市販の履歴書の書き方のまとめ(就活・転職活動全般)

履歴書

就職・転職活動の時には応募する求人の企業に「履歴書」を提出するようになります。

初めて履歴書を書く方にとっては、どうやって書いたらいいかわからないところもありますよね。

 

履歴書の書き方にはルールがありますし、内容によって採用・不採用が決まってしまうこともありますので、見本を見ながらしっかり書いておきたいところです。

ここでは基本的な履歴書の作成の仕方や書き方を紹介していきます。

 

ここで紹介した「履歴書の書き方」は、ハローワークインターネットサービスの「履歴書・職務経歴書の書き方」を参考にしながら、自分自身の転職時の経験もふまえて作成しました。

 

履歴書は手書きかパソコン(スマホ)作成か?

以前は履歴書はコンビニや書店で購入してきて、ボールペンなどで記載することが一般的でした。

しかし最近はスマホやパソコンで履歴書を作成して用紙に印刷してくる方も多くなりました。

 

履歴書は企業に提出する重要な書類ですので、誤字を修正した跡などがあると、採用担当者から「履歴書が汚くてやる気が感じられない」という印象を持たれてしまいます。

そうならないために手書きでも文字を修正した箇所や文字の間違いがないようにきれいに書かないといけないのですね。

そのために手書きの場合には手間がかかります。

 

またスマホやパソコンで作ると簡単にできますので、手書きをしたくないという方も多いと思います。

ハローワークには「ホームページからエントリー可能な企業」「IT関連企業」「外資系企業」はパソコン作成で問題ないと書いてあります。

心配なときは書類を作成する前に応募先に電話で聞いてみてもいいですね。

 

履歴書をきれいに手書きにするときは、

 

履歴書をパソコンで作成するときは、

これらを参考にしてください。

 

履歴書の記載項目の説明とその書き方

履歴書によっては記載する項目が多少違うこともありますが、

ここではハローワークがネットで無料配布している履歴書を参考にして書き方を説明していきます。

それでは履歴書の左上から、

・日付

履歴書を記載した日ではなく、郵送する場合は投函する日、直接持参する場合は提出する日を書きましょう。

履歴書を記載した時には日付を空欄にしておいて、提出するときに日付を書いた方がいいのですが、書き忘れる方も多いので気をつけてください。

年号は西暦(2019年)と和暦(平成31年)のどちらでもかまいませんが、履歴書ではどちらかに統一しましょう(和暦で書く方が多い感じですが西暦でもOKです)。

 

証明写真

証明写真のつくり方は下の記事をごらんください。

 

・氏名

氏名を書く欄は大きいですので、氏名はわかりやすく大きめに書くようにしましょう。

ふりがなは略さずにひらがなでふってください。

 

・生年月日

西暦か和暦のどちらかで記載します。

 

・印鑑

履歴書に押印する印鑑に関しては下の記事をごらんください。

 

・現住所

都道府県名からマンションやアパートに住んでいる方は部屋番号まで書きます。

住所は「1-3-5」と略さないで「1丁目3番地5号」と書きましょう。

 

・電話番号

携帯電話と固定電話の番号を両方持っている場合は、両方とも記載します。

最近は本人と連絡が取りやすい携帯電話の番号を優先して記載することが多くなっています。

 

・連絡先

この欄は、現住所以外で連絡を希望する人や場所がなければ記載不要です。

書くことがなければ空欄にしておきましょう。

 

ただ未成年者の場合は保護者の住所と電話番号を記載しておきましょう。

在職者の場合、現在の勤務先を記載する必要はありません。

また本人がe-mailアドレスを持っている場合は、それをこの欄に記載してもOKです。

 

・学歴職歴

書き方は下の記事をごらんください。

 

・免許資格

書き方は下の記事をごらんください。

 

・志望動機、特技、好きな学科、アピールポイントなど

書き方は下の記事をごらんください。

 

・通勤時間

書き方は下の記事をごらんください。

 

・本人希望記入欄

書き方は下の記事をごらんください。

 

職務経歴書の書き方は、ハローワークの履歴書・職務経歴書の書き方に詳細や例が載っていますので、そちらを参考にしてください。

 

また「履歴書」や「職務経歴書」に同封する「送付状」の作り方がわからない方は下の記事をごらんください。

 

「履歴書」や「職務経歴書」の応募書類を企業へ郵送する方法はこちらです。

 

以上ですが、就職・転職活動をするときの参考にしてください。

履歴書
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました