コネ入社はなぜ嫌われる?入社前に知っておきたいメリットとデメリット

内定

就職・転職活動のとき、ほかの人の紹介で入社できるコネがあると、それを使おうか迷うこともあると思います。

しかし「採用試験をパスして簡単に入社できそうだけど、コネで入社した後はどうなるのか?」という不安も感じますよね。

企業により多少事情は違いますが、ここではコネ入社したときのメリットやデメリットを紹介していきます。

入社を決める前の参考にしてください。

 

コネ入社とは?

コネ入社というのは、自分の両親や祖父・祖母や親せきの人などの親族や、大学の教授や先輩などの知人から紹介された会社に入社することです。

コネ入社の場合は書類選考や面接や筆記試験などの選考を一切受けずに入社ができる場合もあります。

この場合はかなりの好待遇ですよね。

または選考の一部だけ免除される場合もあります。

例えば書類選考や面接なしで、テストだけ受けてもらうとか。

この時はコネがあってもテストの結果で不採用になることもあります。

 

コネ入社が嫌われる理由

「コネがあると就職や転職も楽でうらやましい」と思う面もあります。

しかし世間ではコネ入社の評判はあまり良くありません。

基本的にコネ入社が嫌われる理由は、一般的な採用試験(書類選考や面接や筆記試験など)を受けて採用されていないからです。

そのためにほかの人が不公平感を感じてしまうのが主な理由です。

特に日本の社会はそうした平等意識が強いので、一部の人間が優遇されることに不快感を感じる方もいます。

また採用試験を通っていないために「能力不足なのでは?」と思われてしまうところもあります。

そうした理由のため、コネ入社の評判は一般的によくありません。

 

入社後にコネで入ったことがバレる?

入社後にコネで入ったことがバレるのかどうかは、会社によります。

ただ会社の上層部に自分の親などの親族がいる場合はやはり疑われますよね。

その場合、たとえ本人の実力で入ったとしても「コネ入社じゃないの?」と噂をされるのは覚悟しておいた方がいいでしょう。

また知人からの紹介によるコネ入社でも、どこからかうわさが広がってしまうこともあります。

バレることは覚悟しつつも、入社後は気にせずに仕事を続ける精神的なタフさも必要です。

 

コネ入社のメリットとデメリット

コネ入社にはメリットとデメリットがあります。

それを紹介していきましょう。

 

メリットは、

・比較的簡単に会社に入社できる

という点です。

親族や知人のコネがあると簡単に入社が決まったり、採用試験でもほかの応募者と比べて有利になるというのがメリットです。

これが非常に大きいのですが、問題は入社してからです。

 

デメリットは、

・紹介してもらった人の手前、辞めにくくなる

・先輩や同期と実力差がありすぎると、ついていくのに苦労する

という点です。

 

コネ入社の場合は、会社を紹介してくれた人に迷惑をかけてしまう可能性もあるため、退職しづらくなります。

例えば自分の親が経営している会社に入った場合は、親の顔をつぶしてしまうため、仕事がつらくてもやめづらくなってしまいます。

大学の先輩から紹介されて入社した時も、先輩の評判を落としてしまう可能性もあるため、退職するときに悩みますよね。

コネで入れた人間にあっさり辞められたら紹介者の面目も丸つぶれになりますし、「あんな新人を勝手に入れやがって…」と社内での紹介者の立場も悪くなってしまいます。

そのため、もし退職するときには紹介してもらった人とよく話し合ってから決めた方がいいですね。

コネ入社は入るときは簡単ですが、辞めるときが少し面倒になってきます。

 

またほかの社員が優秀過ぎてついていけない場合もあります。

実際にコネで入社ができても、まわりの人についていけないことに悩んで辞めてしまう人もいます。

そして紹介してもらった人の顔をつぶしてしまうことになりかねません。

また仕事ができないと「これだからコネは…」というような悪口を陰で言われることもあるかもしれません。

それで罪悪感を感じて仕事に支障が出てしまうこともあります。

「とりあえず入社できればどこでもいい」といった考えだと、入社してから後悔することもあります。

入社前に会社のことはよく調べておきたいですね。

 

コネ入社社員の会社内での立場

ただコネ入社が悪いわけではありません。

会社側からすれば「よくわからない人を採用するよりも、身元がしっかりしている人のほうが安心して採用できる」というところはあります。

特に紹介者が信頼できる人だと「この人の紹介だから」ということで会社側も受け入れやすくなります。

例えば大学の教授が推薦してくれる学生は優秀な人物だと推測できて安心感がありますし、入社してからも紹介してくれた人の面子を守るために一生懸命働いてくれる期待感があります。

そうした紹介者からの期待や社内での目が常に気になり、プレッシャーを感じて、まわりの期待以上にがんばる人もいます。

コネ入社をするよりも、一般の採用試験を通った方が気楽に感じることもあるでしょう。

また会社の上層部の人間が「自分の身内だから」という理由だけでコネ入社させてしまうと、それを受け入れる方も悩みますよね。

コネ入社したけど実力が不足しているために仕事もろくにできず、まわりの人の足を引っ張ったり、

「自分は会社の上層部の関係者だから」ということでクビになる心配もなく、同僚たちに横柄な態度をとるなどして社内で反感を買う人もいるかもしれません。

このようなケースは会社のためにはなりませんよね。

 

コネ入社でも優秀な人はいる

また就職・転職活動は書類選考や面接が重視されます。

こうした採用方法は人事担当者との相性や好みで採用者が選ばれることもあります。

それに面接の時の人事担当者が固定されてしまうと、入社する人の顔ぶれも似たような感じになってしまうかもしれません。

そうなると社員の同質性が高くなり、企業内で新しい発想や文化が生まれてこなくなります。

もしかしたら通常の採用方法ではなく、コネで入ってきた人のほうが意外と活躍してくれる可能性もあるのです。

コネで入ってくる人も玉石混合ですが、中には優秀な人が混じっていることも事実です。

それに採用試験を通ってきた人は優秀かもしれませんが、入社した時点ではまだ、その人が仕事ができるかどうかはわからないのです。

採用方法をひとつにしぼらず、いろんなタイプの人が入社できるようにすることで、企業が生き残る可能性も高くなるように思えます。

 

コネも実力のうち?

コネは、そうそう手に入るものではありません。

例えば、

「自分の親や親せきが会社の社長もしくは役員」

「大学のゼミで企業に太いパイプを持つ教授と出会えた」

など、

それは自分の実力ではなく、ただ「運がいい」だけなのかもしれません。

 

この世の中は「実力主義」と言われていますが、個人の能力や努力だけでやれることは限りがあります。

能力や努力も確かに大事なのですが、それに加えて「運」や「人脈」も時には必要なのです。

私たちは学校のテストで良い点を取る人が優秀な人だと思いがちですが、社会に出るとそうした人たちばかりが活躍しているわけではありません。

それ以上に「人脈」とか「人とのつながり」がものを言う場合も多いのです。

「コネを使うなんて反則」のようにも思えますが、それをうまく使うことによって自分の将来が大きく開けたり、会社に莫大な利益が転がり込んでくることも事実です。

「コネはあるけど使いたくない」という人もいますが、それを生かすも殺すも本人次第ですし、上を目指そうとしている人は「コネぐらいは利用して当然」ぐらいに思っているでしょう。

この際、使えるものは何でも使った方がいいのです。

「実力のある人が上に行ける」と思っている方も多いですが、一気に上昇できるコネを持っていることもまた実力なのです。

コネを使ったあとは自分の実力が試されますが、そこで結果を残せばいいだけです。

コネがあることが不平等に思えますが、それもまた現実です。

 

すべては入社後の努力次第

入社後はコネで入ったことがまわりにバレてしまって、「コネ入社かよズルいなあ」と言われたり、からかわれることもあるかもしれません。

でも同じスタートラインに立った以上は、後は本人のがんばり次第です。

入社してから伸びていく人もいますし、反対にまわりについていけなくて脱落していく人もいるでしょう。

ほかの国ではコネ入社はごく当たり前のようにおこなわれていますが、日本では「入社するときの過程」が重視される傾向にあります。

でも大事なのは「どうやって入社したのか?」ではなく「入社後にどれだけ結果を残したか?」です。

入社後に出世していったり、仕事で大きく貢献できれば、まわりの評価も大きく変わってきます。

「あの人はコネ入社といわれていたけど、やっぱり実力があったんだね」とか。

なんだかんだで仕事で結果を出せば評価はガラリと変わってしまうものです。

 

コネ入社というと、任天堂でマリオを生み出した宮本茂さんがいます。

入社する当時は任天堂の山内社長から気に入られずに、父親のコネでなんとか入社できたようです。

宮本さんが入っていなければ、世界的にヒットした「スーパーマリオシリーズ」は誕生してなかったでしょうね。

このように社長や面接官が太鼓判を押す期待の新人よりも、だれも期待していなかった新人が活躍することは実際によくあります。

どの世界でもそうした番狂わせは珍しくないですし、それで社内が活性化する事もあるのですね。

コネ入社ができたとしても、問題は入社してからです。

やはりコネでは使えない人間で終わるか、会社に必要とされる人材になれるかが勝負です。

入社するのに一般の採用試験を通るのも、コネを使うとしても、入ってしまえば同じなんです。

後はその人の努力次第ということで、がんばっていきましょう。

内定
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました