WEB面接で応募者が用意するものと面接当日に気をつけること

面接

コロナウイルスの感染拡大の影響で、これまでのような対面して話をする面接が自粛されるようになりました。

それにともなってWEBを使った面接が企業の担当者と応募者の間でおこなわれるようになってきています。

私の会社でもWEB面接をおこなうようになりましたが、まだやり方に慣れてないところもあり、ためしながらやっている感じです。

それでも今後は新卒の就職活動や転職活動やバイトでもWEB面接は増えていくと思いますので、やり方は知っておいた方がよさそうです。

ここでは私の会社でおこなっているWEB面接のやり方や準備の仕方などを紹介していきます。

WEB面接を受ける就活生や転職希望者やパート・アルバイトに応募する方は参考にしてください。

 

WEB面接とは?

WEB面接とは、インターネットにつながったパソコンやスマートフォンやタブレットの画面を通して面接をおこなう方法です。

これにより応募者は自宅にいながら企業の面接官の顔をみながら会話をすることができます。

応募者は面接会場へ出向く必要はなくなり、時間や交通費の節約になりますし、

企業の採用担当者にとっても仕事の時間の節約になるなどのメリットが双方にあります。

それに今回のコロナウイルスの感染拡大で、人との接触を避ける時期にWEB面接を導入する企業が増えています。

おそらくコロナが収束してからもWEB面接をおこなう企業は増えていくと思われます。

 

WEB面接の際に応募者が用意するもの

WEB面接を受ける際の準備の仕方や注意点は、その企業から連絡があると思います。

もし何か不安なことやわからないことがあったら企業側に申し出てください。

一般的にWEB面接の際に準備するものはこれらになります。

・パソコン

・パソコン用のマイク、イヤホン、カメラ

・ネット環境

・WEB面接用のツール

です。

 

パソコンやモバイル端末

WEB面接をおこなうときにはパソコンやモバイル端末(スマホ、タブレット)が必要になります。

企業によってはスマホを利用する場合もありますが、面接を受ける際には画面の大きいパソコンを使用する機会が多いと思います。

ですのでここではパソコンを使ったときのやり方を説明していきます。

パソコンはノートパソコンやデスクトップパソコンのどちらでもかまいません。

自分のパソコンを普段あまり使っていない方は、最新のOSを使っているのかを確認したり、パソコンの動作確認もしておきましょう。

 

パソコン用のマイク、イヤホン、カメラ

WEB面接はパソコンの画面を通して、対面する人と会話をすることになります。

そのときに自分の声を相手に伝えるマイクや、相手の声を聴くためのイヤホンかスピーカーが必要です。

マイクとイヤホンが一緒になった「マイク付きイヤホン」があると便利ですね。

また相手側に画像を届けるためのカメラが必要もなります。

「マイク」「イヤホン」「カメラ」がパソコンに付属しているか確認しておきましょう。

ない場合にはアマゾンや近くの家電量販店で購入してください。

 

ネット環境

ネット環境のおすすめは「光回線」です。

自宅で「光回線」を使っている場合はネット接続が途切れるなどのトラブルはないのでおすすめです。

そのほかのネット環境にはモバイルWiFiがあります。

モバイルWiFiでも「WiMAX」は問題ないと思いますが、料金の安い「ポケットWiFi」は通信速度がそれほど出ません。

通信速度が遅いと画像にタイムラグができてしまい、WEBで会話がスムーズにできなくなってしまうこともあります。

また公共の場所や飲食店などで利用できる「フリーWiFi」も通信速度が遅いのでおすすめしません。

ネット環境も事前によく調べておきましょう。

 

WEB面接用のツール

よく使われているツールとしては、Skype(スカイプ)、Googleハングアウト、Zoom(ズーム)などがあります。

これらのツールをパソコン上で使用して、離れた場所の相手の顔を見ながら会話ができるようになります。

面接に使うツールは企業によって違いますので、企業から指定されたツールを使うようにしてください。

 

パソコンがないときはどうする?

「WEB面接を受けたいけどパソコンを持っていない」という方もいると思います。

そんな時は知り合いの人に頼んでパソコンを借りましょう。

もしくは学生なら学校でWEB面接の環境を用意してくれているかもしれませんので確認してみてください。

パソコンを持っていないときはネットカフェがおすすめです。

例えば「快活CLUB」や「自遊空間」や「カスタマカフェ」ではパソコンが置いてある「鍵付防音個室」があります。

ここではWEB面接ができるネット環境もありますし、防音の個室なので普通に会話する程度ならまわりの迷惑になりません。

ただ今は緊急事態宣言のために休業しているネットカフェも多いです。

ネットカフェに行くときは、現在でも開いている店舗があるか調べてみてください。

WEB面接の前にネットカフェに行ってみて、WEB面接ができそうな環境なのか実際に利用して確認しておきましょう。

ネットカフェに行くときには、

「マスクを着用する」

「店内の消毒液で手を消毒する」

「首から上はなるべく手でさわらない」

「石鹸やハンドソープなど使ってしっかり手を洗う」

などに気をつかいましょう。

コロナウイルスの感染拡大でみんな敏感になっていますので、他人に移さないような行動を心がけたいですね。

 

面接の服装

WEB面接の際の服装は「私服で構いません」という企業もあります。

「私服で構いません」という場合でも自宅で過ごすときの普段着のまま面接に参加するのはやめておきましょう。

この場合は清潔感のあるオフィスカジュアルな服装を選んだ方がいいですね。

私服が選べないときにはノーネクタイのスーツ姿でいいと思います。

服装に関して企業から何も指定がないときにはスーツを着用しましょう。

自宅にいる時には革靴は履かなくていいですが、それ以外は面接用の服装や身だしなみを整えておきたいですね。

WEB面接では基本的に上半身しか映りません。

ですので上半身だけスーツとシャツにネクタイという方もいますが…

面接中に何かの理由でイスから立ち上がることもあるかもしれません。

そのときに普段着のジャージのパンツをはいていることが相手にバレたら、ちょっと恥ずかしいですよね。

ですのでスーツのパンツもはいておきましょう。

 

WEB面接の前に確認しておきたい事

WEB面接を受ける前に確認しておきたいこともいくつかあります。

面接本番になってあわてないように事前に確認しておきましょう。

 

WEBで会話ができるのか確かめておく

WEB面接が始まる前に自分のパソコンでツールを使って相手と会話できるのかどうか、かならず確かめてみてください。

例えばSkype(スカイプ)はWindows10にデフォルトで入っています。

スカイプを初めて使う方はこちらの動画を参考にしてください。

Skype(スカイプ)の使い方。Windows10。入門。設定【音速パソコン教室】

この動画を見たら、実際にスカイプを使ってみましょう。

話し相手が必要になりますので、パソコンを持っている友達などに頼んでみてください。

ここでは、

「ネット環境に問題はなく、パソコンを通してお互いに会話できるのか?」

「自分のパソコンの画面で相手がどんな風に見えるのか?」

「相手のパソコンで自分がどんな風に見られているのか?」

などを確認しておきましょう。

たとえばパソコンのカメラが自分の目線よりも低いところにあると、相手側は上から見られているような感じを受けます。

ノートパソコンを使用する場合は、台などを使ってカメラの位置を調節してみましょう。

カメラの位置などを面接がはじまる数日前にかならず確認しておきたいですね。

 

ツールを使用するときの会話のコツ

WEBで相手と話をするときはパソコン画面にうつる相手の顔を見ながら話をしたくなりますが、

話をするときはパソコン画面よりもカメラを見て話をするようにしましょう。

そのほうが相手のパソコン画面に自分の顔がしっかりうつるようになります。

またWEBの場合はパソコン画面に映った相手の顔が大きく見えます。

ですので首から上の髪型やメイクには気をつかいましょう。

そしてWEBでは、相手の目の動きがよくわかります。

例えば志望動機や自己PRなどを書いたカンペを見る時には、そちらに視線を向けてしまいます。

そのため机に置いたカンペを見るときや、壁に貼ったカンペを見ていることが目の動きで相手にわかってしまいます。

簡単にバレてしまうので、できればカンペなどは用意しないで話をした方がいいと思います。

どうしてもカンペを見たいときにはカメラの近くにメモした付箋を貼っておくことはできます。

相手には見えない場所に付箋を貼り、視線の動きを小さくすることで怪しまれることもなくなります。

そうしたことも試してみてください。

 

WEB面接を受ける場所と注意点

WEB面接は自宅で受ける方が多いと思います。

WEBで会話をするときは「自分の背景」にあるものにも気を配りましょう。

背景に自分の部屋全体が写っていたり家族がウロウロしていたら、それを見る面接官も気が散りますし印象もよくありません。

それと部屋全体が暗いとか、背景が太陽の日差しや照明の逆光でまぶしくならないように気をつけてください。

自分の背景はなるべく壁やカーテンにして生活感が伝わらないようにしましょう。

またWEB面接をおこなう際には家族に協力してもらって、その時間だけはできるだけ静かにしてもらうようにしてください。

「自宅はうるさくて面接が受けられない」というときは、静かな場所を選ぶようにしましょう。

ノートパソコンを持っている場合には「カラオケ店」がおすすめです。

カラオケ店なら声を出してしゃべっても迷惑になりませんし、あとはネット環境さえそろっていればWEB面接に最適な場所です。

近所のカラオケ店が使えるのどうか調べてみてください。

カラオケ店に行くときにも、

「マスクを着用する」

「店内の消毒液で手を消毒する」

「首から上はなるべくさわらない」

「石鹸やハンドソープなど使ってしっかり手を洗う」

などに気をつかいましょう。

 

WEB面接の当日に確認しておきたい事

WEB面接の当日の開始時間までには以下の準備をしておきます。

・スーツを着用して身だしなみを整える

・パソコンを用意して面接に備える

・なるべく静かな環境を選ぶ

・自分の背景には気をつける

などです。

また開始前にスマートフォンの着信音などの音が鳴らないように設定しておきます。

面接中にほかの音が鳴ったときは面接官にあやまれば不利になることはありませんが、できるだけよけいな音が鳴らないように配慮したいですね。

 

WEB面接の当日の流れ

面接当日のやり方や手順の説明は企業からあると思います。

それに従って準備して開始時間にはイスに座って待っていましょう。

そして開始時間に企業の面接官の顔がパソコンのツール画面に写り、面接が始まります。

対面するときの面接は立ってあいさつをしますが、WEB面接の時は座ったままあいさつをしましょう。

立ち上がってしまうと画面からはみ出てしまいますからね。

 

最初は面接官が「〇〇株式会社の人事担当の〇〇と申します…」と自己紹介をすると思います。

そのあとに自分の名前を名乗りましょう。

カメラの方を見て、

「こんにちは〇〇大学〇〇学部の〇〇と申します。本日はよろしくお願いいたします」

といってからおじぎをします。

後は面接が始まり、面接官が質問をしてくるので、それに対して答えていきます。

WEB面接の時も対面の時と同じく、第一印象は大切です。

イスに座っている時も姿勢を正して、ハキハキと元気よく回答すれば印象もよくなりますし、そのほうが相手も話をしていて楽しくなります。

また相手の顔を見ながらの会話になりますので、会話中にときおり笑顔を見せたり、相手の話を聞く際のあいづちなどの動作も意識して大きくやってみましょう。

緊張してこわばった表情で話をしていても、お互いに打ち解けづらくなりますので、適度にリラックスして面接にのぞんでください。

面接が終了するときには、

「今日はありがとうございました。では失礼いたします。」

といって座ったままおじぎをしてWEB面接を終了させます。

実際に会って話をするときの面接と同じく、WEB面接も伝える内容が重視されます。

面接官から聞かれることや質問を予想して、それに対しての回答を事前によく考えておきましょう。

またWEBを使った事前の模擬面接もしっかりやっておきたいところです。

以上になりますが、WEB面接を受ける際の参考にしてください。

面接
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました