転職したことがない人よりも転職回数が多い人の方が優秀に感じることはある

私は面接官をやっていて、いろんな応募者を見ていると、優秀な人は転職回数も多い傾向があるように思えます。

優秀な人は他社から引き抜かれることも多いし、自分でやりたいことを見つけたらほかの会社に移ることもちゅうちょしないし、自分の売り方もよく知っているという感じです。

仕事への向上心や好奇心があって、1つの会社にずっととどまるという人はそれほど多くないのでは。

逆に10年以上同じ会社で働いている人というのは、野心や好奇心がそぎ落とされたような感じで、どちらかというと、これまでの自分の仕事に固執して視野が狭い感じで消極的な印象がするといった印象です。

 

刺激の少なさはキャリアの減退につながる

これはどの仕事でもそうですが、同じ仕事を続けていれば飽きてきます。

同じ仕事を10年以上も続けていればベテランの域まで達することができますが、それ以上になると、学べることも徐々に少なくなっていきます。

そして同じ職場で顔ぶれが変わらない同僚たちと一緒に仕事をしていれば、刺激も少なくなってぬるま湯につかったような状態にもなっていくでしょう。

同じ仕事、同じ職場、同じメンバーで毎日過ごしていれば、もう世界を冒険することを終えてしまい、ただ自分のレベルを上げるだけのドラクエみたいな人生になります。

あまり刺激がない日常と引き換えに、好奇心や向上心というものは年とともになくなっていきます。

もしかしたら「私には今の仕事が合っている」と自分に言い聞かせて、あえてよけいな冒険はしないようにしている人もいるでしょう。

そんな人は転職など考えないですよね。

 

転職を繰り返しても高給の人は多い

「私には転職はできそうにない」とか「転職すれば年収が下がりそう」と考える人もいます。

実際に転職して年収が下がる人が多いですが、そうならないように転職先を選べばいいだけ。

まだやってもいないのにネガティブに考えるのは損です。

転職回数が多い人に共通するのは「ガマンしないこと」です。

「たくさんの仕事を押し付けられてやってらんねぇ」とか「今の上司の下で働くのはイヤだ」と感じたら、さっさとほかの会社に転職してしまいます。

仕事のスキルや実績がない人は、転職を繰り返すたびに年収は減っていきますが、反対にスキルや実績がある人は現職と同程度かそれ以上の年収の企業へ転職ができてしまいます。

スキルがある転職経験者は「いやになったら今の会社を辞めて他に行けばいいだけ」という自信があるのです。

「転職を繰り返すと年収が下がっていく」というのが一般的な見方ですけど、実際には転職回数が多くても年収が上がっていく人もいるのですね。

「転職経験者のブログ」を書いている人

(やまよし おさむ)
↑更新中のTwitterはこちらから。

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。
応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。
応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職活動
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました