手書きの履歴書はどこで買うことができるの?

履歴書

今はパソコンなどで履歴書を作成する方も多くなりましたが、手書き用の履歴書もお店に売っています。

ここでは履歴書が売っているお店やおすすめの履歴書を紹介していきます。

履歴書を買うときの参考にしてください。

 

履歴書が購入できるお店

JIS規格の市販の履歴書が売っているのは、

・コンビニ

・スーパー

・100円ショップ

・書店

・ホームセンター

・文房具店

・大学生協

・アマゾンや楽天

などです。

 

履歴書は100~300円ぐらいで購入できます。

透明の袋の中には「履歴書」だけでなく、「封筒」「証明写真を貼る両面シール」「職務経歴書」「履歴書の書き方の見本」などが入っています。

履歴書によって中身が違いますので、「履歴書の枚数」や「何が入っているのか?」をよく確認してから購入しましょう。

 

値段の安い履歴書を探しているのなら、100円ショップに売っている履歴書がおすすめです。

「セリア」や「ダイソー」などに行けば100円+消費税で買えますし、履歴書の種類も豊富にそろっています。

 

あとはコンビニや書店や東急ハンズなどのホームセンターや大学の生協にも売っています。

こちらは100~300円ほどの値段で、A4サイズの履歴書もそろっています。

 

ネットのアマゾンや楽天などでも購入できます。

ネットで購入する場合は送料や商品到着日なども確認しておきましょう。

 

コンビニの履歴書はこちらで調べてみてください。

 

履歴書のサイズはA4かB5のどちらがいいのか?

市販の履歴書サイズは2種類あります。

・A4サイズ(A3用紙の2つ折り)

・B5サイズ(B4用紙の2つ折り)

です。

 

A4サイズはB5サイズよりもひと回り大きいです。

就活や転職活動ではどちらを使ってもいいのですが、おすすめは「A4サイズ」の履歴書です。

理由は、会社で使われる書類がA4サイズの用紙を使っているからです。

 

また職務経歴書もA4サイズのコピー用紙で作成する方が多いため、履歴書もそれに合わせた同じサイズの方が、会社でもまとめて管理しやすいのです。

 

ただ「A4サイズよりB5サイズの方が小さくコンパクトで書きやすい」という意見もあるようです。

そのためにB5サイズの履歴書もあるのですね。

B5サイズの履歴書でも不利にはなりませんが、できればA4サイズを選んでおきましょう。

 

履歴書の種類と選び方

市販の履歴書はほかにも、

「一般用」

「転職用」

「パート・アルバイト用」

の種類に分かれます。

 

「一般用」は新卒の就職活動や転職活動で使います。

一般用の履歴書の記入する項目は主に「名前」「住所」「連絡先」「学歴・職歴」「免許・資格」「志望動機」「本人希望記入欄」などです。

 

しかしそれ以外にも「好きな科目・学科」「自覚している性格」「趣味・特技」などの項目がついている履歴書もあります。

「そのような項目はあまり書きたくない」という方もいますよね。

 

書きたくない項目を空欄にしておくと面接官から「なんで何も書かないの?」と突っ込まれてしまいます。

そんなこともありますので、書きたくない項目がある履歴書は選ばないのもひとつの手です。

履歴書の表紙を見ると記入する項目がわかりますので、購入するときにはよく確かめておきたいですね。

 

また転職用の履歴書の特徴は「学歴・職歴」のスペースが大きくて「希望職種」「希望年収」などを書く欄があることです。

新卒採用に応募する学生は転職用の履歴書は使わない方がいいですね。

新卒採用なら、履歴書は「名前」「住所」「連絡先」「学歴」「免許・資格」「志望動機」の項目がそろっていれば十分です。

 

大学生は学校指定の履歴書を使った方がいい?

大学の生協には学校指定の履歴書が売っています。

学生の方は「学校の履歴書か市販の履歴書をどちらを使ったらいいか?」で迷いますよね。

 

履歴書は応募先の企業から指定がなければ、学校の履歴書や市販の履歴書のどちらを使ってもかまいません。

どちらが有利・不利になるということもないです。

 

ただ記入する項目が異なる場合もあります。

市販のJIS規格の履歴書には必ず志望動機の欄がありますが、学校指定の履歴書にはない場合もあります。

志望動機のようなアピールになる項目がないときには市販の履歴書を選んで記入した方がいいですね。

その辺はよく確かめて購入するようにしましょう。

 

以上になりますが、履歴書を選ぶ際の参考にしてください。

履歴書
スポンサーリンク
このブログを書いている人

東京のとある企業で人事担当の仕事をしております。

応募者の面接担当を受け持つこともありますが、私自身もこれまで3度の転職経験があります。

応募する側と採用する側の両方の経験がありますので、それを生かしてこのブログでは転職希望者や新卒者に向けた情報を提供していきます。

山吉 治(やまよし おさむ)をフォローする
転職経験者のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました