就職留年と就職浪人の違いを解説!どちらを選べば道は開けるのか?

就活

大学在学中の就職活動がうまくいかなくて、内定がひとつもないまま卒業をむかえそうなとき。

「大学を卒業してから就職活動を続けるか?」

「留年して大学に籍を置いたまま就職活動を続けるか?」

で迷う方もいますよね。

就活を続ける時にはこの2つの選択肢がありますが、どっちを選んだほうがいいのか?

ここでは「就職留年」と「就職浪人」の違いと、それぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。

 

「就職留年」と「就職浪人」の違い

この2つは会社に就職することを目的としていますが、基本的に違うものです。

「就職留年」→大学を卒業せず大学に籍を置いたまま就職活動をすること

4年制の大学であれば4年で卒業せず、留年して5年以上大学に籍を置き、「大学生」として就職活動をすること。

 

「就職浪人」→大学を卒業して就職活動をすること

この場合は「既卒(きそつ)」とも言います。

今は大学卒業してからの3年以内は既卒者も新卒採用にエントリーできるように国が企業に通達しています。

大学卒業後も在学中と同じように新卒採用の選考を受けることができるのですね。

ただ既卒者はもう大学生ではないので、仕事をしていなければ「無職」、アルバイトをしていれば「フリーター」になります。

このような違いがあります。

 

就職留年するとどうなる?

「就職留年」といいますが、結局は大学を留年することになります。

この際のメリットとデメリットを挙げてみましょう。

メリット

・「大学生」として就職活動ができる

・学生なので学割が使える

・大学の就職課やキャリアセンターなどを利用できる

・履歴書に空白期間ができない

 

デメリット

・留年した分の学費がかかる

・「なぜ留年したの?」という質問に備えないといけない

などがあります。

 

「大学生」として就職活動ができることは大きい

大学生として大学に在籍して就職活動ができる点はかなりメリットがあります。

留年で多少劣化したとしても「新卒カード」が使えることは大きいのですね。

大学を卒業して既卒になっても新卒採用の求人に応募はできるのですが、すべての企業にエントリーできるわけではありません。

既卒者になると応募できる企業に限られてしまいます。

そうなると在学中の時よりもエントリーできる企業数が少なくなり、それが影響して内定をもらえる可能性も減ってしまいます。

在学中であれば、とりあえずエントリーできる企業数は多くなります。

さらに在学中であれば大学の就職課やキャリアセンターなどを利用して相談に乗ってもらうこともできますし、学生のため学割で交通費が安くなるなどの利点もあります。

学生でいることの利点は大きいのです。

 

留年すると学費が余計にかかる

留年したときの大きなデメリットは「よけいに学費がかかる」という点です。

こちらは大学の1年間の学費です。

1年間の学費
国立大学 535,800円
公立大学 538,294円
私立文系 933,499円
私立理系 1,290,654円
私立医歯系 3,749,311円

文部科学省「国公私立大学の授業料等の推移」「平成30年度私立大学等入学者に係る初年度学生納付金平均額」より

私立大学は授業料+施設設備費がかかります。

上の表から、大雑把に言うと、

国公立大学は文理系とも1年で約50万円

私立文系は1年で約90万円

私立理系は1年で130万円

私立医歯系1年で約370万円

の学費を大学に支払わないといけません。

けっこうな額ですよね。

 

ただ在学中と同じ額を納めるようになるのかは、それぞれの大学で違いますのでよく確認してください。

大学によっては単位を全部取得するなどの卒業資格を満たしていても本人が「大学に残りたい」と申し出れば留年できる学校もあります。

反対に卒業資格を満たしていれば、留年など許さず強制的に卒業になることもあります。

その場合に留年したいときには、卒業単位をギリギリで満たさないなどの工夫も必要になってきます。

その辺も確認しておきましょう。

また留年が決まった時には休学を申し出て授業料を安くするという方法もあります。

例えば1年のうち前期だけ休学して就活を続けて、後期だけ授業料を支払い大学に出て卒業するということもできるようです。

これも大学によって違いますので就職課やキャリアセンターに相談してみてください。

 

できれば留年などしない方がいい

ここまで書きましたが実際には留年はおすすめしません。

国公立大学でも授業料は53万円もかかりますし、私立大学になるとその倍以上のお金がかかります。

さらに大学を卒業して会社ではたらきはじめた同級生は、もう給料をもらっています。

同級生とは留年した分の差がついてしまうのですね。

今は大手企業に就職した大卒の入社1年目の年収は約276万円といわれています。

ということは、仮に国公立大学を留年して1年間会社で働けないとなると、

53(学費)+276(年収)=329

329万円のマイナスを出すことになります。

私立文系だと、93(学費)+276(年収)=369

369万円のマイナスとなるのですね。

留年せずに大学を卒業して就職していれば、この分のお金が自分のふところにあったわけです。

もったいないですよね。

そして大学の学費は親に支払ってもらう方も多いと思いますが、「留年したからもう1年分の学費はらってくれない?」とはなかなか言いづらいと思います。

親に怒られることを覚悟で学費の支払いを頼まないといけなくなりますので、留年はなるべくならさけたいところです。

 

「なぜ留年したの?」に対する答えは考えておく

また留年したときの就活では企業の面接官から「なぜ留年したの?」ということは聞かれます。

その答えはしっかり答えられるようにしておきたいですね。

留年した理由として「病気やケガ」「家族の介護」などの理由は特に悪い印象にはならないですが、

「部活やバイトに専念しすぎた」とか「勉強についていけなかった」「学校にあまり行っていなかった」などは、とらえ方によってはマイナスの印象を持たれてしまいます。

説明の仕方もよく考えておきましょう。

ただ面接で嘘をつこうと思っても面接官もその辺は経験上よく心得ていて、どんなに立派な理由でも見抜かれてしまうこともあります。

留年した理由はなるべく正直に伝えましょう。

企業によっては留年した理由を鋭く突っ込んでくることもあります。

それでボロが出てしまい不採用になることもありますので、しっかり対応できるようにしておきたいですね。

 

また留年したことが不利になるかどうかは企業によって違います。

留年した理由にもよりますが、1年ぐらいの留年ならそれほど気にしない企業も多いと思います。

中には学歴の欄をよく見ないため、留年したことに気づかないのか「留年した理由」を聞いてこない企業もあるようですが…

それでも翌年を見すえて留年しても、それで状況が良くなるわけではありません。

留年して就活するのであれば、その準備をしっかりしないと、また同じ結果になってしまう可能性もあります。

その辺の覚悟はして就活にのぞみたいですね。

 

就職浪人になるとどうなる?

就職浪人とは大学を卒業してから就職活動をおこなう人のことを言います。

既卒とも言いますよね。

ここでは就職留年と比べたときのメリットやデメリットを挙げていきましょう。

メリット

・大学に行く必要がないので就活に時間を使える

・大学に学費を納める必要がない

 

デメリット

・既卒が応募できる求人が少なくなる

・大学の就職課や学割などが使えなくなる

・「なぜ在学中に就職が決まらなかったのか?」と聞かれる

などがあります。

 

就職浪人は就活のために時間を有効に使える

就職浪人は大学を卒業しますので、もう大学に通う必要はありません。

そのため留年する場合と比べて就職活動に時間を使えるようになりますし、大学に学費を支払うこともないので、お金や時間を有効に使えるようになります。

時間があるためアルバイトを始める方もいるでしょう。

大学によっては卒業後も就職課やキャリアセンターを利用できる場合もありますので相談してみてください。

大学の施設を利用できなくても、就活に関する相談は「新卒応援ハローワーク」や「ジョブカフェ」でも受け付けていますし、新卒の求人も閲覧できますので、そちらも利用してみてください。

ただもう学生ではないので学割が使えなくなって交通費の負担が大きくなったり。

大学から離れてしまって就活する仲間がいなくなり、ひとりで不安になることもあると思います。

反対に在学中と違い、ほかの就活生の動向を気にすることなく、自分のペースで就活を進めることができるという点も良いところかもしれません。

 

既卒者が応募できる求人が少なくなる

国(厚生労働省)は学校卒業後3年以内の既卒者が新卒枠に応募できるように企業に通達しています。

そのため大学卒業後の既卒者も応募できる新卒採用の求人はそれなりにあります。

ただこれは国から企業への強制ではないので、既卒者がすべての企業の新卒枠に応募できるわけではありません。

企業によっては「既卒者は応募できません」とか「既卒1~2年の方のみ応募可」などの企業によってさまざまな応募制限をもうけているところもあります。

そのためか在学中の時と比べて既卒者の就活は厳しくなります。

 

下の図は2019年の「現役学生」と「既卒者」の内定率です。

2019年度 マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

8月の時点で「現役学生」の82.6%が内定をもらっているのに対して、「既卒者」は43.3%しか内定が決まっていません。

これを見ると、やはり既卒者の就活は厳しいものがわかります。

 

また「既卒者を受け付けている企業を探すのに苦労した事はありますか?」という質問には

回答者の58.8%の方が「はい(苦労した)」と答えています。

就職サイトでは「既卒」で検索して、その中でヒットした求人に応募するなどしたほうがいいですね。

 

下の図は「在学中と既卒のエントリー先、応募先の選び方の変化」についてです。

回答が多いのは、

「既卒者を受け付けている企業を選ぶようになった」55.8%

「在学中より業界の幅を広げた」52.8%

この2つの変化を実感した既卒者の方が多いようですね。

既卒になったら在学中の就活とはやり方を変えていくことも考えてみましょう。

 

「なぜ在学中に就職先が決まらなかったのか?」と聞かれる

既卒の就活では必ずといっていいほど企業の面接官に、

「なぜ在学中に就職先が決まらなかったのか?」という質問がされます。

 

下の図は「卒業後の就職活動において大変だと思うことは何ですか?」という質問に対する回答です。

全体で一番多いのが、49.9%の既卒者が「既卒として就職活動をしている理由を聞かれる」ということで悩んだようです。

やはりこの質問の答えは合否にも影響しますので考えますよね。

 

下の図は「卒業後も就職活動を続けている理由」です。

全体の一番多い理由は「活動し続けたが内定をもらえなかった」27.8%です。

ほかは「公務員志望だったが受からなかった」23.6%

「勉強や研究・実習が忙しくて就職活動ができなかった」17.1%

などの理由も多いですね。

上の図にはないですが「内定を辞退して就職活動を続けている」などの理由もあります。

 

「なぜ在学中に就職先が決まらなかったのか?」という質問に対して、いろいろと理由はありますが、基本的には正直に答えましょう。

これは私の個人的な意見ですが、企業の面接官は大学を卒業した若い人に完璧さなど求めていません。

就活がうまくいかずに内定なしのまま卒業することだってあります。

大事なのは変にとりつくろわずに失敗した点も含めて説明することです。

説明の仕方としては「在学中の就活がうまくいかなかった理由」や「自分の至らなかった点」や、

「卒業後に考え方を改めた点や既卒になってから行動したこと」「自分の将来をどう考えているのか?」などをまとめておきましょう。

過去のことは変えられませんので、そのことは正直に話しておきましょう。

そのあとに「うまくいかなかった後にどう考えてどう行動したか?」という点を付け加えて説明することで面接官も注目すると思います。

失敗することは誰にでもあります。

大事なのは正直さと失敗した後のことです。

そのことをうまく説明するように心がけてみてください。

 

「就職留年」と「就職浪人」はどちらがおすすめ?

ここまで「就職留年」と「就職浪人」の違いを説明してきましたが、

就職活動に関してどちらが有利かというと……「就職留年」の方です。

やはり大学生でいた方がエントリーできる企業数も多くなりますし、その分だけ内定がもらえる確率も高くなります。

留年する学費分は高くつきますが、それは会社に就職してから取り返すとしましょう。

また留年して就活する場合には、自分の親だけでなく大学の就職課やキャリアセンターの職員とよく相談してから決めるようにしましょう。

ただ在学中に就活をしたけど内定ゼロだった場合には、自分の就活のやり方をもう一度見直してみないと留年した次の年も同じ結果になってしまうこともありますので気をつけてくださいね。

 

「就職浪人」も悪いわけではありません。

在学中の時と比べて既卒の就活はハンデがありますが、それでも就職できないわけではありません。

既卒でも人によってはいくつかの企業から内定をもらえますし、粘り強くあきらめずに頑張れば必ず良い結果が出ます。

既卒だからとあまり負い目を感じないことが大事だと思います。

以上になりますが、就職活動の際の参考にしてください。

就活
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました