転職活動で10社落ちるのは当たり前?そのぐらいの数は普通です

転職活動で「10社ほどに応募したけど全部不採用だった」ということもあります。

不採用が続くと転職する気力もなくなってきますが、めげずにがんばりましょう。

転職活動では「どのくらいの数を応募すれば採用されるのか?」は、人によってまったく違います。

下の表は年齢ごとの平均応募社数です

出典:マイナビ転職

年齢によって応募する数は増えていきます。

ただこれもあくまで平均の数で、応募する業種や職種や企業規模や待遇などで応募社数はまったく変わってくるでしょう。

応募者数に関しては、年齢ごとの平均数や他の人の応募数を参考にする意味はほとんどないと思います。

応募して10社ぐらい不採用になるのはめずらしくなく、20~30社ぐらい応募しても不採用になる人もいると思います。

私も20代や30代の転職をする際に、現職よりも年収や待遇が上の企業を見つけて応募していたため、不採用数は10社以上になりました。

在職中に手あたり次第受けずに1社ずつ受けて合否を確認していたため、1年以上もかかりましたが、ねばり強く続けて希望通りの転職をすることができました。

基本的に転職活動は、自分のスキルや経験や現職の年収や待遇などを考慮して応募先を決めるのが普通です。

自分のスキルや経験を買ってくれる企業と出会えれば、すんなり決まることも珍しくありません。

不採用が続いても、そのときのタイミングや運など状況次第で決まることもありますので、不採用数でめげることなく、納得できるまで活動を続けた方がいい結果が出ると思います。

「転職経験者のブログ」を書いている人

(やまよし おさむ)
↑更新中のTwitterはこちらから。

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。
応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。
応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職活動
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました