就活しない大学生は大学卒業後にどんな進路をたどるのか?

就活

今は大学在学中に就職活動のセミナーや講座を開いているところも多くなりました。

そのために大学3年の時期になれば、多くの大学生が就職活動をはじめるようになります。

しかし中には、ほとんど何もしない人もいるのですね。

「在学中に就活しないまま大学を卒業をするとどうなるのか?」を説明していきます。

 

就活をしない理由

就職活動の時期になれば、まわりの同学年の人たちがリクルートスーツを着て会社回りをするようになります。

「まわりの友達が就活を始めたから、自分も就活を始めた」というのならわかります。

でも「私は就職したくない」と最初から拒否をしていたり、特に危機感もなく「将来はなんとかなるだろう」という感じで何もしない人たちもいるのです。

「就職活動をはじめたほうがいいよ」と忠告しても、まったくやろうとしない人もいます。

 

就活しない人の理由は、

長時間労働やノルマの厳しさなどブラック企業のイヤなうわさを聞いているため、就職活動をすることや企業で働くことに対して嫌悪感を持っていたり、

「就職する以外に何かほかの違うことをしたい」など将来の夢を持っていたり、

「大学卒業後に就職するという実感がわかない」とか「在学中は忙しかったので卒業後はのんびりしたい」といった理由だったり、

単に情報不足でうっかり就職活動に乗り遅れた人もいるでしょう。

 

卒業後に進学も就職もしない人の人数

学校基本調査によりますと、大学卒業後に進学も就職もしない人は毎年、一定数います。

2019年度(平成31年)の全国の大学卒業者数は572,639人です。

そのうち卒業後にフリーターになったのが8,165人で全体の約1.4%。

卒業後の進路未定者が38,232人で全体の約6.7%になります。

卒業年度卒業者数フリーター進路未定者数
2019年572,6398,16538,232
2018年565,4368,68439,854
2017年567,7639,18344,182
2016年559,67810,18448,866

出典:学校基本調査 大学 関係学科別 状況別 卒業者数

近年は大学生の就職内定率も高いので、卒業後にフリーターや無業になる人は少なくなっているようですね。

 

また、上の「進路未定者数」の内訳を見てみましょう。

進路未定者数は「進学準備中の者」「就職準備中の者」「その他」に分けられます。

「就職準備中の者」は、大学卒業後に既卒として就職活動をしている人になります。

「その他」は、おそらく家事手伝いなど、進学も就職も考えていない人になります。

卒業年度進路未定者数進学準備中の者就職準備中の者その他
2019年38,2322,11318,71717,402
2018年39,8542,02920,43617,389
2017年44,1822,43822,93518,809
2016年48,8662,33425,59820,934

出典:学校基本調査 大学 大学卒業者のうち 左記以外の者の数

その他の人数が多いのが意外でしたが、進学も就職もしない人の内訳はこのようになっています。

 

大学卒業後の4月1日からはどうなる?

大学4年の3月末で大学を卒業すれば、もう大学に行く必要はありません。

卒業後の4月からの進路が何も決まっていなければ、世間的に言えば「無職」になります。

パートやアルバイトの仕事をしていれば「フリーター」になりますね。

 

4月になって大学の同級生たちがそれぞれの会社に出勤する中、行くところもやることもなければ「この先、どうなるんだろう?」と不安になりますよね。

反対に「自分の好きなことができる!」と前向きにとらえて、自分のやりたいことをする方もいるでしょう。

 

人それぞれ感じ方もやることも違いますが、基本的に卒業後は以下のとおりに分かれます。

・既卒として就職活動をする
・大学院や専門学校などへ進学する
・海外の学校へ留学する
・フリーターとして過ごす
・無職として過ごす

ほかにも「公務員試験を受ける」「自分で会社をつくる」「実家の家業を継ぐ・手伝いをする」など、自分のやりたいことをはじめる人もいますが、おおむねそんな感じになります。

 

既卒として就職活動をする

既卒(きそつ)とは、大学などの学校を卒業した後の職歴のない求職者のことを言います。

「在学中に就職活動をしなかったけど、やっぱり就職したい」という人は、卒業間近の春からでも来年に向けて就活をはじめるでしょう。

 

既卒者は大学卒業後も3年以内は新卒採用の求人に応募できます(厚生労働省)。

4月になれば現役の大学生の就職活動も始まっていますので、それに乗り遅れないようしないといけません。

そして大学を卒業した既卒者の就職活動は、在学中より厳しくなると思っておきましょう。

 

まず企業の求人の募集要項を見て、既卒でも応募できるのかどうか確認しないといけません。

求人の募集要項を見ると「応募できるのは在学生のみ」とか「既卒者1~2年が対象」と書いてある求人も見かけます。

既卒者が応募できない求人もありますので、在学中よりもエントリーできる数は限られてきます。

 

既卒の就職活動はむずかしさが増す

既卒で就活するときは「在学中に内定がもらえなかった」ことが、企業の採用担当者の心証を悪くしてしまうこともあります。

「在学中にどこの企業からも内定が出なかったということは、あまりいい人材ではないのでは?」と思われてしまうのです。

または「在学中に他企業から内定はもらえなかったの?」という質問をされることもあるでしょう。

それに対する答えも用意しておかないといけません。

 

そして「在学中に就職活動をしなかった」ことを正直に伝えれば、「なぜ就活しなかったのか?」ということを面接で質問されて、それにうまく答えられないと印象も悪くなってしまいます。

「在学中に就職活動をしなかった」ことは企業の人事担当者にバレることはありませんので、正直に伝える必要はありませんが…

既卒の時はアピールする方法もよく考えていった方がいいですね。

 

また就職活動をするときは交通費などお金がかかりますので、卒業後はアルバイトをしながら就活する方もいると思います。

もう大学に行く必要はないので就活とバイトを両立したけど、忙しくてなかなか良い結果も出なくて途中であきらめてしまう方もいます。

既卒の就職活動はむずかしさも増しますので、そんな状況もふまえて就活をおこなった方がいいですね。

 

大学院・専門学校・海外留学という進路

大学卒業後は「大学院に進学してから就職」というコースもあります。

特に理系の学部であれば、大学院に進学して卒業してから就職というコースを取る方も多いです。

それ以外に「海外の大学へ進学する」とか「専門学校へ行く」という方もいます。

 

「海外の大学へ行って勉強してみたい」とか「専門学校に行って資格を取りたい」とか、または在学中の就活がうまくいかなくて、そうした進路を選ぶ方もいるでしょう。

でも「海外へ留学」や「専門学校へ進学」をしても、就活で有利になることはありません。

なぜなら「企業がそうした進路を望んでいないから」です。

 

企業側が求めている人材は「大学・大学院の卒業生」なのです。

そこからちょっと寄り道してほかの学校へ行って学んだからといって、その成果がプラスされて就活に有利になることはありません。

海外の大学や専門学校で学んだ知識が就活で必要というならともかく、そうしたことが求人の募集事項に書いてなければ有利にならないのです。

海外の大学へ留学したり専門学校へ進学すれば、その後の就活の面接のときにその進路を取った理由を聞かれると思います。

そのときに明確な動機や目標も話せず、あいまいな答えをしていたら、逆に印象が悪くなってしまうのですね。

本当は大学卒業後に間を置かずに新卒で就職活動をした方が、条件の良い企業に入社できるのです。

 

ただ海外留学の場合はしっかり勉強して大学を卒業することができれば、それを評価してくれる企業もあると思います。

大学卒業後に専門学校に進学するのは、進学先をよく調べておかないと、ムダに時間とお金を浪費するだけになりますので気をつけましょう。

海外留学や専門学校へ行くときは、その後の就職のこともしっかり考えておきたいですね。

 

大学卒業後はフリーターか無職

大学卒業後はパート・アルバイトをして生活するか、無職になる方もいます。

大学在学中のように自由に時間が使える感じが忘れられずに、就職などしないで気ままに過ごしたいという人もいたり、

または、在学中は実習などでいそがしかったため、卒業後はちょっとゆっくりしたいという人もいるでしょう。

20代前半だと「まだ学生の時のように自由に過ごしたい」とか「就職はあせらなくても大丈夫だろう」と考えて、卒業後はフリーターや無職という方もいます。

 

それにパートやアルバイトの仕事をすれば、ある程度の生活費も稼げますし、仕事以外の時間は自由に使うことができます。

または親から生活費をもらうだけでアルバイトもしないで、自分の好きなように時間やお金を使って生活をしている人もいるでしょう。

フリーターや無職で生活ができてしまうと、それが居心地がよくてそのまま何年も同じ状態のままという人もいます。

でもそんな生活はいつまでも続けていられません。

 

何年も経つと、正社員として就職するのがむずかしくなっていきますし、パートやアルバイトの職歴などは就職活動で役に立ちません。

どこかでフリーターや無職の生活を断ち切って、将来のことを真剣に考えないといけないときが来ます。

 

大卒の資格が生かせるうちに就職する

パートやアルバイトの仕事を何年続けても収入が増えるわけではないですし、バイト先の都合で急にクビになることもあります。

クビになってから次の仕事を探そうと思っても、職歴がないことで正社員の仕事に採用されないこともあります。

正社員になれなければ、派遣社員や契約社員やパート・アルバイトなどの非正規の仕事を探すようになります。

しかし派遣社員や契約社員やパート・アルバイトの仕事は、給料が安いところが多く雇用も安定していません。

そのうちに職歴なしのために、非正規の仕事から抜け出せなくなる可能性も出てくるのです。

 

30代や40代で非正規の仕事をしている方も多いですが、給料が多くないためにぜいたくすることもできません。

そのような低賃金だと結婚をして家族を持つことも難しくなりますし、老後の親の面倒を見るのも大変です。

何より自分が歳を取ってからだが衰えてきたときに、貯蓄もなくて低賃金だと、病気やケガをしたときに非常に心細くなります。

 

20代のときは就職先も比較的簡単に見つかりますし、この時期に将来に備えて仕事をしたほうがいいのです。

「大卒」の資格は大学在学中の新卒採用の時に一番効力を発揮しますが、卒業してからは徐々にその効力を失っていきます。

たとえ一流大学を出ていても「卒業後はフリーター生活が長く、30歳で職歴なし」となれば、企業側も採用するのをためらうでしょう。

 

卒業後3年以内の既卒者は新卒枠に応募できますが、それで就職できなかったら、未経験者を採用してくれるの中途採用の求人に応募するようになります。

既卒で新卒採用に応募して内定がもらえなかったら、中途採用の求人を見て条件の良い仕事先を探しましょう。

中途採用だと新人教育などはおこなってくれませんが、20代であれば未経験で雇ってくれる条件の良い企業はあります。

フリーターや無職でいるのは楽しいですが、自分の10年後や20年後の姿を想像してみて、思い立ったら就職活動をしていきましょう。

就活
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました