べて決断することができれば、良い転職先を見つけることもできます。

 

退職後の転職活動を始める前に準備しておきたいこと

会社を退職した後は気が楽にもなりますが、やはり「不安」な気持ちの方が大きくなることもあります。

・自分が希望する転職先が見つかるのかどうか?

・貯めていたお金がなくなってしまうのではないか?

と考えてしまいます。

 

そうした不安な気持ちを払しょくするためには、退職後にすぐに転職活動に取り組むことです。

そして、退職後の転職活動をするのなら…

 

在職中にしっかりお金をためておきましょう。

 

とても重要なことなので大きく書いておきました。

 

できれば転職活動は在職中にした方がいいのです。

しかし、それができないということは「収入がゼロになる」ことを覚悟で退職することになります。

言ってみれば、これは「リスクを背負って危ない橋を渡ろうとしている」のと同じなのです。

 

在職中の転職活動なら仕事をして毎月の給料は入ってきますので、生活していく面で特に不安はありません。

しかしいったん仕事をやめてからの転職活動は毎月の給料は入ってこなくなり、収入はゼロになってしまいます。

しかもそれが何ヵ月、何年続くかわかりません。

 

仕事をやめてしまうことで生活が厳しくなり、どん底に落ちてしまう可能性もあるのです。

 

在職中にお金はいくら貯めておけばいいのか?

在職中にたくわえておいたお金も、いつまでもつかわかりません。

退職後は生活費や転職活動費などで手持ちのお金が減っていきますし、財布の中身や貯金額を見るたびに徐々にあせりを感じることもあります。

 

お金がなくなってくれば食費などの出費をけずるようになり、貯めたお金がなくなってしまえば親や友人からお金を借りたり、カード会社からキャッシングで借金をすることもあります。

バイトをすることもできますが、それだけでは生活費をまかなえないこともありますし、バイトをしながらの転職活動もけっこう大変です。

 

自分ひとりだけの生活ならまだいいのですが、自分の子供や配偶者や親の生活も見ている時には収入ゼロはつらいものがあります。

 

「退職時にどのくらいお金をためておいた方がいいのか?」は正確な金額は言えませんが、やはり余裕があるくらい多い方がいいです。

退職したあとで雇用保険(失業保険)が給付される方は、最低でも雇用保険がもらえるまでの期間の生活費をためておきましょう。

自己都合退職の場合、失業保険の給付までに3か月間の待機期間がありますが、手続きやその他で4カ月ぐらいかかります。

そのため、在職中にためておく金額としては…

 

 

最低でも、4カ月間の生活費は在職中に確保しておきましょう。

 

 

1か月分の生活費を計算して「生活費×4」の金額を貯めておきます。

それで雇用保険が給付されるまで転職活動をしながら生活できると思います。

 

しかし生活費以外にも転職活動費や予想していなかった出費も出てきます。

これは最低限の金額として、これよりもなるべく多めにお金をためておきましょう。

お金は本当に大事です。

 

退職後の不安を減らすことができるのは、在職中にためたお金の額です。

お金のたくわえもなく無計画に会社を退職してしまうと、すぐに行き詰ってしまい、転職活動もむずかしくなります。

 

「今いる会社をはやく退職したい!」とあせっている方もいると思いますが、お金に関してはしっかり計算をしておきましょう。

「しばらく無収入でも転職活動ができそうだ」という額がたまってから仕事を辞めることをおすすめします。

退職後に転職活動で一番のネックになるのは「転職先がいつ決まるかわからない」という点です。

人によっては1カ月以内に早々と転職先が決まる人もいます。

それなら問題ないのですが、場合によっては3カ月、半年、1年、もしくはそれ以上かかる人もいます。

 

このように「転職活動がいつまで続ければいいのか?」わからないところが怖いのです。

キャリアに自信のある方でも転職活動に苦戦することもありますので、そのための準備はかならずしておきましょう。

できれば、半年や1年ぐらい無収入で生活できるぐらいのお金をためておいた方がベストです。

お金に余裕があった方が気持ちにも余裕ができますので、なるべくためておきましょう。

 

退職後の転職活動のやり方

ここからは退職後の転職活動のやり方を説明していきます。

転職活動をされる方は参考にしてください。

 

在職中もできるだけ転職活動をやる

退職してしまうと、もう会社に行く必要はなくなります。

自由に使える時間も一気に増えるために生活も一変します。

その上にまた転職活動という新たなことをやらないといけません。

そうなると、変化に対応できなくて、どうしていいか戸惑ってしまうことも多いです。

 

そのため、できる限りでいいので、在職中から転職活動を始めましょう。

 

転職活動のやり方を自分で調べておさらいしてみたり、転職サイトやハローワークへ登録をしたり、求人を見るぐらいのことは仕事をしながらでもできます。

もう退職日が決まっているのなら、それに合わせて求人に応募して面接の予定を入れてもいいのです。

 

在職中から転職活動のやり方をしらべて行動をしていれば、退職後もスムーズに転職活動に取り組むことができます。

退職するときは自分の上司に退職する旨を伝えて退職願を書いて提出します。

その際には、退職日や有給休暇の消化についても上司と話し合って決めておきましょう。

そして自分の仕事の引き継ぎをして、退職日までに残りの有給休暇の消化などをおこないます。

休日ができたら、そのときから転職活動を始めましょう。

 

有給休暇の休みが取れたり、退職した次の日からは本格的に始めます。

ネットの転職サイトをいくつも見てまわったり、転職エージェントに登録したり、最寄りのハローワークへ出向いて求人を探して応募していきましょう。

すぐに行動できるように前もって準備しておきたいですね。

 

雇用保険(失業保険)の申請をする

雇用保険(失業保険)は再就職先が見つかるまでの生活費を国が支給してくれる制度です。

 

会社で雇用保険に加入していれば支給されますが、「自分が雇用保険に入っているかどうか?」はハローワークで確認することができます。

確認の仕方は自宅近くのハローワークへ行き、受付で「雇用保険被保険者資格取得届出確認照会票」の用紙に記入して、運転免許証など本人確認できるものを提示すれば確認ができます。

できれば在職中に確認しておきましょう。

 

退職後は在籍していた会社から「雇用保険被保険者離職票」が郵送されてきます。

2週間たっても離職票が届かないときは、会社に連絡して郵送してくれるように申し込みましょう。

そして離職票を受け取ったらすぐに最寄りのハローワークへ提出します。

 

離職票をはやく提出した方が雇用保険もはやく支給されるようになります。

雇用保険の申請の仕方は、ハローワークの「雇用保険手続きのご案内」をご覧ください。

ハローワークのサイトにも説明がありますが、

雇用保険の手続きは、月曜日~金曜日(休祝日・年末年始を除く)の8時30分~17時15分です。

 

手続きのときにはこれらの持ち物が必要になります。

・雇用保険被保険者離職票(-1、2)
・個人番号確認書類(マイナンバーカードか個人番号の記載のある住民票)
・身元確認書類(運転免許証かマイナンバーカード)
・写真(最近の写真、正面上半身、縦3.0cm×横2.5cm)2枚
・印鑑
・本人名義の預金通帳かキャッシュカード

手続きの仕方や必要なものなどは上のハローワークのサイトでよく確認しておきましょう。

 

自己都合退職の場合

自分の意思で会社を退職をした場合は「自己都合退職」となります。

自己都合退職をしたときには、「3カ月の給付制限期間」がありますので、雇用保険の手当ては退職後すぐにはもらえません。

しかも7日間の待期期間や振込までの期間も入れて、実際に雇用保険の手当てがもらえるのは手続きしてから約4カ月ほどかかります。

 

その待っている間に短期のバイトなどはできますが、これまでためたお金を切り崩して生活するようになります。

また雇用保険の給付期間や毎月もらえる支給額も人によって違いますので「雇用保険の給付額の計算」で調べてみてください。

 

「就職促進給付」について

雇用保険は会社で働いていた時と同じぐらいの給与額がもらえるわけではありません。

会社の給与額よりもある程度減額になった金額が支給されますので、それだけで生活するのは厳しくなります。

ですので、あまり当てにしないで在職中にしっかりお金を貯めておきましょう。

 

中には「雇用保険の給付を全部もらってから転職活動をしよう」という方もいますが、それはやめておきましょう。

給付が切れた後はまた収入がゼロになってしまいますし、その後の生活も苦しくなります。

 

雇用保険には「再就職手当」という早く就職先を見つけるともらえる手当もありますので、こちらを目標にしてがんばってみましょう。

雇用保険の給付をすべてもらうことを考えないで、できるだけ早く就職先を見つけるようにしたいですね。

 

転職活動をする期間を決めておく

退職後は転職活動をする期間も決めておきましょう。

長期間できるのならいいのですが、仕事がなければお金もなくなっていくだけですし、生活もかかっているためどこかで「結果」を出さないといけません。

「いつまでに転職先を決めるか?」の期限を決めておくことで、やる気も出てきます。

 

例えば「転職先は6カ月以内に決める」などの目標を立てておきます。

最初は自分の希望に合う求人に応募していき、それでも内定がもらえなかったら、条件の範囲を広げたり妥協して応募先を増やしていきます。

志望する企業に受からないと気持ちが落ち込んでしまうこともありますが、期限をつくった以上は目先を変えて採用されそうな企業にも応募していきましょう。

 

また求人検索や会社説明会や面接に出かける以外の時間は、書類選考や面接対策をしましょう。

転職活動では「履歴書」と「職務経歴書」を書いて求人先の企業に郵送するようになります。

その際に「志望動機」や「自己PR」などは、文章をよく考えて書くようにしたいですね。

 

面接のやり方なども忘れてしまっているときは、ネットや就活本などで最初からやり方をおさらいしてみてください。

そして最初に受ける面接は練習だと思って気楽な気持ちで受けてみることをおすすめします。

 

面接でかならず聞かれる質問

面接では「志望動機」や「自己PR」を聞かれることがありますが、転職活動では特によく質問されることは、

・前職をやめた理由

・退職後は何をしていたのか?

という2つの質問です。

 

それもしっかり回答できるようにしておきましょう。

「前職をやめた理由」として、前職の悪い点を挙げるなどネガティブな理由はあまり印象もよくないので、できれば前向きな退職理由を考えた方がいいですね。

 

また退職後の期間が長くあいてしまうと「退職後は何をしていたのですか?」と面接官が質問してきます。

その答えとして転職活動をしていれば、「会社を退職した後は転職活動をしていました」と答えることができます。

 

しかし退職してから半年や1年以上無職のままだと、

「長い期間、どの企業も採用しなかったということは、あまりいい人材ではないのでは…」

「仕事を探す意欲があまりないのかも…」

と思われてしまうこともあります。

退職してからの無職の期間が長すぎると、企業の採用担当者もあまり良い印象を持ちません。

 

「退職後の空白期間の間にやっていたこと」の例として、

・実家の仕事の手伝いをしていた
・友人の会社の仕事の手伝いをしていた
・ボランティア活動に参加していた
・親の介護をしていた
・主婦業に専念していた

などの理由なら、企業の採用担当者もある程度理解してくれると思います。

それでも退職後はできるだけ無職の期間をつくらずに転職活動をしたほうが転職先も見つけやすいです。

 

まとめ

退職後の転職活動のやり方についてまとめてみると、

・退職する前に計画的にお金をためておく
・在職中もできるだけ転職活動はする
・退職したあとはすぐに転職活動を始める
・転職活動をおこなう期間を決めておく
・雇用保険の申請は必ずやっておく
・書類選考や面接対策をやっておく

という点です。

 

退職後は転職先を早く見つけることが何よりも大事です。

仕事をしない無職の期間が長くなれば、仕事のスキルや意欲も徐々に失っていってしまいます。

それは非常にもったいないです。

会社勤めの人は毎月安定した給料を得る代わりに「仕事を途切れさせずに働く」ことが前提になっています。

会社経営者やフリーランスの人たちとは働き方が違うのです。

 

退職後に自由な時間ができると「今なら行きたかった旅行にいける!」と思って何日か旅行に出かけたり、仕事がないときに余暇を楽しみたくなります。

「毎日ずっと仕事をしてきたのだから、ここでちょっとぐらい休暇を取ってもいいよね」と考えますが…

遊んでいる期間が長く続くと気持ちがゆるんでしまい、それをまた引き締めるのは大変です。

多少の休暇はいいですが、仕事をしていた時の緊張感を保ったまま転職活動をしたほうがうまくいきますよ。

以上になりますが、転職活動をする際の参考にしてください。

転職活動
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました