冷たい缶コーヒーをあたためる方法【缶が1分で熱々になる!】

生活

冬の時期に冷たい缶コーヒーを飲むときは、みなさんどうしていますか?

寒いときに缶コーヒーをそのまま保存しておくと、中身は冷たいままであまり飲みたくならないですよね。

 

「できれば缶コーヒーをあたためて飲みたいけど…」温め方がよくわからないときもあります。

石油ストーブの上に缶コーヒーを置いたり、そのまま電子レンジにかけたりする方もいるかもしれませんが、そのような方法で温めるのはやめておきましょう。

 

缶コーヒーの注意書きには、

温めるときは、容器のまま直火、電子レンジにかけないでください。破裂するおそれがあります。また、内容液によるヤケドにご注意ください。

と書いてあります。

 

缶コーヒーを直接火であぶって温めたり、電子レンジを使って温める方法は、缶が破裂したり、破裂した際に熱くなった液体のコーヒーが皮膚についてヤケドをするおそれがあるので、やめておきましょう。

 

自宅でもできる一番簡単な缶コーヒーのあたため方は、熱湯であたためる「湯せん」という方法です。

「湯せん」というのは、熱いお湯の中に缶コーヒーを入れてあたためるのですね。

私もよくやっている方法ですが、あたたかい缶コーヒーが飲みたいときは試してみてください。

 

湯せんで缶コーヒーをあたためる方法

自動販売機やコンビニやスーパーには、このような缶コーヒーが売っています。

上の写真の缶コーヒーは「サントリーBOSS無糖ブラック」185gのスチール缶です。

大きさや形状や材質など、同じような缶コーヒーが多いですよね。

 

この缶コーヒーのあたためかたは、まず100円ショップで缶コーヒーが入る大きさのマグカップを買ってきます。

100円ショップにも缶コーヒーがありますので、それでマグカップの大きさをはかって買ってみましょう。

 

マグカップから缶コーヒーが少し上に出ているぐらいのほうが取り出しやすいです。

 

お湯をそそぐ場合は、ポットよりも電気ケトルややかんのような注ぎ口がついたものがやりやすいです。

まずマグカップに缶コーヒーを入れて、マグカップにお湯をこぼれない程度に注ぎます。

 

そうすると缶コーヒーはお湯にあたためられて熱くなっていきます。

お湯は熱を奪われてぬるま湯になっていきますので、30秒ぐらいしたら、一度マグカップのお湯は捨てましょう。

そしてまたマグカップにお湯を入れて缶コーヒーをあたためます。

 

30秒ぐらいすると缶が熱くなってきますので、これでアツアツの缶コーヒーになります!

 

ボトル缶の缶コーヒーをあたためる方法

またサイズの大きい缶コーヒーもあります。

 

上の缶コーヒーは「プレミアムボス・ブラック」390gボトル缶

ボトル缶ぐらいの大きさになると、マグカップにはちょっと入らなくなりますよね。

 

そんなときは耐熱用のプラスチック容器などを使ってみましょう。

 

こうした容器は100円ショップに売っています。

ほかにもボトル缶が入る大きさで耐熱用の容器なら何でもいいです。

 

プラスチック容器に缶コーヒーを入れて、こぼれないぐらいにお湯をそそぎます。

 

缶コーヒーが半分ぐらいしかお湯につかっていませんが…

 

この状態でもけっこうあたたまります。

 

熱湯なら2~3分ぐらいこのままおいておけば、缶がけっこう温かくなります。

もっと深い容器を使って缶コーヒー全体がお湯につかった方がはやく温まりますが、上のような容器でも十分あたたまります。

ぜひ試してみてください。

 

お湯をすぐに沸かすには「電気ケトル」が便利です。

電気ケトルはポットのようなお湯の温度を保つ保温機能はついていませんが、1~2分でお湯が沸きますし、注ぎ口もついているので使い勝手がいいです。

 

電気ケトルは上のふたが開いて、そこから水を入れるのですが、缶コーヒーも一緒に入れることができます。

お湯が沸いた後に電気ケトルの中に缶コーヒーを入れてもいいのですが、蒸気でやけどをしてしまうこともあります。

 

湯せんをするときには、お湯を別の容器に移して缶コーヒーをあたためるようにしましょう。

 

電気ケトルはアマゾンにも売っていますが、ホームセンターや家電量販店にも売っています。

 

いかがでしたでしょうか。

冷たい缶コーヒーをあたためて飲むときは、ぜひ試してみてください。

生活
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました