仕事しながら転職活動をしたほうがいい一番の理由

転職活動

転職活動には2つのやり方があります。

会社で仕事をしながら帰宅後に時間を見つけておこなう方法と、会社を退職して仕事を辞めた後に雇用保険をもらいながらおこなう方法があります。

「転職活動は会社を退職した後の方が時間もたくさんできるし、雇用保険をもらえるので、退職後の方が楽なのでは?」と思うかもしれません。

しかし転職活動は、会社に勤めながら在職中におこなうことをおすすめします。

「在職中の転職活動」と「退職後の転職活動」は、それぞれにメリットとデメリットがあります。

両方をくらべた場合、「在職中の転職活動」のほうが条件の良い転職先から内定をもらえる可能性が高くなります。

ここでは仕事をしながら転職活動をした方がいい理由と、そのメリットとデメリットを紹介していきます。

転職活動をおこなう方はぜひ参考にしてください。

 

在職中の転職活動のメリットとデメリット

基本的に転職活動は、会社に在籍して仕事をしながら時間を見つけてやることをおすすめします。

これは正社員や派遣社員や契約社員、パート・アルバイトなど、どの雇用形態でも同じです。

「会社を退職して無職になり、雇用保険をもらいながら転職活動をする」という方法もあります。

でも退職後の転職活動は、在職中に転職活動ができないときにやった方がいいです。

 

そんな在職中の転職活動のメリット(良い点)とデメリット(悪い点)をあげてみます。

メリット

・毎月の給料が入ってくるので生活に支障がない
・在職中の転職活動の方がイメージが良い
・好待遇の求人を見つけることができる
・不採用になってもあせる必要はない

 

デメリット

・会社の上司や同僚にバレると気まずくなる
・面接の日程や退職日と入社日の調整がむずかしくなる
・急募の求人には採用されにくい
・雇用保険は利用できない

などがあります。

 

在職中の転職活動のメリット

・毎月の給料が入ってくるので生活に支障がない
・在職中の転職活動の方がイメージが良い
・好待遇の求人を見つけることができる
・不採用になってもあせる必要はない

などがあります。

それぞれ説明していきます。

 

毎月の給料が入ってくるので生活に支障がない

在職中の転職活動は、なんといっても「毎月の給料が入ってくる」という点です。

これが在職中の転職活動をおすすめする一番の理由です。

 

働きながら転職活動をしているのですから、当然会社から毎月の給料は入ってきます。

こうしたお金の面の不安がないから、安心して転職活動ができるようになります。

 

会社を退職してしまうと給料が入ってこなくなるため、お金の面で不安を感じるようになってきます。

これが後々、大きくひびいてくるのです。

 

会社を退職すると無職になり、当然収入はゼロになります。

しかし毎月の食費や住居費や水道光熱費や携帯電話の通信費や医療費などの生活費はかかります。

家族がいたら、その分だけ生活費も多くなりますよね。

また退職後の転職活動のためにお金を貯めていても、そのお金が毎月の生活費や転職活動の費用で減っていくだけになってしまいます。

 

その上、「いくらやっても転職先が決まらない」という状況に追い込まれてしまう可能性もあります。

たくわえたお金が少なくなっていくことに危機感を感じるようになり、転職活動に集中できなくなってしまいます。

 

退職した後は雇用保険をもらいながら転職活動ができますが、自己都合退職した場合は3カ月以上先にならないとお金が支給されません。

また支給される金額自体も、はたらいていた時ほど多くもらえるわけではありません。

雇用保険はたよりすぎない方がいいのです。

それに退職してしまうと、健康保険や年金など社会保険の切り替えの手続きも面倒です。

 

在職中の転職活動の方がイメージが良い

在職中の転職活動と退職後の転職活動をくらべると、在職中の転職活動のほうが一般的にイメージがよくなります。

というのは、在職中に転職活動をおこなっている、職歴に空白期間がない人の方が、自分のキャリアを計画的に考えていると判断できるからです。

そのほうが印象が良いのですね。

 

もちろん在職中に転職活動をする時間や余裕がなかったとか、病気などの理由で職歴に空白期間ができてしまったなどの理由がある場合や、

あるいは、会社が即戦力としてほしがるような人材であれば、空白期間があっても転職はできます。

しかし仕事をしていない期間があると、社会復帰に時間がかかる点などを考慮して、あまりよい印象を持たない採用担当者もいます。

 

また在職中の転職活動では、面接官から「転職する理由」を聞かれます。

これに関しては前向きな理由を伝えることができますが…

退職後の転職活動は、すでに会社をやめているので「なぜ会社を辞めたの?」と退職した理由を聞かれます。

退職して無職になっていることから、その理由もネガティブな印象になりがちです。

そして職歴に空白期間があれば、「この仕事をしていない期間は何をしていたの?」と、面接の時にかならず聞かれます。

こうした質問にも答えないといけないので、退職後の転職活動はむずかしくなるのですね。

 

好待遇の求人を見つけることができる

転職活動を半年や1年、またはそれ以上おこなっていると、転職活動のやり方も身についてきます。

長くやっていると履歴書や職務経歴書の書き方や面接の受け方やアピールの仕方もわかってきます。

 

求人の見方にも慣れてきますので「この求人は待遇がよさそう」とか「この求人は何となくあやしい感じがする」などのカンや経験が身についてきます。

すぐに転職先が決まった時はそこに入社してもいいのですが、おかしな会社に引っかからないために、ある程度の経験は積んでおいてもいいですね。

 

そして新着の求人もたくさん見ることができますので、その中から条件の良い求人を見つけることができます。

条件の良い人気の求人は常に転職市場にあるわけではありません。

求人が出れば多くの応募者が集まり、すぐに採用者が決まって求人はなくなることもあります。

 

仕事をやめた後の数か月で転職先を見つけないといけない状況だと、現在、出回っている求人の中から転職先を見つけないといけません。

そうなると求人の選択肢も限られますし、自分の希望条件を下げて転職先を見つけないといけない状況も出てきます。

在職中は週に2~3回ぐらい転職サイトをチェックしながら、希望する求人が出てくるのを待つことができるのですね。

 

不採用になってもあせる必要はない

また採用試験を受けた後に不採用になったとしても、ダメージはそれほど大きくありません。

書類選考や面接で結果が不採用になれば気持ちが落ち込みます。

それでも仕事をして収入があるので生活に困ることもないですし、また時間を見つけて次の求人に応募すればいいだけです。

慣れてくれば不採用の結果にも動揺しなくなりますし、「どこがいけなかったのだろう」という反省も次の採用試験に生かすことができます。

 

退職後の転職活動は貯めていたお金が減っていくだけなので、内定が決まらないとあせります。

不採用が続くと応募先の会社にも妥協するようになり、条件や待遇のレベルを落としてでも内定が欲しくなります。

そうなると入社後に「何でこの会社に入ったのだろう…」と後悔することもありますので、妥協するような状況にしない方がいいのですね。

 

内定辞退もできる

求人に応募して内定をもらったときでもあせる必要はありません。

内定先の企業の雇用条件をよくしらべて「転職する価値がない」と思ったら内定を辞退してもいいのです。

転職活動で内定辞退をすることはよくありますし、内定辞退した後も、また仕事をしながら転職活動を続ければいいのです。

このように在職中の転職活動は、志望度の高い会社にしぼって応募することができます。

 

そして転職活動で情報収集をしていると、ほかの企業のこともよくわかってきます。

あまり条件の良い求人が見つからず、さらに他企業と比較すると、今はたらいている現職の良いところも見えてきます。

そうなると「やっぱり転職するよりも、今の職場にいた方がよさそうだな」と思うときもあります。

その時は転職活動を中止しましょう。

このようなことが在職中の転職活動のメリットと言えます。

 

在職中の転職活動のデメリット

・会社の上司や同僚にバレると気まずくなる
・面接の日程や退職日と入社日の調整がむずかしくなる
・急募の求人には採用されにくい
・雇用保険は利用できない

などがあります。

それぞれ説明していきます。

 

会社の上司や同僚にバレると気まずくなる

在職中の転職活動は、基本的には会社の上司や同僚には言わないようにしましょう。

また転職活動は会社にバレないように行動することも必要です。

 

有給休暇を取得する際の理由として「他社の面接を受けてきます!」などバカ正直に言ってしまうと…

「あなた、ウチの会社を辞めるつもりだね」と思われてしまい、会社での自分の立場が悪くなってしまいます。

 

「転職活動を続けてみたけど、良い転職先が見つからなかったので、このまま今の会社で仕事をしよう」と考え直すときもあります。

そのときに転職活動をしていたことがバレてしまうと、職場の人間関係や出世にも影響してしまいます。

「あの人、辞めるらしい」なんて噂になったら、居づらくなりますよね。

そうならないように気をつけましょう。

 

また、自分が勤めている会社に転職活動をしていることを報告する必要はありません。

そんな義務はありませんし、そんなことを伝えてもだれも得などしませんよね。

 

そして在職中の転職活動は違法行為ではありません。

転職活動は会社に勤めていても自由にできますし、転職活動がバレたからと言って会社から訴えられることもありません。

ただバレるとめんどうですので職場の人には黙っておきましょう。

 

転職活動がバレてしまう原因

応募した会社から自分の職場に在籍確認などの電話がかかってくることなどありません。

企業の採用担当者も応募者の立場が悪くなるようなことはしませんので安心してください。

 

また転職活動では自分の個人情報を登録することが多くなります。

例えば、

・転職サイト
・転職エージェント
・ハローワーク
・ジョブカフェ

などを利用するときは、自分の名前や住所や電話番号や在職中の会社名などをネット上に入力したり用紙に記入することがあります。

 

ここから個人情報がもれて転職活動をしていることが会社にバレることはありません。

転職活動がバレてしまう多くの原因は「本人の不注意」にあります。

 

他人に見つかってしまう状況としては、このようなことがあります。

・仕事中にプライベートの電話やメールのやり取りをよくしている
・会社の上司や同僚についポロっと言ってしまう
・喫茶店などで面接しているところを見られてしまう

などがあります。

 

仕事中に自分の携帯電話に電話がよくかかってきたり、メールの確認をしていると怪しまれてしまいます。

そんな時はうまくごまかすようにしましょう。

 

また転職活動をしていることを仲の良い同僚に相談をしたところ、裏切られて上司に話が行ってしまうこともあります。

これが一番多い原因になると思いますが、どんなに仲が良くても社内の人に言う必要のないことは言わない方がいいですね。

 

会社の飲み会で酔った勢いで「〇〇社から内定が出たらこんな会社辞めてやる!」と言ってしまうこともあるかもしれません。

飲みすぎたときとか、つい油断して言ってしまうこともありますので気をつけましょう。

 

そして喫茶店で面接を受けたり、転職エージェントの担当者と会っているところを同僚に目撃されることもあります。

あるいは面接で他の会社の建物に入っていくところを偶然見られてしまう可能性もあります。

そんな場面を見られてしまうこともありますので、まわりにも気をくばるようにしたいですね。

 

面接日程の調整がむずかしくなる

在職中の転職活動は、就業時間終了後や土日祝日などの休日に時間をつくっておこなうようになります。

そのため、大変なのが面接日程の調整です。

応募した企業から「〇月〇日に面接をおこないます」と連絡があった時には、その時間を空けないといけません。

 

交渉次第では就業時間後終了後や休日に面接時間を変更してくれる企業もありますが、それができない場合は半日か1日の有給休暇を取得して面接に行くことになります。

ひんぱんに有給休暇をとっているとまわりから怪しまれることもありますし、有給休暇が取れないときには仮病を使っていくようなこともあるかもしれません。

このように面接日程を調整するのがむずかしい方もいると思います。

 

現職の退職日と転職先の入社日も交渉しましょう

また内定後は、現職の退職日と転職先の入社日の調整にも気を使います。

退職後の転職活動はすでに退職しているため、転職先の入社日の取り決めも簡単ですが、在職中は現職の退職日と転職先の入社日をそれぞれ話し合いで決めることになります。

退職するには、上司に退職を申し出て「退職願」を書いて提出してから、法律上は2週間で退職ができます。

 

しかし円満に退職するには、会社の就業規則に従いましょう。

おそらく多くの会社は退職日の1~2カ月前に申し出ることが多いと思います。

ですので就業規則の退職までの期間はしっかり確認しておきたいですね。

 

内定をもらった会社の採用担当者からは「いつ頃入社できますか?」と質問をされます。

それに対しては「退職を申し出てから〇カ月で退職できますので、〇月〇日頃入社可能です」と答えるようにしましょう。

例えば、退職を申し出てから1ヶ月で退職できる場合で、12月1日を転職先への入社日と決めた時は、「11月末日付で退職します」ということを、10月後半頃に現職の上司に伝えます。

でも転職の時は、ある程度日にちにゆとりを持たせてもいいかもしれません。

 

入社日が決まったら、現職には早めに退職することを申し出ましょう。

現職に退職を申し出るのが遅れてしまい、退職日が後ろにズレていって、入社日よりも後ろになると後々大変です。

入社日を変更するときには転職先に連絡してお願いすることになりますが、できるだけ双方で決めた日にちで入社した方がいいでしょう。

退職を申し出るのは多少の勇気がいりますが、転職先の入社日が決まったら、すぐに退職を申し出ましょう。

 

有給休暇の完全消化もむずかしくなる

転職活動で内定先の会社が決まり、上司に退職を申し出たら、退職日の決定のほかに自分の仕事の引き継ぎや有給休暇の消化の話をすることになります。

会社にもよりますが、仕事の引き継ぎに時間がかかって、有給休暇をすべて消化できずに退職する場合もあると思います。

「有給休暇を全部使ってから辞めたかった…」という方もいますが、消化できない有給休暇はいさぎよくあきらめましょう。

「有給休暇で少し休みがもらえてよかった」ぐらいに思っていた方がいいです。

また「ボーナスをもらってから会社を辞める」というのは論外です。

ボーナス支給日まで退職を引き延ばそうとする方もいるかもしれませんが、転職先に「なぜ入社日を遅らせようとするのか?」と疑いの目で見られます。

イメージも悪くなりますので、ボーナスがもらえないときはあきらめましょう。

 

「急募」の求人には採用されにくい

在職中の転職活動の問題点のもうひとつは、「企業から内定をもらってもすぐに転職はできない」という点です。

退職するときにはどの会社でも仕事の引き継ぎなどがあり、退職を申し出てもすぐには退職ができません。

 

就業規則に従って退職すると1~2カ月ぐらいはかかってしまいます。

そのため在職中は「急募の求人」は採用されにくくなります。

 

「急募の求人」というのは、即日かすぐに入社して働いてくれる人材を探している求人です。

「急な退職者が出たため」とか「事業の拡大」などで早急に人員を補充する必要が出て「すぐに入社できる人」を求めている求人ですね。

 

企業も欲しい人材であれば入社まで1~2カ月ぐらい待ってくれますが、すぐに入社できないことが影響してしまい、その結果として不採用になってしまうこともあります。

そんな時は残念ですが、気持ちを切り替えて次の求人に応募していきましょう。

 

雇用保険は利用できない

雇用保険(失業保険)は、基本的に会社を退職した方が受け取ることができる給付金のことです。

次の就職先が見つかるまでの生活費を補償してくれる制度です。

次の転職先が決まっている方は雇用保険を受け取ることはできません。

雇用保険は失業したときに役に立ちますので、いざというときのために取っておきましょう。

 

在職中の転職活動をおすすめする理由

ここまで在職中の転職活動のメリットとデメリットを紹介してきました。

デメリットとしては面接日程の調整や、内定後の現職の退職日や転職先の入社日を決めるのが多少めんどうです。

でも、それ以外は不利になるような点はほとんどありません。

反対に、メリットとしては、

・毎月の給料が入ってくるので生活に支障がない
・在職中の転職活動の方がイメージが良い
・好待遇の求人を見つけることができる
・不採用になってもあせる必要はない

は、かなり大きなポイントになります。

 

基本的に、退職してからの転職活動は大きなリスクを背負うことになります。

会社を辞めることで毎月の収入がなくなり、ためたお金をくずしながらの生活になりますが、それもいずれ限界が来ます。

さらに無職になった状態で転職活動をおこなっても、どこからも内定がもらえない可能性もあります。

どの求人に応募しても不採用になり、貯めたお金も底をつきそうになってきたら途方に暮れてしまいますよね。

こんな大きなリスクを負って転職活動をしなくてもいいのです。

 

転職活動は在職中におこなった方が、お金の面でも気持ちの面でも余裕をもっておこなえます。

転職活動は気楽な気持ちでやった方がうまくいきます。

ただ現職が残業時間が多くて在職中の転職活動ができないとか、有給休暇が取れないとか、パワハラなどで精神的に仕事を続けるのがきついときもあります。

そのときは退職後の転職活動の計画を立てて、退職してから求人を探しましょう。

 

転職活動に後ろめたさを感じる時は?

転職活動のために、ウソの理由で有給休暇を取得したり、または病欠と言って休んだり。

職場の同僚がいそがしく働いている時に自分だけ休んで他社の面接に行っていることが後ろめたく感じる方もいると思います。

 

しかし転職したいと思ったのなら、まず自分の気持ちを優先させましょう。

後ろめたさを感じても「自分の将来のため」と割り切って真剣にやったほうがいいのです。

今はどの会社も定年まで社員の面倒を見てくれるわけではありません。

自分の生活や将来設計は、会社まかせにするのではなく、自分で考えることをおすすめします。

 

在職中の転職活動は、会社もおおやけには認めていませんが、それを禁止しているわけでもありませんし違法でもありません。

転職活動をするときには有給休暇を使う必要が出てきます。

理由を正直に言っても会社の上司ともめるだけですので、自分の中で気持ちを固めてやりましょう。

 

ただ家族には自分の気持ちを打ち明けて転職活動をすることを認めてもらった方がやりやすいと思います。

また在職中の転職活動の仕方は下の記事を参考にしてください。

在職中の転職活動を円滑に進めるための方法や手順を紹介
「在職中に転職したい」と考えている方もいると思います。でも「在職中の転職活動はどうやるのかよくわからない」という方もいますよね。私も仕事をしながら転職活動をした経験がありますので、ここでは在職中の転職活動のやり方をくわしく説明していきます。

以上になりますが、転職活動をするときの参考にしてください。

転職活動
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました