ほかの国の労働者は入社前に賃金交渉をおこなっているのか?日本との比較

転職活動で採用が決まった後に、会社側と賃金交渉をする方もいらっしゃいます。

日本では入社時に賃金交渉をする方はそれほど多くない印象ですが、ほかの国では賃金交渉はどうなっているのか?しらべてみました。

 

入社するときの賃金交渉

下の表はリクルートワークス研究所の「5カ国リレーション調査」から引用したものです。

日本、アメリカ、フランス、デンマーク、中国の5カ国の労働者に対して調査をおこなったもので、

下は「入社時に賃金交渉をおこなったか?」という調査です。

(nの列は調査した人数です。それ以外の数字は%です。)

上の表をもっと簡単に整理してみました(数字は%)。

国別自分から会社に希望額を伝えた会社から提示された額で合意した覚えていない・わからない
日本24.062.014.0
アメリカ67.728.04.3
フランス79.018.42.6
デンマーク68.524.86.7
中国88.811.00.2

日本は「会社から提示された額で合意した」が62%です。

62%が入社するときに賃金交渉はおこなわなかったいうことですね。

ほかの4カ国の労働者は入社時に自分の希望額を伝えて交渉している方が多いです。

日本だけほかに国とくらべて違うのがわかります。

 

ただ日本のエンゲージメント人材は「自分から希望額を伝え、それがかなった」が30.2%います。

エンゲージメント人材とは「仕事にのめりこんでいる」かつ「会社の経営理念に共感している」人のことですが、簡単に言うと会社に愛着や思い入れのある人ですね。

日本のエンゲージメント人材は調査した621人中63人と、ほかの国に比べてかなり少ないですが、日本にも入社時に賃金交渉をしている人は少ないですが、います。

 

賃金以外の条件交渉

下の表は「入社時に賃金以外の条件交渉をおこなったか?」という調査です。

上の表から右端の「特にない」を取り上げてみました。

国別特にない
日本64.4
アメリカ30.6
フランス27.7
デンマーク28.5
中国4.3

日本は入社時の条件交渉は「特にない」が64.4%です。

64.4%が入社時に会社に条件交渉はおこなっていないのですね。

逆にほかの国、特に中国の労働者はいろんな条件を会社と交渉しているのが数字でわかります。

日本とほかの5カ国では企業文化や転職市場の流動性などが違うため単純に比較はできません。

ただほかの国では入社時にいろんな条件交渉を会社におこなっているのですね。

 

中国は入社時の条件交渉は「特にない」が4.3%と少ないです。

日本とはかなり差がありますね。

中国人は「お金にうるさい」「仕事に関してあれこれ文句を言う」という感じの人も多く、日本人からすればとっつきにくい感じもあります。

これは日本と中国の双方の文化の違いもありますが、日本の労働者が見習うべき点もあると思います。

 

入社後の賃上げ交渉

下の表は「入社後の賃上げ交渉をおこなったか?」という調査です。

上の表から右端の「賃上げを求めたことはない」を取り上げてみました。

国別賃上げを求めたことはない
日本71.3
アメリカ28.7
フランス23.6
デンマーク33.9
中国5.2

日本は「入社後に賃上げを求めたことはない」が71.3%です。

ほかの5カ国では入社後も賃上げ交渉ができる機会があるのですが、日本はほとんどありません。

日本では「有期雇用」や「エンゲージメント人材」で賃上げの交渉が若干おこなわれていますが、それでもほかの国より低いです。

日本ではこれまで終身雇用や年功序列で賃金が決まっていたため、会社に賃金交渉をおこなう機会はほとんどありませんでした。

反対に労働市場が流動的なアメリカや中国の労働者は、賃金やその他の条件に関心が高いため労働市場の情報を取得しやすいという状況の違いがあります。

そのため労働者が会社に交渉するのも一般的になっているのです。

 

まとめ

日本はこれまで会社に賃上げを求めるような環境ではなかったので、ほかの国との違いが数字としてはっきり出ています。

しかし今後は物価高や円安の影響などで、日本でも労働者の賃上げの交渉は増えていくと思います。

日本は「低賃金の国」とも言われるようになってきましたが、これは労働者の側からも改善を求めるように声をあげていくことも大切ですね。

「転職経験者のブログ」を書いている人

(やまよし おさむ)
↑更新中のTwitterはこちらから。

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。
応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。
応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職活動
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました