ハローワーク求人の検索や応募の仕方【初めて利用する方向け】

転職活動

ハローワークを利用して就職・転職先を探している方も多いと思います。

ここでは「ハローワーク求人検索の仕方や応募するまでの手順」を紹介していきます。

 

初めてハローワークへ行って登録する方は下の記事をごらんください。

在職中だけど初めてハローワークへ行ってみた【登録の仕方を紹介】
「仕事を探すためにハローワークに行きたいけど、なんとなく怖いので行けない」 という方もいますよね。 行ったことがない方にとっては「ハローワークはちょっと近寄りがたい場所」という感じもあると思います。 でもハローワー...

 

ハローワークの求人を検索する方法

ハローワークで求人を探す方法は2通りあります。

・スマホやパソコンやタブレットで求人検索する

・ハローワークのパソコンで求人検索をする

です。

 

自宅や外出先にいる時でも自分のスマホやパソコンやタブレットからハローワークの求人検索ができます。

ハローワークインターネットサービスの「求人情報検索」から求人を探すことができるのですね。

ここはハローワークに登録をしなくても誰でも求人を見ることができます。

 

またハローワークに設置してある「求人検索専用のパソコン」があります。

こちらもハローワークに登録していなくても利用できますが、登録した方が事業所名(企業名)などのくわしい求人情報を見ることができます。

 

パソコンと一緒にプリンターもあり、求人票を用紙に印刷して持ち帰ることもできます。

印刷できる用紙の枚数は限りがありますので気をつけましょう。

求人検索のパソコンはハローワークの利用時間内しか使うことができません。

 

またハローワークの求人情報は全国で一元化されていますので、地元の求人だけでなく全国の求人も見ることができます。

そして最新の求人情報は朝の午前6時頃に更新しています。

 

求人に応募する方法

応募したい求人を見つけたら、求人票を用紙に印刷するか、求人票の「求人番号」をメモしておきます。

そして窓口へ「この求人に応募したいのですけど」と言って求人票を見せるか求人番号を伝えます。

あとはハローワークの職員と面談になります。

 

面談の時は職員から「この求人はこれまで5名ほど応募しています」などの求人に関する情報を教えてもらえることもあります。

ほかにも応募書類の作成に関するアドバイスなどもしてくれますよ。

職員と面談して応募することが決まったら、職員がその場で求人先の企業に電話をして申し込んでくれます。

 

求人先の企業の採用担当者からOKが出たら、書類選考や面接をおこなうようになります。

選考の仕方は企業によって違いますが、中途採用は履歴書や職務経歴書が必要になりますので用意しておきましょう。

 

そして応募することが決まると職員が「紹介状」を発行してくれます。

「紹介状」があると採用されやすくなるわけではないのですが、履歴書と一緒に企業の採用担当者に提出します。

紹介状を複数発行してくれて、複数の求人を同時に応募することもできますので職員にたずねてみてください。

 

書類選考があるときは「履歴書」「職務経歴書」「紹介状」「送付状」を封筒に入れて応募先の企業へ郵送します。

送付状をパソコンで作成する方法と用紙に印刷するまでの手順を紹介
新卒の就職活動の時はエントリーシート(es)や履歴書を、 転職活動の時は履歴書と職務経歴書の応募書類を封筒に入れて郵送します。 それらの応募書類と一緒に「送付状(そうふじょう)」(添え状とも言う)を同封します。 ...
履歴書を入れる封筒の選び方と応募先企業への郵送の仕方
求人に応募するときには、その企業宛に応募書類(履歴書やエントリーシート、職務経歴書)を郵送することが多いです。 しかし新卒の就職活動や転職活動のときは応募書類の郵送の仕方やマナーなどは忘れてしまっている方も多いですよね。 ...

 

書類選考がないときは面接日程を決めます。

そして面接の時に「履歴書」「職務経歴書」「紹介状」を持参して企業の採用担当者に渡すようになります。

会社説明会や面接時に履歴書を持参して採用担当者に手渡すまでの手順
新卒の就職活動や転職活動では書類選考する場合、履歴書などの応募書類は封筒に入れて企業へ郵送することになりますが… 会社説明会や面接のときに「履歴書を持参してください」と伝えてくる企業があります。 「履歴書などの応募書類を...

これが応募するときの流れですね。

 

合否の結果が出たときは?

応募した企業の面接が終了した後、何日かたってから合否の結果が届きます。

合否の連絡は電話やメールなどで伝えられることが多いです。

 

面接の時に「面接の結果はいつ頃になるのか?」「結果は電話とメールのどちらで?」を聞いておくといいですね。

 

合否の結果については、ハローワークに伝えなくてもいいと思います。

ハローワークインターネットサービスを見ても「面接後の合否の結果をハローワークに伝えてください」などは書いてありません。

合否の結果は企業からハローワークに連絡が行きますので、応募者は連絡をしなくてもいいのです。

 

合否の結果をハローワークの職員に電話で伝えてもいいですが、伝えなくても注意されることはないです。

ただ失業保険を受給しているときは再就職手当がもらえますので、そのときは合否の結果はハローワークに伝えるようにしましょう。

 

また内定が出たあとは企業の採用担当者と給与や休日や仕事内容などの条件面に関しての話し合いがあります。

応募者はその内容に納得してから内定承諾書などにサインすることになりますが…

 

そのときに「求人票に書いてあったことと違う」とか「内定を承諾していいのか迷う」ときにはハローワークの職員に相談をしてみましょう。

自分だけで悩まずに相談してから入社するか辞退するかを決めてもいいですね。

 

面接のキャンセルや内定を辞退するときには?

また面接のキャンセルや内定の辞退をすることもできます。

「職員に面接の予約を入れてもらったけど、やっぱり面接をキャンセルしたい」というときや、

「企業から内定をもらったけど、よく考えた結果、内定を辞退したい」というときもあります。

 

そのときは応募した企業に自分で電話をして面接のキャンセルや内定辞退することを伝えましょう。

【就活・転職】面接をキャンセルするときの電話・メール連絡の仕方
新卒の就職活動や転職活動では、応募した企業の面接を辞退(キャンセル)することもあります。 面接を辞退する理由としては、 ・面接当日にはずせない用事ができてしまった ・他社に内定が決まった ・風邪などの体調不良で行けな...
【就活・転職】内定を辞退するときの電話・メール連絡の仕方
新卒の就職活動や転職活動では、企業からの内定を辞退することもあります。 「複数の企業から内定をもらったとき」や「入社を考えていない企業の内定をことわるとき」もありますよね。 しかし「内定を辞退するときにどうやって伝えたら...

 

ハローワークの職員に頼めば連絡してくれることもあるようですが、やってくれないこともあるようなので…

そのときには自分でやるしかないですよね。

 

内定承諾書などを企業に提出する前だったら内定の辞退はできますし、面接のキャンセルも採用担当者から文句を言われることもなく受け入れてもらえます。

ことわることはそんなに難しくないですよ。

 

面接をキャンセルした後や内定を辞退した後も、またハローワークへ行って新しい求人を探しましょう。

ハローワークには登録者の求人申し込みの履歴が残っていますので、求人に応募する際に「前回の〇〇会社の面接の結果はどうなりましたか?」と聞いてくると思います。

そのときは「希望する条件が合わないと思いまして面接をキャンセルしました」と答えておきましょう。

 

面接をキャンセルしたり内定を辞退することは応募者本人の判断ですので、ハローワークの職員もそれ以上は何も言ってこないと思います。

 

ハローワークの求人に直接応募はできるの?

ハローワークの求人に応募するときには、職員に申し出て紹介状をもらって、それを企業に提出するのですが…

応募者がハローワークに掲載されている求人に直接電話をして応募することは、ハローワークも認めているようです(よくあるご質問Q1)。

 

ただしハローワークを通さない直接応募の場合は、求人を掲載している企業が助成金を受け取れなくなる場合もあります。

そのため求人の企業に電話をしても「ハローワークで紹介状をもらってきてください」と言われることもあります。

そのときはハローワークへ行って紹介状をもらって応募するようにしましょう。

 

以上になりますが、ハローワークの求人に応募するときの参考にしてください。

転職活動
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました