コロナ感染拡大時の面接はマスクを着用するのか外すのか?

面接

新型コロナウイルスが感染拡大している時に人に会う場合は何かと気をつかいますよね。

最近はその影響でWebを使った面接も増えてきました。

それでも就活や転職やバイトの面接では直接、面接官と会って話をしないといけないときもあります。

この時に「マスクをしていた方がいいのか?」が気になりますよね。

コロナが流行する前なら「面接でマスクをしているのは失礼」という感じでした。

しかしコロナが流行すると「面接でマスクをするのがマナー」のように変わってきました。

でも企業によっては対応もそれぞれ違うので、どちらにしたらいいか迷いますよね。

この場合はどうしたらいいのか?

 

面接ではマスクを着用してもOK?

今はコロナウイルスの対策として求人の募集要項に「面接時にマスク着用OKです」と記載がある企業も見かけます。

そうした企業にはマスクを着用して行っても問題ないです。

心配なときは事前に「面接時にマスク着用してもいいですか?」と企業へ問い合わせてもいいですし、面接の時に面接官に聞いてみてもいいですね。

面接の時は、マスク付けて面接室に入ります。

そして面接官に「面接中はマスクをしたままでもよろしいでしょうか?」と聞いてみましょう。

たいていは「マスクをしたままでかまいませんよ」と答えてくれると思います。

おそらく今の時期は面接官もマスクをしていることが多いと思います。

 

またマスクを着用したままの時は、

・顔の表情が見えづらくなる

・相手の声が聞こえづらくなる

というデメリットがあります。

顔の表情が見えづらくなるのは仕方がないですが、マスクをつけることで自分の声が相手に届いていないこともあります。

マスクをつけている時には、普段よりも少し大きな声を出して会話するようにしましょう。

マスクが手に入らないときはハンカチやティッシュを持っていきましょう。

せきやくしゃみが出る時はハンカチやティッシュで口や鼻をおおうようにしたいですね。

 

市販のマスクの種類

私たちがコンビニやスーパーやドラッグストアなどで購入できるマスクは「家庭用マスク」です。

「家庭用マスク」は、「ガーゼタイプ」と「不織布タイプ」に2種類にわけられます。

「ガーゼタイプ」は昔から使われている、布を重ね合わせてつくられたマスクです。

「不織布タイプ」は繊維を絡み合わせてつくったマスクで、市販の9割のマスクは「不織布タイプ」になります。(日本衛生材料工業連合会)

安部首相は4月1日に、布マスク(ガーゼタイプ)を全世帯に2枚ずつ配る方針を表明しました。

はたしてこれはコロナ対策として効果があるのか?

 

これまでに分かっているマスク着用の効果

新型コロナウイルスの感染を防止するには「とりあえずマスクをつけておけば問題ない」と考える方もいると思います。

しかしマスクをしたからといってコロナウイルスを完璧に防げるわけではありません。

ここからは研究者や医療従事者の「マスク着用についての見解」を見ていきましょう。

 

空気環境の研究を続ける村上周三・東大名誉教授の記事(東洋経済オンライン)を参考にすると、

マスクを着けた場合、吸っている空気のうち、マスクを通して吸引している空気は少量、マスクの顔への密着度がよくない場合は約1割で、横の隙間から吸っている空気が大半、約9割に達するという結果が出ました。空気には、なるべく抵抗の少ないところを通るという性質があるからです。

マスクをつけている場合、空気の約9割がマスクのすき間から入ってくるのです。

「ガーゼタイプ」や「不織布タイプ」のマスクでも、鼻の部分など顔とマスクの間にはすき間ができてしまいます。

ということは、空気中に浮遊しているウイルスをマスクのスキマから吸い込む可能性もあります。

また、

飛沫汚染防止という他者のためのマスク着用は、公衆道徳の面からも大変必要性が高いと思います。

相手を感染させないという目的でマスク着用は一定の効果があります。

 

五本木クリニックの院長のブログから引用すると、

・マスク着用によって自分を感染から守る効果は期待できない。

・マスクの効果は感染者がウイルスを含む飛沫を撒き散らすことを防ぐ効果はある。

とあります。

これは「マスクを着用することで他人にウイルスを移す可能性は低くなるが、マスクを着用していてもウイルスに感染することはありますよ」ということです。

 

またリーレクリニック大手町の片山医師によると、

・一般的なマスクに感染予防効果はない

・他人に感染させないためにマスクは有効

・感染予防に大事なのは手洗い

とあります。

「マスクに感染予防効果はないが、他人に感染させないためにマスクは有効」とあります。

あと「感染予防にはこまめな手洗いが大事」と書いてありますね。

研究者や医療従事者によれば、「マスク着用することで他人に感染させるリスクは減らせるが、自分の身を守るための効果は低い」ということになります。

他人に移すなどの感染拡大を防ぐためには、面接の時にはマスクをつけていった方がよさそうです。

 

マスクがないときはどうする?

厚生労働省は下の図のようにコロナウイルス感染拡大をふせぐために「咳エチケット」を推奨しています。

でも今はコンビニやドラッグストアに行ってもマスクが売り切れていて、手に入れることが困難です。

マスクがないときは代わりにハンカチやティッシュを持って面接へ行きましょう。

咳やくしゃみは急に出ることもあるので、ハンカチやティッシュはポケットに入れてすぐに取り出せるようにしておきたいですね。

 

また面接の時は「面接官と会話するときにどのくらい距離をとればいいのか?」が気になると思います。

感染経路として、ウイルスを吸い込んで感染する「飛沫(ひまつ)感染」や、ウイルスが付着した物(ドアノブ、手すり、つり革など)に触れて感染する「接触感染」がありますが、それだけではないようです。

「せきやくしゃみをしていなくても、マスクをしないで会話をするだけで感染リスクがある」とも言われています(JIJI.ocm)。

実際にテレビ番組を見ると、番組出演者がとなりの人と一定の距離を保っています。

他人とはだいたい1m以上離れた方がいいと言われていますが、これはあくまでも目安です。

面接の時は面接官となるべく距離を保って会話をするようにした方がよさそうです。

 

また面接の時は

・飛沫感染を防ぐために咳エチケットをおこなう

・できるだけ手で顔に触れないように注意する

・体調不良の時には出かけない

・帰宅後は石鹸やハンドソープを使って手をよく洗う

これらのことに気をつけましょう。

 

こちらのコロナウイルスに関する情報も参考にしてください。

新型コロナウイルス感染症まとめ

新型コロナウイルス 国内感染の状況

新型コロナウイルス 世界の感染の状況

この時期に面接に行くのは何かと気をつかうと思いますが、マスクがあれば面接の時はマスクを着用しましょう。

面接
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました