面接当日に風邪をひいて寝込んでしまい行けそうにないときの対処法

面接

就職・転職活動の面接の当日に風邪をひいてしまい、外出できないほど体調が悪くなってしまうこともあります。

「熱が出て立ち上がることもできない」とか「咳やくしゃみや鼻水が止まらない」とか「風邪で声が出ない」なんてこともありますよね。

 

「こんな大事なときに何で風邪をひいてしまったんだろう」と自分を責めたくもなりますが、もうそうなったときは仕方がないですよね。

私も面接当日に風邪でダウンしてしまい、日時を延期してもらった経験がありますが、志望度が高い会社の面接だと気持ちも休まらなかったです。

 

風邪の症状で寝ていても苦しいかと思いますが「当日におこなわれる面接をどうするか?」を考えて対処しましょう。

 

その時の風邪の症状や体調によって判断が分かれますが、

・会社に連絡をして面接の日程を延期してもらうか、もしくは面接を辞退する

・ちょっと無理をしてでも面接に行く

のどちらかになります。

 

面接日を延期してもらうときの電話の仕方

 

面接当日に風邪の症状が悪くなってしまい、どうしても面接に行けないときは、その会社に連絡しましょう。

そして面接の日程を変更してもらえるかも聞いておきたいですね。

 

電話の仕方は、まず応募先の会社に電話を掛けます。

そして会社の方が「はい、○○(会社名)です」と電話に出たら、

 

「私(わたくし)、本日〇時から面接予定の○○(自分の名前)と申します。恐れ入りますが、採用担当者様はいらっしゃいますでしょうか?」

 

と言いましょう。

で相手方が「採用担当ですね、少々お待ちください」と言って担当者にかわってくれます。

そして採用担当者が電話に出たら、

 

私(わたくし)、今日の○時から面接の予定を入れました○○(自分の名前)と申します。実は風邪をひいてしまいまして体調がかなり悪く、今日の面接にうかがうことができそうにありません。大変申し訳ありませんが面接の日時を変更していただくことはできないでしょうか?」

 

と聞いてみましょう。

面接の日程の変更ではなく、面接を辞退してもかまわないときには、そのことを伝えましょう。

 

面接の日程をまた後日に変更してもらえるかどうかは、その会社の採用担当者の判断によります。

もしかしたら「面接の日程の変更はできないですね」と言われることもあると思います。

その時はちょっと無理をしてでも面接に行くか、もしくはその面接を辞退するしかありません。

 

この辺はその時の本人の体調によりますが、あまり無理はしないでくださいね。

 

面接日を延期してもらうときのメールの例文

面接の当日に電話で伝えられないときはメールで伝えましょう。

 

その時のメールの例文はこちら、

【件名】本日の面接に行けなくなりました

【本文】

株式会社 ○○(もしくは○○株式会社)
採用担当○○様

お世話になっております。
○月○日の○時から面接のお約束をいただいております○○(自分の名前)と申します。
本日の面接ですが、現在風邪をひいて熱もあり、かなり体調が悪くなってしまい、面接に伺うことができなくなってしまいました。

誠に申し訳ございませんが、面接の日程を後日に変更していただくことはできますでしょうか。
急なお願いとなり大変恐縮ではございますが連絡をお待ちしております。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い致します。

————————————-

自分の名前(ふりがな)
携帯電話:090-1234-5678
e-mail:abc1234@gmail.com

————————————-

上の文章をメールにコピペして使ってください。

本文の「会社名」「採用担当者名」「面接の日時」「自分の名前」、そして署名の「自分の名前(ふりがな)」「携帯電話」「メールアドレス」は書き換えてくださいね。

文章は修正してもらってかまいません。

学生は本文や署名の名前の前に学校名も記載しておきましょう。

 

メールを送信した後は会社の採用担当者からの返事待ちとなります。

ただメールの場合はいつ返事が来るのかわからないので、電話で用件を伝えたほうがいいですね。

当日でも面接が始まる時間の前に体調不良で行けないことを伝えておけば選考で不利になることもないですし、また面接をしてくれる会社もあると思います。

 

面接の前に風邪の症状を軽くする方法

 

風邪をひいている時にあまり無理をするのもよくないですが、面接に行けそうな体調の時は面接に行きましょう。

面接に行くときは風邪の症状が悪化しないように暖かい格好をして出かけてください。

 

風邪には「くしゃみや鼻水が出る」「のどが痛い」「咳が出る」「発熱」「体がだるい」などのいろいろな症状があります。

ドラッグストアに行くとそれぞれの風邪の症状に合わせた風邪薬が売っていますので、それを購入して飲んでみましょう。

店員に風邪の症状を伝えてそれに合う風邪薬を処方してもらったり、面接前ということで眠くならないものを選ぶようにしましょう。

 

基本的に風邪薬は「風邪を治す」ものではなく「風邪の症状をおさえる」ためのものです。

面接の前に風邪薬を飲んでおけば、風邪の症状もある程度楽になって面接も受けやすくなりますよ。

 

せきやくしゃみや鼻水が出るときはマスクをしたほうがいい?

せきやくしゃみなどの風邪の症状があるときは、風邪のウイルスをまき散らしてほかの人に風邪をうつしてしまう可能性もあります。

風邪をひいている時は電車やバスの移動中や面接会場にもマスクをしていきましょう。

 

ひどいときには「咳止め」や「くしゃみ止め」などの薬も飲んでいった方がいいですね。

のどの調子が悪いときにはのど飴をなめたり、のどスプレーなどを使うのもおすすめです。

 

また風邪の症状がひどくて面接でマスクを外せないときもあります。

面接官も向かい合った人が「ゴホゴホ」と何度も咳をしていたり、くしゃみを連発しているとあまり気分もよくないでしょう。

 

そんなときは「申し訳ありませんが、今、風邪をひいておりまして、マスクをしたまま面接を受けてもよろしいでしょうか?」と面接官に聞いてみましょう。

たぶん許可してくれると思います。

 

ただマスクをしたままだと自分の声が聞き取りづらくなったり、顔の表情が隠れてしまって印象に残らないこともありますので、実際のところあまりおすすめはしません。

 

ちょっと辛いかもしれませんが風邪の時でもマスクを外して面接を受けるようにしましょう。

そして咳やくしゃみが出るときにはマスクやハンカチで口や鼻をおおうようにしてください。

「今、風邪をひいておりまして面接中はマスクやハンカチを使ってもよろしいですか?」と一言ことわってもいいですね。

 

また、声があまり出なかったりのどの調子が悪いときには、面接のはじめにそのことを伝えておきましょう。

 

面接の前日はしっかり睡眠をとる

風邪の症状が重いときには内科のお医者さんに診てもらうのもいいですが、病院に行って注射を打ってもらってもすぐに治るものではありません。

風邪は自然に治るものですから、風邪をひいてしまったときには風邪薬などをうまく使って症状を和らげてうまく付き合うようにしましょう。

 

面接の2~3日前や前日に風邪の症状が出てきたときは、葛根湯やビタミンCや栄養のある食事をとって十分な睡眠時間をとるようにしてください。

特に温かくして寝ることでからだの体温が上がって免疫力も上がります。

一晩ぐっすり寝るだけで風邪の症状が軽くなることもありますので、睡眠時間は十分に確保したいですね。

 

また当日に風邪薬を飲んでいけば面接の間ぐらいは風邪の症状が軽くなるでしょう。

 

会社によっては面接の日程を変更してくれないところもあります。

体調が悪くてどうしてもいけないときには、その会社をあきらめるか、風邪で立てないようなときでも無理をして面接に行くしかありません。

そうならないためにも、就活や転職の大事な面接がひかえている時は風邪をひかないように体調管理には気を付けてくださいね。

面接
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました