【新卒】就活で企業から交通費が支給されるときに知っておきたいこと

就活

新卒の就職活動では交通費を支給してくれる企業があります。

インターンシップや会社説明会や面接へ行くときに、自宅から目的地までの移動に使う公共交通機関(電車、バス、飛行機)の料金を企業が肩代わりしてくれるのですね。

 

地方から東京へ就職活動に行くとなると往復で何万円もかかることもありますから、交通費を負担してもらえるとお金が節約できて助かりますよね。

ただすべての企業が交通費を支給してくれるわけではありませんが…

ここでは交通費を支給してくれる際の注意点やマナーを紹介していきます。

 

就活の交通費はいくらまで支給してくれるのか?

交通費の支払いに関しては企業の対応は様々ですが、例として、

・説明会や面接の交通費や宿泊費は全額支給

・交通費の支給額は上限がある(〇千円~〇万円まで)

・最終面接に残った人だけ交通費を支給

・交通費は全額自己負担

などがあります。

 

基本的には「交通費は就活生が全額自己負担する」という企業が多いと思います。

 

交通費を支給してくれる企業は「交通費を支給しますよ」という通知がありますが、何も言ってこない企業の場合は「交通費は応募者が払うもの」と思った方がいいです。

応募者の交通費をすべて負担するとなると、企業側のコストが大きくなって払いきれなくなりますので、交通費に関するお知らせがないときはあまり期待しない方がいいでしょう。

 

中には会社説明会や面接やインターンシップに参加するときの往復の交通費や宿泊費まで全額支給という太っ腹な企業もありますが、そういう企業は少ないと思います。

企業によってそれぞれ対応は違いますので、就職活動での交通費はどうなるのかは確認しておきましょう。

 

また就職活動の交通費は、例えば電車を使うときは「自宅の最寄り駅~目的地の最寄り駅」までの金額を請求するようにしましょう。

今はネットで移動ルートや金額を簡単に検索できますので、変に金額をごまかしたり水増しして嘘の申告をすると怪しまれますので気をつけてくださいね。

 

企業が就活生に交通費を支給してくれる理由

企業が応募者の交通費を負担してくれる理由は、やはり優秀な人材に選考を受けてほしいという点にあります。

「面接会場まで行くお金がないために、遠い場所にある企業に応募することをあきらめる」という方もいるのですね。

 

でもその中には優秀な人がいるかもしれません。

そういう人たちに選考に参加してもらうために、企業側も交通費を負担して出しているのです。

就活の時は企業は自腹を切ってでも、いい人材に来てほしいと思っているのです。

 

また何万円もする高額な交通費を企業から支給してもらえると、「こんなに待遇がいいのなら内定確実なのでは?」と思うかもしれませんが…

交通費支給は合否には関係ありません。

「交通費支給=内定確実」ではないですね。

内定が出そうな人だけに支給するということもないと思います。

 

交通費が支給されるときの注意点

企業が支給してくれる交通費は、原則は「公共交通機関」を使って移動したときに限ります。

公共交通機関は主に、

・路線バス

・電車(JR在来線・私鉄・地下鉄)

・高速(夜行)バス

・フェリー

・新幹線

・飛行機

などです。

 

タクシー代やレンタカー代金や自家用車に乗ってきたときのガソリン代や高速代などは交通費として支給されないと思います。

 

また自宅から目的地まで行く方法とその料金ですが、「高速バス」と「新幹線」と「飛行機」では金額も大きく変わってきます。

長距離移動の場合は高速バスが一番料金が安いですが、高速バスは乗車している時間が長くて体への負担も大きいため「高速バスを使ってください」という企業はあまりないと思います。

 

交通費が支給されるときは企業から詳しい説明があると思いますが、移動には「新幹線」や「飛行機」を使ってもいいと思います。

例えば【新大阪→東京】へ行くときは高速バスではなく、新幹線のぞみの「乗車券+指定席特急券」を購入して乗車して、その代金を支給してもらえばいいと思います。

 

新幹線でもグリーン車に乗るのはやめておいた方がいいですが…

学生はキップを購入する際は、学割を使って購入してもいいですね。

 

飛行機も企業から特に指定がない限りは、格安の航空会社ではなく、どの航空会社を利用してもいいと思います。

特に指定がなければ運賃の高いANAやJALを使ってもいいですし、そのほかの運賃の安い航空便を使ってもいいと思います。

 

交通費が往復で3万円以上かかったとしても選考に影響することはありません。

飛行機を使うとそのぐらいかかってしまいますよね。

 

交通費が高額になったとしても企業が支払ってくれるのなら、遠慮しないで受け取りましょう。

交通費が高額になって不安なときや、何かわからないことがあったときは、その企業の人事担当者に問い合わせてみましょう。

不明な点があるときは電話やメールなどで聞いてみたほうがいいですね。

 

領収書は忘れずにもらっておきましょう

 

企業が交通費や宿泊費を支給する際には、支払い金額の証明として「領収書をもらってきてください」と言われることもあります。

JRや私鉄や地下鉄の券売機には「領収書発行ボタン」が付いていますので、切符を購入したあとにそのボタンを押すと領収書が発行されます。

もしそうしたボタンがないときは、駅の窓口にキップを持っていって職員にみせれば領収書を発行してもらえます。

 

駅の窓口で切符を買うときは「領収書もください」と言えば、領収書を発行してくれます。

領収書の宛名は、基本はその料金を支払ってくれる企業名でいいと思います。

宛名はそれほど重要ではないので、自分の名前でもいいし空欄でもかまわないと思います。

 

領収書をもらい忘れたときは、購入した切符を持っていれば駅の窓口で領収書を発行してもらえます。

購入した駅の窓口でなくても、同じ会社の駅ならば発行してもらえますので最寄の駅で聞いてみましょう。

 

私の会社では片道分の領収書さえ出せば、それで往復分の交通費を支給することがありますが、この辺は会社によって違うと思いますので往復の交通費の領収書は取っておきましょう。

 

ちなみに新幹線の領収書には領収年月日が記載されていますが、これは切符を購入した日付になります。

JALやANAの領収書も航空券発行日のみが記載されます。

新幹線や飛行機の領収書から乗車日時は特定できませんので、「目的地でちょっと長めに滞在して他企業の選考も一緒に受けて帰る」なんてこともできてしまいます。

この辺はバレないようにうまくやってください。

 

また交通費はネットで検索すれば金額がわかりますので、交通費を支給するときに「領収書は必要ない」という企業もあります。

領収書が必要ないので新幹線代を企業に請求しておいて、鈍行の電車に乗ったり格安の高速バスに乗っていって差額を稼ぐ人もいますが、あまり無理はしないでくださいね。

 

それと交通費を支給するときに受領印を押すため、企業から「印鑑を持ってきてください」と言われることがあります。

印鑑は実印でもいいですが、100円ショップに売っている安い三文判でもいいので用意しておきましょう。

交通費の支給は当日に現金で支払われるか銀行振り込みになります。

 

企業へ交通費を知らせる時のメールの例文

企業から「交通費はいくらかかったのか教えてください」などのメールが届くときもあります。

それに返信するときのメールの例文としては、

 

【件名】交通費の件について

【本文】

○○株式会社
採用担当○○様

お世話になっております。
○○大学○○学部の○○と申します。

貴社面接時の交通費についてご報告致します。

○年○月○日
新幹線 新大阪⇔東京 〇〇円(学割)
JR 東京⇔上野 320円

計〇〇円

以上、
よろしくお願い致します。

————————————-

〇〇〇〇(〇〇〇〇)←(自分の名前とフリガナ)
〇〇大学〇〇学部〇〇学科〇年
携帯電話:〇〇-〇〇-〇〇
e-mail:〇〇〇〇

————————————-

このような文章でいいと思います。

上の文章はコピペして使ってもらってかまいません。

 

コピペして使う場合は、〇の部分を消して文字や数字を入れて、学割を使わなかったら(学割)は消してください。

署名の「←(自分の名前とフリガナ)」も消してください。

交通費の金額は往復の合計金額を記載して、シンプルな文面で返信しましょう。

 

また交通費のお礼はメールで伝えてもいいですが、人事担当者に会った時にひと言お礼をいえばいいと思います。

就職活動のときの交通費はけっこうかかりますので、親に負担してもらうか自分でバイトするなどして、ある程度お金を貯めておくことをおすすめします。

就活
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました