フリーターから正社員になるにはどのように行動したらいいのか?

「今はフリーターをしているけど、そろそろ正社員の仕事を探したい」という方もいると思います。

ここではフリーターから正社員になるための仕事の探し方を紹介していきます。

フリーターの方は参考にしてください。

 

フリーターの就活のしかた

フリーターが正社員求人を探す方法としては、

・転職サイトで求人を探す
・ハローワークで求人を探す
・就職情報誌で求人を探す

などがあります。

 

転職サイトで正社員求人を探すことができます。

転職サイトは「リクナビネクスト」や「マイナビ転職」や「エン転職」など、なんでもかまいません。

まずは「どんな仕事につきたいのか?」をよく考えてみましょう。

そして転職サイトの求人検索で「未経験者OK」と入力して、未経験でも応募可能な求人を探してみます。

その中から気になった求人を探して応募してみるといいですね。

 

ハローワークでも正社員求人を探すことができます。

一般のハローワークでも求人を探すことはできますが、フリーターの就職の相談には「わかものハローワーク」がおすすめです。

わかものハローワークは全国の都道府県にあり、主に35歳未満のフリーターを対象に就職支援をしてくれます。

 

また「ジョブカフェ」で就職に関する相談ができます。

ジョブカフェも全国にありますので、わかものハローワークと一緒に利用してみましょう。

ほかにもタウンワークなどの就職情報誌も使えるものは何でも使ってみましょう。

 

正社員求人に受からないときはどうする?

フリーターでも20代の年齢が若いときであれば、未経験でも将来性を買って採用してくれる企業はたくさんあります。

ただ30歳を過ぎたあたりから、フリーターの就職は厳しくなってきます。

求人に応募しても不採用になることが多くなると思います。

やはり未経験であれば年齢が若い人の方が有利になりますので、年齢が高くなるとその分だけ不利になってきます。

 

就職や転職において大事なことは、あきらめないこと、妥協しないことです。

不採用が続いたとしても、自分を採用してくれる企業が見つかるまであきらめずに就職活動を続けてみましょう。

また就職先に妥協しないことも大事です。

フリーターの未経験者を採用してくれる企業の中には、待遇がよくない企業もけっこうあります。

例えば「給料が低い」「休日が少ない」「残業が多い」「仕事が大変」などがありますが、採用をもらっても「入社したくない」と思う企業であれば、辞退してまたほかの企業を探しましょう。

 

仕事の経験を積むことが大事

フリーターであれば将来に向けて職歴をつけることが大事です。

最初に正社員として就職する企業は「仕事の経験をつむための場」を選んでみてもいいですね。

多少、待遇の悪い企業でもそこで仕事の経験を何年かつんでから、転職活動をおこない、より給料や待遇のいい企業へ移ることを考えてみましょう。

最初の企業は、言い方は悪いですが「踏み台」として就職して、その後のキャリアアップにつなげるのです。

そうした方法もありますので、フリーターの方は最初は正社員の職歴をつけるところから始めてみましょう。

ただあまりに激務でブラックな企業はからだをこわしてしまいますので、入社前には雇用条件などをよく確認してください。

「転職経験者のブログ」を書いている人

(やまよし おさむ)
↑更新中のTwitterはこちらから。

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。
応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。
応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
フリーター
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました