退職を言うタイミングや言い方はどうしたらいい?退職のしかたを説明します

「会社を辞めたいけど、どうやって退職を申し出たらいいかわからない」という方もいると思います。

特に退職するときはどのタイミングで、どのように伝えたらいいのか?よくわからない方もいますよね。

ここでは退職のしかたを含めて、その説明をしていきます。

 

退職のしかたの手順

退職するときの手順を紹介するとこうなります。

就業規則を読んで「何日前に退職を伝えるか」など確認する

退職したい旨を直属の上司へ伝える

会社側が退職を承諾する

退職日を決める

「退職願・退職届」の提出

残務処理や仕事の引き継ぎや有給休暇の消化をおこなう

会社から貸与されていたものを返却する(名刺、制服、パソコン、携帯電話、健康保険証など)

退職日に退職する

となります。

 

「就業規則」は読んでおきましょう

上司に退職を伝える前に会社の「就業規則」は読んでおきましょう。

就業規則には会社を退職する際の約束事が書かれていますので、しっかり確認しておいてください。

 

退職を希望するときには「退職したい日の1カ月以上前に上司に報告する」などの決め事があります。

会社にもよりますが、退職日の1カ月か2カ月前に伝えるところが多いです。

 

法律の上では、上司に退職を伝えてから2週間で退職することができます。

しかし自分の仕事の引き継ぎをしたり、有給休暇の消化をして円満退職をしたいのなら、就業規則に従って退職することをおすすめします。

 

正社員や派遣社員や契約社員だけでなく、パート・アルバイトの職場にも就業規則はありますので、退職する際にはしっかり読んでおきましょう。

また残りの有給休暇がどのくらい残っているのかを確認して、退職を伝えた後に有給休暇を使って退職するようにしましょう。

 

退職を申し出るタイミングや伝え方

会社を辞める時には自分の直属の上司に「会社を辞めたいです」と伝えるようにしましょう。

ただ勤務時間中は、ほかの同僚も働いていて人目もあるので退職を言い出しづらいと思います。

そんなときは朝の出勤時やお昼休みや退社するときの、ほかに人があまりいない時や仕事がいそがしくない時間帯に伝えてみましょう。

 

退職の伝え方として、まずは自分の上司に、

応募者
本人

すみません、お話したいことがあるのですが、少しお時間をいただけませんか?

と言いましょう。

面接官
上司

今ここで言ってください。

と言われたら、その場で伝えましょう。

 

面接官
上司

勤務時間後でもいい?

と言われたら、勤務時間後に伝えましょう。

 

そして伝え方としては、

応募者
本人

大変申し訳ないのですが、一身上の都合で〇月の末で会社を退職させてください

と言いましょう。

上司も突然言われると、驚いたり引きとめたりもしてくれますが、おおむね退職することを了承してくれます。

 

退職理由は「一身上の都合」にする

退職理由に関しては「一身上の都合」で通していいと思います。

それでも退職理由を聞きたいと上司がいう時には、

「家庭の事情で(家族の介護など)辞めたい」

「次の転職先が決まりましたので辞めたい」

「仕事がつらいので辞めたい」

と言っておきましょう。

 

退職理由を正直に言ってもいいですし、言いたくないときはほかの理由を伝えてもいいと思います。

上司が退職理由をこまかく調べることはありませんし、退職理由がウソだったとしても法的に訴えられることはありません。

辞めてしまえば、もう会社とも関係がなくなるので、どんな理由でも特に支障はありません。

 

「会社を辞めたい」と上司に伝えるとどうなるの?

上司に退職することを伝えるには、多少の勇気がいります。

会社を辞めることを伝えれば「上司から怒られるのでは?」とか「職場の人間関係が悪くなる」ことが想像できてしまいます。

今までの職場の雰囲気が大きく変わってしまうことがわかるため、ためらってしまうのですね。

 

しかし悩んでいるだけでは、ただ時間が過ぎていくだけで何の解決にもなりません。

もう退職する気持ちが固まっているのなら、ここは思い切って、会社を辞めたいことを上司に伝えてみましょう。

 

上司は部下の退職の申し出に慣れている

実際に退職したいことを伝えてみると…

面接官
上司

えっ、退職したいの?…わかりました。

という感じで、けっこうあっさりと認めてくれることも多いです。

 

退職を伝えたときは上司はおどろくかもしれませんが、怒られることなどないです。

そして「辞める理由は何なのか?」とか「辞めた後はどうするのか?」ということは聞いてきます。

 

上司からすれば、退職を申し出てくる社員はそれなりにいるために対応の仕方にも慣れています。

ただ退職を伝える方は、退職を申し出る経験がほとんどないので緊張すると思います。

特に慎重な性格の方は、自分の本心をうまく言い出せないときもありますよね。

 

そんな時でも勇気を出して思い切って伝えてしまいましょう。

本当に辞めたいのであれば、勢いで言ってしまえばいいのです。

 

伝える時は本当に一瞬です。

それまでは緊張するかもしれませんが、言いたいことを言った後は肩の荷がおりて気持ちも楽になりますよ。

今までのゆううつな気持ちからも解放されます。

 

退職日を決める

上司が退職することを認めてくれたら、上司と話し合って退職日を決めましょう。

基本的には就業規則に従って、1~2か月後あたりになると思います。

在職中に転職活動をしていた方は、「転職先が決まる」→「退職を申し出る」→「退職日を決める」という順番になります。

転職先がもう決まっているのに、退職を申し出ずに退職する日が決まらないと転職の予定が後ろにズレてしまいます。

転職先が決まったら、早く退職日を決めてしまいましょう。

 

退職を引きとめられたときの対応

退職を伝えたときは、そのまま退職を承諾してくれることもありますし、引きとめてくれることもあります。

例えば、

面接官
上司

今は会社も人手不足だし、もうしばらく仕事を続けてくれないかな?

と言われることがあります。

 

そう言われると、「ちょっと期待されているのかな?」とと思って気持ちが揺らいでしまい、ことわることができなくなって、そのまま会社に居続けてしまう方もいますが…

 

自分で退職することを決めたのなら、上司の頼みもキッパリと断って自分の意思を貫きましょう。

応募者
応募者

申し訳ございませんが、〇月で会社を退職したいです。

と伝えましょう。

特に次の転職先が決まっている時には、上司の要望を聞いて会社に居続けている場合ではありません。

転職先へスムーズに行けるように、やるべきことはしっかりとやって準備しましょう。

 

会社側にも退職してもらいたくない事情はありますが、本人にも会社を辞めたい事情はあります。

そのどちらを優先するかですね。

 

退職する際に罪悪感を持つ必要はありません

会社を辞めれば、一緒に働いていた上司や同僚に迷惑をかけることもあります。

そのため責任感が強い方は会社を辞めることへの罪悪感があるかもしれませんが…

 

しかし自分がいなくなった後は、ほかの社員が自分の仕事を引き継いでやってくれます。

自分がいなくなっても会社は普通にまわっていきますので心配する必要はありません。

 

しかし、上司の中には、

社長
上司

今は人手不足だから辞められると困る

社長
上司

あなたがやめても後任の人がいないから、今は退職できない

と引きとめられることもあります。

でもそれは会社をやめる従業員が心配することではなく、上司が考えることです。

 

退職する人がそのことを考える必要などないのですね。

そのような理由で引きとめられたとしても、就業規則に従って期限内に退職することはできます。

 

自分の将来のことを優先して考える

今はもう、定年になるまで会社が従業員の面倒を見てくれる時代ではありません。

今後のことを考えたら、会社のことよりも自分の将来ことを真剣に考えましょう。

 

中には、長時間勤務で体調を崩してしまい、会社をやめたいと思っているのに、

会社員
会社員

同僚のみんなががんばってるのに、自分だけ会社をやめるのは悪い気がしてしまう。

という方もいます。

しかしそれは体調が悪くなるまで働かせる会社側に責任があります。

従業員は悪くはないのです。

応募者
会社員

もうガマンの限界!

というときには、その会社から退職しましょう。

激務をガマンして体をこわしてしまっては、その後の仕事にも影響が出てきてしまいます。

仕事をするときには、体が健康であることが一番の財産です。

辞めたい時はさっさと辞めるのが一番です。

 

みんな会社のために働いているわけではなく、自分の生活のためにはたらいているのです。

退職するときには人に迷惑をかけることもありますが、退職すると決めたときは自分の気持ちを優先して行動しましょう。

応募者
会社員

会社よりも自分自身や家族のことを優先したいです。

辞めることを言い出すのが怖くて、そのまま何ヵ月も会社に居続ける人もいますが、区切りをつけようと思ったら、思い切って自分の意思を上司に伝えてみましょう。

 

退職願・退職届を提出する

退職する際には「退職願」もしくは「退職届」を作成して上司に渡しておきます。

これは労働者が会社もしくは経営者に対して退職意思を表明する書類です。

 

法律では口頭で退職を伝えれば有効になりますが、あとでもめないように書面として提出した方が確実です。

上司に退職を申し出て、退職が認められたら、次は「退職願」もしくは「退職届」を作成して提出するようにしましょう。

 

「退職願」や「退職届」の作り方はネットに載っていますので、そちらを参考にしてください。

 

「退職願」と「退職届」の違いを簡単に説明すると、

「退職願」…会社に退職を願い出て承諾されたのちに退職が決定する

「退職届」…会社に退職を通告する書式で、提出後は退職を撤回することができない

となります。

会社側と労働者の双方で退職の話し合いがすんでいれば、どちらで書いてもかまいません。

下の退職願セットもおすすめです。

 

退職日までの過ごし方

退職する日を決めた後にやることは、

・自分の仕事の引き継ぎ
・残りの有給休暇の消化

です。

自分が担当していた仕事をほかの人に引き継ぎすることがメインになってきます。

もう新しい仕事などはやらなくなるため、会社にいても多少ヒマになる場合もありますよね。

 

有給休暇の消化をする

あとは残りの有給休暇をなるべく消化して退職するようにしましょう。

退職することが決まって自分の仕事の引き継ぎも終われば、あとは有給休暇を取得して退職日まで休める会社も多いと思います。

有給休暇の取得がどのくらいの期間になるかは上司との話し合いになります。

会社の就業規則の有給休暇や退職の項目をよく読んでおきたいですね。

 

残業はしなくてもいい

今までは上司や同僚たちに気を使って残業していた場合、辞めることが決まったら残りの期間はそんな気を使わなくてもいいのです。

定時の帰宅できる時間になって「じゃあ、お先に」と言って帰ってしまうと、上司や同僚から苦々しい目で見るかもしれません。

しかしもう、今の会社で昇進することもありませんし減俸の心配もありません。

会社を辞める人間なのですから、よほどのことがない限りは上司から小言を言われることもないでしょう。

ですので、残りの出勤日は最低限のことをすればいいのです。

 

辞めてしまう職場で自分の評価をこれ以上あげても意味がないですからね。

「残業代が欲しい」というのならともかく、サービス残業まで気を使ってやる必要はありません。

定時で帰れそうなら、多少強引でも帰ってしまいましょう。

また「退職日は決まっているけど転職先は決まっていない」のであれば、定時で切り上げて転職活動に時間を使った方がいいですよね。

上司には、

応募者
会社員

転職活動をしますので定時であがらせてください

といえば了承してもらえるかもしれません。

ただし上司に転職先の企業名を伝える必要はありません。

 

退職を伝えた後は気まずい雰囲気になる?

上司に退職することを伝えた後は「自分が会社を辞める」という情報が職場内にも広がっていきます。

会社員
同僚

〇〇さん、会社辞めちゃうの?

と声をかけられることもありますが、そんな時でもいつも通りに仕事をしましょう。

 

職場の同僚はいつものように接してくれると思いますが、辞める方としては多少は居心地が悪くなります。

辞めてしまう人に対してそっけない態度をとるもいますが、それも仕方がありません。

 

退職の際に会社ともめたときの対応の仕方

上司に退職したいことを申し出たときに、退職をしぶって承諾してくれない会社もあります。

 

例えば退職を伝えたときに、

「もう2~3カ月ぐらい仕事をしてくれない?」

「今はウチに人いないのわかるでしょ?状況を考えてよ!」

「退職したい?辞められるわけないだろ!」

など退職を拒否されてしまうこともあります。

 

こんなことを言われると困りますよね。

そんなときはどうするか?

 

退職に関する相談をする

基本的に会社に退職を申し出てすぐに辞めることはできませんが、労働者には会社を退職できる権利があります。

職場の状況や上司の言い分に合わせて退職日を遅らせる必要はないのですね。

 

最初は上司に退職する意思があることを伝えましょう。

それが受け入れてもらえないときはどうするか?

 

そのときは各都道府県に設置されている「総合労働相談コーナー」に相談してみましょう。

こちらでは職場のトラブルに関する相談を無料で秘密厳守で対応してくれます。

気軽に相談に乗ってもらえますので、もし何かあった時には利用してみてください。

 

または「法テラス(日本司法支援センター)」に相談してみましょう。

法テラスは国が設立した法的トラブル解決のための「総合案内所」です。

 

ここでは退職に関しての法律相談を無料で受け付けています。

ただ携帯電話からの相談は20秒10円程度(税別)の通信料金はかかります。

 

退職後は前の職場の人とかかわらなくても問題はない

会社を退職した後に、それまでいた職場の人から連絡が来ることもあると思います。

例えば「転職先の仕事はどうですか?」と退職後の近況を聞いてきたり、「〇〇の件でお電話したのですが…」と前職の仕事のやり方を聞いてくることもあるでしょう。

そうした連絡にこころよく答える方もいると思いますが、中には「前の職場の人とはもう関わりたくない」という方もいると思います。

特に人間関係があまりよくなかったら、

会社員
会社員

もう連絡は取りたくない。

と思ってしまいますよね。

そんなときはどうしたらいいのか?

 

結論から言うと、会社を退職してしまえば、その会社との契約は切れます。

そうなれば、もう何も責任を負う必要はありません。

イヤだったら連絡を取り合う必要もないですし、仕事に関することも答える義務はないのですね。

電話やLINEなどで退職後の近況を聞いてくることもありますが、無理に返事はしなくてもいいのです。

冷たいように思われますが、もう退職してしまえば前職の上司や同僚たちと会うことはないですし、その人たちにどう思われようと関係ないです。

特に自分の苦手な人とはかかわりあいたくないですよね。

前職の本当に仲のいい人とだけ連絡を取り合えばいいのです。

 

仕事に関することで連絡が来ても、もう会社との契約が終わって給料が発生しないですので、それにかかわっている間は「ただ働き」になります。

さらに仕事に関することを答えれば、相手はまた連絡してくる可能性もあります。

こうした関係は自分の負担にもなりますので、退職した時点で前職とは関係を断ち切った方がいいのです。

 

「前の職場の仕事が混乱せずに進んでいるか心配でことわれない」という人もいますが、それは退職した人が心配することではなく、その会社の上層部が心配することです。

そんなよけいなことは心配する必要などないのです。

そして、自分からハッキリと意思表示をしないと相手もわかってくれません。

もう自分に関係のない仕事については、しっかりとことわるようにしましょう。

退職後は前職の人と無理にかかわる必要はないですよ。

以上になりますが、退職する際の参考にしてください。

「転職経験者のブログ」を書いている人

(やまよし おさむ)
↑更新中のTwitterはこちらから。

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。
応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。
応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職活動
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました