フリーター・既卒・第二新卒向けの就職支援サービス4選

フリーターや既卒や第二新卒の方が就職活動をするときには、専用の就職支援サービスも積極的に活用していきましょう。

そのほうが自分が希望する企業に出会える確率も大きく上がります。

ここではフリーター・既卒・第二新卒向けの就職支援サービスの説明と、おすすめの就職サイトを紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

 

就職支援サービスとは?

就職支援サービスは、正社員の仕事を探しているフリーター・既卒・第二新卒の方(求職者)の就職を支援してくれる民間の会社です。

 

求職者が就職支援サービスの就職サイトに登録をすると、担当者から、

「この求人があなたに合うと思いますが、いかがですか?」

と求人を紹介してもらえます。

 

求職者は紹介された求人を確認して「応募したい」と思ったら、その企業に応募ができます。

そして応募から内定後まで、就職支援サービスの担当者が求職者の就職活動をサポートしてくれます。

就職支援サービスの利用は無料です。

料金はかかりませんので、気軽にご利用ください。

 

登録後に利用できるサービス

就職支援サービスでは、求職者は下のようなサービスを受けることができます。

・求人の紹介
・就職活動の悩み相談
・応募書類の書き方や面接の対策
・面接日程の調整
・内定後の労働条件の確認や交渉
・内定後のフォロー

などです。

それぞれ説明していきましょう。

 

就職活動に関する悩み相談ができる

就職支援サービスでは求人の紹介をしてもらえますが、その前に就職活動に関する悩み相談もできます。

例えば、

「就職をしようかどうか迷っている」

「今後のキャリアプランの立て方で悩んでいる」

「就職活動のやり方がよくわからない」

などの就職の悩み相談に、担当者が相談に乗ってくれますよ。

ひとりで悩むよりも、専門の担当者と相談した方が就職活動もうまくいきます。

聞きたいことがあったら、ぜひ質問してみてください。

 

応募書類・面接対策が充実している

また中途採用の就職活動では「履歴書」と「職務経歴書」の応募書類が必要になります。

「応募書類の書き方がよくわからない」という方も多いですが、この書き方も就職支援サービスの担当者に聞いてみましょう。

ていねいに説明してくれます。

 

特にフリーターや既卒や第二新卒の方は、学校卒業後の「職歴の説明」をどうするか迷うと思います。

「職歴はアルバイトの経験しかない」とか「職歴がない」場合には、職務経歴書をどうやって書いたらいいのか?

そんなときは就職支援サービスの担当者に相談して、一緒に考えてみてください。

「職歴」「志望動機」「自己PR」などの重要な項目は、自分で考えるだけでなく、ほかの人の意見も参考にしたほうが採用される確率も上がりますよ。

 

企業の採用担当者と交渉してくれる

就職活動を自分一人でおこなうときには、面接日程の調整は自分ですべてやることになります。

就職支援サービスを利用すれば、担当者が企業との間に入って面接日程の調整をおこなってくれます。

アルバイトなどで忙しいときには、間に人が入ってくれると便利ですよ。

 

そして内定後の労働条件の確認や給与などの交渉も担当者がおこなってくれます。

労働条件は一人で確認するよりも見落としがなくなりますし、面接時や採用後に聞きづらい質問も担当者が代わりに聞いてくれます。

こうしたメリットがありますので、就職支援サービスは上手に利用してみましょう。

 

おすすめの就職支援サービス4選

ここからは、おすすめの就職支援サービスの就職サイトを紹介していきます。

就職支援サービスの登録後は担当者がつきますが、担当者とは「話が合う・合わない」などの相性もあります。

それに自分の将来を決める重要なときです。

 

就職サイトは複数登録しておきましょう。

そして合わないところ利用するよりも、自分に合うところを中心に利用していった方が得ですよ。

それでは説明していきます。

 

ジェイック

就職支援のJAIC(ジェイック)

「ジェイック」は、18~39歳までの方の就職支援をおこなっています。

こちらの特徴は、

・未経験から正社員への就職成功率が81.1%と高いです

・厚生労働省から「職業紹介優良事業者」として認定されているサイトです

・書類選考なしで面接を受けることができます

年齢制限はありますが、20代や30代の方の就職におすすめです。

 

くわしい内容は、下の公式サイトをごらんください。

・ 20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援を10年前からスタート!再就職ならジェイック!を見る

 

ハタラクティブ

ハタラクティブ

「ハタラクティブ」は、18~29歳の方を対象に就職支援をおこなっています。

こちらの特徴は、

・実際に担当者が足を運んで厳選した優良求人が3,000件以上あります

・求人の80%以上が正社員未経験で応募ができます

・最短2週間で企業から内定を獲得することも可能です

登録後は、0120-979-185 より電話がありますので、連絡が取れるようにしておいてください。

 

くわしい内容は、下の公式サイトをごらんください。

・ フリーター・既卒・第二新卒の就職なら!【ハタラクティブ】を見る

 

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

「第二新卒エージェントneo」は、就職を希望する18歳~28歳の方が利用できる就職サイトです。

こちらの特徴は、

・1人あたり平均10時間の手厚いサポート

・経験や学歴不問でフリーター、中卒、高卒、大学中退、既卒、第二新卒の方も利用できます

・優良企業のみのご紹介

年齢制限はありますが、20代の方の就職にはおすすめです。

 

くわしい内容は、下の公式サイトをごらんください。

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】を見る

 

就職Shop(ショップ)

就職Shop

「就職Shop(ショップ)」は、20代の方を対象に就職支援をおこなっています。

こちらの特徴は、

・首都圏や関西圏の優良企業の求人がそろっています

・「正社員就職したいが、就活の進め方がよく分からない」という方も多数利用しています

・書類選考なしで面接を受けることができます

20代の方におすすめの就職サイトです。

 

くわしい内容は、下の公式サイトをごらんください。

20代の正社員就職には【就職Shop】を見る

 

最後はあなた自身が判断をする

どのサイトも1分以内に登録が終わります。

まずは、それぞれの就職サイトにどんな求人があるのか調べてみてください。

そして興味のある求人を見つけたら応募してみましょう。

 

また、就職支援サービスの担当者から「この求人がおすすめですよ」と紹介されることがあります。

紹介された求人が気に入らないときは、「応募はしません」とことわりましょう。

サポートを受ける時は人まかせにせず、自分の考えや意見はしっかりと相手に伝えるようにしてください。

 

「就職支援サービスの担当者と話が合わない」と感じたときには、その就職支援サービスは退会して、別のところを利用してみてください。

1つの就職支援サービスにこだわって使い続ける必要はありません。

ほかの利用しやすいところを探してみましょう。

 

また志望する企業に内定が決まった後は、担当者が入社をすすめてくると思います。

入社を決めるときは、自分で時間をかけてよく考えてください。

家族や相談できる人とも話し合って結論を出しましょう。

入社前に労働条件なども細かくチェックして、できる限りの企業の情報を集めて、自分で十分納得ができてから入社する決断をしてください。

 

就職支援サービスの担当者はあくまでサポート役であり、最後の決断は入社する自分自身がおこなうことになります。

他人のアドバイスは参考にしながらも、それをすべて無条件に受け入れてはいけません。

疑問に思う点は決断をする前に、できる限りつぶしておきましょう。

 

最後の詰めの決断は、自分ひとりで慎重に時間をかけておこなうようにしましょう。

よく考えた結果、「入社したくない」と思ったら、内定辞退することを就職支援サービスの担当者に伝えましょう。

 

就職活動や就職支援サービスの利用は気軽にできます。

ただ最後の入社の決断は、即決で決めるのではなく、入念におこなってください。

そうすれば、入社後のミスマッチで悩む可能性もかなり減るはずです。

 

以上になりますが、就職支援サービスを利用する際の参考にしてください。

フリーター
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ
タイトルとURLをコピーしました