「内定なし」のまま大学を卒業するとどうなるのか?

就活

最近の大学生の就職内定率は高いですが…

大学在学中に就職活動をしたけど「内定がひとつも取れないまま卒業」という方もいます。

企業とご縁がなかったのだと思いますが、そうなるとちょっと辛いですよね。

 

または就職活動などまったくしないで大学卒業をむかえる方もいます。

「バイトやサークルなどに打ち込みすぎて就職活動をしなかった」とか「そもそも就職するのがイヤだった」という方もいるでしょう。

このように内定ゼロのまま大学を卒業するとどうなるのか?

 

大学卒業後の4月1日からはどうなる?

大学4年の3月末で大学を卒業すれば、もう大学に行く必要はありません。

卒業後の4月からの進路が何も決まっていなければ、世間的に言えば「無職」になります。

パートやアルバイトの仕事をしていれば「フリーター」になりますね。

 

4月になって大学の同級生たちがそれぞれの会社に出勤する中、行くところもやることもなければ「この先、どうなるんだろう?」と不安になりますよね。

または「自分の好きなことができる!」と前向きにとらえて、自分のやりたいことをする方もいるでしょう。

 

人それぞれ感じ方もやることも違いますが、基本的に卒業後は以下のとおりに分かれます。

・既卒として就職活動をする

・大学院や専門学校などへ進学する

・海外へ留学する

・フリーターとして過ごす

・無職として過ごす

ほかにも「公務員試験を受ける」「自分で会社をつくる」「実家の手伝いをする」「旅に出る」など、自分のやりたいことをはじめる人もいますが、おおむねそんな感じになります。

 

既卒として就職活動をする

既卒(きそつ)とは、大学などの学校を卒業した後の職歴のない求職者のことを言います。

おそらく内定なしで卒業した多くの方は、卒業後も就活を続けると思います。

既卒者は大学卒業後も新卒採用の求人に応募できます。

 

4月になれば現役の大学生の就職活動も始まっていますので、それに乗り遅れないようしないといけません。

そして大学を卒業した既卒者の就職活動は、在学中より厳しくなると思っておきましょう。

まず企業の求人の募集要項を見て、既卒でも応募できるかどうか確認しないといけません。

 

「既卒者が新卒採用に応募できるのは学校卒業後の3年まで」と言われています。

しかし求人の募集要項を見てみると「応募できるのは在学生のみ」とか「既卒者1~2年が対象」と書いてある求人も見かけます。

企業によっては既卒者が応募できない求人もありますので、在学中よりもエントリーできる数は限られてきます。

 

また既卒で就活するときは「在学中に内定がひとつももらえなかった」ことが、企業の採用担当者の心証を悪くしてしまうこともあります。

「在学中にどこの企業からも内定が出なかったということは、あまりいい人材ではないのでは?」と思われてしまうのです。

そんなイメージをくつがえすためにも、既卒の時はアピールする方法もよく考えていった方がいいですね。

 

また就職活動をするときは交通費などでお金がかかりますので、アルバイトをしながら就活する方も多いでしょう。

もう大学に行く必要はないので就活とバイトを両立したけど、忙しくてなかなか良い結果も出なくて途中であきらめてしまう方もいます。

既卒の就職活動はむずかしさも増しますので、そんな状況もふまえて就活をおこなった方がいいですね。

 

大学院・専門学校・海外留学という進路

大学卒業後は大学院に進学してから就職というコースもあります。

それ以外にも「海外の大学へ進学する」とか「専門学校へ行く」という方もいます。

 

「海外の大学へ行って勉強してみたい」とか「専門学校で資格を取りたい」とか、または在学中の就活がうまくいかなくて、そうした進路を選ぶ方もいるでしょう。

でも「海外へ留学」や「専門学校へ進学」をしても、就活で有利になることはありません。

 

なぜなら「企業がそうした進路を望んでいないから」です。

企業側が求めている人材は「大学・大学院の卒業生」なのです。

 

そこからちょっと寄り道してほかのことを学んだからといって、その成果がプラスされて就活に有利になることはありません。

本当は大学卒業後に間を置かずに就職した方が条件の良い会社に就職できるのです。

 

ただ海外留学の場合はしっかり勉強して大学を卒業することができれば、それを評価してくれる企業もあると思います。

大学卒業後に専門学校に進学するのは、進学先をよく調べておかないとムダに時間とお金を浪費するだけになりますので気をつけましょう。

海外留学や専門学校へ行くときは、その後の就職のこともしっかり考えておきたいですね。

 

大学卒業後はフリーターか無職

大学卒業後はパート・アルバイトをして生活するか、無職になる方もいます。

20代前半の年齢だと「まだ学生の時のように自由に過ごしたい」とか「就職はあせらなくても大丈夫だろう」と考えて、卒業後はフリーターや無職という方も多いです。

 

パートやアルバイトの仕事をすれば、ある程度の生活費も稼げますし、仕事以外の時間は自由に使うことができます。

また仕事は何もしないで親から仕送りをもらって自由気ままに生活している方もいるでしょう。

フリーターや無職で生活ができてしまうと、それが居心地がよくてそのまま何年も同じ状態のままという人もいます。

 

でもそんな生活はいつまでも続けていられません。

年齢を重ねるごとに就職するのがむずかしくなっていきますし、パートやアルバイトの職歴などは就職活動で役に立ちません。

どこかでフリーターや無職の生活を断ち切って、将来のことを真剣に考えないといけないときが来ます。

 

フリーターや無職は大卒の資格が生かせるうちに…

パートやアルバイトの仕事を何年続けても収入が増えるわけではないですし、バイト先の都合で急にクビになることもあります。

クビになってから次の仕事を探そうと思っても、職歴がないことで正社員の仕事に採用されないこともあります。

 

正社員になれなければ、派遣社員やパート・アルバイトの仕事を探すようになります。

しかし派遣社員やパート・アルバイトの非正規の仕事だと、給料も安くて雇用も安定していません。

そのうちに年齢の高さや職歴がないために非正規の仕事から抜け出せなくなる可能性も出てくるのです。

 

30代や40代で非正規の仕事をしている方も多いですが、給料が多くないためにぜいたくすることもできません。

そのような低賃金だと結婚をして家族を持つことも難しくなりますし、老後の親の面倒を見るのも大変です。

何より自分が歳を取ってからだが衰えてきたときに、貯蓄もなくて低賃金だと、病気やケガをしたときに非常に心細くなります。

 

20代のときは就職先も比較的簡単に見つかりますし、この時期に将来に備えて仕事をしたほうがいいのです。

 

「大卒」の資格は大学在学中の新卒採用の時に一番効力を発揮しますが、卒業してからは徐々にその効力を失っていきます。

「既卒は3年以内」というのも、その影響ですね。

たとえ東京大学などの一流の大学を出ていても「卒業後はフリーター生活が長くて30歳で職歴なし」となれば、企業側も採用するのをためらうでしょう。

 

既卒で新卒採用に応募して内定がもらえなかったら、中途採用の求人を見て条件の良い仕事先を探しましょう。

中途採用だと新人教育などはおこなってくれませんが、20代であれば未経験で雇ってくれる条件の良い企業はあります。

 

フリーターや無職でいるのは楽しいですが、そのツケはいつかどこかで払わされます。

自分の10年後や20年後の姿を想像してみて、思い立ったら就職活動をしていきましょう。

 

学生と企業のマッチングサービス

就職活動を続けている学生の方も多いと思います。

就活生には学生と企業の希望をマッチングさせる「MeetsCompny(ミーツカンパニー)」をおすすめしております。

 

こちらでは企業の社長や人事責任者と座談会形式での選考がおこなわれます。

就活生はリラックスして自分をアピールできますし、企業のことも深く知ることができますよ。

評価次第では1次面接などは免除されて、短期間で企業から内定が出ることもあります。

 

(上の写真は座談会風景です)

もちろん企業の紹介だけではなく、個別面談などを通じてアドバイザーに就職活動をサポートしてもらえます。

興味のある方は下記の公式サイトよりエントリーしてみてください。

 

⇒ MeetsCompanyに無料エントリー

 

ここでは大手の就活サイトにはない、就活生が知らない優良企業に出会うこともできます。

お気軽にイベントに参加してみてください。

就活
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました