【新卒】会社説明会に参加するときの服装やマナーと説明会の主な内容

就活

新卒の就職活動は3月1日から本格的に始まります。

ここから就活がスタートとなり、会社説明会(または企業説明会)への申し込みができるようになります。

 

就活生にとっては初めての会社説明会ということで、「何をやるのかよくわからない」と不安になることもあるかと思います。

説明会というと「合同説明会」や「学内説明会」などがありますが、ここでは会社がそれぞれ単独で開催する「個別の会社説明会」の内容を紹介をしていきます。

 

会社説明会に持参する持ち物

会社説明会はリクナビやマイナビなどの就活サイトで説明会の予約ができます。

説明会の予約をするときは、ほかの会社と日程がかぶらないように調整して、同じ日に複数の説明会に参加するときも移動時間を考慮したいですね。

 

会社からは説明会に関する情報を送ってきます。

特に説明会当日に持っていくものは、よく確認しておきましょう。

 

必要な持ち物としては、

・メモ帳

・ボールペン

・えんぴつ(もしくはシャーペン)

・消しゴム

などです。

 

説明会の最中に必要なことをメモすることもありますし、アンケートやエントリーシートを記入することもありますので、筆記用具は忘れないように持っていきましょう。

また「説明会には履歴書を持参してください」という会社もあります。

 

持参する履歴書は学校に売っているものでもいいですし、コンビニや書店などに売っている市販の履歴書でもどちらでもかまいません。

履歴書の項目を記入して持っていきましょう。

 

説明会を受ける前に志望動機を書く場合もあると思いますが、その時はその時点で書ける範囲で書いてみてください。

履歴書の書き方がよくわからないときはこちらを参考にしてくださいね。

 

履歴書は就活用のカバンに入れて持っていきましょう。

カバンの中で履歴書が折れ曲がってしまいそうなときは、クリアファイルなどにはさんで持っていってください。

 

会社説明会に参加するときの服装と受付でのマナー

説明会に参加するときの服装は、会社からの指示がなければスーツ着用となります。

就活本番モードで身だしなみはしっかり整えていきましょう。

 

会社によっては「服装は自由です」というところもあります。

その場合は私服で説明会に参加してもいいですし、スーツを着ていってもかまいません。

私服を着ていく場合は、なるべく清潔感のある服装をしていきましょう。

 

また説明会がおこなわれる場所はよく確認しておきましょう。

初めて行く場所は道に迷うこともありますし、途中で電車やバスが遅延することもあります。

説明会の開始時刻に遅れないように時間に余裕をもって家を出るようにしたいですね。

 

説明会の会場は開始時刻より早めに開いていますので、はやく到着して席に座って待っていることもできます。

 

説明会の会場の入り口まできたら、コートやマフラーは脱いでスーツ姿になって会場内に入りましょう。

建物内ではコートを着用しないことがマナーになっていますので、脱いだコートは腕にかけて持っていきましょう。

 

そして説明会の受付の係の方に声をかけます。

最初はあいさつは午前11時ぐらいまでは「おはようございます」、午前11時~夕方は「こんにちは」、夜なら「こんばんは」ですね。

 

そして学校名や名前なども言います。

「こんにちは、〇〇大学〇〇学部の〇〇と申します。本日はよろしくお願いいたします」

といった感じであいさつをしましょう。

 

あとは説明会の最中に携帯電話が鳴らないようオフにしたり、説明会が始まる前にはトイレへ行っておきましょう。

 

風邪や花粉症のためマスクをしたまま参加はできるの?

春先は体調を崩して風邪をひいたり、この時期は花粉症がひどくて「マスクをはずせない」という方もいると思います。

私の会社ではマスクをしながら説明会に参加しても問題はありませんが、ほかの会社では気にするところもあるかもしれません。

 

気になるときは受付の方に「風邪ひいてしまいまして、マスクをしたままでもかまいませんか?」と聞いてみましょう。

そのように、一応ことわっておいてもいいですね。

 

風邪をひいて咳が出るときは咳止めの薬を飲むとか、鼻水が止まらないときは鼻水止めの風邪薬を飲むなどして対処していきましょう。

説明会中に「ゴホゴホ」と何度も咳をしていると、まわりにいる方も気になると思いますのでね。

説明会の行き帰りの電車やバスに乗っている時や歩いている時はしっかりマスクをしていきましょう。

 

 

会社説明会の主な内容

会社説明会の内容は会社によってそれぞれ違いますが、主にやることとしては、

・人事担当者からの会社の説明

・質疑応答

・アンケートなどへの記入

です。

 

最初は会社の人事担当者から「当社はこんな会社です」という説明があります。

これが説明会のメインになりますね。

 

そのあとは参加者からの質問に人事担当者が答えるようになります。

説明会では聞きたいことがあれば質問できますが、無理に質問する必要はありません。

 

あとは今後の選考スケジュールをお知らせして、アンケートを記入して終わりという感じです。

アンケートは説明会に関する感想などを書くもので、これは次回以降の説明会開催のときに参考にするものです。

アンケートに自分の名前を書く欄がなかったり、説明会に関する感想を書くものなら選考には関係しないものだと思います。

 

参加が自由の説明会なら、ここで終了です。

参加自由の会社説明会でも、今後の選考スケジュールや「この会社にエントリーするかどうか?」の判断材料も得られます。

できれば参加して人事担当者の話を聞くことをおすすめします。

 

参加必須の場合は説明会の終了後にいったん休憩を入れます。

「この会社の選考は受けない」という人は選考辞退してそのまま帰宅する。

「この会社の選考を受ける」という人は引き続き残って、「esの記入」「筆記試験」「座談会」「面接」などの選考会を受けるようになると思います。

 

説明会の参加者が多ければ試験をおこなって人数をしぼってから後日に面接という会社もありますが、人数が少なければ面接をおこなう会社もあるようですね。

この辺は会社によってどのような選考方法を取るのかは違います。

このように説明会の後に選考会がある会社も多いですので、そういう会社を受ける場合は個別説明会に必ず参加しましょう。

 

事前に予備知識は入れておくこと

「説明会は会社の担当者からの説明だけだろうな」と思って気楽な気持ちで参加したら、説明会後に選考があってあせってしまうこともあります。

説明会でやることを事前に教えてくれる会社もありますし、「説明会の所要時間は3時間です」とだけあって何をするのか教えてくれない会社もあります。

 

会社によって対応は様々ですので、何をするのかよくわからないときも事前に準備はしておきましょう。

説明会に参加する会社のホームページを見たりネットで調べたり資料を読んだり、合同説明会に参加して担当者の話を聞いておくと志望動機も書きやすくなります。

 

会社に関する知識を前もって知っておくことで、説明会の内容もわかりやすくなりますし、選考に進むかどうかの判断もしやすくなりますよ。

当日にあわてないように最低限の予備知識だけは持っておきたいですね。

 

会社説明会をキャンセルするときのメールの例文

会社説明会の予約を入れたけど、「ほかの会社と予定が重なってしまった」とか「風邪などの体調不良でいけなくなった」というときもあります。

説明会のキャンセルは登録した就活サイトからもできますし、会社のホームページなどからもできると思います。

 

説明会に無断欠席する方もいますが、予定をキャンセルするときや日程を変更したい場合には会社に連絡を入れた方がいいですね。

会社宛てにメールで説明会のキャンセルを伝える時の例文としては、

 

【件名】○月○日○時の会社説明会の件

【本文】

○○株式会社
採用担当○○様

お世話になっております。
○○大学○○学部の○○と申します。

○月○日○時からの貴社の会社説明会に参加を申し込みましたが、諸事情により参加できなくなりました。
当日の会社説明会の参加はキャンセルさせてください。
申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

————————————-

〇〇〇〇(〇〇〇〇)←(自分の名前とフリガナ)
〇〇大学〇〇学部〇〇学科〇年
携帯電話:〇〇-〇〇-〇〇
e-mail:〇〇〇〇

————————————-

 

上の文章はメールにコピペして〇の部分は書き換えて使ってください。

本文の会社名は「○○株式会社」もしくは「株式会社○○」になりますので、会社名はよく確かめてお間違えのないように。

採用担当の名前がわからないときは「採用担当者様」と書いておきましょう。

署名の「←(自分の名前とフリガナ)」も消してください。

 

メールの本文に「体調不良で…」とか「ほかの用事で…」と説明会参加をキャンセルする理由を書いてもいいのですが、説明会ならそこまで書かなくていいと思います。

私の会社でも説明会をキャンセルした人の名前まで把握していませんし、説明会をキャンセルした後にまた別の日の説明会に参加しても選考で不利になることはありません。

 

また説明会をキャンセルしたことのお詫びのメールも書く必要はないです(そこまで気を使わなくて大丈夫です)。

 

説明会の日程変更してもらうときのメールの例文

説明会の日程変更してもらうときのメールの例文は、

【件名】会社説明会の日程変更のお願い

【本文】

○○株式会社
採用担当○○様

お世話になっております。
○○大学○○学部の○○と申します。

○月○日○時からの貴社の会社説明会に参加を申し込みましたが、諸事情により参加できなくなりました。
そのため申し訳ありませんが、会社説明会の参加日時を変更していただけないでしょうか。

説明会参加の希望日時は○月○日○時です。
お忙しい中、大変恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。

————————————-

〇〇〇〇(〇〇〇〇)←(自分の名前とフリガナ)
〇〇大学〇〇学部〇〇学科〇年
携帯電話:〇〇-〇〇-〇〇
e-mail:〇〇〇〇

————————————-

 

上の文章はメールにコピペして〇の部分は書き換えて使ってください。

本文の会社名は「○○株式会社」もしくは「株式会社○○」になりますので、会社名はよく確かめてお間違えのないように。

採用担当の名前がわからないときは「採用担当者様」と書いておきましょう。

署名の「←(自分の名前とフリガナ)」も消してください。

 

説明会の日程を変更しても選考で不利になることはありません。

 

以上になりますが、会社説明会に参加するときの参考にしてください。

就活
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました