WiMAXのギガ放題の料金プランを比較して最安のプロバイダをしらべてみた

生活

私は外出先でもネットが使える「WiMAX(ワイマックス)」のプロバイダをどこにしようか悩んでいました。

私以外でもそれで悩んでいる方もいると思います。

 

「WiMAX」というのは簡単に言うと、モバイルWi-Fiです。

今は「WiMAX2+」とも言います。

 

スマホよりも小さいWiMAXのルーターを持っていれば、自宅でも外出先でもスマホやパソコンやタブレットがネットにつながります。

 

WiMAXの通信エリア内であれば、自宅やカフェや車の中や山や海に行ってもネットをすることができるのですね。

私もカフェとか公園にパソコンを持って行ってネットできるようにしたかったのです。

しかも光回線と同等かそれ以上の速度がでますので動画を見ることができますし、通信規制がほとんど気にすることなく利用ができるのがうれしいですね。

 

さてWiMAXを契約するときに悩むのは「どこのプロバイダと契約しようか?」という点です。

 

プロバイダによって料金やサービス内容にも違いがありますので選ぶのに時間がかかりますよね。

私もプロバイダと契約するにあたっていろいろ調べましたので、ここではおすすめのWiMAXのプロバイダを紹介します。

 

WiMAXのプロバイダを選ぶときに知っておきたいこと

グーグルで「WiMAX おすすめ」で検索していろんなWiMAXのサイトを見てみました。

それらのサイトの情報をまとめてみると、

 

・どのプロバイダを選んでもWiMAXの性能は同じ

・プロバイダのHPから申し込むのが一番料金が安い

・おすすめのプランは「ギガ放題」

・おすすめのルーターは「W06」

・基本的に3年契約(途中で解約すると違約金が発生する)

・端末代金や送料は無料

・事務手数料が3300円(税込み)かかる

となります。

 

プロバイダの契約はほとんどが3年契約です。

その間、月々の利用料金を支払うようになります。

 

だいたい3年間使えば使用しているルーターも劣化して古くなり、その間にまた新しいルーターが出てきます。

3年たったらそこでいったんプロバイダとは解約して、WiMAXを引き続き利用するときはまた新しく契約をしたほうがいいですね。

 

そしてWiMAXのプロバイダはたくさんあります。

一部のプロバイダを挙げると、

・GMOとくとくBB

・BroadWiMAX

・JP WiMAX

・カシモWiMAX

・BIGLOBE

・So-net

・DTI WiMAX2+

などがあります。

 

どのプロバイダを選んでもネットの回線速度やつながりやすさはどこも同じです。

 

基本的に各プロバイダで違うのは「料金プラン」です。

月ごとに支払う料金や3年間の料金の総額が各社によって違うのです。

それを見ていきましょう。

 

中でも各サイトでおすすめしているのが「GMOとくとくBB」と「BroadWiMAX」です。

しかしいろんなサイトを見ても、それぞれのプロバイダの料金体系がハッキリしていないので、私が支払額を税込み(消費税10%)で計算してみました。

 

これから紹介するのはオプションサービスは契約せず、3年間利用したときの総額(ギガ放題で契約)がいくらになるのか?

それぞれのプロバイダの料金プランをしらべてみました。

 

GMOとくとくBBの料金プラン

期間(36ヶ月) 料金(税込み)
2ヶ月まで 3970×2=7940円
3~36ヶ月 4689×34=159426円
計 167,366円

GMOとくとくBBは3年間で総額167,366円となります。

 

GMOとくとくBBは契約してから11か月後に31500円のキャッシュバックがあります。

ただ期間が開いてしまうため、うっかりキャッシュバックをもらいそこねてしまう可能性も出てきます。

GMOとくとくBBと契約したときは忘れないように気をつけましょう。

 

総額からキャッシュバック分をひくと、167366-31500=135866

3年間で総額135,866円となります。

キャッシュバック分はけっこう大きな金額ですよね。

 

GMOとくとくBBの解約違約金

期間 解約違約金(税込み)
1~24ヶ月 27,280円
25ヶ月~36ヶ月 10,450円
37ヶ月目 0円
38ヶ月~ 10,450円

GMOとくとくBBを途中で解約するときには上のような解約違約金を支払うようになります。

37カ月目の契約更新月の時だけ解約違約金は0円になります。

解約違約金が0円になる37カ月目をしっかり把握して、このときに解約を申し出ましょう。

契約更新月に解約の申し出がないときは、さらに3年間の契約として自動更新されます。

 

BroadWiMAXの料金プラン

期間(36ヶ月) 料金(税込み)
1~2ヶ月 3604×2=7208円
3ヶ月目 4602×1=4602円
4~25ヶ月目 5356×22=117832円
26~36ヶ月目 6016×11=66176円
計 195,818円

BroadWiMAXは3年間で総額195,818円となります。

 

おすすめサイトから申し込むと1万円のキャッシュバックがありますが、それを引いても185,818円です。

BroadWiMAXはGMOとくとくBBと比べると5万円も割高になってしまいます。

料金はけっこう高いわりに、このプロバイダをおすすめするサイトが多いのですが、なぜここがおすすめなのかはよくわかりません。

 

BroadWiMAXの契約解除料

期間 契約解除料(税込み)
1~12ヶ月 20,900円
13ヶ月~24ヶ月 15,400円
25ヶ月~36ヶ月 10,450円
37ヶ月目 0円
38ヶ月~ 10,450円

BroadWiMAXを途中で解約するときには上のような契約解除料を支払うようになります。

37カ月目の契約更新月の時だけ契約解除料は0円になります。

契約解除料が0円になる37カ月目をしっかり把握して、このときに解約を申し出ましょう。

契約更新月に解約の申し出がないときは、さらに3年間の契約として自動更新されます。

 

JP WiMAXの料金プラン

期間(36ヶ月) 料金(税込み)
1~3ヶ月 3080×3=9240円
4~24ヶ月目 3850×21=80850円
25~36ヶ月目 4510×12=54120円
計 144,210円

JP WiMAXは3年間で総額144,210円となります。

 

今契約すると1万円のAmazonギフト券がもらえます。

それを引くと総額で134,210円になります。

こちらはかなり安いですね。

 

JP WiMAXの解約金

期間 解約金(税込み)
1~12ヶ月 33,000円
24ヶ月~36ヶ月 27,500円
37ヶ月目 0円
38ヶ月~ 10,450円

JP WiMAXを途中で解約するときには上のような解約金を支払うようになります。

37カ月目の契約更新月の時だけ解約金は0円になります。

解約金が0円になる37カ月目をしっかり把握して、このときに解約を申し出ましょう。

契約更新月に解約の申し出がないときは、さらに3年間の契約として自動更新されます。

 

カシモWiMAXの料金プラン

期間(36ヶ月) 料金(税込み)
1ヶ月目まで 1518×1=1518円
2~24ヶ月目 3938×23=90574円
25~36ヶ月目 4487×12=53844円
計 145,936円

カシモWiMAXは3年間で総額145,936円となります。

 

カシモWiMAXの解約違約金

期間 解約違約金(税込み)
1~12ヶ月 20,900円
13~24ヶ月 15,400円
25~36ヶ月 10,450円
37ヶ月目 0円
38ヶ月~ 10,450円

カシモWiMAXを途中で解約するときには上のような解約違約金を支払うようになります。

37カ月目の契約更新月の時だけ解約違約金は0円になります。

解約違約金が0円になる37カ月目をしっかり把握して、このときに解約を申し出ましょう。

契約更新月に解約の申し出がないときは、さらに3年間の契約として自動更新されます。

 

BIGLOBEの料金プラン

期間(12ヶ月) 料金(税込み)
12ヶ月 4378×12=52536円(月額料金)

880×12=10560円(データ端末料金)

計 63096円

BIGLOBEは1年間で総額63096円となります。

BIGLOBEはほかのプロバイダと違い「3年縛り」がありません。

 

月額料金は税込み4378円のプランひとつだけです。

あとはデータ端末料金21120円(880×24)の支払いが必要になります。

 

またBIGLOBEの特徴は契約解除料が1年目は1100円、2年目以降は0円と他に比べて安いです。

そのため1年目で契約解除すると4378×12+21120+1100=74,756円

2年間利用すると4378×24+21120=126,192円

3年間利用すると4378×36+21120=178,368円

という料金になります。

 

So-netの料金プラン

期間(36ヶ月) 料金(税込み)
1~12ヶ月 3718×12=44616円
13~36ヶ月 4817×24=115608円
計 160,224円

So-netは3年間で総額160,224円となります。

 

So-netの契約解除料

期間 契約解除料(税込み)
1~12ヶ月 20,900円
13~24ヶ月 15,400円
25~36ヶ月 10,450円
37ヶ月目 0円
38ヶ月~ 10,450円

So-netを途中で解約するときには上のような契約解除料を支払うようになります。

37カ月目の契約更新月の時だけ契約解除料は0円になります。

契約解除料が0円になる37カ月目をしっかり把握して、このときに解約を申し出ましょう。

契約更新月に解約の申し出がないときは、さらに3年間の契約として自動更新されます。

 

DTI WiMAX2+の料金プラン

期間(36ヶ月) 料金(税込み)
2ヶ月まで 0円
3ヶ月目 2849×1=2849円
4~36ヶ月 4136×33=136,488円
計 139,337円

DTI WiMAX2+は3年間で総額139,337円となります。

 

DTI WiMAX2+の契約解除料

期間 契約解除料(税込み)
1~12ヶ月 20,900円
13~24ヶ月 15,400円
25~36ヶ月 10,450円
37ヶ月目 0円
38ヶ月~ 10,450円

DTI WiMAX2+を途中で解約するときには上のような契約解除料を支払うようになります。

37カ月目の契約更新月の時だけ契約解除料は0円になります。

契約解除料が0円になる37カ月目をしっかり把握して、このときに解約を申し出ましょう。

契約更新月に解約の申し出がないときは、さらに3年間の契約として自動更新されます。

 

プロバイダの料金格安ランキング

ここまでWiMAXのプロバイダの料金(3年間の契約、ギガ放題)を見てきましたが、料金が安い順でランキングをつくるとこうなります。

 

順位 プロバイダ 料金
1位 JP WiMAX 134,210円
2位 GMOとくとくBB 135,866円
3位 DTI WiMAX2+ 139,337円
4位 カシモWiMAX 145,936円
5位 So-net 160,224円
6位 BIGLOBE 178,368円
7位 BroadWiMAX 195,818円

となります。

 

この結果から、WiMAXを3年間使って一番料金が安くてお得なプロバイダは「JP WiMAX」です。

 

ただJP WiMAXの解約金は1~12ヶ月が33,000円、24ヶ月~36ヶ月が27,500円と他と比べてちょっと割高です。

途中で解約する可能性のある方は、GMOとくとくBBやDTI WiMAX2+などの比較的解約金の安いプロバイダを選んでもいいですね。

GMOとくとくBBと契約するときにはキャッシュバックの取り忘れには気をつけましょう。

 

このような結果を踏まえて、私はJP WiMAXで契約してみました。

 

JPWiMAXと契約をしてW06を使ってみた

 

ほかにもいろんなWiMAXのプロバイダがあり、もしかしたらこれより安いところもあるかもしれません。

それに関してはみなさんそれぞれ調べてみてください。

 

以上になりますが、WiMAXのプロバイダを選ぶ際の参考にしてください。

生活
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました