転職活動は仕事しながらやった方がいい一番の理由

転職活動

みなさんは転職活動をどのようにやっていますか?

おそらく会社で働きながら時間を見つけて転職活動をしている方も多いと思います。

 

私も在職中に何度か転職活動をしてきましたが、実際に始める時に「在職中の転職活動って本当にできるのだろうか?」と、とまどったことがありました。

そこからいろいろためしながら何とか転職先を見つけることができましたが、最初は何かと不安ですよね。

 

ここでは

「転職活動は仕事をしながらやることをおすすめする理由」

「在職中の転職活動のメリットやデメリット」

を紹介していきます。

 

在職中の転職活動のメリットとデメリット

基本的に転職活動は会社で仕事をしながら、時間を見つけてやることをおすすめします。

これは正社員や派遣社員や契約社員、パート・アルバイトをしているフリーターの方も同じです。

 

「会社を退職して無職になり、雇用保険をもらいながら転職活動をする」という方法もあります。

でも、それは在職中に転職活動ができないときにした方がいいです。

 

そんな在職中の転職活動のメリット(長所)とデメリット(短所)を挙げてみますと、

メリット

・毎月の給料が入ってくる

・好待遇の求人を見つけることができる

・不採用になってもあせる必要はない

・長期にわたって転職活動ができる

 

デメリット

・会社の上司や同僚にバレると気まずくなる

・急募の求人には採用されにくい

・在職中のため多くの時間を転職活動に使えない

・雇用保険は利用できない

などがあります。

 

在職中の転職活動の一番のメリットは?

在職中の転職活動の一番のメリットは、なんといっても「毎月の給料が入ってくる」という点です。

働きながら転職活動をしているのですから、当然会社から給料は入ってきますよね。

 

こうしたお金の面の不安がないから、安心して転職活動ができるようになります。

これが在職中の転職活動をおすすめする一番の理由です。

 

会社を退職してしまうと給料が入ってこなくなるため、「お金」の面で不安を感じるようになってしまいます。

これがけっこう大きくひびいてくるのです。

 

退職すると「貯めていたお金が生活費や転職活動費で減っていくだけ」になってしまいます。

その上、「いくらやっても転職先が決まらない」という状況に追い込まれて、転職活動に集中できなくなってしまうこともあります。

 

退職した後は雇用保険も期待できますが、自己都合退職した場合は3カ月以上先にならないとお金が支給されません。

また支給される金額自体もそれほど多くもらえるわけではありません。

雇用保険もあまりたよりすぎない方がいいのです。

 

在職中の転職活動は会社を退社した後や、土日祝日などの休日に時間をつくっておこなうようになります。

そのため、それほど多くの時間を転職活動に使うことができないと思います。

 

時間がないために複数の求人に応募ができず、転職先がなかなか見つからないこともあります。

しかし在職中なら転職活動を「長期戦」に持ち込むことができます。

 

「会社からの毎月の給料」

「本人のやる気」

これさえあれば、転職活動はいつまでも続けることはできるのですね。

反対に退職後の転職活動は「長期戦」には向いていません。

 

転職活動のやり方がわかってくる

半年や1年やそれ以上という期間で転職活動をしていれば、転職活動のやり方も身についてきます。

長くやっていると履歴書や職務経歴書の書き方や面接の受け方やアピールの仕方もわかってきます。

 

求人の見方にも慣れてきますので「この求人は待遇がよさそう」とか「この求人は何となくあやしい感じがする」などのカンや経験が身についてきます。

すぐに転職先が決まった時はそこに入社してもいいのですが、変な会社に引っかからないために、ある程度の経験はみがいておいてもいいですね。

 

そして新着の求人もたくさん見ることができますので、その中から条件の良い求人を見つけることができます。

仕事をやめた後の数か月で転職先を見つけないといけない状況だと、現在、出回っている求人の中から転職先を見つけないといけません。

そうなると求人の選択肢も少なくなりますし、自分の希望条件を下げて転職先を見つけないといけない状況も出てきます。

 

週に2~3回ぐらい転職サイトをチェックしながら、「当たり」の求人が出てくるのを待つことができるのですね。

 

また採用試験を受けた後に不採用になったとしても、ダメージはそれほど大きくありません。

結果が不採用になれば気持ちが落ち込みますが、それでも仕事はしているので生活に困ることもないですし、また時間を見つけて次の求人に応募すればいいだけです。

慣れてくれば不採用の結果にも動揺しなくなりますし、「どこがいけなかったのだろう」という反省も次の採用試験に生かすことができます。

 

求人に応募して内定をもらったときでもあせる必要はありません。

内定先の企業の雇用条件をよくしらべて「転職する価値がない」と思ったら内定を辞退してもいいのです。

転職活動でも内定を辞退することはよくありますし、辞退した後もまた仕事をしながら転職活動を続ければいいのです。

 

このようなことが在職中の転職活動のメリットと言えます。

 

デメリットは「バレないように行動しないといけない」

在職中の転職活動は、基本的には会社の上司や同僚には言わないようにしましょう。

また転職活動は会社にバレないように行動することも必要です。

 

有給休暇を取得する際の理由として「他社の面接を受けてきます!」などバカ正直に言ってしまうと…

「あなた、ウチの会社を辞めるつもりだね」と思われてしまい、会社での自分の立場が悪くなってしまいます。

 

「転職活動を続けてみたけど、良い転職先が見つからなかったので、このまま今の会社で仕事をしよう」と考え直すときもあります。

そのときに転職活動をしていたことがバレてしまうと、職場の人間関係や出世にも影響してきてしまいます。

そうならないように気をつけたいですね。

 

また、自分が勤めている会社に転職活動をしていることを報告する必要などありません。

そんな義務はありませんし、そんなことを伝えてもだれも得などしませんよね。

 

そして在職中の転職活動は違法行為ではありません。

転職活動は会社に勤めていようと自由にできますし、転職活動がバレたからと言って会社から訴えられることもありません。

ただバレるとめんどうですので職場の人には黙っておきましょう。

 

どこで転職活動がバレてしまうのか?

転職活動では自分の個人情報を登録することが多くなります。

・転職サイト

・転職エージェント

・ハローワーク

・ジョブカフェ

などを利用するときは、自分の名前や住所や電話番号や在職中の会社名などをネット上に入力したり用紙に記入することがあります。

 

しかしここから個人情報がもれて転職活動をしていることが会社にバレることはありません。

転職活動がバレてしまう多くの原因は「本人の不注意」にあります。

 

他人に見つかってしまう状況としてはこのようなことがあります。

・仕事中にプライベートの電話やメールのやり取りをよくしている

・会社の上司や同僚についポロっと言ってしまう

・喫茶店などで面接しているところを見られてしまう

などがあります。

 

仕事中に自分の携帯電話に電話がよくかかってきたり、メールの確認をしていると怪しまれてしまいます。

そんな時はうまくごまかすようにしましょう。

 

また転職活動をしていることを仲の良い同僚に相談をしたところ、見事に裏切られて上司に話が行ってしまうこともあります。

これが一番多い原因になると思いますが、どんなに仲が良くても社内の人に言う必要のないことは言わない方がいいですね。

 

会社の飲み会で酔った勢いで「〇〇社から内定が出たらこんな会社辞めてやる!」と言ってしまうこともあるかもしれません。

飲みすぎたときとか、つい油断して言ってしまうこともありますので気をつけましょう。

 

そして喫茶店で面接を受けたり、転職エージェントの担当者と会っているところを同僚に目撃されることもあります。

あるいは面接で他の会社の建物に入っていくところを偶然見られてしまう可能性もあります。

そんな場面を見られてしまうこともありますので、まわりにも気をくばるようにしたいですね。

 

「急募」の求人には採用されにくい

在職中の転職活動の問題点のもうひとつは、「企業から内定をもらってもすぐに転職はできない」という点です。

退職するときにはどの会社でも仕事の引き継ぎなどがあり、退職を申し出てもすぐには退職ができません。

 

就業規則に従って退職すると1~3カ月ぐらいはかかってしまいます。

そのため在職中は「急募の求人」は採用されにくくなります。

 

「急募の求人」というのは、即日かすぐに入社して働いてくれる人材を探している求人です。

「急な退職者が出たため」とか「事業の拡大」などで早急に人員を補充する必要が出て「すぐに入社できる人」を求めている求人ですね。

 

企業も欲しい人材であれば入社まで1~3カ月ぐらい待ってくれますが、すぐに入社できないことが影響してしまい、その結果として不採用になってしまうこともあります。

そんな時は残念ですが、気持ちを切り替えて次の求人に応募していきましょう。

 

雇用保険は利用できない

雇用保険(失業保険)は、基本的に会社を退職した方が受け取ることができる給付金のことです。

次の就職先が見つかるまでの生活費を補償してくれる制度です。

 

失業していない在職中の方は雇用保険は受け取ることはできません。

雇用保険は失業したときに役に立ちますので、いざというときのために取っておきましょう。

 

在職中の転職活動に後ろめたさを感じる時は?

ウソをついて有給休暇を使ったり、職場の同僚がいそがしく働いている時に自分だけ休んで他社の面接に行っていることが後ろめたく感じる方もいると思います。

 

しかし転職したいと思ったのなら、まず自分の気持ちを優先させましょう。

後ろめたさを感じても「自分の将来のため」と割り切って真剣にやったほうがいいです。

今はどの企業も定年まで社員の面倒を見てくれるわけではないのです。

 

在職中の転職活動は企業はおおやけには認めていませんが、それを禁止しているわけでもありませんし違法でもありません。

転職活動をするときには有給休暇を使う必要が出てきます。

理由を正直に言っても会社ともめるだけですので、自分の中で腹をくくってやりましょう。

 

ただ家族には自分の気持ちを打ち明けて転職活動をすることを認めてもらった方がやりやすいと思います。

また在職中の転職活動のやり方は下の記事をごらんください。

 

おすすめの転職支援サービス

転職活動の時は「転職エージェント」を使うことをおすすめします。

 

転職エージェントに登録すると、

・転職活動でわからないことを相談できる

・希望する求人を紹介してもらえる

・応募書類の書き方指導や面接対策をおこなってくれる

・面接日の調整や給与交渉をおこなってくれる

主にこのようなサービスを無料で受けることができます。

 

「転職したい」と思っても、自分のまわりで気軽に相談できる人がいないと心細いですよね。

そんなときは転職エージェントを利用しましょう。

 

転職エージェントでは「初歩からの転職の仕方」を教えてもらえますし、転職に関する悩み相談にも乗ってもらえます。

転職したことのない初心者の方でも親切に対応してくれますよ。

 

それに「今の転職市場がどうなっているのか?」とか、転職希望者本人の長所やおすすめの転職先などもアドバイザーの方に教えてもらえます。

「転職先を探している」とか「転職の仕方がまだよくわかっていない」という方は、下の公式サイトをごらんください。

 

dodaエージェントサービスで転職

 

上で紹介した転職エージェントは無料で利用できます。

また転職エージェントを利用することによって、在職中の転職活動がバレてしまうことはないので安心してください。

上手に活用して自分に合う転職先を見つけてください。

転職活動
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました