面接の時の合格・不合格のサインは本当に当たるのか?

面接

新卒の就職活動や転職活動の面接を受けている時に「もしかしたら合格・不合格では?」と結果が予想できてしまうことはありませんか?

特に面接官の言葉や態度や行動から感じとってしまうこともありますよね。

 

その面接官から感じ取った「合格・不合格のサイン」は、はたして本当に当たるのかどうか?

ここではその説明をしていきます。

 

面接での合格・不合格のサインは当たるのか?

面接を受ける側の応募者は、相手の面接官の言動が気になりますよね。

例えば「面接官は私に対して態度がそっけないから、結果は不採用かも…」というように勝手な想像をしてしまうこともあります。

このような合格・不合格のサインは本当に当たるのか?

 

 

 

結論から言うと、面接中に合格・不合格の結果はわかりません。

 

面接官の言葉や態度や行動からそれを感じ取って結果を予想する方もいますが…

結果は出てみないとわかりません。

 

面接の時に「あなたは採用です」「あなたは不採用です」と面接官がハッキリとその場で結果を伝えるのならわかります。

しかしそうでない場合は合否の結果はどうなるかわかりません。

 

そんな応募者を迷わせる合格・不合格のサインにはどんなものがあるのか?

 

面接時のよくある合格サイン

面接時のよくある合格サイン(フラグ)としては、

・面接官の態度が好意的だった

・面接官がていねいな態度で接してくれた

・「手ごたえ」を感じることができた

・入社後の説明がある

などを、それぞれ説明していきます。

 

面接官の態度が好意的だった

面接のときに「これは合格しそう!」と感じる時ってありませんか?

そう感じる時というのは、主に「面接官の態度が好意的だった」ときに思いますよね。

 

具体的に言うと、

・面接の雰囲気がよく、会話が弾んだ

・面接官が自分の話に興味を持ってくれた

などです。

 

面接官の反応が良かったため、面接終了後は「これは合格なんじゃないの?」という期待をしていたものの…

結果は「不合格」なんてときもあります。

 

「合格だろう」と期待を大きく持っているときに不合格の結果が届くと、本当にガックリとしてしまいますが…

 

面接官の反応が良くても不合格になってしまうのには理由があります。

・ほかに合格にしたい人がいた

・面接に来た人への配慮

という点があげられます。

 

企業の面接官は採用したいと思う人には当然、興味を持ちます。

面接官は気をつかってくれて会話もはずみ、面接もなごやかな雰囲気で進んで、その時点では採用候補の一人になっているかもしれません。

 

しかしそのあとで、より採用したいと思える応募者が面接に来ると一転、不採用の候補になってしまうこともあります。

面接は他の応募者との相対評価になりますので、そういったこともあるのですね。

 

面接官がていねいな態度で接してくる

面接官は心の中で「この人は不採用かな…」と思っていても、それを言葉や態度にはあらわしません。

面接に来てくれた応募者は、面接が終われば自社の商品を購入してくれたりサービスを利用してくれるお客様になります。

 

そういう方に自社の悪い印象は持ってもらいたくはないですよね。

面接はなごやかな雰囲気で終わって帰ってもらったほうが、不採用の結果を伝えても自社のイメージはそれほど悪くはなりません。

 

面接官が最初から終わりまで笑顔で接してくれたり、深々と頭を下げてくれたり、面接終了後にはエレベーターまで送ってくれることもあります。

これらは面接に来てくれた応募者全員に対しておこなっていることなのです。

基本的には合格・不合格者問わず、誰に対しても好意的な態度で接することが多いです。

 

「手ごたえ」を感じることができた

また面接で「手ごたえ」を感じることもあります。

例えば「面接官の質問に対してすべて完璧に答えることができた」などです。

 

しかしその回答が評価につながるのかどうかはわかりません。

 

「手応えがあった」というのも、「面接の評価を自分でくだしているだけ」という場合もあるのです。

面接官の評価ではありませんし、それがわからない以上は結果がどうなるかわかりません。

 

自分が感じる「面接の手応え」とは、それほど当てになるものではありません。

面接が「うまくいかなかった」と思っても受かることもありますし、「どこもおかしなところはなく完璧に近かった」と思っても落ちることはあります。

「手応えと結果は必ずしも一致しない」と思って、結果を待ったほうがいいのです。

 

入社後の説明がある

面接の時に入社後の説明をしてくれることもあります。

入社後の業務内容や配属先の部署、給与や福利厚生や休日などの説明をしてくれたり、「入社日はいつになりますか?」と聞いてくることもあります。

 

「入社後の説明や今後の予定を聞いてくるのだから、これは採用になりそうだ」と思うかもしれません。

しかしこれも企業によってやり方が違います。

 

入社後の説明や入社日の質問は面接に来た人全員に聞く場合もありますし、採用者のみに聞く場合もあります。

 

また面接官が企業の良い点を応募者にアピールしてくれたり、企業の中を案内してくれたり、社員を紹介して簡単な仕事の説明をしてくれることもあります。

ただこれらは入社後のミスマッチを防ぐための企業側の説明と思った方がいいですね。

 

入社後の説明があっても結果は不合格になることもあります。

これは思わせぶりな態度に見えるかもしれませんが、これだけでは合格フラグとは判断できません。

 

面接時のよくある不合格のサイン

よくある不合格のサインとしては、

・面接時間が短い

・雑談が多い

・面接官がメモを取らない

・面接官の態度が冷たい、圧迫面接ぎみ

などがあります。

 

面接時間が短い

「面接時間が短い!」と感じて不安になることもあると思います。

例えば「面接は1時間ほどおこないます」と事前に報告があったのに、30分程度で終了してしまったり。

面接が10分ぐらいの短時間で終わってしまうこともあります。

 

「面接がはやく終わってしまったけど、なぜだろう?」と不安になりますよね。

「もしかしたら不採用なのでは?」と思ってしまいますが、実際はどうなのか?

 

面接が早く終わってしまうのは、いろいろ事情はあると思いますが、こんな理由があります。

 

面接では予定時間をすべて使い切って結果が出るのではなく、途中で結果が出てしまうこともあります。

 

その場で応募者本人には言いませんが、面接中に、

「この人は合格だから、もう終了にしよう」

「この人は不合格だから、もう終了にしよう」

という感じで合否の結果が決まってしまいます。

 

特にベテランの面接官になるとこれまでの面接の経験が豊富にあります。

そのため「企業にとって必要な人材かどうか」が、5分か10分ぐらいで判断できてしまうこともあります。

 

このように早く結果が出てしまったために、面接時間が短くなることがあります。

 

反対に「合否の判断がつかない微妙な人」だと時間内で判断できなくて、色々な質問をしていくうちに面接時間が長くなることもあるのです。

また応募者の緊張を和らげようと選考と関係のない話をしていくうちに、話に夢中になって面接時間が長引くこともあるかもしれません。

 

応募者一人あたりの面接時間は決まっていますが、一次面接など面接する人数が多いときには時間が押してくることもあります。

そのため結果が見えたらそこで終了するなど、時間を短縮する場合もあるでしょう。

最終面接は採用する方向で面接を行えば、面接時間は短くして早々と切り上げる時もあると思います。

 

面接時間が短いからと言って不採用になるわけではありません。

予定時間をすべて使っても、その人のことがすべてわかるわけでもないですし、面接時間を倍にしたところで、その分の情報が得られるわけでもありません。

 

面接時間が短くても合格になる方もたくさんいますので、面接時間の長さだけでは結果はわからないのです。

面接の時間が予定より短かったとしても気にしないようにしましょう。

 

雑談が多い

面接では「志望動機」「自己PR」などのよくある質問はされず、

選考とはあまり関係のない質問をされたり、面接官の一方的な雑談で話が進んでいき、最後は「何か質問はありますか?」と聞かれたので、いくつか質問をして終了。

こんな面接もあります。

 

特に最終面接では雑談が多い企業もあると思います。

いったい雑談をして何がわかるのか?

 

面接開始時は応募者の緊張感をほぐしてあげるために、当たりさわりのない雑談から話を始めることがあります。

ところがこれで話が盛り上がってしまって、雑談する時間が多くなってしまうこともあります。

 

また「志望動機」や「自己PR」などのよくある質問は応募者の方も答えを用意してきています。

それよりも予想外の質問をして相手の反応や対応の仕方を見たり、面接官が一方的に雑談をして話を聞く姿勢や答え方を観察しているのです。

その方が相手の素の部分が見えることもあるのです。

 

そのため「雑談が多い=不合格」とはなりません。

特に最終面接の時は企業の社長や役員との顔合わせが目的で、それ以前に合格者が決まっている場合もあります。

 

しかし最終面接でも落ちる場合はあります。

ただの雑談だと思って気を抜いて、へんな言葉づかいや軽々しい態度を見せないようにしたいですね。

 

面接官がメモを取らない

「面接官がメモを取らないから不合格かもしれない」と思ってしまうときもあります。

 

面接中にメモを取るかどうかは、面接官によって違います。

応募者の話の内容や印象をしっかりメモする人もいますし、逆にメモをしない人もいます。

 

これは

「重要なことはメモしておきたい人」

「メモなどする必要はなく覚えておけば十分という人」

「面接終了後にメモしておく人」

など面接官によってやり方が違うだけです。

 

「メモを取る=応募者に関心がある」

「メモを取らない=応募者に関心がない」

というわけではないのですね。

 

メモをするかどうかだけで合格・不合格を判断することはできません。

 

面接官の態度が冷たい・圧迫面接ぎみ

面接官の態度がそっけなく冷たかったり、ちょっと圧迫面接のような感じで話してくる方もいます。

そんなときは「受かりそうにないな」と感じてしまいますよね。

 

面接官の態度が冷たいとか威圧的な態度で面接をおこなうのは、その面接官の素の性格なのかもしれません。

または応募者のメンタルの部分をためすために、わざとやっているところもあると思います。

ただこれだけで合格・不合格のフラグとは判断できません。

 

まとめ

ここまでいろいろな合格・不合格のサインを書いてきました。

これだけでなく面接の終わりに「またお会いできることを楽しみにしております」など意味深な言葉で応募者を迷わせることありますが…

 

面接官の言葉や態度や行動を観察しても合格・不合格の結果はわかりません。

 

もちろん自分の予想した通りの結果になることもあります。

しかし「これは落ちただろう」と思っていたら合格していたり、「絶対に受かった」と思っていたら不合格になることもよくあります。

 

面接の結果は出てみないとわかりません。

でもいい結果が出ることを期待したいですね。

以上になりますが、面接の時の参考にしてください。

面接
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました