「得意科目・分野」「スポーツ・クラブ活動・文化活動」「自覚している性格」の書き方

履歴書

就職活動の履歴書やエントリーシート(ES)の項目の中には、

「得意科目・分野」

「スポーツ・クラブ活動・文化活動」

「自覚している性格」

を記載するものもあります。

 

こうした項目はそれほど多く見かけませんが、ここではこれらの項目の書き方を紹介していきます。

 

「得意科目」や「得意分野」の書き方

「得意科目や得意分野は何を書いたらいいか迷う」かもしれませんが、自分の得意な科目や、あるいは興味のある分野を書いてみましょう。

これらは成績の良い悪いまで問われるわけではないので、自分の思いつく科目や分野を書けばOKです。

 

「得意な科目・分野」と言われると、大学や短大や専門学校で専攻した学部や学科や科目、ゼミで学んだことを書く方も多いです。

それでもいいのですが、「専攻した学部や学科や科目を書かないといけない」と言う決まりがあるわけではありません。

「得意な」と書いてあるのですから、学校で専攻したもの以外でもいいのです。

 

そのほかの回答としては、「国語」「数学」「英語」とか「美術」「情報処理」でもいいですし、部活やサークルに参加していたら「体育」「スポーツ」でもいいのです。

 

得意科目・分野を文章として簡潔に書かせる場合の書き方の例文は、

「得意科目は国語です。特に現代文に興味があり、教科書の題材を通じて昔の小説などを読むようになりました」

「以前から企業経営に興味がありまして、特に数値の面から企業の財務分析をしたいと思い、大学で会計学を勉強しました」

「得意分野は材料工学で、ゼミでは○○の研究をしていました」

といった感じで書いてみましょう。

 

大学で専門的に学んだことを得意科目・分野にしてもいいですし、ほかに得意な科目・分野があれば、それを書いてみてください。

 

また履歴書やESに書いたことは、面接で質問されることもあります。

得意科目・分野を書くことがあったら、そのことに対して多少はくわしく説明できるように準備しておきたいですね。

得意科目に「英語」と書くと、面接で「英語で簡単に自己紹介してください」と質問されるかもしれませんので、その点も考えておきましょう。

 

この項目は面接のときの話題にしたり、応募者がどんな人なのか知るためのものです。

回答の仕方に何か決まりがあるわけではないですし、志望する職種に関連を持たせて無理にアピールする文章にする必要はなく、素直に書けばいいと思います。

何も思いつかないときは、成績が普通以上のものを書くなどして、何か記載しておきましょう。

 

「スポーツ・クラブ活動・文化活動」の欄の書き方

履歴書やESに「スポーツ・クラブ活動・文化活動などの経験で得られたもの」を記載することもあります。

これは大学で所属していた部活やサークルのことを書いておきましょう。

大学で何もしていなかったら、高校時代にがんばったことや、今も継続してやっていることを書いてみてください。

 

「スポーツ・クラブ活動・文化活動」を書くスペースが小さければ、「何をしたか?」「どんな成績・賞をとったか?」を簡単に書いておけばいいですが、

「スポーツ・クラブ活動・文化活動の経験で得られたもの・学んだこと」と書いてあったら、その質問に回答する内容にしないといけません。

 

スポーツ・クラブ活動・文化活動を通じて得たことといえば、

「仲間と協力できたこと」

「集中力がついたこと」

「忍耐力がついたこと」

「負けん気が強くなったこと」

などが思いつくと思います。

そうした事から文章をつくってみるといいですね。

 

「自覚している性格」の書き方

履歴書やESに「自覚している性格」という項目も見かけます。

これは自分の性格のことを書くようになりますが、自分の性格について考えたことがなければ、なかなか思いつかないですよね。

 

「自覚している性格」は、自分の「長所」や「短所」ということにもなります。

性格といえば短所のほうが思いつきやすいかもしれませんが、短所を正直に書くよりは長所を前面に出したほうが印象もよくなります。

 

長所の例としては、「人見知りしない」「忍耐力がある」「気配りができる」「行動力がある」などがあります。

思いつかないときは、友達や親に自分の長所を聞いてみて、それを参考にして文章をつくってみてもいいですね。

 

また短所は「消極的」「飽きっぽい」「根気がない」などは書かない方がいいでしょう。

こう書くと正直でいいのですが「こういう性格の人なんだな」というのが相手に分かってしまいます。

仕事と関連して考えると面接官にマイナスのイメージをもたれてしまう可能性もありますので気をつけましょう。

 

短所を書くときは「私はおとなしく遠慮がちなところがありますが、それを自覚して、今は何事にも積極的に取り組むように努力しています」など、

自分で短所を自覚しているけど、その短所を改善しようと努力をしていることをアピールしてもいいですね。

 

この質問は「自分の性格を客観的にとらえているか?」をみています。

誰にでも長所や短所はありますし、それをどうやってうまく説明できるかが大切です。

書き方としては最初に自分の長所を書いて、最後にちょっとした短所を加えてフォローを入れるかたちで文章を書いてもいいですね。

 

また書き込むスペースの大きさにもよりますが、文字数を多く書くなら「自覚している性格」を説明するエピソードなども盛り込んでみるのもおすすめです。

 

書きたくない項目もかならず書かないといけないのか?

履歴書やESの項目は、空白にしないで何か書くようにしましょう。

書くことが何も思いつかないときは「特になし」でもいいですが、自分のことを何か知ってもらうために、自信はなくても何か書いてみてください。

何も書いてないということは、「自分をアピールすることを放棄している」ことになりますので、もったいないですよね。

 

就活・転職活動は、自分のことを企業の採用担当者に知ってもらう場ですから、遠慮はしないで物事はハッキリ伝えましょう。

「得意な科目・分野」はそれほど自信を持って言えないけど、なんとか説明できそうなことを考えて書いてみる。

「スポーツ・クラブ活動・文化活動」も、学生時代に何もやっていないときは、日ごろ習慣としてやっていることでもいいと思います。

 

上の3つの質問は選考でそれほど重要視される項目ではないですが、面接で質問されたときは、くわしく説明できるようにしておきたいですね。

 

また企業のエントリーシートにこれらの項目があるときは、かならず記載しないといけません。

しかし履歴書など特に企業から指定がなければ、これらの項目がないJIS規格の履歴書を選んで書く方法もあります。

JIS規格の履歴書は、書店やコンビニや文房具店や100円ショップなどに売っています。

 

新卒でも学校の生協に売っている履歴書を無理に使う必要はないですし、履歴書の内容をよく見て、自分で書きやすい項目が載っている履歴書を選ぶことも大事です。

そうした点もよく考慮して履歴書を選んでみましょう。

 

また履歴書の書き方に関しては下の記事をごらんください。

以上になりますが、履歴書を書く際の参考にしてください。

履歴書
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました