「面接は服装自由です」と言われたときは何を着ていけばいいのか?

新卒の就職活動や転職活動の面接の服装は、基本的にはスーツです。

求人の項目に服装に関する記載がなければ、面接にはスーツを着ていきましょう。

でも最近は「面接時の服装は私服でOK」という企業も多くなってきました。

 

そうした求人には、面接時は、

「服装自由」
「私服OK」
「私服で構いません」
「普段着でお越しください」

と書いてあります。

 

中には「スーツは厳禁」という企業も見かけます。

でもそう言われても、スーツ以外でどんな格好で面接に行けばいいか迷いますよね。

「『私服OK』と言っておきながら、実際はスーツを着用してきた応募者を優遇しているのでは?」と疑う方もいらっしゃいますが…

ここでは就活や転職の面接時の服装に関しての説明をしていきます。

 

面接が「服装自由」「私服OK」になる理由

面接で「服装自由」「私服OK」という企業が多くなってきている理由としては、

結論から言うと、「もうスーツを着て仕事をする意味」が徐々にですが、なくなってきているのです。

「仕事中は私服で十分」という考え方が広まってきているのですね。

そのため面接でも「服装自由」「私服OK」の企業が多くなっているのです。

 

夏はスーツが必要なくなっている

特に夏は毎年のように猛烈な暑さになります。

この暑い時期にネクタイを締めていたら、首元から体の熱が出ていかなくなるので、暑くて仕方がないですよね。

また暑すぎるのでスーツのジャケットは着ていられません。

そのため夏の時期は、上着なしでネクタイも締めない「ノーネクタイ、ノージャケット」が、もはや定番になりつつあります。

 

実際に白のシャツにスーツのパンツ姿の会社員の方が多いですよね。

そして夏はエアコンの電気代がかかるため、政府も企業も「涼しいクールビズの服装」を奨励するようになりました。

説明会や面接でも「クールビズでお越しください」という企業も増えていますよね。

 

夏以外のほかの季節も服を着脱できる私服の方が過ごしやすいです。

特にIT系や事務などデスクワークの仕事は、スーツを着て仕事をする意味もなくなってきました。

 

私服の方が仕事の効率が上がる

スーツよりもむしろ私服の方が快適で仕事の効率が上がります。

私服の方が服を着たり脱いだりすることもできるので、寒さや暑さにも対処できますし、従業員も仕事に集中できるようになります。

従業員の服装による作業効率の差は、そのまま企業の実績にもあらわれてきますので無視できません。

そのため「私服勤務可」「カジュアルな服装でOK」という企業も増えています。

面接官もそれに合わせて、スーツではなく私服で面接する企業も多くなっているのです。

 

実際に、スーツを販売している紳士服業界の規模は、下の図のように、2019年に大きく減少しています。

出典:業界動向 紳士服業界の現状と動向(2020年版)

さらに2020年は在宅勤務も一気に広まったため、スーツを着用する機会も、よりなくなってきました。

今後はスーツ着用を義務付ける企業は、さらに少なくなっていくと思われます。

 

「服装自由」はどんな格好がいいのか?

「服装自由」「私服OK」といわれたら、どんな格好がふさわしいのか。

企業側の意図としては、「その場に応じたもので、なおかつ応募者本人がリラックスできる服装で来てほしい」というものです。

 

面接は応募者と企業の面接官が初めて対面する場所になります。

その時はお互いに「相手が不愉快にならない格好」に気をつかう必要があります。

そうなるとスーツがふさわしいのですが、スーツを着ていると「ガチガチの就職・転職活動」の感じが出てしまい、緊張してしまう方もいます。

 

NGになる服装の例

また相手へ気づかいもしないといけません。

仮に相手の方が「上下ジャージ」や「スウェット」や「Tシャツとショートパンツにサンダル姿」で面接に訪れたら…

「ナニ?この人」と思ってしまいますよね。

それだと第一印象がよくありませんので、私服の選び方や身だしなみに気をつかう必要があります。

 

また「服装自由」「私服OK」と指定されていてもスーツを着ていく方もいますが、これも間違いではありません。

「私服とスーツは何が違うの?」と聞かれれば、この辺も説明がむずかしいところです。

さらに夏の面接会場は冷房が効いていますし、冬は暖房で暖かいので、その環境でもリラックスできる服装となります。

このような場合、参考になるのは私服で勤務している会社員の服装です。

よく「オフィスカジュアル」といわれますが、その服装を取り入れた方がいいですね。

 

オフィスカジュアルな服装とは?

基本的にオフィスカジュアルとは、「スーツではないカジュアルさを取り入れた服装」のことをいいます。

「カジュアル」という言葉の意味は「気軽にくつろいだ感じ」なんだそうです。

そう言われると、いろんな服装が浮かんできますよね。

 

実際に求人に掲載されている写真を見ると、企業の従業員がパーカーやポロシャツやジーンズで働いている写真を見かけます。

そんな写真を見ると「それをマネした格好で面接に行っても大丈夫かな」と思ってしまいますが…

私服の中でも面接用としてふさわしい格好はあります。

 

「カジュアルな服装」の見本はスーツ量販店にある

面接の服装に迷ったときはスーツを販売しているお店に行ってみてください。

「洋服の青山」「AOKI」「はるやま」「コナカ」「スーツカンパニー」「スーツセレクト」などのスーツを販売している紳士服量販店があります。

これらのスーツ量販店はスーツだけでなく、男性用と女性用のカジュアルな服も置いてあります。

自宅の近くにスーツ量販店があるのなら、一度下見に行ってみてください。

 

また店内に入ってみると、スーツだけでなくオフィスカジュアルな服を着せたマネキンが置いてあります。

服装に迷うときは、そのマネキンが着用している服装を参考にしてもいいですね。

スーツ量販店はビジネスマンに好まれる色やデザインの服を数多くそろえています。

 

スーツ量販店以外でも購入できます

ネットで服を購入してもいいですが、自分で選ぶ自信がないときは、お店に出向いて店員に聞いてみましょう。

例えば「今度、企業の面接に私服で行くのですが、おすすめの服はありますか?」と店員に聞いてみてもいいですね。

ビジネス向けの私服に関して店員もくわしい思いますので、いろいろ説明してくれます。

 

スーツ量販店に気に入った服がなかったり、値段が高くて買えないときは、無理に購入しなくても大丈夫です。

スーツ量販店のオフィスカジュアルな服装を参考にして、それと似た服をユニクロや無印良品やGUやしまむらなど値段の安い店で購入すればいいのです。

オフィスカジュアルな服はほかのお店にも売っていますので、スーツ量販店は参考程度に見ておいてほかで購入してもいいですね。

 

面接ではどんな私服がふさわしいのか?

オフィスカジュアルな服装を例としてあげてみます。

面接へ着ていく際の参考にしてください。

 

男性の私服の選び方

男性は上は「えり付きのシャツ」にノーネクタイ、下は「スラックスなどのパンツ」が基本になります。

夏はえり付きの半そでシャツで上着は必要ありません。

春秋は長そでシャツだけでもいいですし、その上にジャケットを着てもいいですね。

冬の寒いときはシャツやジャケットの上にコートを着ていきましょう。

男性がスーツを着ていく場合には、ネクタイなしのスーツ姿で。

また、上はTシャツのみとか、トレーナーやパーカー、下は短パンやジーンズなどの服装はふさわしくないのでやめておきましょう。

例として「洋服の青山」のサイトを参考にしてください。

洋服の青山 メンズカジュアル

 

女性の私服の選び方

女性は上は「ブラウスかシャツ」、下は「スカートかパンツ」になります。

夏は半そでや七分袖のブラウスやシャツでジャケットは必要ありません。

春秋は長そでのブラウスやシャツでいいですし、その上にジャケットやカーディガンを着てもOKです。

冬の寒いときは上にコートを着ていきましょう。

またミニスカートやロングスカートやワンピースのようなスーツ姿とかけ離れた格好はさけたほうがいいですね。

例として「洋服の青山」のサイトを参考にしてください。

洋服の青山 レディースカジュアル

 

帽子やアクセサリーは身につけない

服装に迷うときはスーツを着ていっても問題ありません。

企業の面接官は年配の方も多いので、私服のシャツやジャケットやパンツの色はハデ過ぎず、柄は無地のシンプルなほうが好まれます。

 

建物内では帽子などはかぶらず、派手な腕時計やネックレスやピアスや指輪などのアクセサリーを身につけるのもやめておきましょう。

バッグはA4サイズの用紙が入る大きさで、ビジネスバッグかそれに近い色やかたちのものを選びましょう。

靴は服装に合わせて革靴やパンプスなどがおすすめです。

「動きやすい格好でお越しください」という場合はスニーカーでいいと思います。

 

企業が「服装自由」と指定してくる理由

そもそも面接でスーツを着用してほしいときは企業は何も言ってきません。

スーツこそが面接でのフォーマルな服装(正装)ですから。

そこをあえて「服装自由」「私服OK」と指定してくるのです。

スーツで問題ないのなら、わざわざこんなことは言ってこないのです。

これはどういう意味があるのか?

 

自分で考えることができるのかどうか

これは「応募者がどんな私服を着てくるのか見てみたい」という意図があるのです。

服装から「どんな人なのか?」を知りたいのです。

「服装自由」と指定すれば、人によっていろいろな格好をしてきます。

パーカーにチノパンなどの普段着のまま面接に来る人や、ブランドで身を固めたハデな人もいるでしょう。

それはその人の考えや個性なので、間違いというわけではないのです。

 

また「服装自由」と指定されてもスーツで面接に行く方もいます。

それも間違いではないのですが、やはり面接官によっては受け取り方も変わります。

「面接は服装自由」と指定したのにスーツを着ていけば、

「スーツを着ていけば問題ないと考えて、自分で考えていない」と受け取る面接官もいるでしょう。

やはり何か指定してくる以上は、そこには明確な意図があるのです。

 

仕事のやり方や服装も多様化している

今後、日本の企業は大きく変わっていきます。

2020年に世の中は大きく変わりましたが、それ以前から日本は長年にわたって経済の停滞が続き、企業や政府も危機感を持つようになりました。

そのため企業の採用の仕方にも変化があらわれています。

 

これまでは企業も従業員の結束をはかるため、服装もスーツで統一していることが望ましいという考えでした。

しかし今は、人から言われたことをするだけでなく、自分で考えることができる人が求められるようになってきています。

さらには、ほかの人とは違う考え方を提案したり主張できる点も重視されてきています。

これまでのように、空気を読んでまわりの人と合わせるだけの人は求められなくなってきているのです。

 

それは服装に関しても同じです。

今の時代は「多様性」という言葉がひとつのキーワードになっていますが、それは服装にもおよびます。

今まではスーツが当たり前でしたが、時代も変化して、人それぞれの考え方や個性が企業内でも尊重される時代になってきました。

面接の「服装自由」は、そうした企業の変化でもあるのです。

 

企業からの課題として対処する

今までは、ほかの人と同じようにスーツを着て「周囲から浮かない、目立たない」ことに気を使いました。

でも今後は、そうしたことはメリットにはなりません。

「服装自由」と指定があったら、自分で服装を考えてみる必要があります。

「スーツの方が何も考える必要がないので楽」とも思えますが、これは企業からのひとつの「課題」として対処した方がいいのです。

 

「ほかの人もスーツだから自分もスーツでいいだろう」という横並び意識は捨てて、自分で服装をコーディネイトしてみましょう。

ハデな服装で目立とうとする必要はありませんが、ほかの人とは違うというところは見せた方がいいのです。

「面接にはスーツ」という昔からの常識から、また違う面接のあり方を考えてみましょう。

ただ「仕事帰りの面接」とか「他社の面接も受けていたからスーツ」というのなら仕方がないですが、できるだけ相手に配慮した服装を自分で選んでみてください。

 

服装がわからないときは問い合わせる

どんな服装がいいかわからず不安なときは、企業に電話して聞いてみましょう。

企業のホームページやSNSに社員の私服の姿があれば、それを参考にしてもいいですね。

面接時の服装に関して企業から細かい指定があるのならともかく「服装自由」とか「私服OK」などのざっくりとした指定なら、常識はずれな格好でない限り大丈夫です。

私服選びで悩んでしまう方もいますが、企業の面接官も服装だけで人を判断することはありません。

 

また「服装自由」と言われても実際にその場に行ったら、スーツで来ている人が多い場合もあります。

そんなときは気を使いますが、企業側の指示に従った服装なら間違いはないので堂々としていましょう。

それでも面接中に服装のことを気にしだすと、気が散って集中できなくなってしまいます。

気になるときはどんな服装がいいのかよく調べておきましょう。

以上になりますが、面接の際の服装選びの参考にしてください。

面接
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました