【就活・転職】雨の日の面接や説明会に差していくおすすめの傘は?

面接

面接や説明会や試験会場へ行く時に雨が降っていれば傘(かさ)を差していきます。

そのときに「自分の持っている傘で大丈夫かな?」と思うときもありますよね。

ここでは新卒の就職活動や転職活動で使える傘を紹介していきます。

 

面接や説明会の時に使う傘は何がいい?

面接ときの服装や持ち物に気を使うと思いますが、傘に関して言えば企業の採用担当者もそこまでは見ていません。

雨が降っている時は、ふだん使っている傘をさしていきましょう。

 

傘は折り畳みの傘でもいいですし、一般的な長傘やコンビニに売っているビニール傘でも問題ありません。

雨が降りそうなくもりの天気だったり、雨がそれほど降っていなければ、折りたたみの傘のほうが便利です。

 

折りたたみの傘なら会社の玄関の外で傘の雨つぶをはらって折りたたんで、その上に傘用の袋をかぶせればカバンに入れても中がぬれることはありません。

「傘の色が派手でちょっと気になる」というときも、折りたたみの傘だったら折りたたんでカバンに入れることもできますので、人目につくこともありません。

 

折りたたみの傘の袋がなければ、ビニール袋などを用意して、そこに傘を入れればいいですね。

後はカバンの中に折りたたみ傘をしまっておけば、手荷物になることはありません。

 

雨がかなり降っている場合には、開いたときの直径が大きい長傘を持って行きましょう。

雨が降っている時には何よりも、スーツや靴やカバンがぬれないことが大事です。

スーツや足元やかばんがぬれてしまうと見た目にもよくないですからね。

 

傘の色は「黒や紺やグレーや白などの地味な色がいい」とも言われていますが、傘の色や柄まで企業の採用担当者もみていませんし選考に影響はありません。

心配でしたら無難な色の傘を用意しておきましょう。

 

玄関に傘立ては置いてあるの?

面接に行った企業の玄関に傘を置く「傘立て」があるときには、そこに傘を置いておきましょう。

どの企業もお客様用の傘立ては置いてあると思いますので、長傘をさしていっても問題はないです。

 

もし傘立てなど傘を置く場所がないときには、受付の方や担当者に遠慮なく聞いてみましょう。

 

でも傘立てに置いておくと「ほかの人が自分の傘を持って行ってしまう可能性もあるので置きたくない」という方もいますよね。

そんなときはお気に入りの傘よりは値段の安い傘を持って行くとか。

 

もしくは雨の日にスーパーの入り口に置いてある傘用のビニール袋を持って行って、その中に傘を入れてカバンと一緒に持って行くとか。

外で傘の雨粒をはらってから、乾いたタオルで傘の水気をふき取ってから建物内に持っていくようにしましょう。

 

建物内にぬれた傘を持ち込むような配慮に欠けることはやめておきたいですね。

 

雨の日はハンカチやハンドタオルがあると便利

雨が降っている日はハンカチやハンドタオルを持って行きましょう。

雨の中を傘をさして歩いていると、肩がぬれたり足元やカバンなどがぬれてしまいます。

 

面接会場の玄関でカバンや足元や靴についた水滴をふき取ったほうが見た目にもいいですよね。

雨でぬれたときにはスーツのジャケットを脱いで軽く水滴をはらって、あとはジャケットや足元やカバンについた水滴もハンカチやタオルでふき取りましょう。

 

そうすれば建物内に入った時に床をぬらすようなこともありません。

雨が降っている日は、そうした気づかいができるといいですね。

 

電車やバスに乗っている時の傘の持ち方

また雨の日は電車やバスに乗ったときの傘のあつかい方にも気をつけましょう。

電車やバスに乗る前に、人のいないところで傘を軽く開閉して水切りします。

そのあとは傘をたたんでバンドで止めてまとめておきます。

 

特に人で混みあっている車内にいるときは、隣の人に傘の水滴がつかないようにする配慮も大事です。

ぬれた傘が広がっていることで、となりにいる人の服をぬらしてしまい、トラブルになることもありますので気をつけたいですね。

 

あとは傘の持ち方にも気をつけましょう。

傘を閉じて手に持っている時は、傘を下向きにして床と垂直になるように持って行きましょう。

床と水平かななめの状態で傘を持っていると、うしろにいる人に当たってしまいますので気をつけましょう。

 

台風やゲリラ豪雨の時の対処の仕方

面接や説明会がある日に台風やゲリラ豪雨に遭遇してしまうこともあります。

そんな時は雨風が強くて傘を差していても役に立たず、ずぶぬれになってしまうこともあります。

横からの雨風が強いときは、傘よりはレインコートを着て行ったほうがいいですね。

 

また出かけようとしたときに、雨や風のいきおいがスゴくて家から一歩も出られないこともあります。

雨風の影響で電車も止まっていて面接に間に合いそうにないときは、まずは会社に電話をして遅れることを伝えましょう。

 

ただ会社によっては「今は大雨が降っていて面接に行けません」といってしまうと評価が下がってしまうこともあります。

天気が悪くなりそうなときは、天気予報をチェックして雨が降っていないときにはやめに目的地に移動するか。

大雨の時は自宅から車やタクシーを使って移動したほうがいいですね。

 

天気が大荒れのときは移動が大変だと思いますが、しっかり雨対策をして、なんとか時間までにつけるように努力してみましょう。

 

面接後に傘を忘れたときには?

面接や説明会後に雨がやんでしまったため、そのまま傘を忘れて帰ってしまう方もいます。

傘を忘れてしまったときには、またその場所まで取りに行った方がいいですね。

 

傘を忘れて取りに戻ったとしても選考には影響はないです。

コンビニに売っているビニール傘なら安いですので、取りに行く往復の交通費の方が高かったら、新しい傘を買った方がいいのかもしれませんが…

以上になりますが、雨の日に面接や説明会へ行くときの参考にしてください。

面接
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました