【就活】志望する企業のOB訪問相手の探し方や会うときのマナー

就活

就職活動を始める前に、志望する企業へのOB・OG訪問をする学生も多いと思います。

「OB・OG」とは、Old Boy(男性の卒業生)とOld Girl(女性の卒業生)の省略語ですね。

 

就活でOB・OG訪問(以下OB訪問と省略します)をやらなくても企業から内定をもらうことはできます。

ただ就活前に企業の社員に会って話をすることで「どんな企業なのか?」など、いろんな情報を得ることができます。

 

また「OB訪問をしたいけど相手が見つからない」という方もいますよね。

ここでは「OB訪問相手の見つけ方」や「社員の方に会うときにマナー」などを紹介していきます。

 

OB訪問をするメリット

OB訪問をするメリットとしては、

・どんな企業なのかを知ることができる

・説明会や面接で聞きづらいことも質問できる

・社会人と話す練習になる

という点です。

 

OB訪問は志望する企業の社員の方と会って話を聞き、その企業のことをよりくわしく知るためのものです。

 

OBに会った時の話し合いでは雑談を含めて、

「職場の雰囲気はどんな感じですか?」

「仕事は主にどんなことをしていますか?」

といったことを質問することができます。

 

企業の情報をネットやSNSで集めたり会社説明会で話を聞いても「どんな企業なのか?」イメージが思い浮かばないこともあります。

「もしかしたら仕事が大変なブラック企業かも?」と不安に思う点も出てきます。

そうした不安や疑問をなるべく解消するために、社員の話を聞いて具体的なイメージを持ってもらうための機会でもあるのですね。

 

話の内容によっては、志望先企業の研究やESを書く時にも役立ちます。

企業のことを詳細に知りたいときは、実際に働いている方の話を聞くのが一番わかりやすいです。

そのためにはOB訪問をしておいた方が、就活で役に立ちます。

 

でもOB訪問によって「書類選考や面接で有利になる」とか「コネができる」ということはありません。

そうした期待はしないほうがいいでしょう。

 

OB訪問する相手の探し方

OB訪問をする相手の探し方は、いくつかあります。

・自分の友達や知り合いのつてを頼ってOBを紹介してもらう

・大学の就職課やキャリアセンターからOBを紹介してもらう

・マッチングアプリを利用する

といったところです。

 

まず「OB訪問をしてみたい」と思ったときは、志望先の企業のホームページの採用情報などを見てみましょう。

そこにOB訪問を受け付けているか、受け付けていないかを書いている企業もあります。

受け付けている企業であれば、そこでOB訪問を申し込んでみましょう。

 

そうした情報がない企業に関しては大学の就職課やキャリアセンターへ行って相談してみましょう。

志望先の企業に大学の卒業生が入社していれば、そのOBを紹介してもらえることもあります。

 

または大学の就職課でOBの名簿を見せてもらって、自分で電話などでOBに連絡をして会ってもらえないか交渉するようになります。

もしくは企業に直接連絡してOB訪問をできないか聞いてみる方法もあります。

このの方法はいきなり申し込んでいるわけですから、大学のOBや企業から断られることの方が多いと思いますが、ためしに聞いてみてもいいですね。

 

ほかには大学の友達やゼミの教授、他の学校の友達や知人からの紹介や中学や高校の先輩のつてを頼ってOBを紹介してもらう方法もあります。

どこでつながりがあるかわかりませんので、知り合いのまた知り合いにつながりがないかなど探ってみてもいいですね。

 

訪問する相手が見つからないときは?

今はOB訪問のマッチングアプリがありますので利用してみましょう。

Matcher(マッチャー)は、無料で利用できるOB訪問アプリです。

 

スマホから簡単にOB訪問を申し込むこともできますし、出身大学以外の社会人の方の話も聞くことができます。

気になるプランを探して申し込めば簡単にOB訪問ができますよ。

 

また「ビズリーチ・キャンパス」は同じ大学出身の先輩から話を聞くことができるOBOG訪問サービスです。

2018年5月時点で約22,000名のOBOGが登録しており、その数はOB訪問サービスの中で最も多いです。

 

社会人の登録者数が多いため、幅広い業界の方と出会うことができますので非常に便利ですよ。

スマホで簡単にできますので、OB訪問をする方は下の公式サイトから一度試してみてください。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

OB訪問するときのマナーや注意点

OB訪問を受け付けている企業は、就活生の訪問に社員が「仕事」として対応しているところもあります。

これによって企業も自社のことを知ってもらって、多くの学生に来てほしいと思っているのですね。

 

しかしOB訪問の対応は仕事としての扱いにはしてもらえない企業もあります。

この場合は仕事としてではなく、無償で相談に乗ってくれる親切な社会人の方もいらっしゃいます。

 

毎日会社でいそがしく働いている中で、貴重なプライベートの時間を割いて会ってもらえることになります。

そのため連絡を取るときや会ったときのマナーなどは気を付けたいですね。

 

この時のマナーや注意する点としては、

・企業のことはホームページなどで調べておく

・質問内容は事前に考えておく

・会って話をする日時や場所はOBの都合に合わせる

・待ち合わせの時間には遅れないようにする

・時間を割いてくれたことに対してお礼を言う

・話の最中に必要なことはメモを取る

・話が終わり別れる時にお礼を言う

という点です。

 

会社の下調べや質問内容は考えておく

まずOB訪問の前にホームページやSNSなどでどんな企業なのかを調べておきましょう。

下調べしておかないと相手の話もよくわからないですよね。

 

質問する内容も事前に考えておきましょう。

「会社の雰囲気」「仕事内容」やその他自分で聞きたいことなど、忘れそうなときはメモに箇条書きで書いておきましょう。

聞きたいことを事前にメールなどで送って相手に伝えておいてもいいですね。

 

質問したいことも何十個も用意してきて、それをひとつひとつ尋ねる方もいます。

それだと「警察の尋問」みたいになってしまって、相手に威圧感や不快感を与えるだけになってしまうときもあります。

 

話をしていて楽しくないと相手も心を開いて相談に乗ってくれません。

ネットや本で調べて簡単に分かるようなものは質問から省いて、本当に聞きたいことだけにすることも必要です。

 

またESの添削などをお願いする方もいますが、引き受けてくれるかどうかは相手次第です。

ESを見た感想を教えてくれる方もいますが「こうすれば受かるよ」というような選考に関するアドバイスは期待しない方がいいでしょう。

ESを見てくれないときはあまり無理強いしないほうがいいですね。

 

待ち合わせする場所や気をつけること

会社勤めの方は仕事が忙しいので、基本は引き受けてくれたOBの方に都合を合わせましょう。

待ち合わせをするときには、

待ち合わせの日時(平日の夜とか)

待ち合わせ場所や話をする場所(喫茶店やファミレスなど)

参加者の人数

話し合いは何時間ぐらいするのか(1時間とか)

 

をお互いに決めておくといいですよ。

 

初対面の時は、当日の服装(スーツ)や持ち物の特徴を知らせて相手がわかるようにすることもお忘れなく。

服装はスーツと私服のどちらでもかまいませんが、私服の場合は身だしなみには気をつけましょう。

当日は遅れないように待ち合わせ場所に行き、会ったときには自分の名前と時間をつくって会ってくれたお礼を言いましょう。

 

相手から名刺を渡されたときは受け取るだけにします。

学生は自分の名刺を用意する必要はありません。

 

また話の最中に聞いた大事なことはメモ帳などに書いておきましょう。

そして話が終わって別れる時には「今日はありがとうございました」などのお礼を言っておきましょう。

 

その日の夜か翌日にはお礼のメールを書いて送信しておきたいですね。

いかがでしたでしょうか。

以上になりますが、OB訪問する際の参考にしてみてください。

就活
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました