エントリーシートが一枚しかないときの記入ミスの修正の仕方

就活

新卒の就職活動では企業からエントリーシート(ES)の用紙をもらって記入することがあります。

その際にボールペンで字を書き間違えたり、ESの用紙をインクで汚してしまうことはありませんか?

そんな時はどう対処したらいいか困りますよね。

ここでは「ボールペンで書き間違えをしたときの対処の仕方」や「ESを手書きできれいに書く方法」などを紹介していきます。

 

ESの文字を書き間違えたときは?

就活用のESは企業がそれぞれ作成していますので、記入する際のルールも企業によって違います。

ESの用紙に必要事項を記入するときは、企業の人事担当者の話をよく聞いておきましょう。

 

ESなどの企業に提出する重要書類は、基本的には鉛筆やシャーペンではなく、ボールペンなどの消えないインクのペンで書きます。

 

「シャーペンで記入OK」ならいいのですが、ボールペンで書くときは、書き間違えたときの修正の仕方も聞いておきましょう。

会社説明会の後にその場でESを書くような場合は、字の書き間違えなどの記入ミスも普通にあると思います。

 

文字を書き間違えたときの修正方法としては、書き間違えた個所に二重線(=)をひきます。

そしてその間違えた個所の上下の余白に正しい字を書きます。

 

修正の仕方の例

修正の仕方の例として、

このように書いておきましょう。

二重線を引くときは短い定規などがあると便利ですよ。

 

書類の文字を訂正する場合は「二重線をひいた後に訂正印を押す」のですが、訂正印を持っていない方が多いと思いますので、「二重線のみをひいて訂正」でいいと思います。

 

また間違えた個所を「修正テープ」や「修正液」で塗りつぶして、その上に正しい字を書く方法もあります。

ただ「修正テープ」や「修正液」は用紙が汚くなってしまい、文字も読みづらくなります。

ESなどの重要書類ではあまり使わない方がいいでしょう。

 

誤字脱字なしでESをきれいに書く方法

ボールペンで文字を書き間違えたときの修正方法は、上で紹介したように、

・二重線を引いて余白に正しい文字を書く

・「修正テープ」や「修正液」で塗りつぶして文字を書く

という方法があります。

 

二重線を引くことが多いと思いますが、「ボールペンで書いて字を間違えたときはどうするのか?」がわからないときは企業の人事担当者に聞いておきましょう。

文字を修正する方法があったとしても、なるべく書き間違えがないようにESを書いて提出するようにしましょう。

 

ネットからESを用紙に印刷できる場合は、上の2つの修正方法は使わずに、書き間違えたらまた新しい用紙に印刷してきれいに書いた方がいいですね。

その場合は何度も書き直しができるのですから、修正した箇所がないきれいに書いたESを提出しましょう。

 

ESの用紙が1枚しかないときの書き方

会社指定のESの用紙が1枚しかもらえなくて予備がないときには記入ミスがないように、ていねいに書くようにしましょう。

シャーペンでESに薄く下書きを書いて、それをボールペンでなぞって書いてから消しゴムで消す方法もあります。

ただこのやり方はシャーペンの筆跡が残ってしまうのでおすすめしません。

 

またESにそのままボールペンで書いていくのも、記入ミスすることが多くなるのでやめておきましょう。

誤字脱字なしでキレイにESを書くには「下書きを見ながら清書する」のがおすすめです。

 

下書きを見ながらESに清書する

下書きを見ながら清書する方法としては、

1.ESの用紙を1枚コピーする
2.コピーした用紙にシャーペンで下書きをすべて書いて完成させる
3.その下書きを横において見ながらESにボールペンで記入する

という方法です。

このやり方が一番、記入ミスが少なくなりますのでおすすめです。

 

まずESの用紙を1枚コピーします。

用紙のコピーはコンビニでもできますよ。

そのコピーした用紙にシャーペンや鉛筆で記入する内容をすべて書いてしまいましょう。

間違えた個所は消しゴムで消して書き直して下書きを完成させます。

 

そして、その下書きを横において、下書きの字を見ながらESにボールペンで書き写していきます。

一気に書き写そうとするとミスをすることもありますので、1行ずつていねいに落ち着いてゆっくりと書き写していきましょう。

 

そうすることで誤字脱字などの記入ミスを最小限にすることができます。

またほかの人が読みやすい文字を書くように心がけたいですね。

 

ES提出後に誤字脱字に気づいたときは?

字を間違えたときは二重線をひいて訂正するようになると思いますが、なるべくミスはしないようにしましょう。

 

またESを提出した後に誤字脱字に気づくこともあります。

ESが誤字脱字だらけだったら問題ですが、1~2カ所ぐらいの間違いなら気にしないでおきましょう。

 

実際にESの誤字脱字などを見かけますが、企業の人事担当者は記入ミスをそれほど気にしないと思います。

「字が間違いなく書けているかどうか?」ではなく、書いてある内容全体を見て評価しますので、多少の書き間違いなどは心配しなくていいでしょう。

それでも提出する前には読み返してミスがないか確認しておきたいですね。

ESに書いた内容を忘れそうなときは、記入した後にESのコピーを取っておきましょう。

 

ESを記入するときのボールペンの選び方

ボールペンは主に「油性ボールペン」と「水性ボールペン」があります。

どちらを使ってもかまいませんので、自分で書きやすい方を選びましょう。

 

コンビニや書店の文具コーナーに行くと、ボールペンの種類が多いですよね。

ボールペンの太さは主に0.5~0.7㎜ぐらいが一般的なサイズになりますが、おすすめは0.7㎜です。

このぐらいの太さの方が、文字も見やすく感じます。

色は黒のボールペンを使いましょう。

 

また、ESや履歴書の記入で使わない方がいいボールペンは、フリクションボールなどの「消せるボールペン」です。

普通のボールペンは紙に書いた文字を消せませんが、消せるボールペンは紙に書いた文字をペンの先端でこすると消すことができます。

今は書店の文具コーナーにもたくさん売っていますが、この消せるボールペンは重要書類には使わないようにしましょう。

 

フリクションボールをつくっているパイロットのホームページにも、

証書類・宛名など消えてはいけないものには使用しないでください。

と記載されています。

 

消せるボールペンは文章を消して修正することもできてしまいます。

このペンを悪用するニュースも見かけますが、あとで書いた文字消えてしまう可能性のあるボールペンは重要書類には使わない方がいいのですね。

 

履歴書やESには消えないボールペンを使って書くようにしましょう。

消せるボールペンは自分のメモ帳やノートなどで使うと便利ですよ。

以上になりますが、ESを記入する際の参考にしてください。

就活
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました