【寝る時に肩が冷えるのを防ぐ】就寝時におすすめの防寒対策

生活

冬の寒い時期はベッドや布団に入っても「寒くて眠れない」というときはありませんか?

特に寝る時の肩の部分は、掛け布団や毛布がかからなくてすきまができます。

そこから冷たい空気が入り込んで肩を冷やしてしまいます。

 

「肩が冷たいために寝つけなかったり熟睡できない」こともありますよね。

それで眠りが浅くなって悩んでいる方も多いと思いますが、そんな時はどうするか?

 

就寝中に肩や首をあたためる「肩当て」があります。

 

 

私も肩当てを使っていたことがありますが、実際に寝る時に着てみるとけっこう温かいです。

肩当ては着たり脱いだりも簡単にできますし、就寝中に寝返りをうつときもあまりジャマにはなりません。

 

それほど寒くない時期ならこれで十分ですが、夜の気温がマイナスまで下がるような本当に寒い時は、肩当てだけは生地が薄いためにどうしても肩口が冷えます。

私は暖房をつけて寝るのが嫌なので、寝ている時の部屋の気温は外と変わらないぐらいまで下がります。

その中で「肩当て以外の肩をあたためて寝る方法はないか?」を考えてみました。

 

 

その方法は「寝ている時の肩のすき間をふさいでしまう」ことです。

そうすることで肩から冷たい空気が布団の中に入ってきませんので肩もあたたかくなり、体全体もあたたまります。

 

私が就寝時に使っているのはこのブランケット(毛布)です。

ブランケットのサイズは約70×100cmです。

寝る時に体全体にかける毛布は140×200cmのサイズですが、このブランケットはその半分ぐらいの大きさです。

このぐらいの小さいサイズの方が使いやすいです。

 

ブランケットはポリエステル素材ですが、ふんわりと柔らかくてあたたかく、顔や首に触れたときの肌触りもよく、静電気防止ですのでおすすめです。

汚れが気になったらご自宅の洗濯機で丸洗いができますよ。

 

このブランケットを2枚用意します。

 

寝る時にブランケット2枚をそれぞれ適当に丸めて、枕元の両脇の置きます(きれいにたたむより適当に丸めたほうが使いやすい)。

そして布団の中に入ったら、丸めたブランケットを掛け布団と敷布団の間の肩のすき間に入れます。

 

ブランケットは右と左の両肩に1枚ずつ使いましょう。

これで肩のすき間がふさがります。

 

こうすることで肩を冷やす空気が布団の中に入ってこなくなりますので、体全体もあたたかくなって快適に眠れます。

「肩用のブランケット」があると冬の寒い時期でも本当にあたたかいです。

ブランケットはサイズが大きいので肩だけでなく顔や耳もあたためることができます。

 

この方法の欠点は寝返りをうつと両脇にあるブランケットがずれてしまうことです。

寝返りを打つときは毛布の位置をその都度なおしましょう。

 

寝ているときにブランケットをなおすのが面倒ですが、それもすぐに慣れてきます。

それほど寒くないときはブランケットの代わりにバスタオルを使ってもいいですね。

 

肩当てを使うのもいいですが、寒いときは「肩用のブランケット」を用意して使ってみてください。

肩が冷たくならずに快適に眠ることができますよ。

生活
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました