冬にスーツの上にコートを着ない男性を見かけるけど寒くないの?

冬の寒い時期になると、スーツの上にコートを着る人が多くなります。

しかしそんな寒い中でもコートは着ないで、スーツ姿で出勤している人を見かけることがありますよね。

特に男性のサラリーマンに多いと思います。

それを見ていて「感覚がおかしいの?」とか「見ているだけで寒そう」と思いますよね。

実は私もコートを着るのがあまり好きではありません。

でも気温が0度に近い本当に寒い時はしっかりコートを着て出かけますけど。

ここでは冬にコートを着ない人の理由を説明していきます。

 

寒くてもコートを着ない理由

冬の寒い時期にコートを着ない理由は、暑くなるとコートが荷物になるからです。

会社に行くときは荷物など持たずになるべく手ぶらで移動したいのですね。

持ち物は財布とスマホとハンカチだけにしたいと思っているのです(理想)

カバンを持っていくのは仕方ないとしても、コートは荷物にしたくないのです。

「右手にカバンを持って、左手にコートを持つ」とか両手がふさがるようなことはしたくないのです。

そのため多少寒くてもコートなしで出勤します。

それに歩いていると体があたたかくなってコートが必要なくなることがありますからね。

ふだん運動している人の中には暑がりな人もけっこういますので、そういう人はコートが必要ではないのです。

また東京など地域によっては、お昼を過ぎると気温が上がって冬でも暖かくなるときがあります。

コートなしでも近所なら外出しても寒くない時もありますよね。

夜の帰宅時はさすがに寒い時もありますが、朝とは違いからだの体温が上がっているため、多少の寒さなら我慢できます。

そんな感じで「今日はコートなしでもいいか」という感じで出勤するのですね。

家を出てから「やっぱりコートを着てくればよかった」と後悔することも結構ありますが…

 

冬はインナーを着込むとあたたかい

スーツとシャツの間を冷たい風が通ると本当に寒く感じます。

でも、スーツとシャツのすきまをふさいでしまうと体があたたかくなります。

ですので寒い時にはスーツの下にインナーを着込むのがおすすめです。

私が冬によく着ているのは下のカシミアのベストです。

値段はちょっとお高いですが、カシミアは暖かさや着心地などは最高です。

このベストをスーツの下に着ると、多少の寒さは感じないぐらい暖かいです。

スーツの下に着るベストは種類がいろいろありますが、本当に寒さを防ぎたいならコートと同じぐらいの値段を払ったほうがお得です。

カシミヤはほかに長袖のカーディガンなどもありますが結構おすすめですよ。

 

マフラーと手袋は必須アイテム

あとはスーツを着用する時は厚手のマフラーで首元のすきまを完全におおって、冷たい空気が首元から入ってこないようにします。

寒い時はマフラーを首に巻いて、スーツの胸元の中にマフラーをねじ込んでおきましょう。

後は厚手の手袋をすれば完璧です。

手があたたかいとからだ全体も暖かくなりますので、寒い時には厚手の手袋は必須です。

手袋なしで素手でカバンを持っていると手が冷たくなってしまい、どんなに寒さ対策をしても体が暖かくならないので手袋は絶対にしましょう。

マフラーや手袋はカバンに入れることもできますので荷物にもなりません。

このようにするとコートなしのスーツでも寒さを防ぐことができます。

以上になりますが、転職活動や通勤の際の参考にしてください。

「転職経験者のブログ」を書いている人

(やまよし おさむ)
↑更新中のTwitterはこちらから。

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。
応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。
応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
仕事
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました