ハローワークの求人情報の検索方法をわかりやすく説明します

求人

就職・転職活動をおこなっている方の中にはハローワークを利用している方も多いと思います。

メインサイトのハローワークインターネットサービスが、2020年1月6日から大幅にリニューアルされて利用方法が変わりました。

ハローワークインターネットサービスを見て「アレ?今までと違う」と感じた方も多いと思いますが、求人検索のしかたも変更されています。

ここでは新しくなった「ハローワークの求人検索の仕方」をくわしく紹介していきます。

※2019年4月7日に公開した記事ですが、記事内容を修正・追記して2020年8月8日に再度公開しました。

 

ハローワークの求人を検索する方法

ハローワークの求人検索する方法は2通りあります。

・スマホやパソコンやタブレットで求人検索する

・ハローワークに設置されているパソコンで求人検索をする

です。

 

自宅や外出先にいる時でも、ネットにつながっているスマホやパソコンやタブレットからハローワークの求人検索ができます。

またハローワーク内にある端末機(パソコン)でも求人検索ができます。

どちらもハローワークインターネットサービスのサイトを利用することになり、「求人情報検索」から求人を探すことができます。

ハローワークに登録をしなくても求人を見ることができますし、スマホでも求人を見ることができますよ。

またハローワークの求人情報は全国で一元化されていますので、ハローワーク管轄内の求人だけでなく全国の求人も見ることができます。

 

ハローワークのパソコンで求人検索をする方法

ハローワークに設置されている「求人検索専用のパソコン」があります。

こちらでも求人検索ができます。

以前はタッチパネル式でしたが、今はハローワークインターネットサービスと同じ画面になり、マウスを使って操作するようになりました。

パソコンの使う場合は、まずハローワークの窓口の職員に「パソコンを使いたいのですが…」と伝えれば、パソコンの番号が書いてある番号札を渡されます。

その番号のパソコンの席に座って求人検索を始めます。

パソコンと一緒にプリンターもあり、求人票を用紙に印刷(両面印刷)して持ち帰ることもできます。

パソコンの利用時間や求人を印刷できる用紙の枚数は限りがありますので確認しておきましょう。

初めてハローワークへ来た方は、パソコンで「求職申込み(仮登録)」もできます。

求職申込み(仮登録)の仕方や初めてハローワークへへ行くときは、下の記事を参考にしてください。

在職中だけど初めてハローワークへ行ってみた【登録の仕方を紹介】
「仕事を探すためにハローワークに行きたいけど、なんとなく怖いので行けない」という方もいますよね。そんな方のために、ここでは初めてハローワークへ行くときの最初の登録の手順などを紹介していきます。これから行こうとしている方は参考にしてください。

求職申込みの仮登録が終わったら、窓口の職員に仮登録が終わったことを伝えれば、登録完了後にハローワーク受付票がもらえます。

パソコンを使い終わったら、窓口に番号札を返却して終了です。

 

ハローワークの求人をスマホで検索する方法

ハローワークの求人はネットにつながったスマートフォン(スマホ)やパソコンやタブレットで検索できますが、スマホを使って検索する方が多いと思います。

ここではスマホでの検索方法を紹介していきます。

まずはメインサイトであるハローワークインターネットサービスへいきます。

そして「仕事をお探しの方」の「求人情報検索」をタップします。

「求人情報検索」から「求人情報検索・一覧」の画面が出てきます。

このページで求人の検索ができます。

 

求職番号(任意)

最初に「求職番号」の入力画面があります。

ハローワークに求職登録している方は、求職番号を入力します。

求職番号はハローワークに求職登録をしたときに渡された「ハローワーク受付票」に記載してあります。

求職番号は5桁+4~8桁になっており、ハイフンの前に5桁、ハイフンのあとに4~8桁を半角で入力します。

求人情報の中には、事業所の意向により、事業所を特定できる情報(事業所名、所在地、電話番号、代表者名、法人番号等)が公開されていない求人が一部あります。

求職番号を入力することによって、それらの情報を見ることができるようになります。

求職番号を入力しても事業所等の情報が公開されていない求人に関しては、相談窓口に非公開の求人票を渡すと、事業所等が記載された求人票に変えてくれます。

 

また求職番号を入力しなくても求人検索はできます。

ただその場合は、事業所を特定できる情報が非公開になっている求人もありますのでご了承ください。

求人情報をすべて閲覧したい場合には、ハローワークで求職申込みの手続きを行ってください。

 

求人区分(必須)

基本検索条件で求人区分を選択します。

ここでは

「一般求人(フルタイム)(パート)」

「新卒・既卒求人」

「季節求人(季節労働者向け求人)」

「出稼ぎ求人(出稼ぎ労働者向け求人)」

「障害のある方のための求人(フルタイム)(パート)」

のどれかを選択します。

フルタイムとは、正社員のほか、正社員と同じ就業時間で働くことを希望する方。

パートとは、正社員よりも短い就業時間で働くことを希望する方。

「一般求人」と「障害のある方のための求人」は、フルタイムまたはパートを選択できます。

どちらにもチェックを入れない場合は、フルタイムとパートの両方の求人が表示されます。

 

年齢(任意)

自分の年齢を半角数字で入力します。

年齢を入力して検索すると、入力した年齢で応募可能な求人が検索できます。

「不問のみ」を選択して検索すると、年齢の入力の有無に関わらず年齢不問の求人を検索します。

「不問をのぞく」を選択して検索すると、年齢条件がある求人を検索します。

ただし上の【求人区分】で「新卒・既卒求人」を選択した場合には、年齢の入力はできません。

 

就業場所(任意)

就業場所を選択します。

都道府県は3カ所まで選択できます。

都道府県を1カ所選択すると、リストの中から市区町村を5カ所まで選択できます。

パソコンで市区町村を複数選択する場合、キーボードの左下の「Ctrl」キー を押しながらクリックすると複数選択できます。

また就業場所を「埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県」に設定した場合、 詳細検索条件で沿線を指定して検索できる「就業場所の沿線検索」が表示されます。

「詳細検索条件」は下の方にあります。

 

希望する職種(任意)

希望する職種を選択します。

「職種を選択」または「職業分類を選択」から希望する職種を選択できます。

「職種を選択」の場合、「職種を選択」ボタンを押したあとは、「大分類」の職種を選び、「詳細」を選択します。

「詳細」は5職種まで選択できます。

パソコンで「詳細」を検索する場合、キーボード左下の「Ctrl」キーを押しながら職種をクリックすると複数選択できます。

例えば「営業」で複数の詳細を選択すると、上のように「~営業等」という表示になります。

「職業分類を選択」の場合、「職業分類を選択」ボタンを押した後は、職業を選び「下位」ボタンを押していき、最後に「決定」を押します。

 

雇用形態(任意)

雇用形態を選択します。

雇用形態は【求人区分】で「一般求人」または「障害のある方のための求人」を選んだ場合、(フルタイム)か(パート)のどちらかにチェックを入れないと雇用形態の選択ができません。

また「フルタイム=正社員」とは限りません。

正社員の求人を検索したいときは「正社員」にチェックを入れましょう。

「正社員以外」は、契約社員、準社員、嘱託等、正社員以外のものになります。

「有期雇用派遣(労働者・パート)」は、期間を定めて雇用される派遣労働者のことをいいます。

なお、労働者派遣事業者(派遣会社)に登録して、派遣先で働くいわゆる「登録型派遣」については、ハローワークにおいては、既に派遣先が決まっている場合のみ取り扱っています。

「無期雇用派遣(労働者・パート)」は、期間を定めないで雇用される派遣労働者のことをいいます。

 

新着求人(任意)

新着求人を選択できます。

「新着(当日・前日)の求人情報から検索」

「新着(1週間以内)の求人情報から検索」

のどちらかを選択できます。

新着求人だけを見たいときには、ここにチェックを入れて検索してみましょう。

新着求人にチェックを入れなくても、新着求人は表示されます。

 

フリーワード(任意)

フリーワードを選択できます。

フリーワードの検索窓に「職種名」「仕事の内容」「必要な経験等」「免許・資格」「事業内容」などのキーワードを入力して検索できます。

キーワードが複数ある場合、空白(スペース)で区切ることで検索することができます。

「事業所名」を検索する場合は「詳細条件検索」を利用してください。

「OR検索」を選択した場合、入力したキーワードのいずれかを含む求人を検索します。

「AND検索」を選択した場合、入力したキーワード全てを含む求人を検索します。

「NOT検索」を選択した場合、入力したキーワードを含まない求人を検索します。

 

【詳細検索条件】(任意)

詳細検索条件では、さらに詳細な条件を設定して求人を検索できます。

【求人区分】で「一般求人」「季節求人」「出稼ぎ求人」「障害のある方のための求人」を選んだときに選択できる詳細な条件が、

賃金、賞与(前年度実績)、希望する就業時間、時間外、休日、派遣・請負、加入保険等、契約更新の可能性、定年制、入居可能住宅、利用可能な託児施設、就業場所の沿線検索、事業所名、従業員数、希望する産業、学歴、必要な経験等、必要な免許・資格、その他

になります。

「未経験でも応募OK」の求人を探すときには、「必要な経験等」の不問にチェックを入れて検索してみましょう。

 

【求人区分】で「新卒・既卒求人」を選んだときに選択できる詳細な条件が、

学歴、既卒者の応募、賃金、賞与(前年度実績)、希望する就業時間、時間外、休日、年間休日数、派遣・請負、加入保険等、契約更新の可能性、入居可能住宅、就業場所の沿線検索、事業所名、希望する産業、その他

になります。

詳細検索条件は、新卒採用と中途採用で多少の違いがあります。

ちなみに「請負」とは、ある仕事を請け負って完成させるかたちの就業形態です。

請負の求人の場合、事業所の場所と就業場所が異なる場合や、非正規従業員であることが多いです。

また「その他」には、自宅でも勤務可能な「在宅勤務」の選択項目があります。

「その他」に必要な項目があったらチェックを入れて検索してみましょう。

 

あとは「検索」ボタンを押すと、求人の検索ができます。

 

求人番号・事業所番号を指定して検索(任意)

求人票には求人番号や事業所番号が記載されています。

求人番号や事業所番号をひかえた場合は、こちらから求人番号や事業所番号を直接入力して求人を検索できます。

検索結果と求人画面

検索ボタンを押すと、例として、下のような求人を見ることができます。

下の「詳細を表示」から、より詳細な求人情報が閲覧できます。

上の求人は事業所名が公開されていませんが、事業所名が公開されている求人もあります。

 

このようにスマホでもハローワークの求人検索ができます。

求人検索の方法は、基本的には自宅でスマホやパソコンやタブレットなどで求人を検索します。

その中で気になる求人を見つけたらハローワークに出向いて求人票を印刷して職員に相談して応募する方がいいかと思います。

以上になりますが、ハローワークの求人検索の参考にしてください。

求人
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました